ピラフ一味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ピラフ一味(ピラフいちみ)は、鳥山明漫画ドラゴンボール』と、それを原作としたアニメに登場する架空の一味である。

原作での初登場は其之十八「D.B.(ドラゴンボール)奪われる!!」。アニメでは『ドラゴンボール』第1話「ブルマと孫悟空」から登場している。

概要[編集]

ピラフを中心とし、ドラゴンボールを集めて世界征服を企む三人組。様々な悪事を企てるが、最後は三人そろって爆発で黒こげになったり、高いところから落っこちたりといったオチで締められるコメディリリーフ的なキャラクター。作品最初期から登場しており、初期の雰囲気を強く反映している[注 1]

メンバー同士は仲睦まじく、夜は三人でトランプに興じた後、ベッドを並べて寝ている[1]。全員ウブな性格で、「投げキッス」をいやらしいことだと思い、口に出すこともためらう。人質に取ったブルマが、「『きょいきょい』や『ぱふぱふ』、『いんぐりもんぐり』とかされるかと思った」と発言した際には、慌てふためきブルマを変態呼ばわりしていた[2]

名前の由来は、ピラフ焼売から[3]

ストーリーへの絡み[編集]

  • エイジ749 - 悟空たちからドラゴンボールを奪って世界征服を企もうとし、神龍を呼ぶものの、ウーロンがとっさに言ったスケベな願いで妨害される。その仕返しに悟空たちを強化ガラス張りの監禁室に閉じ込め、天日干しで焼き殺そうとするが、夜が明ける前に満月を見て大猿に変身した悟空により城を全壊される。プロペラ機で逃亡を図るが瓦礫を投げ付けられて墜落、散々な目に遭う。
  • エイジ750 - 占いババの課した試合に勝ち特殊ケースに隠した一星球の在処を知ってやって来た悟空と、ドラゴンボールを賭けピラフマシンで戦う。人工衛星を使い、悟空は尻尾を握られると力が抜けるという弱点を知り、利用して勝つ作戦だったが、最後まで観戦しなかったので、悟空の尻尾が無くなっていたために握ることができず、あっさり敗れる。
  • エイジ753 - 電子ジャーに封じられていたピッコロ大魔王を探し出し復活させる。ドラゴンボールや天下一武道会のことを教え、ピッコロ大魔王が世界征服を果たした際に世界の一部を分けてもらおうと画策していたが、結局散々利用された挙句追放された。なお、原作漫画ではこれ以降は登場しない。
  • エイジ778 - ドラゴンボールを狙って、ブルマの誕生日パーティー会場に潜入する。それ以前にドラゴンボールをようやく集めたが、世界を征服しても若くなくてはカッコ悪いと、神龍に若返りを願ったことにより三人とも子供の姿になっている。食べ物に困窮した時には三人でトランクスの家に頼るが、放浪癖があり食客とは言い難い立場ではある。トランクスと家庭教師の授業を共に受けたり、食事の返礼にブルマやブリーフの助手として発明を手伝ったりもしている(『神と神』『復活の「F」』『ドラゴンボール超』)。

鳥山明によると、原作漫画ではピッコロ大魔王編以降登場しないが、その後もずっと世界征服を狙って密かに活動していたが、セルが登場してもう少し様子を見ようと計画を延期し、やっと活動を再開しようと思ったら今度は魔人ブウが出てきてまた延期したという[4]

※ アニメでは、上記の時期以外にも登場している(詳しくは後述)。なお、『ドラゴンボールZ』および『ドラゴンボール改』には登場しない。

余談ではあるが。ピラフ一味の企てる悪事に世界が災厄に見舞われることがあるが、大局的な視野に立つと、それとはなしに世界を救っていることもわかる。復活させたピッコロ大魔王のJr.は、孫悟飯の師匠にして、今や悟空一派になくてはならない存在であるし、蘇らせたフリーザは(一度は地獄に戻るが)、力の大会で獅子奮迅の活躍を見せ、第7宇宙優勝の立役者の一人となった。

