ベジット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベジット
Vegetto/Vegito
ドラゴンボールのキャラクター
登場(最初) 其之五百三「孫悟空 最後の合体!!」
ドラゴンボールZ・第268話「合体!! ベジータの誇りと悟空の怒り」
作者 鳥山明
声優 野沢雅子堀川亮
プロフィール
性別
種類 悟空とベジータによる合体戦士

ベジット鳥山明漫画ドラゴンボール』およびそれを原作としたアニメドラゴンボールZ』『ドラゴンボール改』『ドラゴンボール超』に登場する架空のキャラクター。

人物像[編集]

吸収を繰り返す魔人ブウに対抗するため、界王神に伝わる神具「ポタラ」を使い、孫悟空(カカロット)とベジータが合体をした姿。名前の由来は、ベジータと悟空のサイヤ人名であるカカロットを合わせて「ベジータとカカロットが合体してベジット」と自分で名乗った。アニメでは悟空の声優である野沢雅子と、ベジータの声優である堀川亮が二人同時に喋っていた。一人称は「オレ」。

肉体の融合に伴って、服装や性格も二人の融合したものとなっている。服装は悟空の道着をベースにしているが、道着の色は山吹色からベジータが着ていたボディスーツと同じ紺色に、アンダーシャツは悟空の道着と同じ山吹色へと変化し、ベジータのグローブとブーツを装着。両耳にはポタラを付けている。合体を行った際のベジータは死人ゆえに頭上に輪が浮いていたが、ベジットに合体した際には輪は消えた。

性格は一見すると挑発的で高飛車だが、それはあくまでブウを挑発するための演技で、心中は吸収された仲間を救出するために自らを吸収させるよう話術で仕向けるなど、本質は頭脳的な戦士。

戦闘力[編集]

ポタラを用いた合体による戦闘力の飛躍はフュージョンすら凌ぎ、絶対的な戦闘力を誇る。ベジータの冷静な戦闘理論と悟空の純粋な格闘センスを持ち、超サイヤ人に変身して、孫悟飯らを吸収した魔人ブウを一方的に打ちのめし、片足であしらって弄んだ[1]ほか、アニメでは平常時でも悟飯を吸収したブウと戦い圧倒した。本人によれば、ブウとの戦闘ではまだ全力を出しておらず、本気で戦った場合の戦闘力は未知数である。老界王神によれば「あの世とこの世を含めて3本の指に入る達人の内の2人」であり、「しかもライバル同士である悟空とベジータが合体したため最強」という[2]

原作の「魔人ブウ編」のその後を描くアニメ『ドラゴンボール超』では、合体ザマスに対抗するため、悟飯吸収の魔人ブウ戦以来で再びベジットとなった際には、悟空とベジータが以前より大幅に実力を上げた相乗効果でベジットも超サイヤ人ブルーへと進化した。合体ザマスと互角以上の戦闘を繰り広げたが、その反動で「合体を維持する力」が予想以上に早く消耗し尽くし時間切れとなり二人に分離してしまった。

作中での活躍[編集]

次々と仲間を吸収してパワーアップを繰り返す魔人ブウを倒すため、あの世から復活した悟空とベジータが老界王神から与えられた、界王神に伝わる神具「ポタラ」の力を用いて合体し誕生した。原作ではポタラでの合体直後すぐに超サイヤ人に変身したものの、アニメでは当初は通常状態でもブウと戦った。その際ブウから反撃を受けるもダメージは皆無であった。ベジットの強さに焦りを感じたブウに、体内へ侵入されるが、自らの気で動きを封じ、逆にブウを追い詰め追い出した。ブウの不意打ちのお菓子光線によりコーヒーキャンディにされるが、今まで光線を受けた他の者たちと違い、キャンディのままで喋ったり移動したりといった活動が可能なうえに、強さも全く変わっておらず、逆にその小さなサイズを活かしてブウを翻弄。結局、ブウにキャンディから元の姿に戻された。なお、コーヒーキャンディになっている時、「世界一強いアメ玉」と自称した[1]

