ぬらりひょん (ゲゲゲの鬼太郎)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲゲゲの鬼太郎 > ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター > ぬらりひょん (ゲゲゲの鬼太郎)
境港市水木しげるロードに設置されたぬらりひょんのブロンズ像

ぬらりひょんは、水木しげる漫画(及びそれを原作としたアニメーション、映画等)の『ゲゲゲの鬼太郎』(旧題:『墓場の鬼太郎』)に登場する宿敵となる妖怪のひとり。

概要[編集]

初登場は、原作漫画では『妖怪ぬらりひょん』、アニメ版ではそのアニメ化である第1作の第12話(ともに1話のみの登場)。アニメ第2作では登場せず、第3作以降は準レギュラーとして登場。「日本妖怪の総大将」と呼ばれる現在のイメージは、アニメ第3作のときに形成されたものである(漫画では「週刊実話」版、映像では第3作の前の実写「月曜ドラマランド」版が敵ボスとしての初出)。

頭部は大きめの禿頭で皺の深い顔、痩身で身なりのいい老人の姿。一般には、忙しい夕暮れに勝手に他人の家に上がり込み、家人のような顔をして飲み食いをするなどと言われ、タコ(海坊主)の妖怪の一種とも伝承されている。一人称はシリーズを通して「ワシ」だが、一部の作品では「私」や「俺」と言うことがあった。二人称はシリーズを通して「お前」だが、鬼太郎を「貴様」呼ばわりすることが多い。

卑怯で狡猾な手口で悪事を働き、鬼太郎と対立する。だがどこか間抜けなコメディータッチな面もある。基本的に他者を利用するのが得意な悪参謀タイプ。強い妖怪を雇ったり騙したりして、あの手この手で鬼太郎達を倒そうと画策し、多数のシリーズで「鬼太郎の宿敵」の代表格となっている。

原作とアニメ第1作では、「山田」と名乗って人間に成りすまし裕福な生活を送る一方、盛り場で爆弾テロを起こすなど、悪事の数々を働いた。いずれ自分の犯行が鬼太郎にばれる事を恐れ、先に鬼太郎をねずみ男と共に落とし穴にはめて、コンクリート詰めにした。だが迂闊に鬼太郎と握手した為、秘術「鬼太郎つき」で手を乗っ取られる。仲間の蛇骨婆に助けを求め、穴から脱出したばかりの鬼太郎を「封じの壺」で止めをさそうとするが、逆に鬼太郎により古代の石臼を使った「先祖流し」で先史時代に二人とも流される。他が羽織を着た和装を基本とするのに対し、ここのみ背広を着ている。

週刊実話版『野球狂の巻』では、妖怪の高校「墓の下高校」校長として登場。自校野球部の高校野球界進出に託けて人間界の占領を企むが、それに気付いた人間側の依頼を受けた鬼太郎によって生徒職員共々あの世に流された。

アニメ第3作放送と同時期に連載された『最新版』(水木しげる作画ではなく水木プロ作画)では、アニメ版と共に事実上のボスとして幾話にまたがって登場する。『最新版』ではかつて先祖流しで過去に流されたぬらりひょんが現代まで生き延び、長い間に人間の悪意を得て強大な妖力を得たという設定[1]三原山の噴火に巻き込まれて火口に落とされるも、最終回で伊豆大島を破壊して復活し、「食妖鬼」と呼ばれる周囲の存在全てを喰らい尽くす怪物となっていた。この状態では自我や知性というものは完全に失われており、目玉の親父も鬼太郎に逃げる事を勧めた。最後は鬼太郎の捨て身の攻撃で粉々に破壊された。

『鬼太郎国盗り物語』では、箱根城でのムーとの決戦の際、妖怪存亡の危機に毛目玉に口説かれて鬼太郎達に加勢。輪入道部隊、一つ目部隊、狸部隊、カラス天狗飛行隊を指揮し、敵の「ひとだま爆弾」攻撃には、ひとだま食いを召喚して反撃するなど、総大将に相応しい戦力を駆使した。

『妖怪千物語』(ほしの竜一作画)では、第25話で姿を表す。鬼太郎を裁判の罠で倒そうとしたが、結局は怒りに燃える鬼太郎のパンチで敗れ、天狗ポリスに500年の溶解刑に処刑された。

