ゴーン・ベイビー・ゴーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴーン・ベイビー・ゴーン
Gone Baby Gone
監督 ベン・アフレック
脚本 ベン・アフレック
アーロン・ストッカード
原作 デニス・レヘイン
愛しき者はすべて去りゆく
製作 アラン・ラッド・Jr
ダン・リスナー
ショーン・ベイリー
製作総指揮 デヴィッド・クロケット
出演者 ケイシー・アフレック
ミシェル・モナハン
モーガン・フリーマン
エド・ハリス
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 ジョン・トール
編集 ウィリアム・ゴールデンバーグ
製作会社 ラッド・カンパニー英語版
ライヴプラネット英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ウォルト ディズニー スタジオ ホーム エンターテイメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年10月19日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $19,000,000[1]
興行収入 $34,619,699[1]
テンプレートを表示

ゴーン・ベイビー・ゴーン』(原題:Gone Baby Gone)は、2007年アメリカ映画ベン・アフレックの初映画監督作品で、多数の映画賞を受賞した。日本では劇場未公開。2008年9月17日DVDBlu-ray Discが発売された[注 4]

概要[編集]

原作はデニス・レヘインの『私立探偵パトリック&アンジー』シリーズの4作目『愛しき者はすべて去りゆく』。レヘインの出身地であるボストン・ドーチェスター地区を舞台に描かれており、本作の撮影も同地区で行われた。アフレック兄弟もボストン出身であり、脇役・エキストラとして多くの地元の人間を出演させている。誘拐された少女の母親を演じたエイミー・ライアンは、本作で多くの映画賞にノミネートされ、一躍人気女優となった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

ベン・アフレック

主な受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2005年10月以前のディメンション・フィルムズ製作作品も含む。
  2. ^ ただし、『シンデレラマン』、『すべてはその朝始まった』、『最終絶叫計画4』、『こわれゆく世界の中で』を除く。
  3. ^ そのため本作は、2021年7月21日にNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンより、DVDとBlu-rayを再発売したため[8][9]、現在日本でのウォルト・ディズニー・ジャパンにおけるラッド・カンパニー英語版作品の映画レーベルは、ミラマックス・フィルムズから20世紀スタジオに変更された。
  4. ^ 後にミラマックスは、2016年3月2日には中東カタールビーイン・メディア・グループ英語版(beIN Media Group)に買収された[2][3][4]。さらに米メディア大手バイアコムCBS2019年12月20日、ミラマックスの株式49%を3億7500万ドル(約410億円)で取得することで合意したと発表した。ミラマックスが制作し著作権を保有する約700本の映画を同社のネットワークで配信できるようになる[5][6]2020年4月3日に売却は完了し、ビーイン・メディアは引き続き51%の株式を保持する[7]。そのため、日本においては、ミラマックス製作作品のソフト発売・販売権も、2021年5月21日発売分以降はNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンが担当し、映画会社のブランド名も「ミラマックス・フィルムズ(MIRAMAX FILMS)」及び「ミラマックス・インターナショナル(MIRAMAX INTERNATIONAL)」から「ミラマックス(MIRAMAX)」に変更された[注 1][注 2]。これにより、本作のミラマックス作品における日本でのソフト発売・販売権をウォルト・ディズニー・ジャパン及びワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントからNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンへそれぞれ移行する役割分担が行われている[注 3]

出典[編集]

  1. ^ a b Gone Baby Gone (2007)”. Box Office Mojo. 2010年8月7日閲覧。
  2. ^ Busch, Anita (2016年3月2日). “Miramax Acquired By Qatar-Based beIN Media Group”. 2020年4月4日閲覧。
  3. ^ beIN Media Group Acquires Miramax”. 2020年4月4日閲覧。
  4. ^ Cieply, Michael (2016年3月2日). “Miramax Is Bought by the Qatari beIN Media Group”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2016/03/03/business/media/miramax-is-bought-by-the-qatari-bein-media-group.html 2020年4月4日閲覧。 
  5. ^ Littleton, Cynthia (2019年12月20日). “ViacomCBS to acquire 49 percent stake in Miramax for $375 million”. Variety. 2020年4月4日閲覧。
  6. ^ ニューヨーク 伴百江 (2019年12月21日). “米バイアコムCBS、映画大手ミラマックス株49%取得”. 日本経済新聞. 株式会社日本経済新聞社. 2020年4月18日閲覧。
  7. ^ Goldsmith, Jill (2020年4月3日). “ViacomCBS Closes Purchase Of Stake In Miramax, With Distribution And First Look Deals” (英語). Deadline. 2020年4月4日閲覧。
  8. ^ ゴーン・ベイビー・ゴーン”. パラマウントピクチャーズ. NBCユニバーサル・エンターテイメント. 2021年7月22日閲覧。
  9. ^ ゴーン・ベイビー・ゴーン”. パラマウントピクチャーズ. NBCユニバーサル・エンターテイメント. 2021年7月22日閲覧。

外部リンク[編集]