悟飯ら吸収された仲間を助けるため、魔人ブウへの挑発を繰り返して自分を吸収するように仕向け、わざと魔人ブウに取り込まれる。しかし、その際に本当に吸収されないように取り込まれる瞬間、全身にバリヤーを展開することで、吸収されることなく魔人ブウの体内への侵入に成功した。だが、ポタラでの合体は「二度と元に戻ることはない」と老界王神に言われていたものの、ブウの体内でバリヤーを解除した瞬間に、融合が解け元の2人に分離してしまった。悟空[3]はこれについて、魔人ブウ体内の「イヤな空気」の影響で合体が解除されたのではと推測していた[4]

後に、原作の「魔人ブウ編」のその後を描くアニメ『ドラゴンボール超』では、魔人ブウ編で二人に分離した時のことを、悟空が第10宇宙の界王神ゴワスに質問すると、人間同士での合体だと1時間の制限時間があることや、膨大な力を使用するなど何らかの要因でポタラに宿る「合体を維持する力」の消費を早めた場合は1時間より早く融合が解除されることもあることが判明した。このことは界王神も老界王神も知らなかった。悟空がゴワスに詳細な状況を説明していないこともあり、ブウの体内でバリヤーを解除した瞬間に融合が解けた厳密な原因が、時間制限によるものなのか、何らかの要因が「合体を維持する力」の消耗を早めてしまったのか、どちらの要因かまでは言及されていない。

その後、魔人ブウとの最終決戦を前に、老界王神から再度ポタラで合体するよう薦められるも、「オラたち向きじゃねえんだ」と悟空は再合体を拒否し、ベジータも悟空の発言を「それこそがサイヤ人」と珍しく讃え、ポタラを粉々に破壊してしまった[5]。そのため、原作中では一度きりの変身となった。

ドラゴンボール超[編集]

原作の「魔人ブウ編」のその後を描くアニメ『ドラゴンボール超』の「“未来”トランクス編」に登場。ポタラを使って融合進化した合体ザマスに対抗するため、悟空とベジータもポタラを使って融合し再びベジットとなる。両者共に以前より大幅に実力を上げていることもあり、相乗効果でベジットも超サイヤ人ブルーへとパワーアップした。この合体の前に界王神ゴワスの口から、神でない者同士のポタラでの融合は、約1時間しか効果がない事実が明かされた。

超ベジットブルーと合体ザマスの力は互角で一進一退の攻防を繰り広げるが、ザマスゴクウブラックと合体したことで不死身の効果に変調を来した影響もあり、徐々にベジットが優勢となる。しかし、ベジットはそこで初のダメージを被ったが、必殺技のスピリッツソードで挽回した。そしてベジットは勝負を決めようと猛攻を畳み掛けるが、全力で闘った反動でポタラに宿る「合体を維持する力」が予想以上に早く消耗し尽くし時間切れとなり二人に分離してしまった。

ベジットの技[編集]

原作では、技自体ほとんど使っていない。アニメでは悟空とベジータの技を使っている。なお、ゲームで使う技は原作およびアニメと比べて、技の内容が異なっている。

気の剣[6] / フラッシュソードアタック[7] / スピリッツソード[8] / ビームソードスラッシュ[9] / 超ベジットソード[10] / ベジットソード[11]
手刀に、剣の形状をした気を作り出して敵を突き刺す技。ブウの体を串刺しにした[12]。ゲームによっては、敵を刺した後に斬りつける追撃が可能となっている。
『ドラゴンボール超』では、合体ザマス戦で使用。攻撃を受けて倒れた後、気絶を装って不意打ちで繰り出し、合体ザマスの左胸を貫いた。合体ザマスも手刀に剣状の気を形成した技を用いることから「俺にもこの位はできるんだぜ」と発言している。
連続気功波[13] / 拡散エネルギー弾[14] / スピリッツキャノン[8] / 拡散フィンガービーム[9]
片手を相手の方に突き出し、一度に複数の気功波を相手に放つ。この技で、魔人ブウが使用した「スーパーゴーストカミカゼアタック」を迎撃した。『Z』では第271話で使用し、片手の全ての指から連続で高速の気功波を放つ技として描写された。ゲームによっては、手から巨大な気功波を相手に放つ。
バリヤー
ブウに吸収された悟飯らを助けるために、わざと魔人ブウに吸収される際に使った技。その結果、吸収されずにブウの体内への侵入に成功した。「イヤな空気」も遮断していたらしく、バリヤーを解いた途端合体が解けてしまった。

アニメ・ゲームで使用[編集]