PlayStation 2版ゲーム『異聞妖怪奇譚』では吸血鬼エリートによって洗脳されていたが、鬼太郎達の活躍で洗脳が解かれた。ある条件を満たすと、仲間になることが可能。

妖術・技[編集]

原作初期では「策謀を巡らすのみでこれといった妖術は使えない」とされていたが、後に総大将という設定が定着するにつれ多彩な技を使うようになっていく。

爆弾
原作やアニメ第1作では本に隠したダイナマイトなどを家や乗り物などに投げ込んで爆破している。
アニメ第3作第4話で使った爆弾は玉状で、爆発力よりも化学的に鉄やコンクリートを脆くする型の模様(爆煙が充満した後、ビルが崩れ落ちる描写がされている。また鬼太郎つきのために車内で誤爆した際、自動車は解体したが乗っていたぬらりひょん達はほとんど無傷だった)。
アニメ第4作第47話では煙玉になっており、天狗ポリスから逃れるために使用するが、最終的には恐竜時代に送られてしまった。
アニメ第5作では指に挟める大きさの手投げ弾を、敵味方入り乱れた戦いに使っている。
『異聞妖怪奇譚』では必殺技として登場。相手に向かってダイナマイトを投げつけたり、連続で投げつけて攻撃する。
幻術
原作やアニメ第1・3作ではねずみ男に紙幣と見せかけて木の葉をつかませた。
アニメ第1作では自分の姿を写真から消す術を使い、鬼太郎は妖怪ランプで消えた姿をあぶり出している。
上がり込む・気配を断つ
伝承の通り、全く気付かれずに人家等に侵入する。妖気を消す能力にも長け、鬼太郎の妖怪アンテナにも反応しない描写もある(特にアニメ第5・6作)。
第4作101話では一刻堂邸に入って家人に気にかけられる事なく主人(一刻堂)の部屋まで侵入している(一刻堂には気づかれた)。
第6作では閻魔大王が所持する「浄玻璃鏡」にも察知されずに地獄に侵入し、大逆の四将の封印を解いた(ただし、同行していた朱の盆までは隠せなかった)。また、鬼太郎が目を離した一瞬で消え去ったり、不意に鬼太郎の背後に現れたりもしている。
魂を抜き取る
「野球狂の巻」で使用。人間の口に手を突っ込んで魂を抜き取る。被害者は他の妖怪が抜いた場合のように意識不明になるのではなく、一応会話もできるがまるで力が入らないといった様子。
剣術
剣の心得があり、常に仕込み杖を持ち歩いている(軍服を着てサーベルを挿すことも)。アニメ第3、5作では鬼太郎も剣を使うため、両者が剣を交える戦いが頻繁に見られる。
月曜ドラマランド版では、日本刀を抜き、その先端からビームを乱射した。
変身
月曜ドラマランド版では女性に化けて、人間界で「ぬらり塾」を経営し、妖怪帝国建設のための本拠地としていた。
アニメ第3作第45話では妖怪花と共存していた社長を捕らえ、彼になりすまして妖怪花を蹂躙する。
念力爆弾
『最新版』で使用。指差した一点を中心に大爆発を起こす。町一つを瓦礫と化し、その場にいた鬼太郎一派のほとんどを北極や熱帯まで飛ばしてしまった。
遠隔視
『最新版』では水晶玉を使用、鬼太郎達の動向を探る。
アニメ版地獄篇では天叢雲剣を水鏡にかざして探った。
巨大化
『最新版』では身体を巨大化させ、部下達に威圧感を示したり閻魔大王と一騎討ちを演じたりした事もある。
電撃
アニメ第3作第60話で使用。掌から稲妻状の電撃を放つ。
実写映画版『千年呪い歌』では、千年杉の杖から電撃状の念動波を放つ。
妖怪香炉
『最新版』10話及びアニメ第3作86話で使用。封印か抹殺された妖怪の魂を呼び出し、一時的に蘇らせる香炉。漫画ではある祠からねずみ男に掘り出させ、アニメでは鬼太郎の下駄を盗んで夢世界に侵入し枕返しから奪った。鬼太郎に退治された妖怪たちを一斉に蘇らせ襲わせた(アニメではそれ以前にも妖怪たちを夢世界で暴れさせることで人間たちに悪夢を見せ、睡眠不足やパニックで事故も起きた)が、あと一歩の所でねずみ男たちが香炉の火を消して蘇った妖怪たちも消えた。
第5作85話で蛇骨婆がミウの洗脳、第6作70話で砂かけ婆が幻術に同名の香炉を使う。
妖魔城の銅鏡
アニメ第4作96~99話(妖怪王編)で使用。日本各地に隠された四つの破片を集めると妖怪島と妖魔城を復活できる。また他の妖怪の力を吸収してその能力を使うことができ、グルマルキンのゴーレムを操る力やジャイアントの五感を取り込んだ。ただし妖力を取り込ませる機能は敵も味方も使える欠点があり、鬼太郎側の妖怪達が妖力を送ることで鬼太郎は猫娘の爪攻撃、砂かけ婆の砂攻撃、子泣き爺の岩石化、雪女とつらら女の吹雪、輪入道の炎などで反撃した。
鉄の爪
アニメ第5作第39話で初使用。妖怪刑務所に投獄されている間、鉄分の豊富な牢獄の石を食べて体内で精製し、剣のような硬く鋭い爪を自在に出せるようになり、檻を切断し天狗ポリス2名に斬りつけるなど脱獄に活用。第85話では操られたミウの説得に気を取られた鬼太郎を刺して瀕死の重傷を負わせた。
見上げ入道
月曜ドラマランド版において、戦いで部下を失い不利になった際に、巨大な頭部がさらに膨らみ、そこからのびあがりが分離、巨大化して見上げ入道へ変貌し、「秘法霊界流し」で鬼太郎と人質の少女・関京子のみ霊界へ送り込み、最後の勝負に挑んだ。
コンクリート
コンクリートで鬼太郎を生き埋めにしようとした。『異聞妖怪奇譚』では必殺技として登場。コンクリートブロックを振り下ろして、相手を殴りつける。
棍棒
『異聞妖怪奇譚』で使用。手に持った棍棒で相手の頭部を殴る。

