下里村役場集団恐喝事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

下里村役場集団恐喝事件(しもざとむらやくばしゅうだんきょうかつじけん)とは、昭和26年(1951年10月22日に、兵庫県加西郡下里村(現在の加西市)で発生した事件。

事件の概要[編集]

この日、下里村において、在日朝鮮人約200名が、「生活保護」「強制送還反対」の陳情をするために村役場に押しかけた。そして職員を吊るし上げ、椅子を振り上げる等の暴挙に出たため、国家地方警察兵庫県本部は暴行脅迫・恐喝容疑で15名を検挙した[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 姜徹「在日朝鮮人史年表」(雄山閣) 296 ページ
  2. ^ 朴慶植 解放後在日朝鮮人運動史 三一書房 306 ページ

関連項目[編集]