ヴァージン・ハンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァージン・ハンド
PIcking Up the Pieces
監督 アルフォンソ・アラウ
脚本 ビル・ウィルソン
製作 ポール・サンドバーグ
製作総指揮 アルフォンソ・アラウ
ドナルド・カシュナー
ピーター・ロック
ミミ・ポーク・ギトリン
出演者 ウディ・アレン
デヴィッド・シュワイマー
シャロン・ストーン
キーファー・サザーランド
撮影 ヴィットリオ・ストラーロ
配給 アメリカ合衆国の旗Artisan Entertainment
日本の旗アートポート=アースライズ
公開 アメリカ合衆国の旗2000年5月26日
日本の旗2001年9月1日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $63,517,620[1]
テンプレートを表示

ヴァージン・ハンド』(Picking Up the Pieces)は2000年に公開されたアメリカの映画。 車から落ちた死体の手首が引き起こす、奇跡と騒動を描いたブラックコメディ。

ストーリー[編集]

アリゾナの田舎で、肉屋の主人テックスは、美人妻のキャンディと保安官の浮気を知る。 激怒したテックスは妻を殺害、バラバラにし死体を埋めるためニューメキシコへ向かう。 しかし、途中で死体の手首だけ落としてしまうのだが、この手首が「聖母マリアの手(ヴァージン・ハンド)」として大騒動が起きる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

  1. ^ Picking Up the Pieces - IMDb”. 2014年12月31日閲覧。

外部リンク[編集]