志田直俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

志田 直俊(しだ なおとし)は、日本の男性アニメーター演出家である。ラストハウス出身、東映アニメーション所属。

経歴・特徴[編集]

主に東映アニメーションの作品に参加しており、戦闘シーンを手がけることが多く、独特のタイミング・ハイライトや影多めの作画が特徴。

近年では、絵コンテも担当することがある。

1979年12月15日に公開された『ルパン三世 カリオストロの城』の友永和秀が作画したカーチェイスシーンに憧れて、アニメーターを目指したと述べている。

また、埼玉西武ライオンズのファンと公言している。

プリキュアシリーズ」では原画として数多く活躍しており、プリキュアの変身バンクや必殺技のバンクなどのほか、激しい戦闘シーンを担当することが多いため、「クライマックスアニメーター」と称されることがある[1]。演出家の大塚隆史いわく、「手強い仕事にみずから挑むその精神はまさにサムライ。サムライアニメーターです」と評されている。また、キュアサンシャインの変身バンクに大量の作画の枚数を使ったことでも有名になっている[2]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1980・90年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

劇場アニメ[編集]

Webアニメ[編集]

関連書籍[編集]

  • 『プリキュア10周年公式アニバーサリーブック』

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『プリキュア10周年公式アニバーサリーブック』の自身のインタビューにて。
  2. ^ 『プリキュア10周年公式アニバーサリーブック』の自身のインタビューにて。
  3. ^ タナカリオンのツイート(561906436720979968)
  4. ^ 『アニメージュ』インタビューの黒田監督の発言より

外部リンク[編集]