映像作品における変遷[編集]

キャスト[編集]

アニメ[編集]

第1シリーズ(昭和43年(1968年)1月3日 - 昭和44年(1969年)3月30日)
第12話にゲストキャラクターとして登場。先述の通り、鬼太郎を苦しませはするが、敵ボスとしての登場ではない。鬼太郎を騙そうとして逆に騙され、「先祖流し」で先史時代に流されてしまう。
第3シリーズ(昭和60年(1985年)10月12日 - 昭和63年(1988年)2月6日、地獄編は昭和63年(1988年)2月8日 - 3月21日)
ここから以降毎作複数話に鬼太郎の敵役として登場する準レギュラーキャラクターとなり、日本妖怪の総大将とも呼称されるようになる。ただし、総大将といってもほぼ自称で、実際に妖怪たちの頂点の地位にいるわけではなく、常に付き従えている部下も朱の盆だけである。毎回他の妖怪たちをそそのかして鬼太郎と対決するようにもっていくケースが多く、強い妖怪と組むときなどは「先生」と呼んで下手に出ることもある。また性格や描写などもそれほどシリアスでもなく、毎回鬼太郎にやられ、朱の盆との漫才のような掛け合いなど、コミカルでお茶目な描かれ方がされることもある。原作や第1作に比べ鋭い目つきで、より悪党らしい顔付きになっている(第4話冒頭のみ、原作や第1作に近い顔)。
第4話で初登場、原作同様先史時代に流されるが、そこから数万年を生き延び強敵として度々登場した。特に第3作劇場版『激突!!異次元妖怪の大反乱』では妖怪皇帝を名乗って多くの妖怪を率いて東京を制圧。ゲストヒロインのカロリーヌやその父であるぐわごぜを殺害し、鬼太郎との一騎討ちを演じ、最後は鬼太郎に顔を切られそのまま転落した。
4話ではビル爆破後に自分の経営する建設会社で稼ぐ、16話で指名手配犯達と取引、45話でホテル業者を乗っ取る、60話で環境回復を願う人間達にダイダラボッチの封印を解かせる、104話で暴力団を鬼太郎達が手伝う宿に行かせ嫌がらせをさせる、といった具合に、他シリーズと比べ人間を部下や顧客にした悪事も目立つ。
51話では参加各国の支配権を懸けた「世界妖怪ラリー」を開催。朱の盤でも勝てるような弱小妖怪を招いたつもりがバックベアードを初め強豪が揃って集まり、慌てた末に鬼太郎が日本代表だと選手達に吹き込んで逃亡。鬼太郎は日本妖怪の誇りに懸けて奮闘の末優勝、「だが各国を支配する気はない」と宣言した。
91話では妖怪の天敵・ヒ一族に鬼太郎を倒す依頼を試みたが拒否され、人形にされる。彼の配下と鬼太郎の仲間との一時共闘でヒ一族と黒幕の女夜叉を倒し、鬼太郎からこれを機に和解しようと持ちかけられたが拒否、両者は再び敵味方に分かれる。
「地獄編」でもその悪辣ぶりと執念深さは変わらず、地獄の奥の院から盗んだ天叢雲剣の力で鬼太郎達を苦しめ続けたが、最後は鬼太郎に剣を折られた挙句に、ぬらりひょんを裏切った朱の盆の体当たりを受け共に地獄の溶岩に沈んでいった。
後日談的な内容のゲーム『ゲゲゲの鬼太郎 復活! 天魔大王』(スーパーファミコンで平成5年(1993年)2月5日発売)では復活しており、宇宙妖怪と結託し未来の鬼太郎を処刑するが、現代の鬼太郎の髪の毛針を受けて負傷。宇宙妖怪に助けを求めるも、用済みとして始末される末路を辿った[3]
第4シリーズ(平成8年(1996年)1月7日 - 平成10年(1998年)3月29日)
