ブルック (ONE PIECE)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブルック
ONE PIECE』のキャラクター
登場(最初) 原作:第46巻 第442話
アニメ:第337話
作者 尾田栄一郎
声優 チョー
舞台版俳優 嘉島典俊スーパー歌舞伎II ワンピース
プロフィール
別名 鼻唄のブルック、ソウルキング
年齢 88歳(超新星編)
90歳(新世界編)
性別
肩書き 麦わらの一味音楽家
テンプレートを表示

ブルック(Brook)は、尾田栄一郎漫画ONE PIECE』に登場する架空の人物。

プロフィール[編集]

  • 所属:西の海のとある王国の護衛戦団団長→ルンバー海賊団音楽家兼剣士(後に船長代理)→麦わらの一味音楽家
  • 年齢:88歳→90歳
  • 誕生日:4月3日(よみ→43)[1]
  • 身長:266cm(超新星編)[2]→277cm(新世界編)[3]
  • 星座:おひつじ座[3]
  • 血液型:X型[4]
  • 出身地:西の海
  • 懸賞金:3300万ベリー→8300万ベリー
  • 悪魔の実:ヨミヨミの実
  • 好きな食べ物:カレー[5]
  • 嫌いな食べ物:レモン(すっぱいという顔ができないから)[6]
  • 得意料理:シュラスコ[7]
  • 好きな季節:春島の秋[1]
  • イメージ動物:[1]
  • イメージナンバー:09[1]
  • イメージカラー:        [1]
  • イメージの花:バラ[8]
  • イメージ国:オーストリア[9]
  • イメージ県:鳥取県[10]
  • イメージ職業:探偵[11]
  • 家族に例えると:じいちゃん[1]
  • ニオイ:紅茶のニオイ[1]
  • 入浴頻度:週に1回[12]
  • 就寝・起床時間:AM0:00 - AM5:00[13]
  • 人気投票:9位(第4回)、19位(第5回・第6回)

人物[編集]

海賊麦わらの一味音楽家。異名は「鼻唄のブルック」「ソウルキング」。「西の海(ウエストブルー)」出身。仕込み杖ステッキに仕込んだ両刃の剣)で戦う剣士で、西の海のとある王国で護衛戦団団長・奇襲部隊に所属していたこともある。

ルフィの8人目の仲間。超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者で、死亡しても一度だけ蘇生できる「復活人間」。白骨化した体で蘇ったガイコツ男で、アフロヘアーの剣士。リヴァース・マウンテンで別れたクジラのラブーンとの再会を誓う。

一度死んだのは38歳の時で、以後52年が経過しており、実年齢は90歳。一味の中で最年長かつ最長身。笑い方は「ヨホホホホ」。2年後の新世界編では、ロックスターとして派手な姿で登場。王冠を被りハート型のサングラスをかけ、花柄の派手なズボンを身に着けている。生前はアフロに加え丸サングラスをかけており額には白骨後もヒビとして残っている縫い傷があった。

非常にポジティブでユーモア溢れるひょうきん者。数々の「スカルジョーク」(後述)を飛ばす。麦わらの一味では最年長であるが、仲間のことは「さん」付けで呼び、誰に対しても敬語であるなど、口調や立ち振る舞いは紳士的ではあるが、所かまわずゲップやオナラをするなど行儀は悪い。女性には目がなく、開口一番「パンツ見せてもらってもよろしいですか?」とお願いするなどサンジ以上に節操がない。船長であるルフィを一味の中でも非常に慕っている。

つかみどころのない性格だが、後述の通り、一度は約束を果たせずして無念の死を遂げていた過去から、人の命を平然と犠牲にする者に対し怒りを露わにするなど男らしい“気骨”を見せる場面も多い。本人曰く「年季入ってますから」という言葉通り長い海賊人生を送ってきたため、海流の仕組みやフライング・ダッチマンの伝説、ヴィンスモーク家の実態など幅広い知識を持つ。反面何十年もの間船から外に出たことがなかった(出られなかった)ため、世間の情報については疎かった(海賊王であるロジャーについては昔のルーキー時代を少々知る程度)。お化けが苦手で、魂の姿の時に自分自身の死体を見つけた時も驚いていた。また、強敵との戦いに関しては消極的な方で、ラフテルにいくためには四皇と戦うと知った時は非常に嫌がっていた。

