佐藤大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤 大

佐藤 大(さとう だい、男性、1969年 - )は、日本脚本家音楽家埼玉県出身[1]

来歴[編集]

深夜ラジオハガキ職人だったころに放送作家への憧れを抱いたのが物書きとしての原点と語る[2]東放学園に在学していた19歳の時に、特別講師として同校を訪れた秋元康と知り合い、彼が主宰するソールド・アウトと契約[3]。放送作家を経て、沢田研二の「この僕が消える時」で念願だった作詞家としてデビューする[3]。その後も近藤真彦や『ドラゴンボールZ』劇場版主題歌を手掛けるなど、すぐに作詞家として成功[3]。21歳頃にソールド・アウトから離れる[4][3]。作詞家として得た報酬で海外を遊び回るうちにイギリスでクラブカルチャーと出会い、多大なる刺激を受ける[3][4]

1992年、クラブ文化とゲーム文化を結びつけたイベント「東京ゲーマーズナイトグルーヴ」(TGNG)をオーガナイズ[5][3]。マンガ、アニメ、ゲームなどのいわゆるオタク的文化とクラブシーンとの二つのサブカルチャーの架け橋的な活動を行った。イベントを訪れた田尻智(のちに『ポケットモンスター』を開発)との出会いをきっかけに、一時期ゲームフリークに在籍[3]、ゲームソフト『パルスマン』の広告宣伝に携わる[3]砂原良徳と組んだテクノユニット「ステレオタイプ」では、方法論としてテクノを中心に据えているが、それだけにとらわれない小林亜星影山ヒロノブなど様々なジャンルのクリエイターとのコラボレーションを目的としていた。『パルスマン』のアレンジアルバムも同ユニット名義でリリースされた[3]

1993年渡辺健吾(KEN=GO→)と共にテクノレーベル「フロッグマンレコーズ」設立。のちに佐藤が在籍する企画会社「フロッグネーション」は同レーベルから発展する形で設立された[6]。2007年8月をもってフロッグネーションを退任し、脚本制作会社「ストーリーライダーズ」を立ち上げる。

1997年、『永久家族』でアニメ脚本家デビュー[1]。その後『カウボーイビバップ』、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』などの脚本を経て、2005年の『交響詩篇エウレカセブン』にて初めてシリーズ構成を手掛ける。同作はもともとオリジナルのロボットゲームとして企画が立ち上がり、それが膨らみアニメ作品となったが、佐藤はそのゲーム企画の時点からシナリオライターとして関わっていた[6]。2013年のテレビドラマ『ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜』では原案・シリーズ構成を手掛ける。

その他[編集]

2007年11月より、自身がナビゲーターを務めるpodcast番組『FLOOR net podcast 佐藤大のプラマイゼロ』が不定期配信され、彼の価値観を知ることの出来る貴重なメディアとなっている。

作品リスト[編集]

アニメーション[編集]

1995年
1997年
1998年
2000年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
  • Ergo Proxyチーフライター、脚本)
  • FREEDOMシリーズ構成、脚本)
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2020年
2021年
2022年

ゲーム[編集]

1999年
2004年
2005年
2006年
2010年
2012年
2015年
2021年

漫画[編集]

2005年
2006年
2008年
2015年

小説[編集]

2001年
2007年
2008年

共著[編集]

2012年

実写映画[編集]

2004年
2020年

出演番組[編集]

連載[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 佐藤大①『AKIRA』 | Febri
  2. ^ shop33とその後の物語 第七回 佐藤大 Vol.4 - next33 blog
  3. ^ a b c d e f g h i SHIFT 日本語版 | PEOPLE | フロッグ・ネーション
  4. ^ a b Shop33とその後の物語 第七回 佐藤大 Vol.2 - next33 blog
  5. ^ 【RETRO51】「須田剛一×佐藤大=ゲーム第一世代」による「ノーコン・キッド」特濃対談 | インサイド
  6. ^ a b 佐藤大氏と鵜之澤伸氏の対談 | 【VIPO】映像産業振興機構
  7. ^ Ramos, Dino-Ray (2018年11月7日). “Netflix Unveils ‘Pacific Rim’, ‘Altered Carbon’ & More In New Lineup Of Anime Originals”. Deadline. 2018年11月8日閲覧。
  8. ^ LISTENERS”. 2019年6月9日閲覧。
  9. ^ 劇場版オリジナルアニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』公式サイト”. 2019年2月23日閲覧。
  10. ^ 『さよなら、ティラノ』オフィシャルサイト”. 2020年1月30日閲覧。
  11. ^ “劇場アニメ「さよなら、ティラノ」が初夏公開!ティラノ役に三木眞一郎、音楽は坂本龍一”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年1月30日). https://natalie.mu/comic/news/365147 2020年1月30日閲覧。 
  12. ^ @serizawanaoki. "芹沢 直樹の2017年1月18日のツイート" (ツイート). Twitterより2022年11月22日閲覧

外部リンク[編集]