ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ONE PIECE > ONE PIECE (アニメ) > ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜
ONE PIECE THE MOVIE
エピソードオブチョッパー+
冬に咲く、奇跡の桜
監督 志水淳児
出演者 田中真弓
中井和哉
岡村明美
山口勝平
平田広明
大谷育江
山口由里子
矢尾一樹
特別出演
みのもんた
配給 東映
公開 2008年3月1日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9.2億円[1]
前作 ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち
次作 ONE PIECE FILM STRONG WORLD
テンプレートを表示

ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜』(ワンピース ザ ムービー エピソードオブチョッパープラス ふゆにさく、きせきのさくら)は、2008年3月1日に公開された日本のアニメーション映画。漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第9作目。

第32回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞作品。

概要[編集]

本作は前作に続き、原作の映画化となった。ドラム島編を基にしているが、原作者が企画協力を担当し、新たなオリジナル要素とアレンジを加えて制作。物語はエニエス・ロビー編終了時点まで進んでいるが、それまで麦わらの一味には船医が居なかったというパラレルワールド展開に仕上がっている。原作では船に乗っていたビビとカルーが登場せず、未登場だったニコ・ロビンフランキーが登場する。また麦わらの一味の船は、ゴーイングメリー号ではなく、新しい船であるサウザンドサニー号である。

監督は志水淳児。志水が劇場版『ONE PIECE』の監督を務めるのは、『珍獣島のチョッパー王国』以来4度目。作画監督キャラクターデザインを務めた舘直樹は、本作が初の劇場版作画監督&キャラクターデザインとなり(作画監督補佐経験は何度かある)、ルフィ達がTV版とは一味違った絵柄にリファインされている。

DVDは通常版・特別限定版ともに2008年7月21日発売。「ワンピース」映画化10作を記念してBlu-ray Disc版が2010年1月21日発売。

テレビ放映[編集]

2011年3月19日にフジテレビの「土曜プレミアム」にて放送された。土曜プレミアムで『ONE PIECE』の劇場版が放送されるのは、『STRONG WORLD』以来2度目。

2014年12月31日、アニメ『ONE PIECE』15周年を記念し、原作の扉絵で描かれたドルトンやDr.くれは達のその後を追加した「2014年特別版」を、フジテレビ系全国ネットで放送[2]

キャスト[編集]

麦わらの一味[編集]

モンキー・D・ルフィ
声 - 田中真弓
本作の主人公。麦わらの一味船長。
ロロノア・ゾロ
声 - 中井和哉
麦わらの一味戦闘員(剣士)。
ナミ
声 - 岡村明美
麦わらの一味航海士。ケスチアによって病気にかかり、命の危険にさらされる。
ウソップ
声 - 山口勝平
麦わらの一味狙撃手。
サンジ
声 - 平田広明
麦わらの一味コック。
ニコ・ロビン
声 - 山口由里子
麦わらの一味考古学者。
フランキー
声 - 矢尾一樹
麦わらの一味船大工。本作で劇場版初登場。

ドラム王国[編集]

