ロビン (バットマン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロビン (バットマン)
出版の情報
出版者 DCコミック
初登場 Detective Comics #38(1940年
クリエイター ボブ・ケイン
ビル・フィンガー
ジェリー・ロビンソン
テレビシリーズ『バットマン』(1966年)より

ロビンRobin)はDCコミックが出版するアメリカンコミックバットマン』に登場する架空のスーパーヒーローバットマンサイドキック。ボブ・ケイン、ビル・フィンガー、ジェリー・ロビンソンによって創造された。

概要[編集]

ロビンはボブ・ケイン、ビル・フィンガー、ジェリー・ロビンソンによってスーパーヒーローの後輩として機能するように創造された。バットマンとロビンのチームはDynamic Duo(ダイナミックデュオ)Caped Crusaders(ケープを纏った十字軍)と呼ばれる。

キャラクターの最初の化身ディック・グレイソンはDetective Comics #38(1940年)でデビューした。若い読者を引き付けるために考案され、ロビンはバットマン関連のコミックの売上を倍増した[1]。ロビンの初期の冒険が含まれる#65から#130(1947年から1952年)までを単独で活躍した。1940年から1980年代を通じてバットマン関連のコミックや他のDCコミックスの出版物のレギュラーだった。ロビンはナイトウィングとして独立したスーパーヒーローになった。

キャラクターの第二の化身ジェイソン・トッドはBatman#357(1983年)でデビューした。キャラクターはBatman: A Death in the Family(1989年)でジョーカーによって殺害された。このロビンは殺される1988年までバットマン関連のコミックブックでレギュラーだった。ジェイソンは事件後に生きており、レッドフードに変貌する。

キャラクターの第三の化身ティム・ドレイクは1991年にデビューした。シリーズは1993年に始まり、2009年初めに終了した。

キャラクターの第四の化身ステファニー・ブラウンは2004年にデビューした。役割をティム・ドレイクに戻す前に短い期間だけロビンになった。

キャラクターの第五の化身ダミアン・ウェインは2009年にデビューした。

架空の人物の伝記[編集]

バットマンのデビューの約一年後に、バットマンを創造したボブ・ケインとビル・フィンガーは"Robin the Boy Wonder(脅威の少年ロビン)"として"Detective Comics#38(1940年)に登場させた。"Robin the Boy Wonder"の異名とコスチュームの外観はロビン・フッドの冒険に触発されたものだった。ジェリー・ロビンソンは「ロビン・フッドの冒険は私の少年時代のお気に入りだった。私がロビン・フッドを提案したとき、すぐにスケッチしました。彼らはそれが好きなように見えたから、コスチュームを示した。そして、あなたがそれを見れば、本を持っていないので、私の記憶が正しければワイスのコスチュームだと思うでしょう」と述べた[2] 名前の由来はロビンではなく、イングランドロビン・フッドから取られた[3]フランク・ミラーAll Star Batman and Robinやレン・ウェインのThe Untold Legend of the Batmanのロビンはバットマンの最高の相棒として知られている。また、ロビンはスーパーヒーロー・グループのメンバーとなっている。ディック・グレイソンはティーンタイタンズの創設メンバーであり、チームのリーダーとして活躍していた。

ロビンのキャラクターはバットマンに対するワトソンを意図していた。ビル・フィンガーはこう語った。

ロビンは私が持っていたキャラクターだった。私が言ったように、ホームズとワトソンのような、ダグラス・フェアバンクスシャーロック・ホームズを持っていた。私はバットマンが話をする相手が誰もいなかったという悩まさを感じていた。その事をいつも考えていました。それは、ロビンがするような方法です。私はバットマンと話をするワトソンが必要なことがわかった。ボブが私を呼び、彼がストリップに男の子を置くつもりだったと言いました。私は、それは素晴らしいアイデアだと思いました。

以下の架空の人物は、様々な時間でロビンのコスチュームを着用している。

ディック・グレイソン(Dick Grayson)[編集]

リチャード・ディック・グレイソンは"FlyingGraysons"と呼ばれたサーカスのアクロバット一家の末っ子だった。ギャングのボス、トニー・ズーコーにグレイソンの両親とジョン、メアリーを殺された。バットマンにディックの親権が移り、グレイソンはバットマンと一緒にズーコーを調査し、彼に正義をもたらすために必要な証拠を収集した。1940年から1969年を通して、ロビンはthe Boy Wonderと呼ばれていた。バットマンは赤色のチュニック、黄色のケープ、緑色の手袋、ブーツ、スパンデックスブリーフ、およびユーティリティベルトからなるコスチュームをディックのために作成した。彼は高校を卒業してハドソン大学に在籍した。ロビンは1970年から1980年代までthe Teen Wonderとしてキャリアを続けた。1980年代に若い世代のファンによって発見されたティーン・タイタンズは、彼の新しいアイデンティティとなった。クリプトン星の混沌の神ナイトウイングの名を譲り受け、ナイトウイングとしてデビューした。

