住友金属鉱山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
住友金属鉱山株式会社
Sumitomo Metal Mining Co., Ltd.
Sumitomo Metal Mining.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5713
1950年6月28日上場
大証1部(廃止) 5713
1950年6月28日 - 2013年7月12日
略称 SMM、住鉱、住友山、別子
本店所在地 日本の旗 日本
105-8716
東京都港区新橋五丁目11番3号
(新橋住友ビル)
設立 1950年(昭和25年)3月1日
(別子鉱業株式会社)
創業は1590年
業種 非鉄金属
法人番号 9010401015273
事業内容 資源開発事業
非鉄金属事業
電子材料事業
機能性材料事業 など
代表者 中里佳明代表取締役社長
資本金 932億42百万円
発行済株式総数 581,628千株
売上高 連結:8,554億7百万円
単独:7,003億17百万円
営業利益 連結:597億20百万円
単独:489億40百万円
純利益 連結:△3億9百万円
単独:162億81百万円
包括利益:△650億35百万円
純資産 連結:1兆759億95百万円
単独:6,129億66百万円
総資産 連結:1兆6,308億円
単独:9,545億74百万円
従業員数 連結:8,734[775]人
単独:2,267[232]人※1
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 5.79%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 5.50%
トヨタ自動車株式会社 3.25%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9) 1.58%
株式会社三井住友銀行 1.32%
住友不動産株式会社 1.29%
住友生命保険相互会社 1.29%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口7) 1.25%
住友商事株式会社 1.20%
STATE STREET BANK WEST CLIENT - TREATY 505234(常任代理人株式会社みずほ銀行決済営業部) 1.16%
主要子会社 主要関係会社参照
関係する人物 蘇我理右衛門(創業者)
田中外次
河上健次郎
是川銀蔵(相場師)
外部リンク http://www.smm.co.jp/
特記事項:経営指標は 2016年3月 第91期 有価証券報告書
※1:従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載している。
テンプレートを表示

住友金属鉱山株式会社(すみともきんぞくこうざん、英文Sumitomo Metal Mining Co., Ltd.)は、住友発展の基礎となった別子銅山や世界有数の金鉱脈がある菱刈鉱山などを経営する、住友グループ非鉄金属企業である。住友グループ広報委員会にも参加する企業である。

概要[編集]

日本で最も歴史ある企業の一つで、住友財閥の源流企業。住友家の業祖、蘇我理右衛門が南蛮吹きといわれる銅精練の技術を開発し、天正18年(1590年)京都に銅吹所を設けたのが始まりで、住友家は秋田の阿仁銅山、備中の吉岡銅山などの経営に乗り出し、日本一の銅鉱業者へ発展した。元禄4年(1691年)には別子銅山の開発に着手し、これが世界最大級の産銅量を誇る鉱山に成長して住友財閥(現在の住友グループ)の礎を築いた。現在は世界各地で鉱山開発、製錬を行っている他、電子・機能性材料の生産なども行っている大手の総合非鉄金属メーカーである。資源の保有量は日系企業の中でもトップクラスであり、埋蔵量が高いと言われている菱刈鉱山ポゴ金鉱山アメリカアラスカ州)を保有し、国内で唯一電気ニッケルを提供している企業としても知られている。銅地金の生産シェアはパンパシフィック・カッパーに次いで国内2位。

証券業界では、かつて上場企業であった住友金属工業新日本製鐵に吸収合併されたため、現在は新日鐵住金)と区別するため「別子(ベッシ)」もしくは「住友山(山は証券業界では『鉱業』の意味)」と呼ばれている。 非鉄金属メーカーとしては唯一のTOPIX 100構成銘柄である。

沿革[編集]