ラブーンと再会した際に誰か分かるように、白骨化する前の面影を残すアフロを大切にしている(一度死亡していて肉体の成長が止まっている為、2度と髪の毛が伸びない)。また、額に入ったヒビから頭骨が開くようになっており、その中に死にゆく仲間達との最期の歌声を記憶した音貝(トーンダイアル)を大事にしまっている。見てもわかるように内臓や器官はないが、食事を取ることはできて排泄物も出るらしく、涙や鼻血も流すが戦闘による流血はしない。

スカルジョーク
自身が白骨死体であることをタネにした、ブルック流のジョーク。以下の様なパターンがある。
  • 自身に残された「骨」を使った慣用句を言い「 - ガイコツなだけに!」「 - ホネだけに!」などで締める。
  • 逆に白骨化で失われた体の部位を使った慣用句を言い「ガイコツだから○○はないんですけどー!」「って私○○ありませんでした!」などで締める。
  • 「死ぬ」「殺される」と言ったあと「私もう死んでますけど!」と締める。
骨にちなんだスカルジョークの設定は、作者が和月伸宏のアシスタントをしていた時期にアシスタント仲間の武井宏之との談話から生まれた[14]

作者は初期の構想から、長身で骸骨の音楽家が麦わらの一味の仲間になることを考えており、一時期はブルックをバギーの一味にすることも考えていた[14]

担当声優のチョーによると、オーディション時は設定資料とセリフだけで臨んだという。原作者の尾田からは「『パンツ見せてもらってもよろしいですか?』だけは超二枚目で言ってください。他は自由にやっていただいて結構です」と言われたという。原作はブルックと同じ目線に立つことを意識し、ラブーンのエピソードを除きあえてブルックが登場する以前のストーリーは読んでいないという[15]

関係者[編集]

ヨーキ
ルンバー海賊団船長。
乗船条件は音楽が好きであることとするなど大の音楽好きで、よくブルックに「ビンクスの酒」をリクエストしていた。「偉大なる航路」突入後、疫病にかかりブルックに海賊団を託し、無念の思いで「偉大なる航路」からの脱出を図った。
ラブーン
ルンバー海賊団と同行していた「アイランドクジラ」という種類のクジラ。
小舟ほどの大きさだった子供の頃に群れからはぐれていたところをルンバー海賊団と出会い、行動を共にするようになる。音楽好きで中でもブルックに一番懐いていた。「偉大なる航路」に入る際、航海の危険から双子岬のクロッカスの元に預けられ、「偉大なる航路」一周後の再会を約束した。50年以上経ち、山のように大きくなった現在もブルック達の帰還を待っている。

来歴[編集]

過去[編集]

「西の海」のとある王国で護衛戦団の団長を務めた後に、ルンバー海賊団に入団。52年前(当時38歳)、航海の途中で、幼いクジラのラブーンに懐かれる。「偉大なる航路」に入った際、双子岬の灯台守クロッカスにラブーンを預け、世界を一周しての再会を約束し旅立った。

船長ヨーキが疫病にかかり離脱した後、船長代理として残されたメンバーを取りまとめ、旅を続ける。「魔の三角地帯(フロリアン・トライアングル)」で海賊と交戦した際、毒により致命傷を受ける。同じく致命傷を負った仲間達と共に、ラブーンに届けるための「ビンクスの酒」を歌いながら息絶える[注 1]

死後に、「ヨミヨミの実」の能力で魂となって黄泉の国から舞い戻る。しかし、霧が濃く自分の肉体を見つけるのに1年かかってしまった。体を発見した時には、既にアフロのみを残して白骨化していたため、ガイコツとして蘇る羽目になった。以後49年間、たった一人で「魔の三角地帯」を彷徨っていた。

7年前にスリラーバークに迷い込み、ゲッコー・モリアに影を奪われる。影を取り戻そうと、ゾンビたちに恐れられる大暴れをするが、自身の影を入れられたサムライ・リューマに惨敗し敗走する。以後、再びスリラーバークに上陸し影を獲り戻すため、修行を重ねていた。

サバイバルの海 超新星編[編集]

