湖池屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社湖池屋
KOIKE-YA Inc.
コイケヤ
Koikeya Co.,Ltd.jpg
湖池屋 本社
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 2226
本社所在地 日本の旗 日本
175-0094
東京都板橋区成増5-9-7
設立 1977年1月13日
業種 食料品
事業内容 菓子製造販売事業
代表者 代表取締役会長 小池孝
代表取締役社長 佐藤章
資本金 22億6959万円
売上高 連結:324億30百万円(2016年6月期)
純資産 連結:121億43百万円(2016年6月)
総資産 連結:202億28百万円(2016年6月)
従業員数 連結:434人(2016年6月)
決算期 6月30日
主要株主 日清食品ホールディングス 34.53%
小池孝 16.52%
一般社団法人湖池の会 15.01%
(2016年6月)
関係する人物 小池和夫
外部リンク http://koike-ya.com/
特記事項:初代の株式会社湖池屋設立は1958年1月
テンプレートを表示

株式会社湖池屋(こいけや、英語:KOIKE-YA Inc.)は、スナック菓子を中心とする商品の製造・販売を行っている日本の菓子メーカーである。

本社は東京都板橋区成増に所在する(敷地は埼玉県和光市にもまたがっている)。同じ板橋区に本社を置く山芳製菓と並ぶ東京都城北地区に本拠を置くスナック菓子メーカーの一つである。スナック菓子を主力商品とする菓子メーカーの中では初の株式上場企業である[注釈 1]

2016年10月に、グループの持株会社であった株式会社フレンテが、株式会社湖池屋(初代)を含む事業会社3社を吸収合併して、株式会社湖池屋(2代)に商号変更した。

概要[編集]

「ポテトチップス」が主力商品。湖池屋が製造したポテトチップスでは「のり塩」が一番多く売れている。他に「カラムーチョ」や「ポリンキー」、「スコーン」といったユニークな名称のスナック菓子を製造・販売している。スナック菓子以外では、タブレット菓子の「ピンキー」「乳酸菌LS1」を製造・販売する。

社名の由来[編集]

創業者である小池和夫の出身地長野県諏訪市において、諏訪湖があった。その諏訪湖のように会社も大きくさせたいという理由で、創業者の「小池」の小を湖に変え、湖池屋とした。

沿革[編集]

初代[編集]

  • 1954年(昭和29年) - 東京都文京区本駒込におつまみ製造会社として創業。
  • 1958年(昭和33年) - 株式会社湖池屋(初代)を設立。
  • 1962年(昭和37年) - 日本で初めて本格的にポテトチップスの量産化に成功[1]。「湖池屋ポテトチップス」発売。それまで小規模にしか流通していなかったポテトチップスを一般消費者に普及させるきっかけをつくった[2]
  • 1964年(昭和39年) - 東京都板橋区成増に移転。
  • 1970年(昭和45年) - 埼玉県加須市に加須工場設立(現・関東工場)。
  • 1973年(昭和48年) - 「ポテトシューストリング」発売。
  • 1984年(昭和59年) - 「カラムーチョ」発売。
  • 1986年(昭和61年) - 京都府船井郡園部町(現・南丹市)に京都工場設立。
  • 1987年(昭和62年) - 「スコーン」発売。
  • 1990年(平成2年) - 「ポリンキー」発売。
  • 1994年(平成6年) - 「ドンタコス」「オーチップス」発売。
  • 2001年(平成13年) - 株式交換によりフレンテ株式会社(初代、現在の株式会社湖池屋)の100%子会社となる。
  • 2004年(平成16年) - 持株会社の株式会社フレンテがジャスダックに株式上場(証券コード:2226)。スナック菓子業界では初の株式上場。
  • 2007年(平成19年) - 「わいも!」発売。(一部地域限定)
  • 2009年(平成21年) - 創業者・小池和夫死去。
  • 2012年(平成24年) - 「コイケヤポテトチップス プレミアム トリュフ香る塩味」を2月6日に発売。コンビニでは1月30日に発売。
  • 2012年(平成24年) - 日清食品株式会社とコラボレーションして「チキンラーメンチップス」を3月5日に発売。4月9日には、「チキンラーメンスティック」が発売。

