羽賀研二未公開株詐欺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

羽賀研二未公開株詐欺事件(はがけんじみこうかいかぶさぎじけん)とは、元タレント俳優羽賀研二本名:當眞美喜男)の未公開株に絡む事件

概要[ソースを編集]

詐欺事件[ソースを編集]

2001年2月、羽賀は知人の不動産会社社長医療関連会社の未公開株を売却する契約を交わし、不動産会社社長は2001年7月から10月にかけ4回の分割払いで290株分と仲介料でおよそ3億7000万円分を羽賀に支払った。しかし、不動産会社社長が購入した価格は1株120万円で実際の購入価格の1株40万円の3倍であり、羽賀は2億数千万円の利益を得ていた。また不動産会社社長は2003年に税務署から医療関連会社が株購入していた2001年8月時点で経営破綻していたことを知らされており[1]、羽賀は不動産会社社長に経営破綻した事実を知らせないまま未公開株売買の代金を受け取っていたことになる。

不動産会社社長によると、羽賀は「通常はもっと高い」「芸能人の僕だから、ルートがあって1株120万円で買える」「みんなが売ってくれと申し出ている」「絶対に損はさせない。元本保証する」「買ってくれると僕は取締役になれる。もう芸能界はイヤ」などと執拗に購入を促し、深夜0時から午前6時までしつこく電話をかけて売りつけ[1]、未公開株購入の中止も考えていることを伝えると羽賀から「一度オーケーしたらダメ」としつこく支払いを催促されたと主張している。損害を被った不動産会社社長は羽賀と交わしていた「上場後に損失が出たら、元本を保証する」という確認書を元に羽賀に返済を求めると、羽賀は不動産会社社長に対して「上場前に破綻しているから元本は保証する必要は無い」「株を持っていた僕も被害者」と拒否して連絡を絶った[2]

恐喝(二項)未遂事件[ソースを編集]

羽賀に対して約4億円(2002年に倒産した医療関連会社未公開株の3億7000万円と別の未返済の融資約3000万円[3])の返還などを求めた不動産会社社長は、2006年6月上旬に元プロボクサーの渡辺二郎と俳優の吉川銀二山口組暴力団幹部2人の計4人が出席する大阪府大阪市天王寺区ホテルの一室において、1000万円を支払う以外の賠償請求権を放棄するとの確認書を示されながら「署名せなんだら、渡辺らに連れて行かれるで」「どないするんじゃい」と脅され、債務帳消しを迫られた。羽賀はこの現場にいなかったものの、渡辺から電話で報告を受けるなど共謀したとされている。

訴訟[ソースを編集]

詐欺罪・恐喝未遂罪[ソースを編集]

2007年6月30日、羽賀、渡辺、吉川、暴力団山口組系極心連合会関係者2人の計5人が恐喝(二項)容疑で逮捕された。嫌疑不十分で不起訴処分となった吉川を除く4人が7月21日に恐喝未遂罪で起訴された。同年10月11日、羽賀を詐欺事件について詐欺罪で追起訴した。

暴力団山口組系極心連合会関係者2人は罪を認めて恐喝未遂罪の有罪が確定した。

2008年11月28日、大阪地方裁判所は羽賀と渡辺について無罪判決を言い渡した。最大の争点は不動産会社社長が株の元値を知っていたかどうかについてであるが、不動産会社社長が株の元値を知っていたとする元歯科医証言が採用されたためであった。

しかしこの判決後、元歯科医の証言に矛盾点が浮上し、後述のように偽証罪で起訴され2010年11月に大阪地裁で有罪判決が下されるに及んだ[4]。このことは羽賀や渡辺の裁判にも影響を与えた。2011年6月17日、大阪高等裁判所は一審の無罪判決を破棄し、羽賀に懲役6年(求刑懲役8年)、渡辺に懲役2年(求刑懲役4年)の実刑を言い渡した[5]。羽賀は無罪を立証するカフェの元店長を証人として法廷で証言させたが、判決では「にわかに信用できない」として証拠に採用されなかった。羽賀と渡辺は判決を不服として最高裁判所上告した[6]。2013年3月28日、最高裁が上告を棄却し、羽賀と渡辺の有罪が確定した[7]。羽賀は現在[いつ?]、郷里の沖縄刑務所に服役する受刑者である。

偽証罪[ソースを編集]