  • 1590年天正18年) - 蘇我理右衛門が京都に銅製錬・銅細工の泉屋を開業。
  • 1691年元禄4年) - 別子銅山の採掘権を獲得し、採掘を開始。
  • 1905年(明治38年) - 四阪島に銅製錬所を設置(現・四阪工場)。
  • 1927年(昭和2年)7月 - 住友合資会社から別子鉱業所が分離し、住友別子鉱山株式会社が発足。
  • 1937年(昭和12年)6月21日 - 住友別子鉱山と住友炭礦株式会社が合併し、住友鉱業株式会社が発足。
  • 1946年(昭和21年)1月29日 - 井華鉱業株式会社に社名変更。
  • 1950年(昭和25年)3月1日 - 井華鉱業株式会社の金属部門が独立し、別子鉱業株式会社が発足。
  • 1952年(昭和27年)6月 - 住友金属鉱山株式会社に社名変更。
  • 1956年(昭和31年)9月 - 株式会社日向製錬所を設立。
  • 1964年(昭和39年)7月 - 住鉱アイ・エス・ピー株式会社を設立。
  • 1965年(昭和40年)8月 - 中央研究所(現・市川研究所)開設。
  • 1966年(昭和41年)4月 - 住鉱アイ・エス・ピー播磨製錬所(現・播磨事業所)操業開始。
  • 1967年(昭和42年)9月 - 青梅工場(電子事業本部)操業開始。
  • 1971年(昭和46年)2月 - 東予工場操業開始。
  • 1973年(昭和48年)3月 - 別子銅山閉山。
  • 1973年(昭和48年)5月 - 鴻之舞鉱山閉山。
  • 1974年(昭和49年)6月 - 国富事業所操業開始。
  • 1975年(昭和50年)12月 - 土呂久砒素公害の原因企業として宮崎地裁延岡支部に提訴される。以後、1978年(昭和53年)にかけて第1陣から4陣まで計81人が提訴。控訴審で会社側敗訴し上告。最高裁において、1990年(平成2年)に原告と和解条項が成立。
  • 1977年(昭和52年)2月 - 新居浜研究所開設。
  • 1977年(昭和52年)2月1日 - 鉄道事業から撤退。
  • 1978年(昭和53年) - 佐々連鉱山閉山。
  • 1980年(昭和55年)10月 - 住鉱アイ・エス・ピーを吸収合併、播磨事業所継承。
  • 1983年(昭和58年)4月 - 菱刈鉱山開坑。
  • 1999年(平成11年)9月 - 全額出資する株式会社ジェー・シー・オー(JCO)において東海村JCO臨界事故が起こる。
  • 2002年(平成14年)7月 - 三井金属鉱業株式会社亜鉛製錬事業で提携。
  • 2003年(平成15年)2月 - 同和鉱業株式会社と硫酸事業で提携。
  • 2005年(平成17年)4月 - Coral Bay Nickel Corporation商業生産開始。
  • 2006年(平成18年)2月 - ポゴ金鉱山生産開始。
  • 2010年(平成22年)10月 - 四阪工場を分社化し四阪製錬所を設立。
  • 2013年(平成24年)7月 - リードフレーム事業を日立金属(旧・日立電線)と事業統合。日立金属の伸銅事業子会社に資本参加し折半出資会社化。
  • 2017年(平成29年)1月 - リードフレーム事業及び伸銅事業の日立金属との事業統合を解消。SHマテリアル株式会社は当社の完全子会社、株式会社SHカッパープロダクツは日立金属の完全子会社になる。

主力製品・事業[編集]

主要事業所[編集]

本社、支社、支店等[編集]

研究所[編集]

  • 市川研究所 - 千葉県市川市中国分三丁目18番5号
  • 新居浜研究所 - 愛媛県新居浜市磯浦町17番5号
  • 電池研究所 - 愛媛県新居浜市磯浦町17番3号
  • 材料研究所 - 東京都青梅市末広町一丁目6番地の1

製造拠点[編集]

  • 別子地区
    • 東予工場 - 愛媛県西条市船屋字新地乙145番地1(金属事業本部管轄、金・銀・銅・白金族を生産)
    • ニッケル工場 - 愛媛県新居浜市西原町3-5-3(金属事業本部管轄、ニッケル・コバルトを生産)
    • 磯浦工場 - 愛媛県新居浜市磯浦町17番3号(機能性材料事業部管轄)
  • 播磨事業所 - 兵庫県加古郡播磨町宮西346-4(金属事業本部管轄、亜鉛・鉛を生産)
  • 青梅事業所 - 東京都青梅市末広町一丁目6番地の1
  • 菱刈鉱山 - 鹿児島県伊佐市菱刈前目3844番地
  • ポゴ鉱山 - アメリカ合衆国アラスカ州

日本国外事務所[編集]

主要関係会社[編集]

資源事業

  • 住鉱資源開発株式会社
  • Sumitomo Metal Mining Pogo LLC.
  • Sumitomo Metal Mining America Inc.
  • Sumitomo Metal Mining Arizona Inc.
  • Sumitomo Metal Mining Canada Ltd.
  • Sumitomo Metal Mining Peru S.A.
  • Sumitomo Metal MIning Chile LTDA.
  • Sumitomo Metal Mining do Brasil LTDA.

製錬事業

材料事業

その他

関連項目[編集]

外部リンク[編集]