一刻堂の台詞によると、伝承の通り本来の姿はタコということになっている。顔立ちは原作や第1作に近い。当初46話の妖怪大裁判で鬼太郎の担当弁護士として登場。多少腰の低い性格を演じていたが、第47話(後編)で実は鬼太郎を冤罪に陥れようとした真犯人と発覚、天狗ポリスから逃れようとするが、恐竜時代への古代流しの刑に処せられた。54話で舞い戻って以降は第3作のイメージを踏襲。鬼太郎を追い詰める為に様々な知略を巡らせるほか、居合いの心得があるなど、鬼太郎との直接対決も多く描かれた。他シリーズと比べるとコミカルで間抜けな性格のイメージが強く、鬼太郎との戦闘では必ず負けており、結託した相手に裏切られるもしくは裏切った相手に仕返しを受けることも多い。
64話では願いを叶える「妖怪石」を懸けて妖怪ラリーを開催。選手への招待状や観客用のテレビに凶悪化電波を発する粉を仕込み、選手は障害で全滅させ観客は支配下に置く計画だった。だが鬼太郎宛の招待状をねずみ男が横取りして引っかかったことで計画が狂い、正気のまま参加して優勝した鬼太郎に追われ逃亡。鬼太郎は妖怪石の力でぬらりひょんの企みの被害者全員を救った。
一度は第96~99話にて強大な妖力を得て「妖怪王」となって日本を征服するものの、失敗を繰り返して日本中の妖怪達の信用を完全に失っていく[4]
第101話では一刻堂に500年前に自分と彼の先祖が交わした約束を理由に鬼太郎たちの始末を依頼するが、あと一歩の所で迂闊に鬼太郎の名前を叫んでしまい失敗。一刻堂は元々不本意だった約束を無効にして鬼太郎たちと和解した。
最後の出番となった第113話でねずみ男に騙されて弱い三匹の刺客を雇ってしまうという情けない有様だった。
第5シリーズ(平成19年(2007年)4月1日 - 平成21年(2009年)3月29日)
日本妖怪総大将の異名に相応しい貫禄と実力を持った鬼太郎の長年の宿敵として登場。歴代シリーズの中でも特に鬼太郎の抹殺に主眼を置いて行動している。顔のしわは過去作品ほど描き込まれず、眉毛が非常に濃く、後頭部が長い姿をしている。コミカルさが減り、シリアスさが増え悪の親玉の風格を漂わせているが、時には人情味ある部分も見せ、仲間意識も強い。朱の盆の他に多数の仲間を連れている。
第4話から黒幕としての存在を匂わせ(オープニング映像では本編登場以前から朱の盆や蛇骨婆と共に登場している)、第8話から本格的に姿を現す。人間の思い上がりを感じたとは言え、登場早々から火災を引き起こすなど、第3作に輪をかけた非道な行いを見せる。第8話終盤の戦闘で髪の毛剣で額を斬りつけられ負傷し、鬼太郎を倒すまでこの傷は消さないと誓いを立てる。最初のアジトはビルのフロア内に日本庭園と家屋を建てた豪華な物だったが、第17話での再登場時はなぜか港の倉庫に没落している。西洋妖怪の首領・バックベアードとは一応の協力関係を築いており、鬼太郎の存在や手強さを教え、「私以外に鬼太郎は殺せない」と語っている。第26話では「皆殺しの矢」をベアードから譲り受けている。
第30話で片車輪を使った鬼太郎抹殺に失敗し、朱の盆、蛇骨婆と共に天狗ポリスに逮捕された。その後、第39話で石詰め(岩の縦穴に押し込められ、蓋でもある大石の下敷きにされる)五千年刑の執行寸前、旧鼠の呼んだかまいたちの助力と獄中で新たに身に着けた鉄の爪で檻を切断、かまいたちを「鬼太郎を倒す機会をやる」と言って仲間に引き入れ、鬼太郎に「お前は私の生きがいだ」と告げると一味を引き連れて脱獄。
