魔法のマコちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
魔法のマコちゃん
ジャンル 魔法少女(バトルヒロイン)
アニメ
原作 浦川しのぶ
脚本 辻真先雪室俊一、北原しげみ、他
キャラクターデザイン 高橋信也
アニメーション制作 東映アニメーション
製作 テレビ朝日東映動画
放送局 テレビ朝日
放送期間 1970年11月2日 - 1971年9月27日
話数 全48話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

魔法のマコちゃん』(まほうのマコちゃん)は、1970年11月2日 - 1971年9月27日の毎週月曜日19時 - 19時30分にNET(現・テレビ朝日)系列にて全48話が放送された日本テレビアニメである。

概要[編集]

魔法使いサリー』、『ひみつのアッコちゃん』に続く「東映魔女っ子シリーズ」の第3作である。

これまで漫画原作があった魔女っ子シリーズで、初の東映動画オリジナル企画になる。アンデルセン童話の人魚姫をベースに脚本の辻真先と演出の芹川有吾が中心となって設定した。対象年齢を高めにし、恋愛要素を取り入れるなど新機軸を打ち出したが、人気では前2作に及ばなかった。

なお、公害や基地演習問題、受験戦争など、社会問題を取り込んだエピソードもある。

あらすじ[編集]

人間の姿に変えた人魚のマコ。彼女の人間界での生活を描く。

登場人物[編集]

浦島 マコ
- 杉山佳寿子
深海の国の姫で人魚。15歳。海上に出たとき、たまたま船に乗っていた青年・アキラに恋をする。再びアキラに会おうとして海上に戻ったとき、船を津波が襲い、アキラは他の乗客を救って自らは溺れてしまう。マコは人間に触れると人魚に戻れない事を覚悟でアキラを救って人間になり、人間界で生活を始める。魔法のペンダント「人魚の涙」に願いをかけると魔法が使える。「からたち学園」中等部2年生。
パパ
声 - 谷津勲
深海の国の王。通称「竜王」。マコの事を心配し、時々人間界へ来る事が有る。
ママ
声 - 平井道子
おばば
声 - 高橋和枝
神田太郎
声 - 丸山裕子
マコと仲のいい、双子の兄。つり眉なのが特徴。
神田次郎
声 - 友近恵子
双子の弟。垂れ眉なのが特徴。
双子のママ
声 - 牧野和子
双子のパパ
声 - 槐柳二
番長
声 - 大竹宏
マコのクラスメートでガキ大将。本名は松橋。乱暴だが正義感は強い。マコには頭が上がらない。
千吉
声 - 山下啓介 / 神谷明
番長の子分で知恵袋的な存在。
林 ハル子
声 - 千々松幸子
マコのクラスメート。小柄で極度の近視。
富田 トミ子
声 - 平井道子
マコのクラスメート。富田建設社長の娘で、とても気が強い。何かというとマコに意地悪をする。母は学園のPTA会長。
ダバゴン先生
声 - 沢りつお
学園長
声 - 沼波輝枝
富田夫人
声 - 川島ふじ子
茂野 アキラ
声 - 市川治 / 作間功
浦島老人
声 - 梶哲也
神田家の離れに住む老人。人間に成りたてのマコを救い、マコを引き取る。

スタッフ[編集]

音楽[編集]

渡辺岳夫がBGMおよび主題歌の作曲を行ったほか、作詞も手掛けた。主題歌の編曲に誰もクレジットされていないところは『巨人の星』、『アタックNo.1』、『天才バカボン』等と同じである[1]

一部のBGMは『好き! すき!! 魔女先生』後期におけるアンドロ仮面の戦闘シーンにも流用された。

主題歌を歌ったのは当時13歳の堀江美都子で、彼女にとっては少女アニメ第1作であり、渡辺岳夫と組んだ最初の作品である[2]。堀江は主人公マコと同年代で同じ横浜市在住だったこともあり、感情移入して歌ったという。OP冒頭の「どこからきたーンのおっ」という歌い方は渡辺からの「『アクビ娘の歌』のように、シャクるように歌ってほしい」という要望に答えたものである。EDのセリフで苦労したが、やはり渡辺が「自分の弟が悪戯した時のように言ってごらん」とアドバイスしてくれたという[3]。本作ではOP、EDともにセリフがあるが、堀江が声優としてデビューするずっと前のことである。

