ルッケーゼ一家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルッケーゼ一家の現在のボス、スティーブン・クレーア(1992年撮影)

ルッケーゼ一家(―いっか、Lucchese crime family)は、アメリカ合衆国ニューヨークマフィア(コーサ・ノストラ)の犯罪組織の一つである。

初期[編集]

1890年代シチリア島コルレオーネから移住したモレロ一家マンハッタンイースト・ハーレムでマフィア組織を作った。組織の一員だったガエタノ・レイナが1910年代半ばにモレロ一家から分派した組織が始まりとされ、1910年代後半から1920年代にかけてブロンクスを拠点に独自の一家を形成した[1]。初期のメンバーにトミー・ガリアーノ、スティーヴ・ラサール、ラオ兄弟、ジオヴァンニ・ディカルロ、トーマス・ルッケーゼなどがいた。イタリア式富くじやナンバーズ賭博、氷配給業を営んだ[1]

カステランマレーゼ戦争と五大ファミリー[編集]

レイナは1920年代ジョー・マッセリアと同盟関係にあったが、マッセリアに氷供給業のシェアを要求されたため、マッセリアと対立するカステランマレーゼ派ボスのサルヴァトーレ・マランツァーノに寝返った。1930年2月、レイナは裏切りを疑われ、マッセリアに暗殺された。マッセリアは後釜ボスにボナヴェントゥーラ・ピンツォーロを据えて間接支配したが、レイナ配下のガリアーノやルッケーゼは自分らが無視されたことでピンツォーロを支持せず、マランツァーノ陣営に走った。レイナの死はカステランマレーゼ戦争の発端となった。

同年9月、ピンツォーロはガリアーノ配下の殺し屋に暗殺され、ガリアーノが組織を奪い返した[2]。1931年4月、マッセリアが部下のラッキー・ルチアーノの裏切りにより暗殺され、マランツァーノがニューヨーク・マフィアを五大ファミリーに再編成した際、五大ファミリーの1つに認定された。同年9月にマランツァーノを殺したルチアーノからも五大ファミリーに認定された。ボスはガリアーノ、副ボスはルッケーゼとなった。

ホワイトカラー・マフィア[編集]

ガリアーノは建設業界に地歩を築き、組合を通じて建設資材の流通や不正な取引に関わった。1930年代半ば、ユダヤ系ギャングのルイス・バカルターと提携し、ガーメント地区の組合に進出を果たした。1950年代前半、病死したガリアーノに代わりボスとなったトーマス・(三本指のブラウン)・ルッケーゼは、繊維産業、運輸業界などに支配力を強めた[3]。一家の名前はこのルッケーゼに由来する。

ルッケーゼは、フランク・コステロと並んで政界に強力なコネを持ち、連邦検事、ニューヨーク市長、警察署長などと結びついていた[4][5]。 ファミリー内では、ヴィンセント・ラオやジョニー・ディオ、アンソニー・コラッロらビジネスセンスと暴力を兼ね備えた人物を重用した。ヤミ賭博や売春といった伝統的なストリート犯罪より、組合、企業強請や金融犯罪などの「ホワイトカラー犯罪」に特徴があり、五大ファミリーの中では最小の組織ながら高収益を誇った[5]

ニューヨークの覇権争い[編集]

1950年代後半、ヴィト・ジェノヴェーゼと組んでニューヨーク・マフィア最大の実力者コステロの追い落としに加担した。更にカルロ・ガンビーノアナスタシア一家のボスにつけた上でガンビーノと姻戚関係を結び連携を強化した[6]ボナンノ一家のボスのジョゼフ・ボナンノプロファチ一家のボスのジョセフ・マリオッコによるニューヨーク・マフィア掌握の陰謀を未然に阻止し、ガンビーノと共にニューヨークを実質的に支配した[7]

ルッケーゼ死後[編集]

ルッケーゼの死後はカーマイン・トラムンティアンソニー・コラーロがボスとなり、麻薬取引などにも手を染めるようになる[8]。 

1978年ポール・ヴァリオ配下のジミー・バークトーマス・デシモーネなどがルフトハンザ航空強奪事件を引き起こす。その後、同じくヴァリオ配下のヘンリー・ヒルが情報提供者となったことで、バーク、ヴァリオら関係者が多数逮捕された。この事件は『グッドフェローズ』として小説・映画化された。

1986年には獄中のコラーロが指名した人物を殺害してヴィットーリオ・アムーソがボスの座を奪った。アムーソは腹心のアンソニー・"ガスパイプ"・カッソと共にガンビーノ一家のボスの座を奪ったジョン・ゴッティに反発してフランク・デチッコら側近を殺害する。このためゴッティは話し合いの末に何とか関係修復に成功した。その後、カッソはボスの座を奪おうとして失敗し、証人保護プログラムの保護下に入ることとなった。2005年にはマフィア捜査を行っていたニューヨーク市警の元警官ルイス・エッポリトとスティーブン・カラカッパ英語版が警官時代にルッケーゼ一家のヒットマンとしてゴッティの部下らの暗殺を実行していたことが判明して逮捕され、一大スキャンダルとなった。彼ら二人は翌2006年に共に終身刑の判決を受けた。

その他、ポール・カステラーノと仲が良かったサルヴァトーレ・"トム・ミックス"・サントロジョニー・ディオなどが有名。

2012年現在のボス代行はスティーブン・クレーアである。

歴代のボス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Lucchese Family - The Reina Gang
  2. ^ THE AMERICAN MAFIA - Crime Bosses of New York
  3. ^ Lucchese Family - The Two Tommies
  4. ^ Gaetano “Tommy” Lucchese – Lucchese Crime Family Namesake, Part I American Mafia History
  5. ^ a b White-Collar Mafioso Tommy Lucchese (1899-1967) - Leading a family Thomas Hunt, 2007
  6. ^ White-Collar Mafioso Tommy Lucchese (1899-1967) - Exposure and decline Thomas Hunt, 2007
  7. ^ Lucchese Family - The Lucchese era
  8. ^ Lucchese Family - Tramunti and the French Connection

外部リンク[編集]