スリラーバーク編
「魔の三角地帯」に入った麦わらの一味と出会い、即座にルフィと意気投合する。出会って間もなくルフィに仲間に勧誘され、あっさり承諾するが、自身の境遇を話し、考え直した上で最終的に断り、一足早くスリラーバークに上陸。タラランに捕らわれたフランキーとロビンに加勢し、タラランを撃破。二人にゾンビの仕組みと弱点を伝え、自分の境遇を語った。その後、再びリューマに戦いを挑み完敗を喫するが、ゾロがリューマを破ったことにより影を取り戻す。その後ルフィたちと共闘しルフィの影を入れられたスペシャルゾンビ・オーズやモリアを撃退した。モリア撃破後、ルフィたちからラブーンが今も双子岬で自分たちが迎えに来ることを待っていることを知り、ラブーンと正面から再会を果たすために改めて麦わらの一味に入団する。
頂上戦争編
シャボンディ諸島では、ルフィたちと行動を共にし、シャッキーの店を訪れその後は遊園地を楽しむ。しかし、一緒にいたケイミーが誘拐されてしまい、サンジに連絡しトビウオライダーズと協力しオークション会場に乗り込んだ。パシフィスタを一味総出で撃破するが、その直後に現れた大将黄猿らの猛攻に追い詰められる。その後、バーソロミュー・くまによって、「偉大なる航路」のナマクラ島・貧困の国「ハラヘッターニャ」に飛ばされる。偶然にも悪魔召喚の魔法陣の上に着地した結果、「悪魔王サタン」と勘違いされ、ハラヘッターニャと争っている手長族と戦わされる羽目になる。勇気の湧く曲を作って手長族を撃退し、国を救うものの、油断して手長族に拉致されてしまう。
その後、新聞に載っていたルフィの「16点鐘」の行動にメッセージがあるのを読み取った。手長族の見世物にされる中で楽器を手に取り歌を歌い、音楽性の幅を広げていく。

最後の海 新世界編[編集]

魚人島編
2年の間に、音楽家「ソウルキング」として世界的なスターとなり[注 2]、世界ツアーの最終地であるシャボンディ諸島に到着した。この最終公演でミュージシャンを引退し、一味に復帰するつもりでいたが、公演直前にこの告白を受け激怒した手長族のマネージャーにより海軍に通報される。ステージを海兵に包囲されながらも会場でルフィの生存を公表し、最後の一曲を歌い切った後、会場から逃亡して一味に合流した。
魚人島では、竜宮城で新魚人海賊団に捕えられてしまうが、霊魂状態で脱出しパッパグと合流。ギョンコルド広場では、新魚人海賊団幹部ゼオと交戦。命を粗末に扱うゼオに怒りを露にし、2年の修行で会得した黄泉の冷気で撃破した。
パンクハザード編
パンクハザードでは、サニー号に待機しサンジたちが眠らされて誘拐される中、一人取り残され(白骨死体だと判断されたため)、単身で上陸。研究所の近くで錦えもんの胴体と交戦し、先に上陸していたルフィたちと合流。ローの能力で体を分解された錦えもんの胴体探しに同行し、途中イエティCOOLブラザーズの奇襲に遭い、崖下に落ちてしまうが事なきを得る。錦えもんの体が元に戻るとスマイリーやシノクニから逃げながら研究所に突入し、一味と再合流する。研究所内では、錦えもんと共闘し小型竜を倒した。
ドレスローザ編
ドレスローザでは、「サニー号安全確保チーム」として船番をする。ジョーラに襲撃され、ナミ達が芸術作品に変えられてしまったが、ジョーラを上手く欺き撃破する。一旦ドレスローザに戻ろうとしたが、四皇ビッグ・マムの海賊船が現れたことで一足先に次の目的地「ゾウ」に向かう。
ドレスローザでの一件の後、懸賞金が8300万ベリーに上がる。手配書の異名は「ソウルキング」に、写真はライブのポスターのものに変わった。
ゾウ編
ビッグ・マムの海賊船から逃げ切り、その翌日「ゾウ」に上陸する。森を散策中、シープスヘッド率いる百獣海賊団と戦い、退ける。シーザーの毒ガス兵器で制圧されたモコモ公国の惨状を目の当たりにし、ナミとチョッパーの指示に従いミンク族を助けた[注 3]
ルフィ達がゾウに到着する2日前、ゾウに上陸してきたビッグ・マム傘下のベッジに拘束され連れて行かれそうになるが、サンジの機転で解放された。ルフィ達が到着するとそれまでゾウで起こったことを報告した。サンジが連れて行かれた責任をとるため、ルフィのサンジ奪還に同行し、ホールケーキアイランドへ向け出発する。
ホールケーキアイランド編
ホールケーキアイランドでは、ビッグ・マムの「ロード歴史の本文」を奪うため、ペドロと二人で別行動を取る。見回りの「ビスケット兵」の中に忍び込み、ホールケーキ城へ潜入。ペドロを囮にして「歴史の本文」のある宝物の間に侵入し、チェス戎兵を制圧する。そこで3枚の「歴史の本文」の写しを手に入れることに成功する[注 4]。だが、その直後に現れたビッグ・マム相手に善戦するも敵わず敗北。珍獣好きの彼女に気に入られ、肌身離さないコレクションにされてしまう。その後、ビッグ・マムが就寝中に、チョッパー達の手で鏡の世界へ救出された。
サンジの家族を助け出すというルフィの決断を受け、手を組んだベッジのビッグ・マム暗殺作戦のもと動き出す。結婚式当日、ブリュレの能力でルフィに姿を変えられた動物達に紛れ、ルフィに変装して会場に入る。作戦の要となる「マザー・カルメル」の写真を割ることに成功するが、ビッグ・マムの予想以上の咆哮で作戦は失敗する。ホールケーキ城崩壊に乗じて会場から脱出した後、チョッパーと共にシャークサブマージ3号を回収してサニー号に戻る。先回りしていたペロスペローらと対峙し、彼の能力で拘束され殺されかけたが、ペドロの自爆攻撃で助けられた。

