森久司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 久司(もり ひさし、旧姓:中山 久司)は日本アニメーター。奥野浩行、細田守などの作品で重要なシーンを担当することが多い。過去にはアニメ制作会社動画工房に所属していた時期もあった。

作風と変遷[編集]

初期の森久司は金田フォロワーとしてパキパキとした作画を得意とするアクションアニメーターとして活躍した。しかし、一時期その尖った作風を捨て磯光雄に傾倒したリアル系の作画を披露。当時は業界全体が磯光雄ショックというべく磯フォロワーに溢れていたが、同じく磯フォロワーであるところの橋本敬史曰く「磯さんの原画の描き方を徹底まで追求したのは僕と森久司さんと金子秀一さんだけ」とのことである。この頃から細田作品にも参加し、代表作である『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(デジモンのキャラクターデザイン作画監督)を完成させる。

森が再びアニメファンから注目されたものに『SAMURAI 7』の第7話「癒す!」がある。森はAパートの原画を一人で担当し、それまでの話数を無視した森ワールドとも言うべく荒々しい線のタッチ、湯浅政明大平晋也を吸収したグラフィカルなフォルムは一部作品のファンから反感も買ったが大きな評価を獲得した。

近年は『天元突破グレンラガン』に参加し合体バンク等を担当、繊細な密度や勢いのある動きは夏目真悟など多くのフォロワーも作っている。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

Webアニメ[編集]

関連項目[編集]