ジェイソン・トッド(Jason Todd)[編集]

ナイトウィングになったグレイソンと交換するために創造された新しいロビン。変更点を最小限に抑えるためにジェイソン・ピーター・トッドはディック・グレイソンに似せて創造された。

Crisis on Infinite EarthsでDCコミックスの連続性がやり直された。ディック・グレイソンの原点、バットマンとの関係、ナイトウィングへの成長はほとんど変わらなかった。しかし、トッドのキャラクターは完全に改訂された。彼はストリートチルドレンバットモービルのタイヤを盗もうとしてバットマンに捕まった。バットマンは彼が問題を抱えた若者たちのための学校に入れたことを見た。ナイトウィングとトッドは強盗のギャングを捕まえる事で、バットマンに犯罪と戦う価値がある事を証明した。バットマンはトッドにロビンのコスチュームを提供した。

1988年にDCコミックスはトッドが死なない事を信じて、投票で読者にトッドが殺されるべきであるか否かを決める事にした。このイベントは他のコミックブックのイベントよりもメディアの注目を受けた。「はい」の投票が上回りトッドの死が決定した。

Batman: A Death in the Family(1989年)で、トッドは母親を人質に誘い出され、ジョーカーに捕われる。バールで激しく殴られて、倉庫に彼と爆弾を残し、母親と爆発で死ぬように放置されて殺された。

後に、トッドはレッドフード(ジョーカーの別名)として復活した。

ティム・ドレイク(Tim Drake)[編集]

DCコミックスはトッドを殺すために読者の決定について不確かなままだった。DCはトッドが実際に嫌われているか、読者がキャラクターを殺すかどうか確認したかった。バットマンの編集者デニー・オニールは新しいロビンを導入した。ティモシー・ドレイクは、Batman#436(1989年)にフラッシュバックで初登場した。ドレイクは、これまで"Flying Graysons"の殺害を目撃して以来、バットマンとロビンの冒険を追っていた少年だった。これは、DCが読者が新しいロビンを受け入れる時に役立つことを期待してリンクを確立した。これにより、グレイソンとドレイクを繋げる事に役立った。ドレイクはアマチュアだが、本能的に彼らの秘密を推測する探偵のスキルで彼らを追った。バットマンはいずれドレイクが探偵として自身を上回るだろうと述べている。ティム・ドレイクはバットマンとロビンの正体を突き止めることに成功した。ティムはディックとブルースに、バットマンにはロビンが必要だと強く説得し、新しいロビンとなった。

ティム・ドレイクのコスチュームは赤色の胴体、黄色のステッチやベルト、黒のブーツ、そして緑色の半袖、手袋、ズボン、およびドミノマスクを持っていた。彼は外側に黒と内側に黄色のマントを身に着けていた。

ロビンからレッドロビンになったティムは、夢である世界最高の探偵になろうと努力を続けている。

ステファニー・ブラウン(Stephanie Brown)[編集]

ティム・ドレイクのガールフレンドでスポイラー(Spoiler)として知られる衣装を着た冒険家は、ティムが辞任した時にロビンの役割を志願した。しかし、バットマンの指示を無視したことで解雇される。ステファニーはゴッサムの犯罪を制御するために、バットマンの不完全なプランのを盗みだし実行した。ステファニーは自分の価値を証明しようと、ゴッサムの路上でギャングの戦争をオフに設定する。戦争を終わらせる手助けをしようとするが、ステファニーは狂人によって捕獲され、ブラックマスクに拷問された。彼女の傷害の重症度からまもなく死亡した。しかし、後に彼女は生きている事が判明した。レスリー・トンプキンス博士が彼女を保護するためにステファニーの死を偽造していた。その後、バーバラ・ゴードンのバットガールとして登場した。


ダミアン・ウェイン(Damian Wayne)[編集]

ブルース・ウェインとラーズ・アル・グールの娘、タリア・アル・グールとの間に産まれた遺伝子操作を施されたフラスコベイビー。バットマンは何年も息子の存在を知らなかった。ダミアンは暴力的で規律と道徳に欠けるリーグ・オブ・アサシンの暗殺者だった。子供が殺すことを学んだダミアンの殺人行為は、命を奪うことはしないと誓った父親との問題を抱えた関係を形成した。