かめはめ波
悟空の技。原作では未使用だが、『Z』第272話で使用。
瞬間移動
悟空の技。『Z』第271話で使用。ブウが放った「スーパーゴーストカミカゼアタック」から逃れるために使用。
『超』でも合体ザマス戦にて使用。悟空同様に額に指を当てて使用した。
ビッグ・バン・アタック
ベジータの技。『Z』第270話で使用。ブウの体を粉々にした。こちらはベジータとは違い、球体ではなくエネルギー波を放つタイプ。
ファイナルかめはめ波
悟空の「かめはめ波」とベジータの「ファイナルフラッシュ」を合体させた技。ゲームにて初登場。
本編中ではアニメ『ドラゴンボール超』の合体ザマス戦で使用。ファイナルフラッシュの構えから、かめはめ波の構えに移行してから強力な気功波を放つ。
ギャリック砲
ベジータの技。ゲームのみで使用。
ファイナルフラッシュ
ベジータの技。ゲームのみで使用。
サイキックウェーブ
ゲームオリジナルの技。人差し指を上に上げ、標的の足元から気を放出する。
サベージカウンター
ゲームオリジナルの技。相手を挑発し、こちらに向かってきた相手を連続で蹴るというカウンター技。しかし、気功波や投げ技には通じない。
スピリッツエクスカリバー
ドラゴンボールヒーローズオリジナルの技。

コンピュータゲーム[編集]

ゲームでの初登場はスーパーファミコン専用ソフト『ドラゴンボールZ HYPER DIMENSION』。10人のプレイキャラクターの1人として登場。

PlayStation 2専用ソフト『ドラゴンボールZ2』では悟空かベジータにポタラのスキルを装備することにより合体可能。

PlayStation Portable用ゲームソフト『ドラゴンボールZ 真武道会』では最終決戦でベジットを選ぶと、ドラゴンボールの願いを使い切ってしまっていたため1年間元に戻れなくなり困り果てるというエンディングになる。

PlayStation 3Xbox 360用ソフト『ドラゴンボール レイジングブラスト』のIFストーリーでは、ゴジータとどちらが強いか勝負するストーリーが登場。勝利後は勝ち誇るが、今後の生活について問われ、たじろいでいる。

ドラゴンボールヒーローズ』ではゲームオリジナルとして超サイヤ人2と超サイヤ人3のベジットも登場し[15]、新たな技「スピリッツエクスカリバー」を使用している。

脚注[編集]

  1. ^ a b 鳥山明「其之五百五 挑発するベジット」『DRAGON BALL 第42巻』集英社ジャンプ・コミックス〉、1995年8月9日、ISBN 4-08-851090-9、40.43頁。
  2. ^ 鳥山明「其之五百四 天下無敵の合体おとうさん」『DRAGON BALL 第42巻』29頁。
  3. ^ ドラゴンボールZ3』では老界王神。
  4. ^ 鳥山明「其之五百六 ブウの中の悟空とベジータ」『DRAGON BALL 第42巻』55頁。
  5. ^ 鳥山明「其之五百九 全宇宙を賭けた試合」『DRAGON BALL 第42巻』96-97頁。
  6. ^ 渡辺彰則編 「SPECIAL ATTACKS エスカレートする必殺技 その12 魔人ブウ編」『ドラゴンボール大全集 2巻』集英社、1995年8月9日、ISBN 4-08-782752-6、217頁。
  7. ^ スーパーファミコン専用ソフト『ドラゴンボールZ HYPER DIMENSION』など。
  8. ^ a b PlayStation 2専用ソフト『ドラゴンボールZ2』など。
  9. ^ a b PlayStation 2、Wii用ソフト『ドラゴンボールZ Sparking!』シリーズ
  10. ^ ニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンボールZ 舞空烈戦
  11. ^ ニンテンドーDS用ソフト『ジャンプアルティメットスターズ
  12. ^ 原作では地面に埋もれたブウに突き刺して自分と同じ高さまで持ち上げるという使い方をしており、半軟体のブウにはさしたるダメージも無く再生したため、攻撃というよりは挑発に近い使い方をしている。
  13. ^ 渡辺彰則編「第4章 技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、134頁。
  14. ^ スーパーファミコンソフト『ドラゴンボールZ HYPER DIMENSION』
  15. ^ ただし、先に登場したのは超サイヤ人3である。

関連項目[編集]