キックの鬼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キックの鬼
ジャンル キックボクシング
漫画
原作・原案など 梶原一騎
作画 中城けんたろう
出版社 少年画報社
掲載誌 少年画報
発表号 1969年2月号 - 1971年8号
アニメ
原作 梶原一騎、中城けんたろう
監督 黒田昌郎山口康男西沢信孝
(いずれも演出名義)
脚本 辻真先安藤豊弘押川国秋
音楽 小林亜星
アニメーション制作 東映動画
製作 東映動画、TBS
放送局 TBS系列
放送期間 1970年10月2日 - 1971年3月26日
話数 全26話
映画
原作 梶原一騎、中城けんたろう
監督 吉田日出夫(演出名義)
脚本 鈴樹三千夫
音楽 小林亜星
制作 東映動画
配給 東映
封切日 1971年3月20日
上映時間 25分
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

キックの鬼』(キックのおに)は、梶原一騎原作、中城けんたろう絵の少年漫画、およびそれを原作とするテレビアニメである。原作漫画は、少年画報社の『少年画報』に1969年2月号から1971年8号まで連載されていた。

ストーリー[編集]

実在したキックボクサー・沢村忠の半生を描いた作品。

登場人物[編集]

アニメ版[編集]

1970年10月2日から1971年3月26日までTBS系列局で放送。全26話。

東映動画(現・東映アニメーション)とTBSの共同製作作品で、アニメーション制作も東映動画が担当。本作は、東映動画初のTBS系ネット作品となった。

企画時には沢村忠役の声優に沢村本人を起用する計画があり、実際に本人とも交渉したが、沢村のスケジュールの都合がつかずに断念した。その後、「沢村にそっくりな人物なら声も似ているはずだ」ということで朝倉宏二の起用が決まったという[1]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「キックの鬼」
作詞 - 野口修 / 作曲 - 小林亜星 / 歌 - 沢村忠、少年少女合唱団みずうみ
エンディングテーマ「キックのあけぼの」
作詞 - 梶原一騎 / 作曲 - 小林亜星 / 歌 - 沢村忠

この2曲を収録したレコードが東芝レコード(現・EMIミュージック・ジャパン)から発売された。他に日本コロムビアからもレコードが発売されたが、こちらは山田淑子コロムビアゆりかご会が歌ったカバー版である。

各話リスト[編集]

  1. 「無敵の沢村」
  2. 「沢村敗る!」
  3. 「若獅子の猛特訓」
  4. 「帰って来た沢村」
  5. 「もう一人の男」
  6. 「新しい挑戦」
  7. 「限りなき前進」
  8. 「唸る白刃」
  9. 「ゴングは鳴った」
  10. 「チャンピオン誕生」
  11. 「男の涙が光る時」
  12. 「必殺真空飛び膝蹴り」
  13. 「不死身の鉄人」
  14. 「来るか!強敵」
  15. 「挑戦第一号」
  16. 「謎の挑戦者」
  17. 「生命がけの挑戦」
  18. 「孤独な殴り込み」
  19. 「死斗第一幕」
  20. 「死斗の果てに」
  21. 「黒い嵐」
  22. 「王座のゆくえ」
  23. 「起て!沢村」
  24. 「東洋チャンピオンカーニバル」
  25. 「殺人鬼ソンラム」
  26. 「キックよ永遠に」

映画版[編集]

1971年3月20日に『東映まんがまつり』の一編として公開。テレビアニメ版第11話のブロウアップ版。併映は『どうぶつ宝島』・『タイガーマスク・黒い魔神』・『魔法のマコちゃん』・『のりものいろいろ』の4本。

スタッフ[編集]

  • 演出 - 吉田日出夫
  • 企画 - 忠隈昌、笹谷岩男、籏野義文[2]
  • 脚本 - 鈴樹三千夫
  • 撮影 - 山田順弘
  • 美術 - 福本智雄
  • 音楽 - 小林亜星
  • 作画監督 - 不破八束

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞読売新聞社、1970年9月9日付朝刊、23頁。 
  2. ^ a b エンディングテロップでは「旗野義文」と表記。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

TBS系列 金曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
ばくはつ五郎
(1970年4月3日 - 1970年9月25日)
キックの鬼
(1970年10月2日 - 1971年3月26日)
帰ってきたウルトラマン
(1971年4月2日 - 1972年3月31日)