ONE PIECE ねじまき島の冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ONE PIECE > ONE PIECE (アニメ) > ONE PIECE ねじまき島の冒険
ONE PIECE
ねじまき島の冒険
監督 志水淳児
脚本 橋本裕志
出演者 田中真弓
中井和哉
岡村明美
山口勝平
平田広明
音楽 田中公平
配給 東映
公開 2001年3月3日
上映時間 60分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 30億円[1]
前作 ONE PIECE
次作 ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国
テンプレートを表示

ONE PIECE ねじまき島の冒険』(ワンピース ねじまきじまのぼうけん)は、2001年3月3日に公開された日本のアニメーション映画。漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第2作目。短編作品「ジャンゴのダンスカーニバル」が同時上映。

概要[編集]

本作を含めた東映アニメフェアは30億円を記録して、週間ランキング1位となった。この記録は、2009年に公開された『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』まで最高記録だった。

同時上映は「ジャンゴのダンスカーニバル」で、この映画ではFolder5の『Ready!』が使われている。

本作にもシリーズ同様、所々に小ネタが仕込まれており、トランプ城の頂上に置いてあるゴーイングメリー号の横にバロックワークスの船があったり、ルフィに吹っ飛ばされているベアキングの手下の中にパンダマンがいたりする。また、ハイエナ三人衆(前作に登場したエルドラゴの手下)が登場している。

本作に流れるオルゴールは、アラバスタ編で何度か使用されている。

また、EDではバロックワークスの面々やドリーやブロギー、ドラム王国編のキャラクター、エースなど、当時のテレビシリーズの展開に合わせて、1作目のエンディングよりも多くのネタバレをしている。

作画監督は井上栄作が務めている。原画スタッフにすしおが参加している。

DVD版は2001年10月21日発売。映画10作目を記念してBlu-ray Disc版が2009年11月21日に発売された。

ストーリー[編集]

とある島でバカンスを楽しんでいた麦わらの一味。しかしそんな中、ゴーイングメリー号が目の前で盗まれてしまった。途中で出会った「泥棒兄弟」から、近辺の海域を荒らしているトランプ海賊団が犯人ではないかと指摘される。一味は彼らが根城にしているねじまき島に向かうが、ナミ、サンジ、ウソップ、ゾロと次々と仲間達がさらわれていく。

登場人物[編集]

麦わらの一味[編集]

モンキー・D・ルフィ
声 - 田中真弓
ロロノア・ゾロ
声 - 中井和哉
ナミ
声 - 岡村明美
ウソップ
声 - 山口勝平
サンジ
声 - 平田広明
物語序盤でゴーイングメリー号を盗まれてしまい、泥棒兄弟と出会うまでの一週間はスワンボートで航海し、ルフィ以外は結婚式用の貸し衣装[2]を着ていた。

オリジナルキャラクター[編集]

泥棒兄弟[編集]

ボロード
声 - 堀内賢雄
世界一の泥棒を目指す兄弟の兄。
一人で航海している時に、海に流されていたアキースを見つけ、共に泥棒をしている(その為本当の兄弟ではない)。ねじまき島にあるダイヤモンドクロックを盗もうとしたが、最初からそれには興味は無く、島の住民を助け、アキースを故郷に帰すのが目的だった。左手は過去にアキースを助けた際に失い、機械の義手になっている。素手だけでトランプ海賊団の下っ端を蹴散らすなどそれなりに腕が立つ。風や波を操ることに長けている。
ゴーイングメリー号を盗みトランプ海賊団に引渡し、ルフィたちをトランプ海賊団を倒すよう差し向ける。ルフィたちが天井の罠にかかった際、ゴーイングメリー号を盗んだことを自白し、気絶したアキースを置き一人でベアキングの元に向かう。全身にダイナマイトを巻きトランプ海賊団を道連れにしようとしたが、ベアキングから島のねじのことを言及されたことでためらい、一方的に痛めつけられてしまった。トランプ海賊団が倒された後、アキースを島に残し一人で旅立とうとしたが、船に忍び込んでいたアキースと再び泥棒を続けることになった。
アキース
声 - 矢島晶子
世界一の泥棒を目指す兄弟の弟。
機械の扱いに長けた少年。ねじまき島出身で、まだ赤ん坊の時に、両親(声 - 郷里大輔島本須美)がトランプ海賊団から逃がす為に海に流された。ボロードに拾われた際に持っていたダイヤモンドクロックと同じメロディが流れるオルゴールを大事にしている。まだ子供で戦う力は無いからと兄であるボロードに助けて貰って当然、と当初は歪んだ性格をしていたが、ウソップに諭され勇敢な男になると決意する。トランプ海賊団の下っ端に襲われ一旦は気絶するも、ボロードの危機には自ら盾になる覚悟を見せた。トランプ海賊団が倒された後、両親と再会を果たすが再びボロードに同行する。