未来世界でのドラゴンボール使用が正史を窮地に陥れたとの見解もあるが、状況を見る限り時すでに遅し、いずれにせよ原作の展開に帰結する。 また、トランクスが薬を持って過去に助けを求めなければ、悟空は正史同様心臓病で命を落とすことになり、セルの存在を知らないままのトランクスは、奇襲をかわせず無惨な最期を遂げる。 仮にピラフ一味が一枚噛んでいたとしても、絶望の中での最善の選択と言えよう。

ピラフ[編集]

- 千葉繁

エイジ715生まれ、身長不明、体重32Kg[5]。趣味は世界征服、嫌いなものは計画をジャマするヤツ、得意技は天才的頭脳[6]

世界征服を企む大王。水色の肌をしており、身長が低い。ピッコロ大魔王編の時点で38歳[6]。モンスター型地球人[7]であり、ピラフの場合は特殊な能力を持たない見た目だけのタイプ[8]。3人の中でも特に間抜けな性格で、シュウとマイを手足のように使い世界征服を企んではいるが、目的を達成した際に何をするかまでは考えていなかった。着ている服には「炒飯」の中国式簡体字の漢字(炒饭)が入っている。読みが「チャーハン」なのは鳥山明流のギャグ[9]。帽子に入った星印は、ドラゴンボールを狙っているという意味合いがある[10]。自称偉大な科学者[5]で、ドラゴンボールの位置を特定不能にする特殊なケースや、合体機能を持つ乗り込み型の戦闘用ロボット・ピラフマシンなどを製作。戦闘力は一般人並みだが、科学力・資金力は、レッドリボン軍やブルマと互角に渡り合えるだけのものがあり、アニメでは実際に牛魔王やシルバー隊と互角の戦いをしていたが、悟空に気を取られたためにシルバーに隙を突かれて敗北。鳥山明は「ああ見えても、頭いいんですよ」と語っている[11]

アニメ・映画[編集]

『ドラゴンボール』
第1話から登場。ドラゴンボールを実際に奪うまでに何度も失敗し、退散する様子が描かれていた。また、シュウとマイがピラフとともにいるシーンでピラフが他人からドラゴンボールに関して情報を得るシーンも存在する。
レッドリボン軍編でも登場。飛行要塞ともいうべきマシンを使用し、悟空やレッドリボン軍のシルバー大佐と、三つ巴のドラゴンボール争奪戦を繰り広げた。骨董屋で偽物のボールを掴まされた後、シュウに悟空のかぶりものをかぶせてチチの結婚式に忍び込み、一旦は六星球を手に入れることに成功。しかし最終的にはシルバーに要塞を撃墜され、六星球も奪われてしまう。
ドラゴンボールを賭けた悟空との対戦に備え、ピラフマシンの性能テストを行う様子が描かれていた。
第23回天下一武道会後にも再登場。火喰い鳥の卵を奪いマニアに売り付けようと企むが、キウイ火山で青年に成長した悟空と再び遭遇して倒された。その後フラッペ山の雪山では、悟空から芭蕉扇を奪うが使い方がわからず、うっかり自分たちを扇いで吹き飛んでしまった。
GT
年老いた姿で登場し、歯も数本しか残っていなかった。究極のドラゴンボールを狙って神の神殿に侵入するが、不用意な発言で悟空を子供の姿にする願いを叶えてしまい、世界征服の夢は果たせないまま終わった[注 2]。その後も地球爆発の際、瞬間移動で迎えに来た超サイヤ人4の悟空に驚いて逃げようとしていた。
後述の劇場版と同様、3人とも若返った姿で登場する[注 3]。アニメでは第6・第7宇宙破壊神選抜格闘試合に来ていないが、『Vジャンプ』連載の漫画版では観戦に来ている。格闘試合後に悟空が遅発性乱気症にかかって弱ったことを知り、作戦を立てて悟空に復讐しようとするが、パンの活躍により失敗する。
なお、かつての資金力も底をついており、ドラゴンボールに願いを叶えてもらうものの、世界征服ではなくお金と食料という内容だった。また、トランクスの厚意により3人共カプセルコーポレーションに居候しており、ブルマやブリーフの研究の手伝いもしている。
プログラミングスキルはブルマが感心するほど高く、タイムマシンの修理完了直前に「面白みのないプログラム」と言いつつ勝手に緊急時の再起動プログラムを改良した。
未来トランクスの次元では、マイと違ってピラフとシュウは登場せず、「“未来”トランクス編」の漫画版では何らかの出来事が彼に起こったらしいが、未来のマイがエピローグであんな事と語ったのみで詳細は明かされなかった。
摩訶不思議大冒険
冒頭に登場。ドラゴンレーダーを開発するが、用済みとなり桃白白に始末され、悲鳴を上げるシーンがある。
神と神
物語開始以前に一度ドラゴンボール集めに成功し、老人のままではカッコ悪いと若返りを願ったことにより三人とも子供の姿になっている[注 3]。今度は大金持ちになる願いを叶えようとドラゴンボールを盗みにブルマの誕生パーティー会場へ忍び込むが、トランクスに見つかり騒動を起こす。初対面した孫悟天が悟空の幼少期に似ているため、悟空が自分たちのように小さくなったのだと勘違いしていた。小さくされた影響でピラフは「どんなアルバイトにも雇ってもらえなかった」と悔しがっていたが、逆にシュウは「犬の寿命をとっくに越えていたので嬉しい」と喜んでいた。当初はただのコソ泥がこの役回りの予定だったが、フルメンバーということでよく知られているピラフ一味が登場することになった[12]
復活のF
『神と神』同様に子供の姿で登場する[注 3]。世界征服を狙いドラゴンボールをすでに6個集めていたが、フリーザ一味残党のソルベたちに目を付けられてしまう。ソルベたちが手に入れた最後の一つと合わせ神龍を呼び出し、フリーザを蘇らせる願いを叶えさせてしまう。

