グロリア (1999年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グロリア
Gloria
監督 シドニー・ルメット
脚本 スティーヴ・アンティン英語版
原作 ジョン・カサヴェテスオリジナル脚本)
製作 ゲイリー・フォスター
リー・リッチ英語版
製作総指揮 G・マック・ブラウン
チャック・ビンダー
出演者 シャロン・ストーン
音楽 ハワード・ショア
撮影 デヴィッド・ワトキン
編集 トム・スワートウート
製作会社 コロンビア映画
イーグル・ポイント・プロダクション
マンダレイ・エンターテインメント英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ギャガ/ヒューマックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年1月22日
日本の旗 1999年9月11日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $4,197,729[1]
テンプレートを表示

グロリア』(Gloria)は、1999年アメリカ合衆国アクション映画。 監督はシドニー・ルメット、出演はシャロン・ストーンジーン・ルーク・フィゲロアなど。 ジョン・カサヴェテス監督・脚本、ジーナ・ローランズ主演の1980年の映画グロリア』のリメイクである。

ストーリー[編集]

オリジナル作品とは主人公が少年を連れて逃避行するきっかけが違う。オリジナルでは少年の母親から託されていたが、本作では偶然居合わせた少年を人質にして脱出したことがきっかけとなっている。また、オリジナル作品ではマフィアのボスとグロリアの元恋人は同一人物だが、リメイク版では2名の登場人物に分けられている。なお、時代の変化に合わせてマフィアの秘密を記した媒体がオリジナルの手帳からフロッピーディスクへと変更されている。

キャスト[編集]

グロリア
演 - シャロン・ストーン、日本語吹替 - 深見梨加
恋人ケヴィンの身代わりに3年の刑期を終えて出所したばかりの女性。刑務所内ではかなりの有名人だった。喫煙者であったが、刑務所暮らしの間に煙草をやめた。
ニッキー
演 - ジーン・ルーク・フィゲロア、日本語吹替 - 田野恵
マフィアの会計士の息子。パンチパーマのかかった少年。マフィアの情報が入ったフロッピーディスクを父ジャックから託される。ぜんそく持ち。
ケヴィン
演 - ジェレミー・ノーサム、日本語吹替 - 小杉十郎太
グロリアの恋人。マフィアの幹部。
ダイアン
演 - キャシー・モリアーティ、日本語吹替 - 火野カチコ
グロリアの親友。グロリアとルビーの仲介役。
ルビー
演 - ジョージ・C・スコット、日本語吹替 - 長克巳
マフィアのボス。
ショーン
演 - マイク・スター
ルビーの組織の殺し屋。冷酷で躊躇なく、ジャックとニッキーを除く家族もろともを殺す。
ブレンダ
演 - ボニー・ベデリア
グロリアの姉。長年疎遠で不仲。助けを求めてきたグロリアを拒絶する。
ジャック
演 - ボビー・カナヴェイル
マフィアの会計係。金にがめついところがあり、組織の資金を遣い込んでしまい、差し向けられたショーンにニッキーを除いた家族ともども殺されるが、秘密のデータが入ったフロッピーディスクを息子ニッキーに託す。

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、30件の評論のうち、高く評価しているのは17%にあたる5件のみで、平均して10点満点中4.14点を得ている[2]Metacriticによれば、19件の評論のうち、高評価は2件、賛否混在は8件、低評価は9件で、平均して100点満点中26点を得ている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b Gloria (1999)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月25日閲覧。
  2. ^ Gloria (1999)” (英語). Rotten Tomatoes. 2019年9月23日閲覧。
  3. ^ Gloria (1999) Reviews” (英語). Metacritic. 2019年9月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]