すねこすり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥取県境港市水木しげるロードに設置されている「すねこすり」のブロンズ像

すねこすりは、岡山県に伝わる妖怪の一種。人間の歩きを邪魔するとされる。

古典的な伝承[編集]

博物学者・佐藤清明による著書『現行全国妖怪辞典』(1935年刊行)によれば、岡山県小田郡に伝わる妖怪で、の姿をしており、雨の降る夜に現れ、夜中道を歩いている人の股間(足の間)をこするとされる[1]。こすられた人間は歩きにくくなってしまうが、それ以外に特に危害を受けることはない[2]。妖怪研究家・化野燐によれば、すねこすりの最古の記録はこの『現行全国妖怪辞典』が初出とされる[3]

また同県井原市民間伝承によれば、すねこすりは同市七日市町の井領堂という辻堂のそばに現れ、通行人のすねの間をすり抜けたといい、やはりイヌの形をしていたという[3]

岡山県後月郡芳井町(現・井原市)には似たものですねっころがしという、夜の闇にまぎれて歩行者の足をひっぱって転ばせる妖怪の伝承があり、すねこすりが人に特に危害を加えないという説とは異なり、すねっころがしのために転倒して子供が鼻を痛めた話もあるという[3]

現代のイメージ[編集]

フィクション作品では様々なイメージで描かれる。漫画家の水木しげるは、著書に、伝承としての「犬のようなもの」という記述を採用しているが[4]、挿絵や漫画『ゲゲゲの鬼太郎』では、体を丸めて耳を伏せたの姿に描写しており、類似したデザインの猫の根付が知られている[5]

実際にすねこすりを見たという目撃談では、伝承とは異なり「猫のようだった」というものが多いが、妖怪研究家山口敏太郎はこれを、水木しげるのデザインの影響を強く受けたことによる思い込みとしている[6]

水木が関わった映画『妖怪大戦争』(2005年版)でも、黄色と白の毛の塊で可愛らしい目をしたすねこすりが多数登場し[7]、登場人物から「猫?(だろうか)」と言われるものの、水木の画ほどは猫に似ておらず、丸まりもしない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤清明 『現行全国妖怪辞典』 中国民俗学会1935年、28頁。
  2. ^ 宮本幸江・熊谷あづさ 『日本の妖怪の謎と不思議』 学習研究社2007年、85頁。ISBN 978-4-056-04760-8
  3. ^ a b c 化野燐 「妖怪人類学フィールドワーク 油すましとスネコスリ」『』vol.0018、郡司聡他編、角川書店〈カドカワムック〉、2005年、124-125頁。ISBN 978-4-04-883912-9
  4. ^ 水木しげる 『決定版 日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様』〈講談社文庫〉、2014年、403頁。(底本: 『図説 日本妖怪大全』1994 ・『図説 日本妖怪大鑑』2007、いずれも講談社+α文庫
  5. ^ N250708
  6. ^ 山口敏太郎監修 『本当にいる日本の「未知生物」案内』 笠倉出版社2005年、191頁。ISBN 978-4-7730-0306-2
  7. ^ 『妖怪大戦争』全日本妖怪推進委員会・編『写真で見る日本妖怪大図鑑』 角川書店 2005年 ISBN 4-04-853901-9

関連項目[編集]