2代[編集]

  • 1977年1月 - 株式会社メリカ・フーズとして設立。
  • 1990年4月 - 株式会社ケイコウ・フーズに商号変更。
  • 1995年11月 - フレンテ株式会社(初代)に商号変更。
  • 2001年7月 - 株式交換により株式会社湖池屋(初代)を100%子会社にする。
  • 2002年6月 - 株式会社フレンテホールディングスに商号変更のうえ、菓子製販部門を新設のフレンテ株式会社(2代)に分離して持株会社化。
  • 2003年11月 - 株式会社フレンテに商号変更(フレンテ株式会社(2代)は株式会社フレンテ・インターナショナルに商号変更)。
  • 2004年6月 - 日本証券業協会(現在のJASDAQ)に株式を店頭登録。
  • 2011年5月 - 日清食品ホールディングスと資本業務提携。
  • 2016年10月1日 - 子会社の株式会社湖池屋、株式会社フレンテ・インターナショナル、株式会社アシストを吸収合併し、株式会社湖池屋(2代)に商号変更[3]
  • 2016年11月30日 - 新CIロゴマークを採用し、同日より使用を開始[4]

主な商品[編集]

  • コイケヤ ポテトチップス
  • コイケヤ ポテトチップス リッチカット
  • コイケヤ ポテトチップス プレミアム
  • コイケヤポテトチップス プレミアム トリュフ香る塩味
  • 塩のみで味付けしたポテトチップス(オーケー限定)
  • 和ポテト
  • スティックポテト
  • フレンチポテト
  • カラムーチョ
  • すっぱムーチョ
  • オーチップス
  • スコーン
  • ドンタコス
  • ポリンキー
  • ポップナウ
  • おいしい!100kcal
  • マヨポテト(一部地域限定)
  • わいも!(一部地域限定)
  • チキンラーメンチップス
  • チキンラーメンスティック
  • ピンキー
  • 乳酸菌LS1

過去に発売された商品[編集]

  • チビノワ
  • トップル
  • サラダレディ
  • ラティス
  • ぽてち(西日本限定)
  • チョビッツ(2002年(平成14年)。名前の由来は「ちょこっと」と英語の「bits」を組み合わせた造語。漫画作品の『ちょびっツ』とは無関係)
  • 金じゃが(東京限定)
  • ドンドンカラカラチップス
  • ジャガッツ

キャラクター[編集]

湖池屋のスナック菓子は、各商品ごとにキャラクターを起用しているのが特徴である。なお、同社のテレビCMは、1990年代以降は主に佐藤雅彦が企画及びCMソングの作詞・作曲を手掛けている。

  • コイケくん(コイケヤ ポテトチップス)
  • ヒーおばあちゃん(カラムーチョ・すっぱムーチョ)
  • ヒーヒーおばあちゃん(カラムーチョ・すっぱムーチョ)
  • スリーポリンキーズ(ポリンキー)
  • ドンタコスおじさん(ドンタコス)

CM出演[編集]

現在

ほか

過去

ほか

関連会社[編集]

  • Koikeya Vietnam Co.,Ltd.
  • 台湾湖池屋股份有限公司
  • 日清湖池屋(中国・香港)有限公司

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ スナック菓子を製造・販売する企業としては、明治製菓森永製菓ハウス食品山崎製パンヤマザキナビスコの親会社)、江崎グリコブルボンなどが湖池屋より先に株式公開を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 平成情報バンク (2007), 常識として知っておきたい日本の会社, PHP研究所, p. 104, ISBN 9784569694399 
  2. ^ [1] izaイザ 2009年5月7日
  3. ^ 当社グループ組織再編(当社子会社との合併)、並びに商号及び定款の一部変更に関するお知らせ
  4. ^ 原点に立ち、未来へ踏み出す。新生 湖池屋新CIロゴマークを採用 - 湖池屋 2016年11月30日

外部リンク[編集]