トニートニー・チョッパー
声 - 大谷育江
本作のメインキャラクター。原作とは異なり、まだルフィ達の仲間になっていない。
Dr.ヒルルク
声 - 牛山茂
Dr.くれは
声 - 野沢雅子
ドルトン
声 - 小野健一
ワポル
声 - 島田敏
ムッシュール
声 - みのもんた(特別出演)
映画オリジナルキャラクター。ワポルの兄。
悪魔の実「ノコノコの実」の能力者。毒キノコの能力を持ち、体内に溜め込んだ猛毒の胞子を10年に一度、体外へ砲弾「胞子爆弾(フェイタルボム)」として放出できる。身体を紫色の煙状の胞子とすることができ、分身を生成して攻撃したり、地面からキノコを生やし敵を捕えたり、腕をドリルにする事も可能。ただし火に弱い。悪魔の実の能力だけでなく、身体能力も非常に高い。
20年前、ムッシュールが13歳の時、先代の国王が世界会議出席のため国を離れた際、退屈しのぎに能力を試すためという理由で城の大砲から胞子爆弾を撃ち出し、国民の多くを死に至らしめた(当日は風が強かったため胞子の滞留時間は短く、全滅は免れた)。その後先代国王に国外追放を命ぜられ、能力が火に弱いことから火の国キラウエアへ幽閉されたが、黒ひげへの対抗手段としてワポルに助け出され、共に帰国した。
一度はルフィを全く寄せ付けずに勝利するが、イッシー20の作った解毒剤により解毒し、「ギア2」でパワーアップしたルフィに反撃され、最終的には「ゴムゴムのJETバズーカ」を受けて敗北した。その後バクバクの実の能力によりワポルと合体し「ムッシュールワポルキャノン」にパワーアップして再戦を挑むが、「ゴムゴムの巨人の銃」により吹き飛ばされた。
チェス
声 - 沼田祐介
クロマーリモ
声 - 乃村健次
イッシー1
声 - 青野武

その他[編集]

ナレーション
声 - 大場真人

スタッフ[編集]

キャッチコピー[編集]

  • 新メンバー、調達中。
  • 泣くな、おまえはひとりじゃない。
  • 誰も知らない、もう一つの冬島物語がいま花開く――

主題歌[編集]

またね
作詞 - 吉田美和 / 作曲 - 中村正人・吉田美和 / 編曲 - 中村正人 / 歌 - DREAMS COME TRUE
アルバム『AND I LOVE YOU』からのリカットシングル。シングルバージョンはワンピースのキャラクターの台詞が入っている。本編のEDに使われたのはキャラクターの台詞が入っていないアルバムバージョンの方である。
原作者・尾田栄一郎がDREAMS COME TRUEのファンであったことで、その希望により主題歌担当が実現した。

受賞歴[編集]

原作との主な相違点[編集]

  • 先述の通り、ブリキング海賊団にオリジナルキャラクターのムッシュールが登場する。
  • チェスマーリモが登場しない。チェスとクロマーリモは連係技で戦いに挑み、後にムッシュールの技「雪胞子」に巻き込まれ、倒れる。
  • ワポルの最終兵器が、「バクバクの実」の能力でムッシュールとブリキング大砲(キャノン)と合体した、「ムッシュールワポルキャノン」となっている。
  • ドルトンの「ウシウシの実」の能力が登場しない。
  • ワポルの衛兵達の一部とドルトンが和解している(原作では全員、ドルトンとゾロの手で壊滅された)。
  • ワポルの部下がスノーモービルのようなメカを使っている。
  • 5年前のドラム王国の回想シーンが、ワポル達が来る前に入っている。
  • ドラム城へ昇るためのリフトが存在していない。
  • ラパーンの大群によって発生した雪崩が、ワポル達が放った大砲によって発生している。
  • ルフィの戦闘法「ギア2」・「ギア3」が登場する。
  • ビビが不在のため、ビビが勤めていた『船でのナミの看病』・『死にそうなウソップを叩いて起こす』のはロビン、島民に射撃された後に自主的に土下座する役目はルフィに置き換えられている。
  • 上記の射撃の際に島民に突っかかる役目が、ルフィからフランキーに置き換えられている。
  • ナミがなぜケスチアにかかったのか明かされていない。
  • ドラム島出航を急ぐ理由が、「アラバスタの戦争の悪化」から「ログが書き換えられる」に変更。
  • 単独行動を取って寒中水泳をしていたゾロが、フランキーと行動している。
  • ゾロとウソップが戦いの最中にドラムロックにやってくる。

脚注[編集]

  1. ^ 「2008年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2009年平成21年)2月下旬号、キネマ旬報社2009年、 172頁。
  2. ^ 大晦日「ワンピース エピソード オブ チョッパープラス冬に咲く、奇跡の桜」 新作映像追加!麦わらの一味からメッセージも!”. ONE PIECE.com (2014年12月9日). 2015年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]