コネクション マフィアたちの法廷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コネクション マフィアたちの法廷
Find Me Guilty
監督 シドニー・ルメット
脚本 シドニー・ルメット
T・J・マンシーニ
ロバート・マクレア
製作 T・J・マンシーニ
ボブ・ヤーリ
ロバート・グリーンハット
ボブ・デブリーノ
ジョージ・ザック
製作総指揮 ジョージ・ザック
オリヴァー・ヘングスト
出演者 ヴィン・ディーゼル
音楽 ジョナサン・チューニック
撮影 ロン・フォーチュナト
編集 トム・スウォートウート
製作会社 ヤーリ・フィルム・グループ
配給 アメリカ合衆国の旗 フリースタイル・リリーシング
日本の旗 ミッドシップ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年3月17日
日本の旗 2012年5月19日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $13,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,173,643[1]
世界の旗 $2,636,637[1]
テンプレートを表示

コネクション マフィアたちの法廷』(原題:Find Me Guilty)は、2006年制作のアメリカ合衆国の映画

1987年から88年の21カ月間におよび、アメリカ史上最長の刑事裁判として歴史に残る、アメリカを代表するマフィアの一つルッケーゼ一家を裁いた裁判のうち、ジャコモ・“ジャッキー・ディー”・ディノーシオの裁判を描く。シドニー・ルメット監督、ヴィン・ディーゼル主演[2]

あらすじ[編集]

ニュージャージーを拠点とするマフィア・ルッケーゼ一家の一員、ジャコモ・“ジャッキー・ディー”・ディノーシオは、麻薬取引の現場を押さえられ、起訴される。

検察は彼に懲役30年を求刑するが、担当検事のキーニーは仲間の犯罪を証言すれば刑期を短くしてやると持ちかける。だが、ファミリーへの忠誠を誓うジャッキーはこれを断固拒否。

さらに彼は自身の裁判で弁護士を立てず、自分自身で弁護を行うという大胆な行動に出る。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]