第47話の妖怪大裁判では「自分が鬼太郎を葬る機会を奪われたくない」理由で影から百々爺を攻撃して鬼太郎を助けた。
第59話では妖怪城の捜索と封印を解く計画に取り掛かかり、グレムリンによる作戦に横槍を入れないで欲しいというバックベアードからの要請を承諾するが、ベアード自身が異空間から姿を現して作戦に参加することには驚いている。
第61話で妖怪城の主・たんたん坊に従うふりをし、たんたん坊が鬼太郎に倒された後に妖怪城とその操縦装置を奪う事に成功する。
第72話で妖怪城を家鳴りの力で復活させ、日本妖怪の頂点に立てると言われるほどの力を手に入れるが、第85話で内部から鬼太郎の獄炎乱舞によって津軽海峡に撃沈され、しばらくの間傷を癒すように妖怪城に言い渡し放置する。その後は部下共々テレビ本放送版での出番はなくなった[5]
劇場版『日本爆裂!!』では、朱の盆や蛇骨婆と悪者妖怪サミットに日本代表として参加。「くだらん会議」と退屈していたが、日本が消滅するとの急報に驚愕する。「日本はヤトノカミによって滅びる」と決め付けたバックベアード達への反感もあって、窮地に陥った鬼太郎を応援し、ヤトノカミが倒されたことを「なんたる幸運」と言ったベアードに対して「幸運?バカを言うな!これぞ日本妖怪の底力よ!」と返し、上機嫌で高笑いしながらサミットを後にする。
第6シリーズ(平成30年(2018年)4月1日 - )
顔つきが原作準拠やオリジナルだったこれまでのシリーズと違い、水木の妖怪事典の絵に忠実に描かれている。第76話から幕を開けた「最終章ぬらりひょん編」に朱の盆と共に登場。前章の「地獄の四将編」に於いて大逆の四将を解き放った張本人であることを第77話で自ら明かし、間接的に鬼道衆の里を滅ぼした真の黒幕でもあることが判明している。シリアスかつ冷静な性格で、敵味方問わず常に丁寧語で話し、鬼太郎のことは「君」付けで呼ぶ。政治家に賄賂を贈るなど人間の政界にも顔が効くらしいが、人間と妖怪の共存はありえないと否定している。一方で「ダイダラ教団」に成りすました、七人同行を使ってダイダラボッチを復活させた時は用済みとして殺害するなど過去シリーズと同様に冷酷な一面も見せる。
鬼太郎や目玉おやじとは旧知の間柄で、人間を滅ぼしこの世を妖怪の手に取り戻す「妖怪復権」の為に行動しており、爆弾テロで人間同士の不信感を煽って混乱させたり、人間に不満を持つ妖怪を焚きつけて暴れさせその騒ぎを自身が収めるマッチポンプで妖怪の信頼と共感を得る事で賛同者を集めたりしている。
第77話序盤でゲゲゲハウスに現れ、鬼太郎達へ宣戦を布告。終盤で鬼太郎が猫に虐待をして猫仙人に捕らわれた人々を解放した(解放された人々は改心しなかった)様子を妖怪たちに目撃させ妖怪たちを鬼太郎から離反させた。
第82話ではぬっぺっぽうが起こした老化クリーム事件の黒幕として終盤で姿を現し、人々から奪った若さのエキスの在りかをあっさり教えると、荒稼ぎした現金と共に消え去った。
第85話では七人同行を使ってダイダラボッチを復活させようとしたが、門倉が脳を破壊したため失敗に終わりその場を立ち去った。

