高橋浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 浩(たかはし ひろし、1943年4月29日 - )は、テレビ朝日元編成局編成部長、東映アニメーション元社長(2003年2011年)。広島県出身[1][2][3]

人物[編集]

広島県福山市生まれ[1][2]。父親は日立製作所に勤務し[2]戦後東京中野で育ち[3]1950年水力発電所の多い富山県に転勤となり、小学校2年から高校卒業まで富山市で育つ[2]。映画好きだった父の影響で映画館に通い詰める[2]。当時の富山は映画の上映環境が良くなく、一人で金沢大阪まで汽車に乗って映画を観に行ったという[2]。小学校・中学校時代に好きだったのは『新諸国物語 笛吹童子』や『紅孔雀』といった東映時代劇だった[2]。時代劇がピークを過ぎると洋画ばかり観るようになった[2]

1967年上智大学文学部英文学科を卒業後[3]、映画とは関係なくジャーナリストへの憧れから[2]、株式会社日本教育テレビ(現在の株式会社テレビ朝日)に入社。調査局考査部考査課に配属される[2]英語が使えるという理由で、翌1968年から外画部に異動して[2]、『日曜洋画劇場』などにおける外国映画の購入を担当[4]。同番組の解説をしていた淀川長治から薫陶を受けた[4]1970年、二度目のヨーロッパ出張で、ソ連モスクワモスフィルムを訪ね、フィルムの買い付けを行った[4]。このうちの1本『Вий』を『土曜映画劇場』で放送する際、『妖婆 死棺の呪い』と高橋がタイトルを付けた[4]。同作はテレビ放送で話題を呼び、その後ビデオ発売されてタイトルも『妖婆 死棺の呪い』になった[4]。また『チキチキマシン猛レース』『幽霊城のドボチョン一家』など外国アニメの邦題も多数手掛けた[4]。当時アメリカで「Made for TV movies」と表現していたテレビ映画を「テレフィーチャー」と名付けた[5]

1971年アメリカの業界誌『バラエティ』の記事に小さく載った25歳の若者がMCAユニバーサル映画)で、自動車の追いかけっこをテレビ用映画で製作中という記事を読み、プリントを取り寄せ、自宅でプロジェクターに掛け一人で観た[5]。すぐに購入を決め、『日曜洋画劇場』の中でも下から何番目ぐらいの低価格で購入[5]。これがスティーヴン・スピルバーグが無名の若手監督の頃に演出した『激突!』(日本では、日曜洋画劇場が1975年1月に初放映)で、テレビ放映の準備をしていたら、MCA日本支社が買い戻し提案をしてきて、紆余曲折あって同作は劇場用に再編集され、先に劇場公開された(『激突!#作品解説』)[5]

1975年東映映画新幹線大爆破』のプロットにヒントを与えた1966年のアメリカNBCのTVムービー『夜空の大空港英語版』は、アメリカでの高視聴率と原題の良さから、シノプシスだけ読んで試写もせず、高橋が購入し日本語タイトルを決めた[4]。1975年から始まった『秘密戦隊ゴレンジャー』を複数ヒーローものにするというプロットや、テレビ放映を決めたのは自分と述べている[6]。 

1975年『激突!』の放映後に、編成開発部へ異動。アメリカ合衆国内のテレフィーチャー(テレビ用長時間映画)ブームが、日本でも5年遅れで普及すると確信して『土曜ワイド劇場』を企画[5]。『土曜ワイド劇場』の成功は、他局の『木曜ゴールデンドラマ』や『時代劇スペシャル』など、類似の番組を続出させるきっかけにもなった[5]。編成開発部では『ドラえもん』『プロゴルファー猿』などの藤子不二雄作品のテレビアニメ化[7][8]や、『暴れん坊将軍』などの番組も多く企画[8]。『あさりちゃん』『The・かぼちゃワイン』『クレヨンしんちゃん』をテレビアニメ化した[8]。『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』はテレビ放映を反対する上司を説得して放送に踏み切ったという[3]。『聖闘士星矢』は、高橋が「新たなアニメ枠に版権ビジネスに少し重点を置いたアニメ枠にしたい」と東映動画に頼み[6]、東映動画サイドから提示されたもの[6]。同作がヒットしたことでテレ朝の毎週土曜夜7時枠は、11年間東映動画制作のアニメ枠になり、ここから「美少女戦士セーラームーンのテレビシリーズ」が生まれ[6]、新たに毎週土曜夜7時30分台にアニメ枠を設け、ここからテレビアニメ『SLAM DUNK』が生まれた[6]。後に東映アニメーションに招かれたのは同社とのこの縁によるもの[6]1990年4月、テレビ朝日編成局編成部長[1]

