期待可能性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

期待可能性(きたいかのうせい)とは、行為の当時、行為者が適法行為を行うことを期待できること。刑法法律用語

より具体的には、構成要件に該当する行為を違法に行った者について、適法な行為を選択できる可能性、という意味であり、適法行為の期待可能性ともいう。刑法学の犯罪論上における責任要素の一つとされるが、体系的な位置付けは論者によって異なる。

期待可能性を責任要素とする理由は、適法な行為を行なうことが期待できないような場合においては、違法な行為をあえて選択したとは言えず、責任を論ずる前提を欠くからと説明される。具体的には強制された行為や義務の衝突の場合などがある。

期待可能性の判断基準としては、国家基準説、一般人基準説、行為者基準説が存在する。

期待可能性が争点となった主な事例[編集]

関連項目[編集]

文献[編集]

  • 平川宗信「期待可能性」(『刑法の争点』86頁所収、2007年、有斐閣