実写[編集]

テレビドラマ・月曜ドラマランド「ゲゲゲの鬼太郎」(1985年8月5日放送)
映像作品においては初めてラストボスとして登場。人間界で吸血鬼エリートなどの妖怪達を配下に置き、妖怪帝国建設の為に人間の女性の姿に化け、「ぬらり塾」塾長になっていた。様々な手段で鬼太郎を窮地に追い込むもことごとく退けられ、霊界での戦いでぬらりひょんの正体を現した(正体は明かしておらず、正体を見たねずみ男に「俺はこんな奴に惚れてたのか!」と言われた)。そして刀からビームを発射したり、のびあがりと融合していたりと活躍した。
ビデオドラマ「妖怪奇伝ゲゲゲの鬼太郎 魔笛エロイムエッサイム」(1987年発売)
「最新版」やアニメ映画『激突!!異次元妖怪の大反乱』のように軍服を着てサーベルを差し、朱の盆と共に登場した。人間を恨む桜の精・桜子と手を組む。彼女に求婚したが断られた上に、人間への態度を和らげ奪った生気を解放しようとしたのに怒り、毒井戸で処刑しようとする。最後は部下達と合体して鬼太郎との一騎討ちの末、取られたサーベルで貫かれ毒井戸の底に消えた。その後エンディングにてカブトムシの姿で生き延びていたが、霊界郵便配達人(演:水木しげる)に偶然踏まれる描写がある。
映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」(2008年7月12日公開)
実写映画版の2作目。同年10月5日に死去した緒形拳が映画で演じた最後の役となった。日本妖怪の総大将を自任して鬼太郎と敵対し暗躍する。千年杉で作った杖を武器としている。人間を滅ぼそうと蘇らせたガシャドクロに吹き飛ばされてしまい消息不明になった。なお、2007年春に公開された1作目には登場していない。

部下・協力者の一覧[編集]

各員の詳細は、名称のリンク先及び「ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター」を参照。

複数シリーズに跨る者[編集]

蛇骨婆:原作「妖怪ぬらりひょん」及びアニメ化作品(第1作12話、第3作4話、第4作78話)、アニメ第3作(劇場第4作、112話)、アニメ第5作、「千年呪い歌」
朱の盆:アニメ第3作以降、「魔笛エロイムエッサイム」、「妖怪千物語」
見上げ入道:月曜ドラマランド、アニメ第4作96話、「妖怪千物語」
本所七不思議の妖怪達:1980年代「最新版」2話、アニメ第3作108話
夜行さん:1980年代「最新版」2,6話、アニメ第3作113話
のっぺらぼう:アニメ第3作16話、「妖怪千物語」
逆柱:1980年代「最新版」4話、アニメ第4作83話
土蜘蛛:1980年代「最新版」7話、アニメ第3作(劇場第4作)
ヨナルデパズトーリ:1980年代「最新版」8話、アニメ第4作96話
ブイイ:1980年代「最新版」9話、アニメ第4作98話
再生妖怪軍団/悪夢の軍団:1980年代「最新版」10話、アニメ第3作86話
鉄鼠:1980年代「最新版」17話、アニメ第3作112話、「魔笛エロイムエッサイム」
五徳猫:1980年代「最新版」17話、アニメ第3作112話、アニメ第4作113話
がしゃどくろ:アニメ第3作(劇場第4作)、アニメ第4作96話、「千年呪い歌」
ダイダラボッチ:アニメ第3作60話、アニメ第4作96話、アニメ第6作85話
ぬれ女:「魔笛エロイムエッサイム」、「千年呪い歌」
烏天狗:「魔笛エロイムエッサイム」、「国盗り物語」10話
河童:「魔笛エロイムエッサイム」、アニメ第4作71話
家鳴:「魔笛エロイムエッサイム」、アニメ第5作72話
ぬっへっほふ/ぬっぺっぽう:「魔笛エロイムエッサイム」、アニメ第6作82話
邪魅:アニメ第3作108話他、第4作54話
百々爺:アニメ第4作46,47話、「妖怪千物語」

原作・派生漫画[編集]

「野球狂の巻」
モンロー、貧乏神フランケンシュタインなまはげ、他
1980年代「最新版ゲゲゲの鬼太郎」
わいらサガリ:3話
逆柱、野ぶすま:4話
百鬼夜行衆(夜行さんの部下):6話
黒小鬼、土蜘蛛、岩竜、一つ目巨人:7話
砂男:11話
黒雲主:22話
「鬼太郎国盗り物語」10話
輪入道部隊、一つ目部隊、部隊、カラス天狗飛行隊、ひとだま食い
「妖怪千物語」
まくら返し水虎泥田坊、他