トランプ海賊団[編集]

海賊旗はのマーク。ねじまき島を占領し、島民に兵器を作らせ苦しめていた。トランプ5兄弟の名前にはトランプに関する言葉が含まれており、それ以外の船員はトランプの格好をしているのが特徴。

ベアキング
声 - 玄田哲章
トランプ海賊団船長。トランプ5兄弟の1人。トランプモチーフはキング。懸賞金1160万ベリー[3]
熊のぬいぐるみのような顔をあしらった王冠を被っている。自身の思いどおりに行かないと気が済まない卑劣漢で、一目惚れしたナミにフラれたことを腹いせに彼女を殺そうとした。悪魔の実「カチカチの実」の能力者で、体を鉄のように硬くすることができる。また、腕を加熱させることもできる。
7年前にねじまき島を占拠し、島のねじを牛耳ることで住民たちを脅し、長年強制労働させていた。ナミを取り返しにきたルフィと対決し、鋼鉄の体で優位に進める。しかし、ボロードを身を挺して守ったアキースを馬鹿にする発言をしたことで、ルフィの怒りを買い最後は大量殺戮兵器「キング砲」を発射するも、ルフィの「ゴムゴムのスクリュー」で跳ね返され、受け止めるものの押し合いに負け、キング砲ごと転落し大破。同時にねじまき島も崩壊し、海に沈没した。
ホットボーリングスペシャル
高熱を帯びた腕で相手を溶かす。
ビンジョーカー
声 - 田中秀幸
トランプ5兄弟の1人。トランプモチーフはジョーカー。懸賞金990万ベリー[3]
顔に大きな傷があるレイピア使いの剣士。剣術と合わせて、体を麻痺させる毒針を使う。「~ござる」口調と諺を多用する口癖が特徴だが、諺を全て間違えて覚えている[4]。顔の傷は、過去ゾロに敗れ、つけられた傷である(ゾロ本人は覚えていなかった)。
天井の罠にかかったルフィとゾロに前に現れ、鉄格子でゾロの攻撃を阻み一度は仕留める。しかし、3本の刀を取り戻したゾロの鬼斬りの前に敗れ去る。
ハリハリ剣
無数の毒針を飛ばす。
ハニークイーン
声 - 林原めぐみ
トランプ5兄弟の1人で唯一の女性メンバー。トランプモチーフはクイーン。懸賞金780万ベリー[3]
色香漂う巨乳の美女。悪魔の実「トロトロの実」の能力者で、体を液体状にすることができる。この能力は服に作用しない珍しい能力で、液体化して移動などを行うと衣服が取り残され、必然的に全裸になってしまう。しかしそれに恥じらいを感じている様子はない。城から出るときは能力を活かしてパイプの中を通り、服はブージャックに運ばせるスタイルをとる。
海上でナミをベアキングの花嫁にするため誘拐する。ねじまきタウンではルフィたちを襲撃し翻弄するも、決戦時では仲間達が次々と倒されて行ったことに怖気づいて悪魔の実の能力で逃走を図るも、ナミの仕掛けた罠にはまり、ビン詰めにされ、閉じ込められた[5]
スカンクワン
声 - 青野武
トランプ5兄弟の1人。トランプモチーフはエース。懸賞金600万ベリー[3]
吸うと体が動かなくなる非常に臭いガスを噴射する特殊なスーツを着用している。口癖は「~ガス」。先述とは裏腹に本人も臭いものが苦手。トランプ城ではウソップを倒し、メリー号での再戦でも追い詰めていくが、最後はガスの噴射口にウソップの火炎星を入れられ爆発した。
ブージャック
声 - 田の中勇
トランプ5兄弟の1人。トランプモチーフはジャック。懸賞金320万ベリー[3]
ブタの顔をあしらった帽子を被っている太った男。よくなぞなぞをだすが、実際は「海賊王になるのは誰か」などなぞなぞの体をなしていないものばかり。口癖は「~ゾナ」。常に汗だく。移動には一輪車を使用する。武器はトゲ付きの鎧で、防御しながら体当たりしてくる。ナミをさらった張本人。ねじまきタウンでは、ルフィたちを襲撃しサンジをトゲ付きの玉で仕留める。トランプ城ではサンジを「弱い男」と侮辱したことでサンジの怒りを買い、クツを取り戻したサンジの連続攻撃により倒された。
ダニー、ドニー、デニー(ハイエナ三人衆)
声 - 稲田徹菅沼久義龍谷修武
トランプ海賊団の部下。前作ではエルドラゴの部下だった。