その他の作品[編集]

ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画
デンデ(神様)に変装した姿で登場するが、願いが2つに増えているのを知らなかったため、見破られるものの、願いを叶えることに成功。内容は世界征服ではなく、Z戦士を金縛りにして、破壊された別荘を島ごと復元するという内容だった。
CROSS EPOCH
ONE PIECE』のバギーとともに登場する。なお、バギーの担当声優もピラフと同じく千葉繁。

シュウ(ソバ)[編集]

声 - 玄田哲章

ピラフの部下の一人。犬の姿をした動物型地球人で、忍者のような服装をしている。ピラフよりは常識的だが、それでも抜けた性格。アニメでは服装に合わせて軽快な動きも見せるが、特に忍術を使えるわけではない。ピラフマシンで悟空に敗れた際、道着が焼けこげた悟空に服を取られたことがある。

原作では「シュウ」の他に、もう一つ「ソバ」という名前が存在する。これはアニメ化にあたり作者が名前を求められた[13]際、ソバと名付けたことを忘れ再度シュウと命名してしまったため[3]。結局原作・アニメともにシュウが正式名称となったが、原作ではそれ以後もソバになっている箇所がある。単行本7巻の巻末コーナーでは、「シウ」とまたさらに名前を間違えられていた[13]。後に刊行された単行本の完全版では、名前は全て初期設定のソバに統一され、関連した台詞はソバに差し替えられた[14]

アニメ・映画[編集]

ドラゴンボール
第1話から登場。原作同様、3人セットで描かれている。レッドリボン軍編では、悟空のかぶりものをして六星球を手に入れるという活躍をみせている。
後述の劇場版と同様、3人とも若返った姿で登場する[注 3]
神と神
物語開始以前に一度ドラゴンボール集めに成功し、老人のままではカッコ悪いと若返りを願ったことにより三人とも子供の姿になっている[注 3]。小さくされた影響でピラフは「どんなアルバイトにも雇ってもらえなかった」と悔しがっていたが、逆にシュウは「犬の寿命をとっくに越えていたので嬉しい」と喜んでいた。
復活のF
『神と神』同様に子供の姿で登場する[注 3]。機転を利かせ二つ目の願いで100万ゼニーを手に入れることに成功。その大金で、ご馳走を食べるために立ち去っていった(彼らいわく「まずは腹ごしらえからだ」ともんじゃ焼きを食べに行った)。

