サーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サーベルオランダ語: sabel)は、ヨーロッパの片刃のである。刃渡りは806㎜から860㎜が好ましいとされる。

セーバーセイバー英語: sabre, saber)、サーブルフランス語: sabre)とも。ポルトガル語のサブレ(sabre)に由来。

構造[編集]

サーベルの柄の部分の一例 大きな「護拳」があるタイプの柄
海軍長剣柄部分と略刀緒。柄は親粒付の鮫皮、金線を巻く。両手で握る大振りなもの。

には護拳(ごけん、guard)と呼ばれる枠状、もしくは半円の大きながついており、を保護している。サーベルにはさまざまな長さのものがあるが、身に着けるときは常に腰から下げたに収められている。

由来[編集]

その起源はわかっていないが、ファルシオンシミターのデザインを元にしたと見られる。もともとは騎兵の武器として、それまでの直線状のに代わって使われ始めた。

使用[編集]

サーベルには騎兵が片手で扱えるように軽く、できるだけ長く作られた刀剣で、剣身は直刀タイプ、曲刀タイプ、半曲刀タイプがあり、その用法はそれぞれ刺突、斬撃、その両方を兼用と大別できる。[1]ポーリッシュサーベルは鍔元から直線で中心あたりから大きく湾曲しそのカーブは日本刀よりも大きい。また、多くのサーベルは1/3ほどに裏刃がついていて手首を返すことで先端カットができる。乗馬して使用する場合、馬のスピードによって打撃力が強くなるため、肩を脱臼したり剣が抜けず落馬することもある。剣術ではセンターライン、フロントライン、と2つの中心線がある。剣道ではこの2つは同一だが、サーベルではセンターラインは馬の軸線(自分の腰から下のライン)フロントラインは敵は正面にはいないので敵に向けた上半身をいう。ガードには切っ先を下に腕を伸ばす防御と突撃の構えのほか、馬の首を守るガード、馬の尻を守るガード自分の足を守るガードなどがある。基本的に相手の馬を切るのはマナー違反とされているが、相手の手綱をきったり、すれ違いざまに馬の尻を切ることもある。

軍隊[編集]

16世紀以降、ポピュラーな刀剣となっていった。[1]近世ヨーロッパでは銃火器が発達して、歩兵が強力な火力を手に入れ、パイク兵との混合陣形を組むようになると槍騎兵の突撃は効果を得られず、騎兵槍はポーランドやハンガリーを除いて[2]ヨーロッパの戦場では廃れていった[3]。17世紀になると、騎兵槍は戦場で使われることはほとんどなくなった。[4]騎兵槍は18世紀になるとポーランドやロシア、ハンガリーなどで復活していった。[3]これは、騎兵が槍を装備しなくなったため、騎兵の突撃に対処するために考えられた歩兵の陣形が必要なくなり、銃を持つ歩兵が一斉射撃できるように横列隊形が主流になったためと考えられる。[3]近世ヨーロッパの騎兵は刀剣類とピストルを同時に装備するようになっていった。[5][6]近世ヨーロッパでは中には斧を装備する騎兵もいた。[6]18世紀の騎兵にとって刀剣類は騎兵の攻撃・防御に最も有効な武器であった[4]。18世紀にはサーベルは多くの騎兵の主力武器となり[7]、また、ナポレオン時代の直刀型のサーベルを装備した[4]フランスの胸甲騎兵はその時代の最強の騎兵として恐れられた。[8][9][3]

ナポレオン時代になると、既に銃が一般的なものとなっていて、鎧を斬る兵士は重騎兵を除いて[8]、いなくなっていた。[10]

騎兵として銃兵を相手にする場合、銃兵が銃剣で方陣を組んでいなければ、[8]騎兵槍で突っ切るより、敵隊列の中でサーベルを振るう方が、多くの敵に

ダメージを与えられるためずっと有効である。[10]

また、ナポレオン時代の槍騎兵もサブウェポンとしてカービン銃の他にサーベルを装備しており、敵騎兵との戦いでは、騎兵槍が乱戦で扱いにくいため、

騎兵槍を捨て、接戦格闘でより効果的なサーベルを引き抜くことも珍しくなかった。[8]

槍騎兵は乱戦に弱いため、背後にはサーベルを主武器とする騎兵が控え、援護していた。[11]