他のバージョン[編集]

キャリー・ケリー(Carrie Kelley)[編集]

フランク・ミラーダークナイト・リターンズでロビンの役割を担う13歳の少女。彼女はロビンになりバットマンの窮地を救った後、彼に受け入れられた。以前のロビンと違いキャリーは孤児ではない。彼女は初の女性ロビンや生活保護者のロビンだった。続編のバットマン:ダークナイト・ストライクス・アゲインではキャットガールとして活躍している。

文化的影響[編集]

映画[編集]

バットマン・フォーエヴァー

ディック・グレイソンDick Grayson)。年齢が引き上げられた。サーカスの一員でトゥーフェイスが両親の仇。陽気ながら復讐心を秘めている。

演じたのはクリス・オドネル。吹き替えはDVDで宮本充、TV放映時は山路和弘

バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲

クリス・オドネルが演じる。ブルースとポイズン・アイビーの取り合いをするシーンがある。

吹き替えはDVDで宮本充、TV放映時は森川智之

ダークナイト ライジング

ゴッサムシティの若い警官ジョン・ブレイク。本名はロビン・ジョン・ブレイク。 初登場では階級は巡査。終盤に刑事へと昇格する。孤児院出身であり、同じ孤児として育ったブルースを尊敬している。ダークナイトの事件によって犯罪者として糾弾されるバットマンの理解者でもあり、バットマンが再び活動を再開した際にも「彼が戻ってきて良かった」と口にした。一連の事件から法や命令に束縛されては悪と戦えないというゴードンの考えを理解し、警察を辞職した。クライマックスでバットケイブに辿り着き、彼が新たなバットマンとなることを示唆するシーンで物語は終わる。

演じたのはジョゼフ・ゴードン=レヴィット。吹き替えは土田大が担当。

テレビアニメ[編集]

バットマン

『The Adventures of Batman and Robin』ではディック・グレイソンが登場する。

『The New Batman/Superman Adventures』ではティム・ドレイクが新しいロビンとして登場するが、出自はジェイソンのものだった。父親を殺したのはトゥーフェイスとされている。ディックはナイトウイングとして登場した。

ディックの声はローレン・レスター、少年時代はジョーイ・シムリン。日本語版は松本保典、少年時代は折笠愛。ティムの声はマシュー・バレンシア。『スーパーマン』に登場した際は松本保典。

バットマン・ザ・フューチャー

OVA『蘇ったジョーカー』にロビンだった壮年のティム・ドレイクが登場する。ジョーカーとの最後の決戦で心身ともに傷ついていた。若い頃の行動を「ヒーローごっこ」として電気技師として働いている。

壮年のティムの声はディーン・ストックウェル、日本語版は楠見尚己。若い頃の声はマシュー・バレンシア(一部はアンドレア・ロマーノが担当)、日本語版は不明。

ザ・バットマン

軽い性格の少年でゲーム好きである。バットガールと共にバットマンの相棒を務めている。

バットマン
ブレイブ&ボールド

「報復のアート」で登場した。バットマンと活躍していたが、自分を一人前と認めないバットマンの下を離れてブルードヘイヴンを拠点にしている。クレイジーキルトを白内障にして以来、彼から狙われ続けている。

「Sidekicks Assemble!」(邦題:サイドキックたちの成長)という回にも登場している。

ティーン・タイタンズ

10代のヒーローが集まったヒーローチーム、ティーンタイタンズのリーダー。メンバーの中では唯一特殊能力を身につけていない。武術に長けており、特に棒術を得意とする。20年後の未来ではナイトウイングと名乗って単独活動をしている。

本名不明。アニメ版コミックス『Teen Titans Go!』では名字は「グレイソン」だと示唆されている。

ヤング・ジャスティス

ディック・グレイソンで5年後にはナイトウィングを名乗り、ヒーローチームのリーダーになっている。またティム・ドレイクが登場し、彼が新らしいロビンとなっている。

関連項目[編集]

  1. ^ Daniels, Les (2004). Batman: The Complete History. Chronicle Books. p. 37. ISBN 0-8118-4232-0. https://books.google.com/books?id=73wknu2cVIkC. 
  2. ^ The Comics Journal #271
  3. ^ Bridwell, E. Nelson (w), Andru, Ross (p), Esposito, Mike (i). "The Origin of Robin" Batman vol. 1, #213 (July–August 1969), DC Comics