1998年からはBS朝日執行役員として立ち上げに携わる。2002年、東映アニメーションからヘッドハンティングされ同社に転職[3][6]。口説き文句は「東京国際アニメフェアの第1回がビッグサイトで開かれるので、それを見て返事してくれ」で、会場で子供たちの弾ける笑顔を見て「お世話になります」と返事した[6]2003年6月、同社代表取締役社長就任[1]

DVDを自社での企画・開発に関わる体制としたり、ネット配信モバイル向け配信が好調で、就任後、毎年上場来の最高益を出している。テレビアニメも『Yes!プリキュア5』、『ワンピース』、『ゲゲゲの鬼太郎』、『ラブ★コン』など、ヒットが続いた[9]

売上げが減少している海外市場では、アメリカ、アジア、ヨーロッパの三極体制から、中南米BRICs諸国への展開を予定。韓国KBSと『太極千字文』を共同製作するなど各国の製作者との共同製作に意欲を見せている[9]。またこれまでは作品のビジネス展開を海外の配給会社に一任してきたが、今後は欧米で現地法人を立ち上げ、作品や関連玩具の営業をコントロールする。将来的には国内と海外の売上げを1対1にしたいという[9]。またディズニーとのアニメ共同制作の他、オリジナルの劇場映画も積極的に展開していく予定。2007年『CLANNAD』、『Yes!プリキュア5』、2008年『ワンピース』を公開他、フルCGの『ゲゲゲの鬼太郎』の製作を予定している[9]。2012年3月期の売上高で過去最高の290億円を記録した[3]。同時に代表権のない会長に退いた[10]

経歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 代表者の異動について(東映アニメーション)2003年6月10日(Internet Archive)
  2. ^ a b c d e f g h i j k 第1章 映画少年、都(テレビ)へ行く、pp.28 - 43
  3. ^ a b c d e f “三水会 2014年11月講演録:高橋浩氏(67文英)”. Cumsophia Online (上智大学マスコミソフィア会). (2015–06–06). http://cumsophia.jp/2015/06/06/%E4%B8%89%E6%B0%B4%E4%BC%9A-2014%E5%B9%B411%E6%9C%88%E8%AC%9B%E6%BC%94%E9%8C%B2%EF%BC%9A%E9%AB%98%E6%A9%8B%E3%80%80%E6%B5%A9%E6%B0%8F%EF%BC%8867%E6%96%87%E8%8B%B1%EF%BC%89/ 2021年4月17日閲覧。 “トップインタビュー:高橋浩東映アニメーション社長”. 文化通信com (新文化通信社). (2006–08–06). https://bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=495&pg=2 2021年4月17日閲覧。 みんかぶマガジン社編集部 (2012–01–06). “東映アニメーション 高橋浩社長インタビュー”. みんかぶマガジン社. https://minkabu.jp/news/2034233 2021年4月17日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g 第2章 ブロックバスター(大作洋画)を買い付ける、pp.46 - 84
  5. ^ a b c d e f 第3章 スピルバーグから始まった『土曜ワイド劇場』の立ち上げ、pp.86 - 118
  6. ^ a b c d e f g h 第6章 『日本のアニメビジネスの過去・現在・未来』、pp.184 - 218
  7. ^ 『視聴率15%を保証します!』第4章 異例ずくめのアニメ『ドラえもん』の船出、pp.120 - 142
  8. ^ a b c 『視聴率15%を保証します!』第5章 『クレヨンしんちゃん』誕生---視聴率との闘い、pp.144 - 182
  9. ^ a b c d 月刊BOSS(経営塾)2007年8月号
  10. ^ “東映、岡田茂名誉会長が死去して1周年で、大幅な若返り人事を断行へ”. 文化通信com (新文化通信社). (2012–06–18). https://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=1716 2021年4月17日閲覧。 
  11. ^ 組織変更及び取締役の担当業務変更並びに人事異動に関するお知らせ(東映アニメーション)2011年2月1日
  12. ^ 人事異動及び組織変更に関するお知らせ(東映アニメーション)2012年6月27日
  13. ^ 人事異動及び組織変更に関するお知らせ(東映アニメーション)2014年6月24日
  14. ^ 役員の異動に関するお知らせ(東映アニメーション)2015年5月27日

著書[編集]

  • 視聴率15%を保証します! あのヒット番組を生んだ「発想法」と「仕事術」小学館新書、2014年。ISBN 978-4-09-825217-6

外部リンク[編集]

先代:
泊懋
東映アニメーション社長
2003年 - 2012年
次代:
高木勝裕
先代:
泊懋
東映アニメーション会長
2012年 - 2014年
次代:
森下孝三