戦闘方法[編集]

仕込み杖による突き技が多い。ほとんどの技名は音楽の種類+フェンシング用語(フランス語)となっている。剣技だけでなく、得意の音楽を使った催眠系の技も戦闘に活用している。また、骨だけの体であるため体が軽く、一味の中では最も足が速い[16]。非常に高いジャンプができたり、短距離なら水上を走ったりすることが可能。このため能力者の中で数少ない、海に対して多少の抵抗力を持つ。牛乳を飲んでカルシウムを摂るとダメージが回復する。

新世界編では自身の能力に磨きをかけており、霊魂を身体から切り離して幽体離脱ができるようになった[注 5]。霊体なので檻や壁などのすり抜けも可能となっている。また、骨だけの体を動かすことができるのは、体に宿っている魂が強力なエネルギーを発しているためと理解しており、そのため骨のパーツがバラバラになっても魂のエネルギーでくっつくことが可能。加えて強力な「霊魂」の力を音楽に乗せる事により、演奏の効力をより強く発揮するようになった。剣術も向上し、手長族に研いでもらった仕込み杖「魂の喪剣(ソウルソリッド)」 に魂を纏わせ、黄泉の冷気を帯びた斬撃を放つことも可能となった。

剣技[編集]

鼻唄三丁 矢筈斬り(はなうたさんちょう やはずぎり) / 鎮魂歌・ラバンドゥロル(レクイエム・ラバンドゥロル)
ブルックが最も得意とする速斬りの技。「スリラーバーク編」で初使用。あまりの速さと鋭さゆえに、相手は斬られてもしばらく気付かず、ブルックの納刀とともに傷口が開いて倒れる。
元々の名は「鎮魂歌・ラバンドゥロル」だが、その剣技を賞賛した仲間達から「鼻唄三丁 矢筈斬り」の通称がつけられた。
掠り唄 吹雪斬り(かすりうた ふぶきぎり)
黄泉の冷気を纏わせた魂の喪剣で「矢筈斬り」と同様の速斬りを行い、その切り口を凍り付かせる。対ゼオ戦で使用。
絵描き唄 一節斬り(えかきうた ひとよぎり)
「鼻唄三丁 矢筈斬り」の強化版。対ジョーラ戦で使用。
夜明歌・クー・ドロア(オーバード・クー・ドロア)
鋭い突きを放つ。ブルックは対錦えもん戦で使用。ブルックの影を入れられたリューマは、突きを衝撃波のように飛ばせた。ブルックには元々この「飛ぶ突き」は使えなかったが、2年後には体得していた。
前奏曲オフエル(プレリュード・オフエル)
相手の武器を連続で攻撃し、武器破壊を狙う。作中ではリューマが使用したのみ。
革命舞曲ボンナバン(ガボット・ボンナバン)
相手に突進して放つ突き。ブルックは対小型竜戦で使用。
飛燕ボンナバン(スワローボンナバン)
相手の上空に飛び上がり、そこから垂直に落ちて相手を突く。対PX-4戦で使用。
酒樽舞曲・ルミーズ(ポルカ・ルミーズ)
連続突き。作中ではリューマが使用したのみ。
キントーティアス幻想曲(ファンタジア)
「パーティーミュージック」で多数の相手が催眠状態に陥っている隙に速斬りする。対新魚人海賊団戦で使用。
魂のパラード(ソウルパラード)
黄泉の冷気を纏わせた魂の喪剣で相手の攻撃を凍らせて防ぐ。対シープスヘッド戦で使用。
魂のパラード「アイスバーン」
「魂のパラード」で地面を凍らせて相手をすべらせる。対百獣海賊団戦で使用。
飛燕曲バンドゥロル(スワローバンドゥロル)
相手の頭上に飛び上がり、黄泉の冷気を纏わせた魂の喪剣で斬り裂いて切り口を凍り付かせる。対ビッグ・マム海賊団戦で使用。

