ガス室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカ、サン・クエンティン州立刑務所のガス室

ガス室(ガスしつ)は毒ガスによって中に入れられたものを殺傷する密閉された部屋

ジェノサイド[編集]

チクロンBを封入した缶 珪藻土シアン化水素が染み込ませてある

ナチス・ドイツ絶滅収容所で用いたとされる。使用されたのは、主に燻蒸殺虫剤のチクロンB天井の穴から投げ込まれたとされ、犠牲者が死に絶えるまで、20分ほどだったという。

なお、「チクロンBは殺虫剤に過ぎず、連続的大量殺人は不可能である。ナチスによるユダヤ人殺害にガス室は用いられていない」と主張する者も存在する(ホロコースト否認の項を参照)。

アメリカの死刑[編集]

ガス室による死刑を採用していたアメリカの州
  ガス室による死刑を行ったことがない
  最近まで行われていた
  直接的な方法としては行っていない

アメリカ合衆国のいくつかの州では、ガス室による死刑を執行している。受刑者は密閉されたガス室内の椅子に固縛され、外部操作によって椅子の下に置かれた硫酸容器の中に青酸ナトリウムが落ちると、青酸ガスが発生し、受刑者を死に至らしめる。あらかじめ装着された長い聴診器により、外部から医師が死を判定する。判事や許可を受けた報道関係者に見えるように、ガラスの大きな窓を備えている。

1979年公開のアメリカのドキュメント映画「ジャンク 死と惨劇」には、実際の死刑囚に対するガス処刑風景が記録されており、処刑時の受刑者の様子を見ることが出来る。

執行後のガス室は壁面に付着した青酸ガス成分を除去するため、毎回の洗浄作業が必要となる。この作業に対する防護措置、危険手当、各種消耗品等の負担は大きく、現在のアメリカにおいて最もハイコストな死刑方法である。実際、1999年以降ガス室による処刑は行われていない[1]

家畜・動物の屠殺[編集]

家畜を安全、能率的かつ安価に屠殺するためガス室が使用されている。

また、飼い主に捨てられたなどのペット動物を殺処分する場合に用いられることもある。有毒ガスではなく二酸化炭素を用いるケースが多い。動物は充満した二酸化炭素により、イヌでは30~40%CO2と酸素により1、2分間で麻酔導入され、ネコでは60%CO2の吸入で45秒後に意識を消失し、5分以内に呼吸が停止する(酸素欠乏症)。これらのガス室は『ドリームボックス』と呼ばれることがある。二酸化炭素の使用は米国獣医学会においても適切な手段のうちのひとつとされる[2]死亡後の遺体はそのまま焼却炉へと落とされ、焼却処分される。焼却処分の後、遺骨は粉砕処理され、産業廃棄物処理業者へと引き渡される。このような方法に対して反対する者もいる[3]

脚注及び参考文献[編集]

  1. ^ アメリカの死刑囚が「最後の晩餐」に選んだものはライブドアニュース2014年11月23日2015年10月24日閲覧
  2. ^ AVMA Panel : J.Am.Vet.Med.Ass,218(5),669-696 (2001)
  3. ^ 『犬たちをおくる日』 今西乃子 2009年 金の星社 ISBN 978-4323060859

外部リンク[編集]