アニメ[編集]

第3作
南方妖怪軍団(アカマタ、やし落とし、チンポ)、キジムナー蛟龍:劇場第1作
あしまがり:第45話
目目連:第58話
ダイダラボッチ:第60話
怪気象の妖怪達(ぐわごぜ朧車あやかし、土蜘蛛、がしゃどくろ、蛇骨婆、鬼女一本だたら、火車、山童白溶裔すねこすり小豆とぎ、他):劇場第4作
火車:劇場第4作、第108話
釜鳴りモウリョウ:第108話
辻神:劇場第4作、第115話
地獄の妖怪達(首狩り三人衆(ミミズ男、クモ男、サソリ女)、空飛ぶ魚、三途の川の大蛇、奪衣婆閻魔大王、鉄鼠&五徳猫、針山の蛇骨婆、地獄武者=夜行さん、餓鬼、火男、ヌルリ坊)[6]:地獄編(第109~115話)
第91話ではヒ一族とも結託しようとしたが失敗。
第4作
百々爺:第46,47話
邪魅:第54話
半魚人&妖怪イカ:第60話
妖怪ラリーのガイコツ(実況アナウンサー):第64話
かわうそ:第71話
ヤマタノオロチ:第74,96話
蛇骨婆:第78話
逆柱:第83話
妖怪樹兵器:第92話
西洋妖怪(バックベアード、西洋妖怪四天王(こうもり猫、グルマルキン、ブイイ、ジャイアント)、ヨナルデパズトーリ、ウーストレル、ポルターガイストゴーレム):妖怪王編(第96~99話)
一刻堂(人間の言霊使い):第101話
吸血樹&アジアの最強吸血妖怪三人衆(ペナンガラン、ランスブイル、アササボンサン):第104話
三匹の刺客(五徳猫、如意自在山爺):第113話
第69話では悪魔ブエルとも結託しようとしたが失敗。
第5作
海座頭:第3話
真白(雪女)、雪入道:第7話
百々目鬼:第8話
カニ坊主旧鼠:第8話~
かまいたち:第39話~
火取り魔:第17話
「皆殺しの矢」の悪霊:第26話
片車輪:第30話
たんたん坊、二口女:第61話
妖怪城&四龍(土龍、水龍、炎龍、風龍):第61,72,85話
妖怪城の花嫁=アマミ一族ミウ[7]:第85話
第6作
土転び:第76話
猫仙人:第77話
ぬっぺっぽう:第82話
七人同行[8]、ダイダラボッチ:第85話

実写[編集]

テレビドラマ・月曜ドラマランド「ゲゲゲの鬼太郎」
見上げ入道 = のびあがりおっかむろあみきり吸血鬼エリート
ビデオドラマ「妖怪奇伝ゲゲゲの鬼太郎 魔笛エロイムエッサイム」
桜子()、夜道怪、ぬっへっほふ、川猿、他
映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」
蛇骨婆、なみ(ぬれ女)、ガシャドクロ、サトリ手の目夜叉

注釈[編集]

  1. ^ アニメ第3、4作でも先史時代に流されて舞い戻っているが、そちらでは戻って来た経緯は明かされず、『最新版』ほどの妖力強化もなされていない。
  2. ^ 「鬼太郎」10月より「最終章ぬらりひょん編」へ!ぬらりひょん役は大塚明夫”. コミックナタリー (2019年9月25日). 2019年9月25日閲覧。
  3. ^ 朱の盆は登場せず、ぬらりひょんだけ生き残った可能性がある。
  4. ^ 第101話「言霊使いの罠!」の脚本を書いた京極夏彦によると、当初は妖怪王編のラスト(第99話)でぬらりひょんは死ぬ予定だったのだが、それを知らなかった京極が書いた脚本にぬらりひょんが登場していたため急遽生き残ることになったという。
  5. ^ 当初第5作の放送はもっと続ける予定だったため中途半端に終わった設定等は他にもあった。
  6. ^ 天叢雲剣の力により支配。
  7. ^ 蛇骨婆の催眠術による。
  8. ^ ダイダラボッチ復活後、用済みとして踏み殺されてしまった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]