音楽技[編集]

眠り歌・フラン(ねむりうた・フラン)
ヴァイオリンを奏で、その音楽を聞いた者を眠らせる。対トビウオライダーズ戦で使用。ただし、単純な性格のルフィやチョッパーにまで影響が出てしまう。
パーティーミュージック
音楽で相手に「フェスティバルの夜」の幻想を見せる。対新魚人海賊団戦で使用。
魂の叫び(テャマスィーのさけび)
背後に「魂王(ソウルキング)」の幻影を生み出し、ギターで自らの執念を込めた激しい音楽を奏でる。対ホーミーズ戦で使用。ビッグ・マムの能力で人の魂を入れられ生み出された格下のホーミーズは、聞いただけで魂が剥がれてしまう。

連携技[編集]

雷骨剣 革命舞曲ボンナバン(らいこつけん ガボットボンナバン)
ブルックが、ウソップの巨大パチンコ「クワガタ」で発射された後、ロビンの「回転蔓」で回転をかけられ、ナミの「黒雲=テンポ」の雲に突っ込んで雷を身に纏った状態で放つ「革命舞曲ボンナバン」。対オーズ戦で使用。オーズの右肩を貫く程の強力な威力を誇る。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ クロッカスが得た情報では、「偉大なる航路」から逃げたことになっている。
  2. ^ 一味への加入時期の遅さと、手配書の写真が生前のものだった事から、ブルックが海賊である事は世間に知られていなかった。
  3. ^ これによりミンク達から恩人として感謝され、特にワンダをはじめとする犬のミンクからは全身が骨のガイコツ姿故「死体男爵」の愛称で呼ばれ、常時しゃぶられるほど気に入られた(もちろん本人は嫌がっていた)。
  4. ^ 写しは頭骨の中にしまっていたため、持っていたことをビッグ・マムには気付かれなかった。
  5. ^ 本人曰く「ある日祈ってたら突然ふわっと抜けるようになった」。アニメではスランプに悩んだ末、音楽の神への祈りを捧げた際に幽体離脱した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 第50巻SBS
  2. ^ 第51巻SBS
  3. ^ a b 『ONE PIECE BLUE DEEP』
  4. ^ 第66巻SBS
  5. ^ 第86巻SBS
  6. ^ 第73巻SBS
  7. ^ 第79巻SBS
  8. ^ 第60巻SBS
  9. ^ 第56巻SBS
  10. ^ 第72巻SBS
  11. ^ 第76巻SBS
  12. ^ 第67巻SBS
  13. ^ 第74巻SBS
  14. ^ a b 『ONE PIECE GREEN』より。
  15. ^ 「『ONE PIECE FILM GOLD』公開記念!麦わらの一味スペシャルリレーインタビュー!第6回はブルック役・チョーさんがゲストだぞ!」の巻|ウソップの、これはホントだ!”. ONE PIECE.com (2016年7月13日). 2016年7月13日閲覧。
  16. ^ 第85巻SBS

外部リンク[編集]