マイ[編集]

声 - 山田栄子

ピラフの部下の一人。将校風の服装をした長髪長身の女性。シュウ同様ピラフよりは常識的だがどこか抜けており、無意識のうちにウンチを取り出しているなど下ネタが好きな一面があり、それをピラフにたしなめられたこともある。ただし、性的なことには純情で「投げキッス」を最大級のエッチなことと認識して赤面した[2]

アニメ・映画[編集]

ドラゴンボール
第1話から登場。原作と同じく、3人セットで描かれている。ドラゴンボール探知機を作っているシーンがあるが完全なものではなかった。他の2人といつも悲惨な目にあっている。悟空を追った先の雪山が女性が登ると猛吹雪を起こす山と知ったピラフに、勢いよく蹴り落とされていた。またこの時はチチを人質に取るが、相手が悪くあっさりと返り討ちに遭う。
GT
ピラフとシュウ同様、年老いた姿で登場。
ピラフ・シュウと共に若返っている[注 3]。マイに好意を持つトランクスに誘われ、カプセルコーポレーションに身を寄せている。
「“未来”トランクス編」で、ゴクウブラックと戦い続ける未来世界のトランクスの同志として大人の姿で登場。身体的にはトランクスと同年代。
未来のマイが若返っている理由は、未来世界のピッコロが人造人間17号人造人間18号と闘い殺害される直前(エイジ767頃)、ドラゴンボールを使用したピラフの「うんとうーんと若くしてくれ」という願いを聞き入れた神龍が、3人を赤ん坊にまで若返らせたため。この時、ブルマに背負われたトランクスと出会う[15]
アニメと漫画では、マイの立場に違いがある。アニメではブラックに対抗するレジスタンスの中心人物だが、漫画版にはレジスタンス自体が存在せず、トランクスにとって大切な人物であることが強調された。
全王が未来世界ごとザマスを消滅させたため帰る場所がなくなるが、ダーブラとの闘いで界王神が命を落とす前、すなわち人間0計画を行う以前のザマスを封じる術を持つ破壊神ビルスが生存する新たな並行世界で生きることを、ウイスから提案される。同時に提示された問題点、その世界にはもう一人の自身が存在する運命を受け入れ、悟空たちに見守られながらトランクスと共に旅立っていった。
この一連の出来事により、現代のトランクスとマイにも変化が訪れる。アニメ・漫画共に、未来トランクスに惹かれるマイを振り向かせようと奮闘するトランクスと、自分の気持ちに整理をつけ少年トランクスを受け入れるマイ、である。
神と神
物語開始以前に一度ドラゴンボール集めに成功するも、願ったピラフの予想を遥かに超えた若返り=子供の姿に、ピラフ・シュウと共になっていた。ドラゴンボールを探してブルマの誕生日パーティーに紛れ込んだが、かつてドラゴンボールを巡って敵対した悟空一派の集まりとは思っておらず、当時の悟空に生き写しの悟天やブルマの姿に怯えていた。
その際、トランクスに一目惚れされ、彼の要望によりガールフレンドの振りをすることとなった。物語終盤には本当のガールフレンドとなったようで、ヤシの木の上でトランクスに手を握られた時には、微笑みを向けていた。
劇中で年齢は41歳と発言したが、38歳と自称したブルマよりも年上と思われる。当時41歳だった悟空の4歳年上のブルマの実年齢が45歳、したがってマイの実年齢は48歳と考えられるが、生年の公式設定はないため推測の域を出ない[注 3]。 
復活のF
『神と神』に引き続き、子供の姿で登場する[注 3]。トランクスとの交際は続いている模様。

その他の作品[編集]

