ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー
アニメ
原作 柏葉幸子、荒木慎司
シリーズディレクター 貝澤幸男
シリーズ構成 小中千昭
キャラクターデザイン 伊藤郁子
音楽 小坂明子
アニメーション制作 東映動画 → 東映アニメーション
製作 テレビ朝日、東映エージェンシー
東映
放送局 テレビ朝日系
放送期間 1998年2月14日 - 1999年2月6日
話数 全48話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー』(ふしぎまほう ファンファンファーマシィー)は、1998年2月14日から1999年2月6日までテレビ朝日系全国ネットのアニメコンプレックス枠『アニメ週刊DX!みいファぷー』内で放送された作品の1つ。全48話。制作は東映動画(放送期間中に東映アニメーションに商号変更)。

概要[編集]

小学館の絵本雑誌『おひさま』で連載していた作品『ファンファン・ファーマシィー』(作 - 柏葉幸子、絵 - 荒木慎司、単行本 - おひさまのほん)を原作とする短編アニメで、毎週10分弱の時間内で放送されていた。8月1日放送分では第23話と第24話が2話連続で放送されたため、話数は『みいファぷー』枠自体の放送回数を上回っている。また、その後もこの作品のみを30分フルで放送する回が4回にわたり設けられた。

内容は多少テレビ向けにアレンジされている。例えば、原作の前日譚を描いているためか、それにおけるなつみのポジションをオリジナルキャラクターのぽぷりに置き換え、なつみはサブキャラクターとして登場している。なお、最終話は、ふきこが魔女である事になつみが気付くところで物語が締めくくられており、なつみが主人公である原作へバトンを渡す形で終了した。ただし、原作はなつみのいる商店街にファンファン・ファーマシィーが新規開店するところからスタートしており、連続性はない。

さらに、小学館の漫画雑誌『ちゃお』で原作と同じタイトルのコミカライズ作品『ファンファン・ファーマシィー』(執筆 - 森江真子、単行本 - フラワーコミックス・全2巻)が連載していた。これもテレビアニメ版をベースとして、当時の読者層を考慮してラブコメ要素が付加されるなど、さらにアレンジが加えられている。特に原作とコミカライズ版とではほぼ別物である。

あらすじ[編集]

主人公の西野かおり(通称ぽぷり)は、にこにこ銀座に新たに引っ越して来たばかり。ぽぷりの家からちょうど100歩目には、本物の魔女・ふきこさんが経営する不思議な薬局があった。ふきこさんの見習いとして魔女になったぽぷりは、魔法を使う道具として「アルデルの小瓶」を譲り受ける。そして、にこにこ銀座で過ごす1年の間に、町の人々や四季の精霊、魔女仲間との交流を通じ、ぽぷりは魔女として、また人間として成長していく。

登場人物(声の出演)[編集]

  • 西野かおり(ぽぷり)(声 - 小西寛子
  • ふきこ(声 - 松島みのり
  • ニボシ、なつみ、プカ(声 - 矢島晶子
  • のんすけ、ケーキ屋、コンビニバイト、シブ(声 - 永野愛
  • なおみ、ジルモ、マネ(声 - 渡辺久美子
  • ぽぷりママ、くるみ、しずえ(おばあさん)(声 - 熊谷ニーナ
  • 八百ひち、おそば屋、ロックスミス、とんでもない者(声 - 世田壱恵
  • 魚まさ、古本屋、夏の精霊(声 - 西村朋紘
  • カメラ屋、お茶屋、たばこ屋の孫、花屋(声 - 私市淳
  • たばこ屋、おじいさん、グリム、風の老精霊(声 - 田実成寿
  • パン屋(声 - 松野太紀
  • 新刊の本屋、ラルウ(声 - 御崎朱美
  • アナウンス嬢、リック、ガル、ジルム、春の精、アマネ(声 - 三石琴乃
  • 青年(ごんまやせさん)(声 - 高戸靖広
  • ピンチイ、こぐま座(声 - 天神有海
  • リリエル(声 - 山本圭子
  • イライザ(声 - 土井美加
  • 老紳士(声 - 丸山詠二

スタッフ[編集]

  • 原作 - 柏葉幸子、荒木慎司(小学館『おひさま』連載)
  • 監督(シリーズディレクター) - 貝澤幸男
  • シリーズ構成・脚本 - 小中千昭
  • キャラクターデザイン - 伊藤郁子
  • 美術デザイン - 鹿野良行
  • 色彩設定 - 佐久間ヨシ子
  • デジタル彩色 - 松山久美子、秋山宜隆
  • デジタル撮影 - 高橋基、若尾卓見
  • 音楽 - 小坂明子
  • プロデューサー - 上田めぐみ、矢田晃一、東伊里弥
  • アニメーション制作 - 東映動画 → 東映アニメーション
  • 製作 - テレビ朝日、東映エージェンシー、東映

主題歌[編集]

放送当時は3作品をまとめた枠の中で放送されていたため、この作品単独でのオープニング・エンディングは存在していなかった。DVD-BOXの発売にあたり、当時のスタッフの手による新作映像を用いたオープニング・エンディングが作成され、各話のクレジットとともに収録された。なお、レンタルビデオ版では番組オープニング・エンディングの「ウキウキパラダイス」(米良美一歌唱版)「バナナチップス」が流用されている。