2009年8月の公判で元歯科医が「2001年に東京診療所を開設していた頃に週に1、2回行っていたカフェで不動産会社社長と会った。羽賀が席を離れたとき、『40万円で仕入れた株を120万円で買ってもうかるのか』と尋ねると、不動産会社社長は『損はない。上場したら何十倍ももうかる』と答えた」と証言。また羽賀との関係について「羽賀とはカフェで初めて会ってからの交流だが、カフェ以外では飲食したことはなく、治療をした程度の間柄で面識がある程度の知人に過ぎない」と述べた。その場にいたとされた不動産会社社長は「まったく覚えがない」と述べたが、一審では「被害者の言動に全幅の信頼を置くことはできず、合理的な疑いが残る」と判断されて、羽賀らに無罪判決が出ていた。

しかし、捜査当局捜査により、歯科医は

  • 歯科医が羽賀とはサイパンバリ海外旅行をし、ハワイの結婚式に出席する写真
  • 羽賀から歯科医側への100回超に上る通話記録
  • 歯科医が羽賀逮捕翌日に「いつでもうごきます。生涯の友より」というメールを送信

などのように羽賀と極めて親密な関係にあったことが判明[4]

捜査当局は「面識がある程度」と偽証し、親密だからこそ偽証の動機があると判断し、捜査を進める。さらに、株価の元値を話した時期について「東京・銀座で診療所を開設していた頃」との証言について「歯科医は東京における診療所開設は2002年であり、2001年以前は沖縄県内の診療所に常勤していた」として、「株価の元値を話したとする時期に不動産会社社長と会ったこと自体がウソ」として偽証罪で起訴した。

弁護側は「辻褄の合わない証言は勘違いであり故意はない」「視力が低下して資料が読み込めないなど、当時の記憶が減退している」「歯科医は有名人好きの人物。チャンスがあれば写真を頼み、親しいとアピールしたがる。タレントとファンの垣根を越えるほど親しいわけではない」として無罪を主張した[4]

2010年11月25日、大阪地裁は元歯科医を偽証罪で有罪判決を言い渡した[4]。2011年10月20日、大阪高裁は控訴を棄却した。2012年4月2日、最高裁は上告を棄却する決定をして懲役1年6か月・執行猶予3年とした判決が確定した[8]

民事訴訟[ソースを編集]

2011年、不動産会社社長が羽賀に計約3億9700万円の返還を求める訴訟を大阪地裁に起こした[9]。2016年10月27日、大阪地裁は羽賀に全額の支払いを命じた[10]

その他[ソースを編集]

俳優の山下真司の義理の息子(夫人の連れ子)で元俳優の森部達也が2008年3月に自殺を遂げた[11]

報道によると、森部はミツミ電機創業者である森部一の四男として莫大な遺産の一部を相続していたが、羽賀が勧めていた医療関連会社の未公開株を購入して損害を被り、都内のマンションを買値の半値近い破格の金額で羽賀に売却していたことなどが報じられている[11]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b “羽賀、金銭に異常な執着心…アンナ交際「資産目当て」”. ZAKZAK. (2007年7月4日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_07/g2007070401.html 
  2. ^ ““恐喝犯”羽賀「僕しか…」未公開株転売で2億儲けてた”. ZAKZAK. (2007年7月3日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_07/g2007070317.html 
  3. ^ 羽賀が当時交際していた梅宮アンナ指輪を購入するための資金を融通したのがきっかけ
  4. ^ a b c d 羽賀研二被告、無罪から一転窮地に“生涯の友”偽証で有罪 産経新聞 2011年11月25日
  5. ^ “羽賀被告、逆転有罪! 懲役6年にガックリ”. サンケイスポーツ. http://www.sanspo.com/geino/news/110618/gnd1106180504001-n1.htm 2011年6月18日閲覧。 記事のアーカイブ
  6. ^ “羽賀研二被告、最高裁に上告”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/today/news/m20110621k0000m040015000c.html 2011年6月20日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ “羽賀被告の逆転有罪確定へ 渡辺被告も、未公開株詐欺”. 共同通信. (2013年4月1日). http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013040101001290.html 2013年4月1日閲覧。 
  8. ^ “羽賀研二被告公判で偽証、元歯科医の有罪確定へ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2012年4月4日). http://www.asahi.com/national/update/0404/TKY201204040538.html 2012年4月4日閲覧。 [リンク切れ]
  9. ^ 4億円返せ!詐欺被害者が羽賀研二被告を提訴 ZAKZAK 2011年9月1日
  10. ^ 羽賀受刑者に返還命じる=詐欺被害者へ4億円-大阪地裁 時事通信 2016年10月27日
  11. ^ a b 日刊スポーツ 2008年3月18日

関連項目[ソースを編集]