ミツミ電機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミツミ電機株式会社
MITSUMI ELECTRIC CO.,LTD.
Mitsumi Electric company logo.svg
本社
本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6767
2017年1月24日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
206-8567
東京都多摩市鶴牧2-11-2[1]
設立 1954年1月 (登記上1949年4月16日)[1]
業種 電気機器
法人番号 4013401002485 ウィキデータを編集
事業内容 電気機械器具の製造および販売
代表者 岩屋良造代表取締役社長執行役員[2]
資本金 200億円(2021年3月31日現在)[3]
発行済株式総数 8120万8千株[3]
売上高 3380億28百万円(2021年3月期)百万円未満を切り捨て。以下同じ[3]
営業利益 138億35百万円(2021年3月期)[3]
経常利益 172億96百万円(2021年3月期)[3]
純利益 173億56百万円(2021年3月期)[3]
純資産 1253億97百万円
(2021年3月31日現在)[3]
総資産 1880億20百万円
(2021年3月31日現在)[3]
従業員数 2319名 (2021年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 ミネベアミツミ株式会社 100%
(2021年3月31日現在)[3]
関係する人物 森部茂
外部リンク https://www.mitsumi.co.jp/
テンプレートを表示

ミツミ電機株式会社(ミツミでんき、MITSUMI ELECTRIC CO., LTD.)は東京都多摩市本社を置く電機部品メーカー。2017年(平成29年)、株式交換によりミネベア(現:ミネベアミツミ)の完全子会社となる。

概要[編集]

電子デバイスの開発製造を古くから手がけており、8ビットパソコン時代から同社のフロッピーディスクドライブは多数のメーカーにOEM供給された。1985年には、それまで8ビットパソコンに搭載するには高価すぎたフロッピーディスクの代替として、クイックディスク日立マクセルと共同開発して発売した。

1990年代ソニー松下寿電子工業と並んでPC/AT互換機外部記憶装置の御三家の一角を占めていた[要出典]

PC各社にキーボードゲームコントローラをOEM供給していた。

日本の携帯電話端末製造会社、キャリア向けACアダプタのOEM製造を広く手がけていた。フィーチャーフォン減少・製造中止の決定とともに需要が減り、ビジネスは急速に減少した。

2006年度センター試験より導入された、リスニングテスト用のICプレーヤーの基板製造を担当した。

以前は任天堂ニンテンドーDSWiiの受託アセンブリ業務がミツミ電機の売り上げの大部分を占めていた。

沿革[編集]

  • 1954年(昭和29年)1月 - 三美電機製作所を設立。
  • 1959年(昭和34年)11月 - ミツミ電機株式会社に商号を変更。
  • 1962年(昭和37年)4月 - 株式額面変更のため、ミツミ電機株式会社(1949年4月16日設立の同名会社)に吸収合併される。
  • 2003年(平成15年)10月 - 子会社の秋田ミツミ株式会社、山形ミツミ株式会社、ミツミニューテク株式会社、栃木ミツミ株式会社を吸収合併。
  • 2007年(平成19年)10月 - 子会社の九州ミツミ株式会社を吸収合併。
  • 2017年(平成29年)1月24日 - 上場廃止[4]
  • 2017年(平成29年)1月27日 - 株式交換によりミネベア(現:ミネベアミツミ)の完全子会社となる形で経営統合[5][4]

事業所[編集]

  • 本社 (東京都多摩市鶴牧)
  • 厚木事業所 (神奈川県厚木市酒井)
  • 山形事業所 (山形県山形市立谷川)
  • 秋田事業所 (秋田県潟上市飯田川飯塚字上堤敷)
  • 千歳事業所 (北海道千歳市泉沢)
  • 九州事業所 (福岡県飯塚市立岩)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 概要
  2. ^ 役員一覧
  3. ^ a b c d e f g h i ミツミ電機株式会社第7 期(2020年4月1日から 2021年3月31日まで)
  4. ^ a b ミネベア株式会社とミツミ電機株式会社との経営統合に関する株式交換の効力発生日変更のお知らせ 2016年10月12日 ミネベア
  5. ^ ミネベア株式会社とミツミ電機株式会社との経営統合に関する経営統合契約及び株式交換契約の締結のお知らせ 2016年3月30日 ミネベア

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]