『DRAGONBALL EVOLUTION』
ピッコロ大魔王の部下という設定で登場。長髪黒髪のアジア人風の容姿の女性で、武術にも長け変身能力を有していた。
演じたのは田村英里子で、吹き替えは甲斐田裕子
ドラゴンボールヒーローズ
ユニバースミッション1弾『監獄惑星編』に登場。
トランクスが監獄惑星に囚われたことを知り、悟空やベジータと救出に向かう。2弾ではURとして参戦する。

装備、設備など[編集]

シュウのロボット
シュウが乗る小型ロボット。悟空たちからドラゴンボールを奪うために使用。昆虫のような4本足で、右手が銃、左手がマニピュレーターになっている。無線で外部との通信も可能。鳥山明によるとSF3Dの模型をイメージしており、ロボットというよりパワードスーツのようなもの[11]
ピラフマシン
ピラフが開発を行い、ピラフ一味が乗り込む戦闘用ロボット。ピラフロボット、ピラフロボとも呼ばれる。アニメでは「モビルスーツ」と発言していた。3機で構成され、合体機構も搭載。超合金α(アルファ)製の装甲に加え、強大なパワーを持っている。
劇中、悟空とのドラゴンボールを賭けた戦いで使用されるものの苦戦し、3機が合体し大きなヒューマノイド形態になるが敗北。
鳥山明によると「当時合体ロボットが多くて、半分パロディで登場させたと思います」とのこと[11]
原作では3機とも機体色はオレンジだが、アニメではピラフ機はブルー、マイ機はピンク、シュウ機はグリーンで塗装されている。
テレビゲーム『ドラゴンボールZ Sparking! NEO』ではWii版のみピラフマシンが隠しキャラクターとして登場、ピラフ機とヒューマノイド形態を使用できる。
ピラフマシン1番機(ピラフ機)
球形状の機体。ヒューマノイド形態やダチョウ形態では頭部を担当。
ピラフマシン2番機(マイ機)
3つの機体の中で最も大型の機体。ヒューマノイド形態では胸部を担当。劇中、ヒューマノイド形態となるが、悟空のかめはめ波の一撃で撃破される。
テレビゲーム『ドラゴンボールZ Sparking! NEO』では、ガトリングガンと二門のレーザー砲「ダブルバスター」が装備されるなど武装面も充実している。
ピラフマシン3番機(シュウ機)
大きな脚部を持つ機体で、ヒューマノイド形態やダチョウ形態でも脚部を担当。
ヒューマノイド形態
3つの機体が合体した形態。劇中では、悟空のかめはめ波の一撃で胸部(マイ機)が大破する。
ダチョウ形態
ピラフ機とシュウ機が合体した形態。劇中ではマイ機(ヒューマノイド形態の胸部)が破壊され逃走を試む際に変形。追って来た悟空にミサイルを撃つが投げ返されて大破した。
新型ピラフマシン
『ドラゴンボール超』で登場。ピラフがアルバイト代のすべてをつぎ込んで開発した。
ピラフの城
ピラフ一味の住む城。1階にあたる土台部分は飛行機の格納庫が設置されているほか、敵の侵入を防ぐ罠や迷路になっている。塔の最上階は寝室と司令室になっており、すぐ下の階はゲーム部屋になっている。屋根にある巨大アンテナで世界の情報を収集している。ゲーム部屋の隣が鉄壁の強度を誇るガラス張りの監禁室になっており、ここに悟空たちが閉じ込められたが、大猿になった悟空によって城もろとも破壊された。『ドラゴンボールGT』では、地球が爆発することになり悟空がピラフ一味を瞬間移動で迎えに行く場面があるが、城は壊れたままの状態だった。
特殊ケース
ピラフが抱えて膝の上に置ける大きさの箱。ドラゴンボールから出る電波を遮断し、中に入れたボールはドラゴンレーダーで探知できなくなる。
ピラフの空中基地
ピッコロ大魔王にピラフが提供した飛行艇。上部の大型ドームに指令室を設け、各部に銃座を配備している。翼下には大型燃料タンクを装備しており、長距離移動が可能。ピラフはここでピッコロ大魔王を復活させた。鳥山明によるとB-29爆撃機のイメージで、作中に登場する乗り物の中で3番目に気に入っているという[11]
ピラフの秘密基地
アニメ第一作に登場。攻撃可能な飛行要塞が格納できるだけの大きさがある、竹の子型の基地。ピラフの住みかにもなっており、通常は砂漠の下にある。エイジ750、この秘密基地でレッドリボン軍が六星球を入手している。
戦闘ロボット
アニメ第一作終盤に登場。青年となった悟空とフラッペ山で再会した際に3人がそれぞれが使用していた戦闘用マシン。頭部が無く胴体が操縦席になっており、火炎放射器やロケット弾などを装備している。
ドラゴンレーダー
アニメ第一作では、巨大なドラゴンレーダーが登場。
アニメ『ドラゴンボール超』では、ブルマが作ったものと同型のものが登場。防水製となっている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 魔人ブウが地球を破壊した際に死亡したはずだが、アニメでポルンガの力で生き返ったことが明かされているので、世界征服を企みつつも根っからの悪人ではないことも判明した。
  2. ^ その際ピラフは、悟空に久々に遭遇するや「誰だあいつは!?」と口走っている。一方で、悟空はピラフを「やっぱりそうだ。お前ピラフだろ」と懐かしがっていた。
  3. ^ a b c d e f g h i 『神と神』と『超』未来トランクス編ではそれぞれの世界の地球のドラゴンボールの力で若返っているとされているが、『超』の現代で若返った理由は不明。