なお、OPテロップでは堀江美都子の「堀」の字が“さんずい”になっていた。

OPには大杉久美子によるカヴァー版も存在する。大杉はやはり渡辺岳夫作曲で自身のアニメソング・デビュー曲でもあった『アタックNo.1』の主題歌の録音時にセリフで苦労していたため、「また、セリフ?」と思ったという[4]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「魔法のマコちゃん」
作詞・作曲 - 渡辺岳夫 / 歌 - 堀江美都子
映像は第20話より、ラストのセリフ部分の背景が変更された。
堀江のセルフカヴァー・ヴァージョン(編曲:青木望)が「40th Anniversary Encore」に、ライブ・ヴァージョンが堀江のライブCD「Heartful Concert」に(メドレーの一部として)、それぞれ収録されている。
エンディングテーマ - 「ボクはマコについてゆく」
作詞・作曲 - 渡辺岳夫 / 歌 - 堀江美都子、コロムビア・メール・ハーモニー

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術
第1話 1970年11月2日 初恋 辻真先 芹川有吾 岡田敏靖 遠藤重義
第2話 1970年11月9日 海より愛をこめて 雪室俊一 高見義雄 高橋信也
第3話 1970年11月16日 からたち学園 北原しげみ 芹川有吾 細田暉雄 山崎誠
第4話 1970年11月23日 新しい芽 久岡敬史 岡田敏靖 遠藤重義
第5話 1970年11月30日 奪われた魔力 布勢博一 佐々木勝利 江藤文男 山崎誠
第6話 1970年12月7日 再会の涙 小川英
神山一機
岡崎稔 永樹凡人 横井三郎
第7話 1970年12月14日 面影の人 浪江志摩 山本寛巳 高橋信也 遠藤重義
第8話 1970年12月21日 サンタは何処に 松本守正 芹川有吾 菊池城二
第9話 1970年12月28日 港が丘の決斗 岡本克己 高見義雄 細田暉雄 横井三郎
第10話 1971年1月4日 学園の星 浪江志摩 勝田稔男 木暮輝夫
第11話 1971年1月11日 逃げないでジム! 布勢博一 岡崎稔 永樹凡人 沼井一
第12話 1971年1月18日 海のひびき 浪江志摩 久岡敬史 江藤文男 遠藤重義
第13話 1971年1月25日 パパとデート 辻真先 芹川有吾 岡田敏靖 沼井一
第14話 1971年2月1日 さまよう青春 山本和子 勝田稔男 田中英二 遠藤重義
第15話 1971年2月8日 明日に賭けるトランペット 荒木芳久 岡崎稔 永樹凡人
第16話 1971年2月15日 制服はいやよ 岡本克己 高見義雄 細田暉雄 遠藤重義
第17話 1971年2月22日 雪の夜に笛が聞える 辻真先 芹川有吾 江藤文男 伊藤主計
第18話 1971年3月1日 しぶきの中の二人 近藤正 佐々木勝利 木暮輝夫 沼井一
第19話 1971年3月8日 危険な年頃 鈴樹三千夫 山本寛巳 大貫信夫 遠藤重義
第20話 1971年3月15日 スチュワーデスとパイロット 岡本克己 岡崎稔 永樹凡人 沼井一
第21話 1971年3月22日 うそつき学園 辻真先 高見義雄 田中英二 遠藤重義
第22話 1971年3月29日 誰かが呼んでいる 山本寛巳 江藤文男
第23話 1971年4月5日 即席キューピッド 鈴樹三千夫 久岡敬史 高橋信也
第24話 1971年4月12日 あたしは誰なの? 雪室俊一 勝田稔男 木暮輝夫 沼井一
第25話 1971年4月19日 山のかなたへ 浪江志摩 西沢信孝 細田暉雄 遠藤重義
第26話 1971年4月26日 いたずら王子 辻真先 芹川有吾 田中英二 沼井一
第27話 1971年5月3日 赤いギャラック 押川国秋 勝田稔男 木暮輝夫 遠藤重義
第28話 1971年5月10日 グランドの天使 辻真先 岡崎稔 永樹凡人 沼井一
第29話 1971年5月17日 おねがいしま〜す! 岡本克己 高見義雄 江藤文男 伊藤主計
第30話 1971年5月24日 人魚姫 雪室俊一 金子允洋 荒木伸吾 遠藤重義
第31話 1971年5月31日 終点の王様 久岡敬史 田中英二 沼井一
第32話 1971年6月7日 生きているルル 辻真先 芹川有吾 高橋信也 遠藤重義
第33話 1971年6月14日 子ジカ街を行く 北村秀敏 山本寛巳 江藤文男
第34話 1971年6月21日 ささくれの歌 雪室俊一 佐々木勝利 荒木伸吾 辻忠直
第35話 1971年6月28日 社長七変化 辻真先 岡崎稔 永樹凡人 沼井一
第36話 1971年7月5日 命売ります 西沢信孝 細田暉雄 辻忠直
第37話 1971年7月12日 はじめての口紅 雪室俊一 高見義雄 木暮輝夫 沼井一
第38話 1971年7月19日 ジャングル番長 辻真先 岡崎稔 永樹凡人 遠藤重義
第39話 1971年7月26日 マオ死なないで 押川国秋 久岡敬史 田中英二
第40話 1971年8月2日 花嫁になる研究 雪室俊一 金子允洋 木暮輝夫 沼井一
第41話 1971年8月9日 めぐりあい 山崎忠昭 勝田稔男 高橋信也 辻忠直
第42話 1971年8月16日 たったひとつの記録 辻真先 芹川有吾 荒木伸吾 遠藤重義
第43話 1971年8月23日 幽霊がそこにいる 池田宏 江藤文男 辻忠直
第44話 1971年8月30日 絵のないアルバム 雪室俊一 岡崎稔 永樹凡人
第45話 1971年9月6日 日曜日のあいつ 西沢信孝 木暮輝夫 沼井一
第46話 1971年9月13日 妖怪の涙(前編) 小川英
神山一機
高見義雄 細田暉雄 遠藤重義
第47話 1971年9月20日 妖怪の涙(後編) 久岡敬史
第48話 1971年9月27日 また逢う日まで 辻真先 山本寛巳 江藤文男 辻忠直

