人魚姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vilhelm Pedersen 画「人魚姫」

人魚姫(にんぎょひめ、Den lille Havfrue)は、デンマークハンス・クリスチャン・アンデルセン作の童話である。1836年に発表された。

あらすじ[編集]

人魚の王の6人の娘たちの内、末の姫は15歳の誕生日に昇っていった海の上で、船の上にいる美しい人間の王子を目にする。嵐に遭い難破した船から溺死寸前の王子を救い出した人魚姫は、王子に恋心を抱く。その後偶然浜を通りがかった娘が王子を見つけて介抱した為、人魚姫は出る幕が無くなってしまう。人魚は人間の前に姿を現してはいけない決まりなのだ。だが彼女はどうしても自分が王子を救ったと伝えたかった。

人魚姫は海の魔女の家を訪れ、声と引き換えに尻尾を人間の足に変える飲み薬を貰う。その時に、「もし王子が他の娘と結婚すれば、姫は海の泡となって消えてしまう」と警告を受ける。更に人間の足だと歩く度にナイフで抉られるような痛みを感じるとも。王子と一緒に御殿で暮らせるようになった人魚姫であったが、声を失った人魚姫は王子を救った出来事を話せず、王子は人魚姫が命の恩人だと気付かない。

そのうちに事実は捻じ曲がり、王子は偶然浜を通りかかった娘を命の恩人と勘違いしてしまう。

やがて王子と娘との結婚が決まり、悲嘆に暮れる人魚姫の前に現れた姫の姉たちが、髪と引き換えに海の魔女に貰った短剣を差し出し、王子の流した血で人魚の姿に戻れるという魔女の伝言を伝える。人魚姫は愛する王子を殺せずに死を選び、海に身を投げて泡に姿を変え、空気の精となって天国へ昇っていった。しかし、王子や他の人々はそのことに気づくことはなかった。

解釈[編集]

どこまでも純粋に王子を愛しながらも、報われなかった人魚姫の悲しい恋の物語は、失恋を繰り返し、ついには生涯を独身で通したアンデルセンの、苦い思いが投影されていると言われている[要出典]

人魚姫の像[編集]

コペンハーゲンには人魚姫の像があり、有名な観光名所となっている。

派生作品[編集]

音楽[編集]

アニメ[編集]

舞台[編集]

実写映画[編集]

ゲーム[編集]

[編集]

施設[編集]

彫刻[編集]

外部リンク[編集]