ドラゴンボールZ 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラゴンボールZ
絶望への反抗!!
残された超戦士・悟飯とトランクス
ジャンル テレビアニメ
放送時間 水曜日 19:00 - 19:58(58分)
放送期間 1993年2月24日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ東映
企画 森下孝三東映動画
清水賢治金田耕司(フジテレビ)
監督 西尾大介(シリーズディレクター)
演出 上田芳裕
原作 鳥山明
脚本 戸田博史
出演者 野沢雅子
鶴ひろみ
草尾毅
中原茂
伊藤美紀
八奈見乗児ほか
音声 モノラル
オープニング 影山ヒロノブ
CHA-LA HEAD-CHA-LA
エンディング 影山ヒロノブ
『青い風のHOPE』
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス』(ドラゴンボールゼット ぜつぼうへのはんこう!!のこされたちょうせんし・ごはんとトランクス)は、1993年2月24日[1]に放送された『ドラゴンボールZ』のテレビスペシャル。『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』に続くテレビスペシャル第2作目。

概要[編集]

本編のフリーザ編後、トランクスセルらが過去に関与することなく時を経た、本来進行するはずだった歴史を描いたエピソードである。

原作漫画の番外編『TRUNKS THE STORY -たった一人の戦士-』をベースに、大幅にオリジナルシーンを加えた形で構成されたもの。ただし、トランクスが超サイヤ人に覚醒する時期、序盤で戦いに参加し殺されたメンバーの一部が原作と異なっている。

主要人物らが次々に亡くなるなど、かなり暗い作風となっており、孫悟飯が人造人間に殺された時、演じた野沢雅子は非常に悔しい思いをしたと語っている[2]。また、トランクス役の草尾毅は印象に残ったストーリーに本作を挙げている[3]

ドラゴンボール超』の第52話ではトランクスの回想シーンで、本作の一部のシーンがリメイクされている。

ストーリー[編集]

地球に帰還した孫悟空フリーザ一味を倒してから2年半後、悟空は心臓病で息を引き取った。それから半年後、2人の人造人間が現れ、都市の破壊と殺戮を繰り返し、この世は恐怖に包まれた。2人を倒すべく立ち上がった戦士たちも、ピッコロが死に、ドラゴンボールは消滅。超サイヤ人となったベジータも死に、地球人戦士のヤムチャ天津飯餃子クリリンも戦死した。

それから13年後、なすすべも無い状況の中、孫悟飯だけは、懸命に人造人間への反抗を続けていた。ベジータの遺児であるトランクスも戦う決意をし、悟飯に弟子入りする。地球の未来は悟飯とトランクスの2人に託されたのだった。

登場人物[編集]

孫悟飯(そんごはん)
孫悟空の一人息子。父のように強くなりたいという願いから、父と同じ道着(ただし、マークは「飯」としている)を着用。ブルマからは「お父さんの悟空にそっくり」と言われている。13年の間に仲間が殺された怒りで超サイヤ人に覚醒。後に父・悟空のライバルだったベジータの遺児であるトランクスの師となる。三枚目的なキャラクターで学園生活を送った本編に比べ、物静かな人物として描かれており、一人称が「ボク」から「オレ」に変化しているが、本来の優しさは変わっていない。人造人間との戦いでトランクスをかばって隻腕となってしまう。その1年後、トランクスを残して、単身で人造人間に挑むが、力及ばず果てた[4]
トランクス
ベジータの遺児。父であるベジータは物心付いた頃には他界している。人造人間になす術もなく破壊される街を見てサイヤ人の誇りに目覚め、悟飯の指導を受けるが、超サイヤ人に覚醒することができず、焦りを見せる。しかし、人生の師である悟飯の死と同時に超サイヤ人に目覚めた。その後も一人で人造人間と挑み続けるが一度も勝てず、歴史を変えるべくブルマが開発したタイムマシンで悟空が生きていた過去の時代へ心臓病の薬を携え、単身向かった。
原作では悟飯との修行中にすでに超サイヤ人になっており、悟飯によると、あと数か月で自分を超える程と評された。
ブルマ
トランクスの母。人造人間の行いは許せないものの、戦いでは勝ち目がないことは悟っており、違う方法で人造人間を破壊する術を自身の残された研究施設で模索している。トランクスや悟飯が闘っていることは知っていたが、黙認していた。後にトランクスが人造人間に立ち向かおうとする際も、「3年前の悟飯と大して違っているとは思えない」と実力差を見抜いていた。
本編では息子たちを見守る母親として描かれているが、小説版では自分自身が助かりたいがためにタイムマシンの資金援助を申し出た成金の男を投げ飛ばすなど、かつての気性の強い部分が描かれた。
亀仙人(かめせんにん)
悟空やクリリンたちの師匠。原作では弟子たちが殺された後の消息は不明だったが、本作では戦わず、プーアルウーロン、ウミガメと共に生き残っており、悟空さえ生きていれば人造人間を倒せたと己の無力さを嘆く。人造人間から逃れるために潜水艦内で日々を送っている。
チチ
悟空の妻で悟飯の母。悟飯が人造人間に敵わないことは悟っているようで、戦いを諦めて父親の牛魔王と3人で平穏に暮らしたいと考えている。原作では生死不明だったが、悟空の死ですっかり元気がなくなり、人造人間と戦う気力も無くしている様子が描かれた。トランクスと共に人造人間と戦う悟飯を心配し、家族3人が写った写真を眺めながら「戦いなどやめて、自分の元へ戻ってこい」と語りかけている。
牛魔王(ぎゅうまおう)
悟飯の祖父でチチの父。亀仙人の2番弟子。原作では消息不明だったが、本作ではチチや亀仙人同様、人造人間とは直接戦わずに生き残る。本編では初登場時から変わらぬ外見を最終回まで保っていたが、本作では老け込んでいた。人造人間と戦い続ける悟飯の噂を聞き、心配している。
クリリン
悟空の親友。悟空が病死した日、外で待機していたメンバーの中で真っ先に悟空の死を感じ取る。人造人間との戦いでは、17号と18号の同時攻撃で戦死。
ベジータ
サイヤ人の王子であり、トランクスの父親(ブルマとは結婚しないまま死を遂げた)。ライバルである悟空の死後、17号との戦いで死亡。悟飯からは「気難しいけど、強くて、とても誇り高い人だった」と評された。原作では不明だが、本作やアニメのトランクスの回想シーンでは、超サイヤ人になっていた。
人造人間17号(じんぞうにんげんじゅうななごう)
13年前の戦いでは、ベジータとヤムチャを倒す。少年的な無邪気さと非情な性格で街を破壊することを「ゲーム」と称して、人間が恐怖にひきつるさまを楽しんでいる。18号からはその子供っぽさを呆れられる場面もあった。本編の17号同様に車を運転するが、こちらでは人間を轢殺するための凶器として使用していた。
人造人間18号(じんぞうにんげんじゅうはちごう)
13年前の戦いでは、ピッコロと天津飯を倒す。パワーは17号に劣るものの、性格では17号よりも非情な面を持ち合わせており、トランクスに向かって怒りの一撃を放っていた。服装を気にしている面もあり、「人類を絶滅させても洋服屋だけは残すように」と17号に忠告していた。