放送局[編集]

放送系列は当時のもの。

放送局 放送系列 備考
NETテレビ NETテレビ系列 制作局
北海道テレビ
青森放送 日本テレビ系列
テレビ岩手 日本テレビ系列
NETテレビ系列
山形放送 日本テレビ系列
ミヤギテレビ 日本テレビ系列
NETテレビ系列
福島中央テレビ
新潟総合テレビ フジテレビ系列
NETテレビ系列
日本テレビ系列
信越放送 TBS系列
山梨放送 日本テレビ系列
静岡放送 TBS系列
北日本放送 日本テレビ系列
北陸放送 TBS系列
福井放送 日本テレビ系列
名古屋放送 NETテレビ系列
日本テレビ系列
毎日放送 NETテレビ系列
東京12チャンネル系列
当時、朝日放送はTBS系列だった
山陰放送 TBS系列
岡山放送 フジテレビ系列
NETテレビ系列
当時は岡山・香川は別エリアだった
瀬戸内海放送 NETテレビ系列
中国放送 TBS系列 県内で放送局が変更された
広島ホームテレビ NETテレビ系列
山口放送 日本テレビ系列
四国放送
南海放送
高知放送
九州朝日放送 NETテレビ系列
長崎放送 TBS系列
熊本放送
テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
NETテレビ系列
宮崎放送 TBS系列
鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
NETテレビ系列
沖縄テレビ フジテレビ系列

劇場版[編集]

東映まんがまつり』内で、2本が上映されている。

関連商品[編集]

LP・EP[編集]

  • 魔法のマコちゃんLP・シングルレコード (1979年発売 7インチ盤・AB両面) COCC-11865~6
  • 魔法のマコちゃんEP・ポクはマコについてゆく (1970年発売 ドーナツ盤・AB両面) SCS-118

DVD[編集]

  • DVD-BOX (初回限定生産・全巻封入特典・DISC全8巻・販売元:東芝デジタルフロンティア
    • DVD-BOX 1 [5枚組・片面2層 前半の第1 - 24話に収録 2003年3月21日発売] PIBA-7170
    • DVD-BOX 2 [4枚組・片面2層 後半の第25 - 48話に収録 2003年4月25日発売] PIBA-7171

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ もっとも、渡辺岳夫の作品に限らず、1970年頃までのアニメソングには編曲クレジットが付かないことが多かった。
  2. ^ このコンビは後年、『キャンディ・キャンディ』の主題歌でミリオンセラーを出すことになる。
  3. ^ CD「MICCHI 100% -あしたがすき-」(コロムビアミュージックエンタテインメント、COCX-30415/7)のライナーノーツより。
  4. ^ 大杉久美子 40周年記念CD-BOX『燦(きらめき)のとき やさしさの歌』発売記念 大杉久美子スペシャル・インタビューより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NET系 月曜夜7:00 - 7:30
前番組 番組名 次番組
魔法のマコちゃん