ゲゲゲの鬼太郎 大海獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲゲゲの鬼太郎 大海獣
監督 勝間田具治
脚本 島田満
製作 高岩淡
泊懋
出演者 松岡洋子
田の中勇
千葉繁
西村ちなみ
山本圭子
八奈見乗児
古谷徹
古川登志夫
郷里大輔
音楽 和田薫
主題歌 憂歌団ゲゲゲの鬼太郎
憂歌団「カランコロンのうた」
撮影 小谷野武
編集 花井正明
配給 東映
公開 1996年7月6日
上映時間 約50分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 6億円[1]
次作 ゲゲゲの鬼太郎 おばけナイター
テンプレートを表示

ゲゲゲの鬼太郎 大海獣』(ゲゲゲのきたろう だいかいじゅう)は、東映アニメフェアの一編として1996年7月6日に公開された『ゲゲゲの鬼太郎』第4期テレビシリーズの映画第1弾。配給は東映。上映時間は50分。カラー、ワイド。2007年8月3日発売の「ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIE」および2009年8月7日の「ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES 3」に収録。

ストーリー[編集]

ある暑い夏、鬼太郎の元に手紙が届いた。手紙の主は川村メグミという少女だった。彼女の父親は植物学者でニューギニアのバルル島にいるというが、ある日行方不明になったという。

バルル島に着いた鬼太郎は村人から詳細を聞き出す。ジャングルに向かい、迎撃してきたキジムナーたちと対決。しかし、アカマタに妖気を奪われ、捕らえられてしまった。南方妖怪は欲深い日本人に怒っていたのだ。鬼太郎は下駄とちゃんちゃんこを奪われ、生命の水を無理矢理飲まされ大海獣にされてしまった。

妖気を取り戻す薬草を探し出す目玉おやじ達。街で海獣が暴れているという情報を知る。何も知らずに海獣になった鬼太郎は仲間と出会うが、言葉が話せず自分が鬼太郎だと気づいてもらえない。鬼太郎は鏡に映った自分の姿に驚き、振り向くと東京の街を破壊していた。自衛隊の攻撃を受けながらも海に逃げ込んだ鬼太郎海獣だが、失意で海中に沈む。そこを大海獣の血を引くシロナガスクジラたちによって助けられ、孤島にて心身を休める。傷心の鬼太郎は「もう元に戻れないかも知れない。バルル島に行ったことは後悔していない。ただ、父さんにだけは僕のことをわかってもらいたい。」と思うのだった。

日出山で何とか薬草を見つけた一行。南方妖怪は街で大暴れのやりたい放題。鬼太郎は南方妖怪を止めようとする。しかし、今の鬼太郎が向かっても街を破壊し迷惑をかけるだけだった。

南方妖怪の隙を見て脱走したねずみ男は目玉おやじ達に「あの海獣の正体は鬼太郎」であると告げることが出来た。井戸仙人が目玉おやじに元に戻る方法を教える。

ココの実をすり潰したものと薬草を煎じた薬で元に戻った鬼太郎は下駄とちゃんちゃんこを取り戻し再び南方妖怪と対決し見事に勝利するが、自分が海獣にされたときにクジラに助けられたことを思い出し彼らを許し和解する。鬼太郎たちは人間たちを助け出し、南方妖怪はバルル島へ帰っていった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ 「ゲゲゲの鬼太郎
作詞 - 水木しげる / 作曲 - いずみたく / 編曲・歌 - 憂歌団
エンディングテーマ 「カランコロンのうた」
作詞 - 水木しげる / 作曲 - いずみたく / 編曲・歌 - 憂歌団

本作のOPはSEが付いている。EDの映像はテレビ版と違う。

同時上映[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)554頁
ゲゲゲの鬼太郎映画作品
通番 題名 公開日 原作
第1作 妖怪軍団 1985年12月21日 妖怪軍団 チンポ、ぬらりひょん
第2作 妖怪大戦争 1986年3月15日 妖怪大戦争 バックベアード
第3作 最強妖怪軍団!日本上陸!! 1986年7月12日 妖怪反物 銀毛九尾の狐・チー
第4作 激突!!異次元妖怪の大反乱 1986年12月20日 朧車 ぬらりひょん
第5作 大海獣 1996年7月6日 大海獣、妖怪軍団 チンポ
第6作 おばけナイター 1997年3月8日 おばけナイター -
第7作 妖怪特急! まぼろしの汽車 1997年7月12日 オリジナル 西洋妖怪
第8作 日本爆裂!! 2008年12月20日 オリジナル ヤトノカミ