声の出演[編集]

キャストには野沢雅子が孫悟空・孫悟飯の二役とクレジットされているが、作中に悟空の台詞はなく冒頭の登場シーンで既に息を引き取っていて、ほぼ未登場に近い扱い。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「CHA-LA HEAD-CHA-LA
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 清岡千穂 / 編曲 - 山本健司 / 歌 - 影山ヒロノブ
エンディングテーマ - 「青い風のHOPE」
作詞 - 佐藤大 / 作曲 - 清岡千穂 / 編曲 - 山本健司 / 歌 - 影山ヒロノブ

映像ソフト[編集]

  • DRAGON BALL Z DVD BOX DRAGON BOX VOL.2
2003年9月18日にポニーキャニオンより発売。映像特典として収録された。
  • DRAGONBALLZ SPECIAL SELECTION DVD
2011年8月5日に集英社より書籍扱いで発売。『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』と共に収録された。

孤独の未来戦士!!トランクス[編集]

『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』のアニメコミックスに掲載された小説。ストーリーは松井亜弥、作画は前田実が担当。

人造人間により壊滅した20年後の未来と現代、父ベジータへの想いをトランクスの回想により描いている。

関連書籍[編集]

  • ジャンプ・アニメ・コミックス ドラゴンボールZテレビスペシャル 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス - 集英社、1993年5月31日、ISBN 4-8342-1185-1
巻末に声優陣のインタビューが掲載されている。

脚注[編集]

  1. ^ 第175話と第176話の間。
  2. ^ 週刊少年ジャンプ編集部編「テレビスペシャル特別リポート アフレコ・スタジオ・ルポ!!」『ジャンプ・アニメコミックスドラゴンボールZテレビスペシャル 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1993年5月31日、ISBN 4-8342-1185-1、164-165頁。
  3. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一声優陣 其之二 トランクス役 草尾毅」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、154-157頁。
  4. ^ 原作では17号から「1年前の戦いでは半分のパワーも使っていなかった」ことを知らされて動揺した直後に攻撃を仕掛けられるが、戦闘シーンは描かれず、トランクス視点に代わったときにはすでに亡くなっていた構成だったが、アニメ版では17号の台詞はカットされ、トランクスに託した希望を口にした後に人造人間と戦い、奮闘するも17号と18号の連続エネルギー弾を受けて戦死する展開となった。

関連項目[編集]

ドラゴンボールの映画・イベント用アニメ
通番 題名 公開時期
第1作 神龍の伝説 1986年 グルメス王一味
第2作 魔神城のねむり姫 1987年 ルシフェル一味
第3作 摩訶不思議大冒険 1988年 鶴仙人・桃白白兄弟
第4作 オラの悟飯をかえせッ!! 1989年 ガーリックJr.一味
第5作 この世で一番強いヤツ 1990年 Dr.ウィロー一味
第6作 地球まるごと超決戦 1990年夏 ターレス一味
第7作 超サイヤ人だ孫悟空 1991年 スラッグ一味
第8作 とびっきりの最強対最強 1991年夏 クウラ一味
第9作 激突!!100億パワーの戦士たち 1992年 メタルクウラ
第10作 極限バトル!!三大超サイヤ人 1992年夏 人造人間13号、14号、15号
第11作 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 1993年春 ブロリー
第12作 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 1993年夏 ボージャック一味
第13作 危険なふたり!超戦士はねむれない 1994年 復活ブロリー
第14作 超戦士撃破!!勝つのはオレだ 1994年夏 バイオブロリー
第15作 復活のフュージョン!!悟空とベジータ 1995年 ジャネンバ
第16作 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる 1995年夏 ヒルデガーン
第17作 最強への道 1996年 レッドリボン軍
JF08 オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!! 2008年 アボとカド
実写 EVOLUTION 2009年 ピッコロ大魔王
JF12 エピソード オブ バーダック 2011年 チルド一味
第18作 神と神 2013年 ビルス
第19作 復活の「F」 2015年 フリーザ一味