オープニングテーマ「ぽぷりはにこにこ元気」
作詞・編曲 - 小坂明子
エンディングテーマ「しあわせ一つ二つ…」
作詞 - 貝澤幸男 / 作曲・編曲 - 小坂明子 / 歌 - 小西寛子

各話リスト[編集]

放送日 サブタイトル 演出 作画監督 美術監督
1 1998年
2月14日
まじょのくすりやさん 貝澤幸男 伊藤郁子 鹿野良行
2 2月21日 まほうのこびん 五十嵐卓哉 爲我井克美
3 2月28日 はちみつどろぼう 小坂春女 上野ケン
4 3月7日 ぽぷりのさかなやさん 貝澤幸男 伊藤郁子 中西英和
5 3月14日 ふきこさんのおかいもの 五十嵐卓哉 爲我井克美
6 3月21日 ゆきだるまがふってきた 今沢哲男 上野ケン
7 3月28日 まほうはすてき 小坂春女 進藤満尾 三宅昌和
8 4月11日 にこにこぎんざのおはなみ 五十嵐卓哉 梅原隆弘 中西英和
9 4月18日 パンのまほう 貝澤幸男 伊藤郁子 石田勝則
10 4月25日 くしゃみのひみつ 今沢哲男 進藤満尾 三宅昌和
11 5月2日 おさんぽニボシ 小坂春女 爲我井克美 吉田智子
12 5月9日 カメラのきもち 貝澤幸男 上野ケン 中西英和
13 5月23日 くろいたねのまほう 今沢哲男 杉本道明 石田勝則
14 5月30日 こんにちはなつみちゃん 小坂春女 中田正彦 三宅昌和
15 6月6日 まほうのルーペ 五十嵐卓哉 伊藤郁子 中西英和
16 6月13日 にじいろかたつむり 貝澤幸男 進藤満尾 石田勝則
17 6月20日 はしるはなよめさん 今沢哲男 爲我井克美 三宅昌和
18 6月27日 こわいふるほんやさん 小坂春女 上野ケン 中西英和
19 7月4日 においがきえた 貝澤幸男 杉本道明 三宅昌和
20 7月11日 ぽぷりのぼうけん 五十嵐卓哉 中田正彦 中西英和
21 7月18日 ケーキがいっぱい 今沢哲男 伊藤郁子 鹿野良行
22 7月25日 三作合体夏休み特別ミステリー ふしぎな箱の物語 貝澤幸男 進藤満尾 三宅昌和
23 8月1日 プールがたいへん 小坂春女 爲我井克美 中西英和
24 あけてはいけないドア 五十嵐卓哉 上野ケン 鹿野良行
25 8月8日 さびしいつちクジラ 貝澤幸男 杉本道明 石田勝則
26 8月15日 にこにこぎんざのぼんおどり 今沢哲男 中田正彦 三宅昌和
27 8月22日 まじょのアマネ 五十嵐卓哉 伊藤郁子 中西英和
28 8月29日 くちべにつけた 小坂春女 進藤満尾 石田勝則
29 9月5日 ちていたんけん 貝澤幸男 爲我井克美 鹿野良行
30 9月12日 どきどきまほう 五十嵐卓哉 上野ケン 三宅昌和
31 9月26日 ノームのおにわ 今沢哲男 杉本道明 鹿野良行
32 10月3日 うしろのしょうめん 小坂春女 中田正彦
33 10月10日 こころのわすれもの 貝澤幸男 伊藤郁子
34 10月17日 おそばをたべたくなるまほう 今沢哲男 進藤満尾
35 10月31日 にこにこぎんざがあぶない 五十嵐卓哉 爲我井克美 石田勝則
36 11月7日 ぽぷりの新魔法 ジルムとジルモ 今沢哲男 杉本道明 鹿野良行
37 11月14日 ねこになったぽぷり 小坂春女 宮原直樹
38 11月21日 やおひちさんのプレゼント 五十嵐卓哉 中田正彦 中西英和
39 11月28日 なにかがみちをやってくる 葛西治 伊藤郁子
40 12月6日 世界の魔女が大集合! まじょかいぎ 今沢哲男 杉本道明 鹿野良行
41 12月12日 みずうみのひみつ 小坂春女 爲我井克美
42 12月19日 サーカスがやってきた 葛西治 進藤満尾 中西英和
43 12月26日 ほんのなかのぼうけん 五十嵐卓哉 伊藤郁子 鹿野良行
44 1999年
1月9日
ひとりぼっちのかげぼうし 貝澤幸男 宮原直樹 石田勝則
45 1月16日 かぜにのって 今沢哲男 中田正彦
46 1月23日 ぽぷりのポケット 小坂春女 宮原直樹
47 1月30日 ながれぼしにおねがい 貝澤幸男 杉本道明
48 2月6日 にこにこぎんざにさようなら 伊藤郁子 田尻健一

映像ソフト化[編集]

1998年12月から翌年7月まで毎月1巻ずつ、レンタルビデオがリリースされていた。発売は小学館、販売が東映および東映ビデオ。全8巻。第5巻のみ5話、他は6話ずつ、話数順に収録されている。ただし、3作品合同の第22話は未収録。また、30分フルに放送された第29・36・40・43話は「スペシャル1 - 4話」として別カウントになっており、最終話は第44話とされている。

2003年8月22日にはDVD-BOXがリリースされた。こちらは第22話も収録されている。

外部リンク[編集]