シャーロットのおくりもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

シャーロットのおくりもの』(Charlotte's Web)はE・B・ホワイト著で、1952年に出版された児童文学作品。

全世界4500万部のベストセラーとされ、書籍情報サイト大手のGoodreadsで『死ぬまでに読みたい100冊の本』にも選ばれている[1]

納屋に住む蜘蛛のシャーロットと、子豚のウィルバーの友情を描く。

あらすじ[編集]

エラブル家に生まれた子豚のウィルバーはとある牧場に買い取られ、無邪気に暮らしていたが、あるとき、自分はいずれ殺されて肉にされてしまう運命であることを知る。嘆くウィルバーに小屋の上から声をかけたのは後に親友になる牝蜘蛛、シャーロット。彼女は驚くべき方法でウィルバーを救おうとする。果たしてウィルバーはどうなってしまうのか......

登場キャラクター[編集]

シャーロット(クモ)

ウィルバー(子豚)

ファーン・エラブル(納屋の娘)

テンプルトン(ネズミ)

サミュエル(羊)

グッシー(ガチョウ)

ゴリー(ガチョウ)

ビッツィー(牛)

ベッツィー(牛)

アイク(馬)

ブルックス(カラス)

エルウィン(カラス)

邦訳[編集]

以下再話

  • 『シャーロットのおくりもの ウィルバーの心のおもいで』(サンピーゆめのくに8 サン企画 1973年8月10日)
  • 橋本侃生野摂子編註『童話・くもの巣物語 Charlotte's web』(愛育社 1994年1月1日)

映像化[編集]

1973年[編集]

2003年[編集]

2023年[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 100 Books to Read in a Lifetime: Readers' Picks”. goodleads. 2023年1月29日閲覧。