サイダーハウス・ルール (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サイダーハウス・ルール
The Cider House Rules
監督 ラッセ・ハルストレム
脚本 ジョン・アーヴィング
原作 ジョン・アーヴィング
製作 リチャード・N・グラッドスタイン
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ボビー・コーエン
メリル・ポスター
出演者 トビー・マグワイア
マイケル・ケイン
シャーリーズ・セロン
音楽 レイチェル・ポートマン
撮影 オリヴァー・ステイプルトン
編集 リサ・ゼノ・チャージン
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年12月17日
日本の旗 2000年7月1日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $24,000,000[1]
興行収入 $57,545,092[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$88,545,092[1] 世界の旗
テンプレートを表示

サイダーハウス・ルール』(The Cider House Rules)は、1999年製作のアメリカ映画。原作はジョン・アーヴィングの同名小説『サイダーハウス・ルール』。アーヴィング自身が脚本を書き、さらに駅員として出演もしている。2000年にアカデミー助演男優賞マイケル・ケイン)とアカデミー脚色賞を受賞した。

==  「ガープの世界」などで知られる米現代文学の巨匠、ジョン・アーヴィング原作の感動作。孤児院生まれの青年を主人公に、彼がさまざまな経験を通し成長してゆく姿を温かな視点で描く。マイケル・ケイン、トビー・マグワイア共演。20世紀半ばのアメリカ。田舎町の孤児院で、堕胎を専門とする産婦人科医ラーチに育てられたホーマー。成長し、彼の助手として手伝いをしていた彼は、やがて自立して孤児院を去ってゆく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 Netflix
ホーマー・ウェルズ トビー・マグワイア 渡貫良児 近松孝丞
キャンディ・ケンドール シャーリーズ・セロン 日下由美 森なな子
ウィルバー・ラーチ医師 マイケル・ケイン 中村正 堀部隆一
アーサー・ローズ デルロイ・リンドー 宝亀克寿 長克巳
ウォリー・ワージントン中尉 ポール・ラッド 猪野学 小林親弘
看護婦エドナ ジェーン・アレクサンダー 田畑ゆり 宮沢きよこ
看護婦アンジェラ キャシー・ベイカー 泉晶子 田中杏沙
ローズ・ローズ エリカ・バドゥ 山像かおり 合田絵利
パスター キーラン・カルキン 入野自由 伊藤実華
オリーヴ・ワージントン ケイト・ネリガン ニケライ ファラナーゼ
ピーチーズ ヘヴィ・D 大泊貴揮
マディ K・トッド・フリーマン 三輪隆博
メアリー・アグネス パス・デ・ラ・ウエルタ 伊藤実華 廣田悠美
レイ・ケンドール J・K・シモンズ
ジャック エヴァン・デクスター・パーク 新川麗
ヴァーノン ジミー・フリン 宮崎敦吉
ヒーロー ロニー・R・ファーマー 藤巻大悟
ファジー エリック・パー・サリヴァン
カーリー スペンサー・ダイアモンド 松井暁波
コパフィールド ショーン・アンドリュー 富樫美鈴
スティアフォース ジョン・アルバーノ ふじたまみ
ヘイゼル スカイ・マッコール・バートシアク
  • ソフト版吹き替え - VHSDVDBD収録
その他吹き替え - 大原真理子水内清光北沢洋天田益男藤本譲水原リン北斗誓一清水敏孝村上想太常盤祐貴野口輝人渡辺悠奥島和美浅井清己小倉裕太五十嵐優次郎
演出:壺井正、翻訳:高間俊子、調整:飯塚秀保、制作:グロービジョン
  • Netflix版吹き替え
演出:神尾千春、翻訳:片山貴子、調整:山本洋平

演出の特徴[編集]

  • 孤児院のシーンでは、淡い色彩やモノトーンが用いられ、対照的に孤児院の外の世界は、比較的カラフルで鮮やかな色彩で描かれており、孤児院の雰囲気や主人公の心情を効果的に表現している。特にホーマーが旅立ったあとのシーンには、透き通った明るい色彩が美しいものも多い。
  • レイチェル・ポートマン作曲の印象的で優しげな音楽が、作品全体の繊細な空気感をさらに引き立てている。監督のラッセ・ハルストレムも、製作陣との映画解説の中で、「レイチェルのこの音楽は名曲だ。車の中でよく聴いているよ」と話している。ポートマンは、この作品でアカデミー作曲賞にノミネートされた。
  • 原作と大きな相違はないが、映画に組み立てる際の工夫として製作陣がいくらか小さな変更や描写の削除を施している。その中の一つにラーチ医師の母は移民だという設定があるが、それはイギリスの俳優であるマイケル・ケインがラーチ医師を演じるにあたって、ニューイングランド訛りのアメリカ英語を完全に駆使するには限界があった点を、不自然にならないようカバーするための工夫である(ケイン自身は、訛りやアクセントの問題には自力で取り組む姿勢を見せていた)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Cider House Rules (1999)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]