刑事政策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

刑事政策(けいじせいさく)とは、刑事法にまつわる諸政策、またはそれを論じる学問。より具体的には、犯罪の予防・対策などを、中心に立法や実務の動向を考慮した上で研究する。矯正政策被害者学などもその範疇に含まれる。

かつては刑法の補助科学という位置づけであったが、犯罪現象が質的にも量的にも変化を見せている今日においては、ときにそれ以上の意義を持つ学問領域であるとされる。刑法が犯罪論を対象とするのに対し、刑事政策は刑罰論を対象とする。もっとも、日本においては、犯罪学・刑事政策学・刑事学という術語は、論者によって用語法が異なるため、厳密に定義することが困難である。

学問としての刑事政策は、かつて司法試験の法律選択科目として設けられていた。

関連文献[編集]

関連項目[編集]