モンド映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

モンド映画(モンドえいが、Mondo film)は、映画のジャンル。観客の見世物的好奇心に訴える猟奇系ドキュメンタリーモキュメンタリー映画。モンド物ともいう。「衝撃」と「ドキュメンタリー」から、ショックメンタリー(shockumentary)という呼び方もされる。

モンド映画の盛衰[編集]

モンド映画は、世界各地の秘境の奇習や大都会の夜の風俗、事故や処刑の瞬間など衝撃映像を、虚実取り混ぜて見世物感覚で構成したドキュメンタリー風映画を指す。1962年に公開され世界的に大ヒットしたイタリア製ドキュメンタリー映画『世界残酷物語』のイタリア語原題 "Mondo Cane"(直訳:「犬の世界」)がモンド映画の語源となっている。『世界残酷物語』のヒット以降、便乗するようにイタリアを中心としたヨーロッパ各地や日本で1960年代から1970年代にかけて秘境ドキュメンタリー映画や残酷ドキュメンタリー映画、性医学ドキュメンタリー映画などが製作され、壮絶な題名や誇大な広告とともに公開された。こうした映画は『世界残酷物語』の原題に倣って「Mondo …」(…の世界)と題された映画が多かったため、後に「モンド映画」と呼ばれるようになった(日本で製作されたモンド映画は、和製モンドである)。

モンド映画のスタンスは好奇心や見世物感覚であったが、映画の最後には、とってつけたように「世界の残酷な現実をあえて明らかにする」「動物たちを大切にしなければならない」「狂っているのは野蛮人ではなく文明人のほうである」などといった社会派的な結論がついていた。基本的には金儲けのためにセンセーショナルな話題を取り上げて観客から料金を巻き上げるエクスプロイテーション映画の一種であり、『世界残酷物語』や、それに先立つ「夜もの」映画も含め、モンド映画にはあからさまなやらせや事実誤認、配給会社による誇大広告などがつきものであるが、深く追及しないのが鑑賞時の作法である。

モンド映画はヒット企画への便乗を身上とする映画人により製作された。イタリア人を主とする彼らにとっては、有名俳優などは不要で英語のナレーションを付けるだけで即世界に売れるモンド映画は恰好の商売の手段だった[1]。彼らはより過激な残酷さや観客をつかむ映像のパワフルさを追求したが、映画がテレビに対して衰退した1970年代半ば以降にはモンド映画ブームは収束し、1980年代前半を最後にモンド映画的なものはテレビの特集番組やレンタルビデオなどに吸収された。似たような便乗映画が多すぎた上(いわゆるマンネリ[2])、海外旅行が一般化したため観客の異国への興味が薄れ、当初の新鮮味が失われ次第に飽きられるようになったこと、即物的な衝撃を求めるあまり製作費のかかるやらせをやめ、本物の死や死体を映したニュースフィルムをつなぐだけの映画へと移行し、残酷さが一般観客の許容度を超えるようになったことなどが、モンド映画が劇場から消えた原因であろう。

しかしリアリティ番組の台頭などを受け、2000年代になってアメリカ合衆国ではドキュメンタリー映画の新たなブームが起きはじめている。中には社会の関心の高い問題への便乗や、社会に広がる偏見への便乗を図る映画もあり、モンド映画的なものは再び映画館に戻りつつある。

モンド映画とオリエンタリズム[編集]

モンド映画における、撮影する側・鑑賞する側(ヨーロッパ人男性)から、撮影される側(日本人も含むアジア人・アフリカ人・途上国人・原住民などの人種、女性、また風俗関係者や事故の被害者など)への視線には、文明社会である欧米の白人から野蛮社会であるそれ以外の世界への本音、あるいは見世物的な好奇心や蔑視があからさまに表れているということもできる[3]。裸体など映画の規制の厳しい時代でも、原住民の乳房や股間に修正は入らなかったことも多かった[3]

もっともこうした「文明から野蛮への視線」・「秘境への関心」・「やらせ的な演出」は、1920年代の文化人類学的ドキュメンタリー映画の巨匠ロバート・フラハティの作品や、1930年代の特撮映画『キングコング』の登場人物である秘境撮影隊の面々にも見ることができる[4]。映画史の初期から今日まで、やらせとドキュメンタリー、虚構と事実のあいまいな「モンド映画的な要素」は映画という表現につきまとってきた存在である。

モンド映画の音楽[編集]

モンド映画には、『世界残酷物語』のリズ・オルトラーニによるテーマソング「モア」の大ヒット以降、これを真似して、衝撃的な映像にもかかわらず、流麗で叙情的な音楽、あるいは能天気かつ瀟洒で明るい伴奏(ラウンジ・ミュージックなど)が数多く添えられた。

代表的なモンド映画[編集]

ドキュメント形式[編集]

ドラマ映画(役者を使った映画)[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 阿乱墨師、p81、『映画秘宝:エド・ウッドとサイテー映画の世界』
  2. ^ え!?これって本物? 現実の恐怖が襲う!リアリティーホラー!シネマトゥディ
  3. ^ a b 阿乱墨師、pp.82-83
  4. ^ 阿乱墨師、p82、『映画秘宝:エド・ウッドとサイテー映画の世界』。その引用元は、チャールズ・キルゴアとマイケル・ウェルダン共著の「Psychotronic Video」3号、4号(1989年)の「モンド映画史」。

参考文献[編集]

  • 「ヤコペッティから矢追純一まで モンド映画のインチキな世界」阿乱墨師、 『映画秘宝エド・ウッドとサイテー映画の世界』:洋泉社、1995年、ISBN 4-89691-169-5
  • RE/Search No. 10: Incredibly Strange Films: A Guide to Deviant Films. RE/Search Publications 1986, ISBN 0-940642-09-3 (モンド映画の再発見の端緒となった1986年の書籍)
  • Killing for Culture: An Illustrated History of Death Film from Mondo to Snuff, by David Kerekes and David Slater, ISBN 1-871592-20-8, paperback, 1996
  • Goodall, Mark 2006: Sweet & Savage. The World Through the Shockumentary Film Lens. London: Headpress. 978-1900486491. (the standard work on the mondo and cannibal genre)
  • Goodall, Mark 2006: Shockumentary Evidence. The perverse politics of the Mondo film. In: Dennison, Stephanie (Hg.) 2006: Remapping world cinema. Identity, culture and politics in film. S. 118-128. London: Wallflower. 978-1904764625.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]