出典[編集]

  1. ^ 鳥山明「其之二十一 満月」『DRAGON BALL 第2巻』集英社ジャンプ・コミックス〉、1986年1月15日、ISBN 4-08-851832-2、135、145頁。
  2. ^ a b 鳥山明「其之十九 ついに龍あらわる!」『DRAGON BALL 第2巻』106-111頁。
  3. ^ a b 鈴木晴彦編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、159頁。
  4. ^ 渡辺彰則編「鳥山明がお送りする DBキャラ秘密の話」『ドラゴンボール大全集 第7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、122頁。
  5. ^ a b 渡辺彰則編「第3章 キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』102頁。
  6. ^ a b 週刊少年ジャンプ特別編集「DRAGONBALL 徹底全激闘史 男の履歴書」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、雑誌29939-12/1、31頁。
  7. ^ 渡辺彰則編「種族の章 六種族を完全考察 種族の章 地球人」『ドラゴンボール大全集 第4巻』集英社、1995年10月9日、ISBN 4-08-782754-2、68頁。
  8. ^ 鳥山明「DRAGON BALL 龍珠問答 宇宙で生きるさまざまな種族! 地球人」『DRAGON BALL フルカラー 人造人間・セル編5』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年5月7日、ISBN 978-4-08-880105-6、223頁。
  9. ^ Vジャンプ編集部編「STORY GUIDE plus 完全マークリスト」『ドラゴンボール超全集 1巻』集英社(愛蔵版コミックス)、2013年2月10日、ISBN 978-4-08-782496-4、201頁。
  10. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「鳥山先生に完全密着取材Q&A!!なるほど!?ザ・ドラゴンボール」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』139頁
  11. ^ a b c d 渡辺彰則編「乗り物の章 ロボット」『ドラゴンボール大全集 第4巻』136-141頁。
  12. ^ 伊能昭夫編「原作者 鳥山明先生SPインタビュー!!!」『Vジャンプ 2013年5月号』集英社、2013年3月21日発売、雑誌 11323-05、35頁。
  13. ^ a b 鳥山明「とりやまさんのDRAGON BALLなんでもかんでもコーナー」『DRAGON BALL 第7巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1987年5月15日、ISBN 4-08-851837-3、190-191頁。
  14. ^ ドラゴンボール完全版 第8巻 其之百十 079頁4コマ目
  15. ^ 鳥山明、とよたろう「特別マンガ」『DRAGON BALL超 第2巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2016年12月2日、ISBN 978-4-08-880867-3、212-213頁。