ジャンゴのダンスカーニバル[編集]

同時公開されたショート映画。上映時間5分。

舞台はミラーボールアイランド。ジャンゴは身を隠すように隠れていたが酒場であっさり見つかり海軍に追われてしまう。偶然居合わせたルフィ達も手配されていた為追われる事に・・・。

公開当時パラパラブームにあったことから、ダンスの振り付けがパラパラになっている。

スタッフ[編集]

  • 製作 - 高岩淡、泊懋、山下秀樹、宮内正喜、柴崎誠
  • 原作 - 尾田栄一郎
  • 企画 - 清水慎治、鷲尾天
  • 脚本 - 橋本裕志
  • 音楽 - 田中公平
  • 製作担当 - 本間修
  • 編集 - 福光伸一
  • 録音 - 二宮健治
  • デジタル撮影監督 - 若尾卓見
  • CGディレクター - 猪原英史
  • 助監督 - 古賀豪
  • 色彩設計 - 塚田劭
  • 美術監督 - 芳野満雄
  • キャラクターデザイン・作画監督 - 井上栄作
  • 監督 - 志水淳児

キャッチコピー[編集]

  • 仲間も船も、盗まれた!?

主題歌[編集]

『ねじまき島の冒険』
Believe
作詞 - 谷穂チロル / 作曲・編曲 - GROOVE SURFERS / 歌 - Folder5
『ジャンゴのダンスカーニバル』
「Ready!」
作詞 - C.CLOSE / 作曲・編曲 - CROOVE SURFERS / 歌 - Folder5

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一般社団法人 日本映画製作者連盟. “2001年度(平成13年)興収10億円以上番組 (平成14年1月発表)[邦画]”. 2013年1月8日閲覧。
  2. ^ ナミとサンジはウェディングドレスタキシード、ゾロは紋付袴、ウソップは神主の衣装。
  3. ^ a b c d e 劇場版第9作より
  4. ^ 「転ばぬ先の」→「転ばぬ先の」、「井の中の大海を知らず」→「井の中の掛布大海を知らず」、「鬼に金棒」→「鬼に綿棒」、「口は災いの元」→「口は技ありの元」、「泣き面に」→「泣き面に」、「飛んで火にいる夏の虫」→「飛んで火にいる鰹節」、「身から出た」→「身から出た海老」など。
  5. ^ 小説版では、ウソップに敗れ墜落してきたスカンクワンの尻が口に当たり、そこから漏れたガスを吸い込んで気絶している。