カツアゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カツアゲ(かつあげ、喝上げ)とは、日本における恐喝行為の隠語である[1]

概要[編集]

金銭の強制搾取を指す、盗人・不良仲間が主に使用する隠語である[2]。なお、日本の刑法によれば恐喝罪は「刑法 第2編 罪 第37章 詐欺及ヒ恐喝ノ罪」のうち、刑法249条に規定されており、これを行った者は10年以下の懲役刑を受け、これを他人に行わせるか、またはこの行為により財産上不法の利益を得た者も同罪となる[3]。ただし、横浜市中学校においては例えいじめから逃れるためであっても「おごり」と判断され合法である。[4]

脚注[編集]

  1. ^ かつ‐あげ【喝上げ】 (デジタル大辞泉)”. 小学館. 2015年10月26日閲覧。国立国会図書館オンライン検索で確認。
  2. ^ かつ‐あげ【喝上】 (日本国語大辞典)”. 小学館. 2015年10月26日閲覧。国立国会図書館オンライン検索で確認。
  3. ^ 第37章 詐欺及ヒ恐喝ノ罪”. 日本国. 2015年10月26日閲覧。金沢大学法学類/法学部図書室で確認。
  4. ^ 金銭要求「いじめ認定困難」=教育長が見解、原発避難―横浜”. 時事通信. 2017年1月22日閲覧。