シャーロットのおくりもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

シャーロットのおくりもの』(Charlotte's Web)はE・B・ホワイト著で、1952年に出版された児童文学作品。納屋に住む蜘蛛のシャーロットと、子豚のウィルバーの友情を描く。

あらすじ[編集]

子豚のウィルバーはとある牧場で無邪気に暮らしていたが、あるとき、自分はいずれ殺されて肉にされてしまう運命であることを知る。嘆くウィルバーに小屋の上から声をかけたのは牝蜘蛛のシャーロット。彼女は驚くべき方法でウィルバーを救おうとする。

登場キャラクター[編集]

シャーロット(クモ)

ウィルバー(子豚)

ファーン・エラブル(納屋の娘)

テンプルトン(ネズミ)

サミュエル(羊)

グッシー(ガチョウ)

ゴリー(ガチョウ)

ビッツィー(牛)

ベッツィー(牛)

アイク(馬)

ブルックス(カラス)

エルウィン(カラス)

映像化[編集]

1973年[編集]

2003年[編集]

2006年[編集]

外部リンク[編集]