また、騎兵槍を使いこなすには、時間をかけて複雑な訓練を行う必要があったため、訓練用の騎兵槍も存在している。[4]

曲刀型のサーベルは軽騎兵や歩兵用の武器として使われ、直刀型のサーベルは重騎兵用の武器として使われた。[3]

しかし、歩兵には騎兵に対しても有効なリーチの長い銃剣の方が好まれ、歩兵が武器としてサーベルを使うことはほとんどなかった。[3]

騎兵のサーベルは歩兵に対して非常に有効な武器であったが[12]、銃剣で方陣を組んだ歩兵相手には何の役にも立たなかった。[12]

時代を下ると、サーベルは多くの国の軍隊軍刀として将校士官)の階級を示すシンボルともなり、銃器が主流兵器となってからも精神的・装飾的な意味合いとして携帯され続けた。20世紀初頭頃までは下士官の間でも乗馬本分の騎兵が騎兵銃と共にサーベルを装備した。

第一次世界大戦以降は軍隊自体や戦闘ドクトリン等の更なる近代化(一対一の斬り合いではなく銃撃戦が主になる)により、多くの国では将校准士官のサーベル(軍刀)佩用は正装礼装時、栄誉礼観兵式などの儀式時に限られるようになった。

日本[編集]

略刀緒をつけた尉官用旧型軍刀・尉官用は背金に唐草模様がない
海軍長剣(海軍旧型軍刀)鞘は鮫皮研出。海軍は短剣に対して軍刀を長剣と呼ぶ。
1937年当時の日本陸軍。手前の歩兵連隊長は日本刀仕込みのサーベル(明治19年制式刀)をもって「投げ刀」の敬礼軍旗の敬礼)

旧日本軍では、明治の建軍当初に将校と帯刀本分者たる下士官兵が佩用・装備する軍刀としてサーベルを採用した。将校准士官刀(将校准士官が佩用する軍刀は軍服と同じ服制の扱いであり兵器ではない)は当初は外装のみならず刀身もサーベル(西洋型)であったが、これは日本人には馴染みの薄い片手握りで刺突向きであること、また精神的な意味合いからも将校准士官の間では日本刀をサーベル外装に仕込む事が多かった。そのため明治中期頃には陸軍海軍共に「日本刀仕込みのサーベル」が制式とされ、昭和期に外装も太刀型へ改められるまで主用されていた。

儀礼刀としてのサーベルは現在の自衛隊でも使用されている。

警察[編集]

19世紀から20世紀初頭~中期ごろまで、いくつかの国の警察でも警察官の武器として使用されたが、のちに人道的な理由などから徐々に警棒などに置き換えられた。

日本[編集]

官給品の巡査サーベル。革刀緒が付く。柄の護憲、背金は無垢真鍮、鞘は鉄鞘メッキ。巡査サーベルは短く脇差しサイズ。外装会社により柄等の形状に違いがある。
サーベルを持つ明治時代の日本の警察官[13]

日本の警察巡査に初めて帯剣が許されたのは1874年明治7年)8月5日であるが、このときは一等巡査(現在の警部補に相当)のみが許され、二等巡査以下は警棒警杖を携帯していた。1877年(明治10年)に西南戦争抜刀隊が活躍し、それをきっかけに警察で剣術が奨励されたことなどにより、1883年(明治16年)5月24日に下級巡査も帯剣できるようになった。幹部は刀身が私物の日本刀の場合もあり、外装も高級であった[14]が、巡査は官給品のサーベル[15]が多かった。

使用に際しては現在の警察官が拳銃を使用するのと同じぐらい厳しい制限があった。このため凶器を持った犯人を素手で捕らえようとして殉職した警察官が少なくなかった。戦前・戦中の日本の警察官の佩用していたサーベルは実戦的な武器としてよりも国家権力・権威の象徴という意味合いが強かった[16][17][18]

第二次世界大戦後、治安維持の目的で警察官の佩剣は認められていた。しかし進駐軍兵士が警察官の佩剣を上陸記念品として非常に欲しがり強奪する事件が相次ぐ。 昭和20年12月に鹿児島県鹿屋市で農業を営む男性から警察官佩剣禁止の請願が第八十九回帝国議会の衆議院に提出される。 日本の警察は昭和21年7月31日サーベル・短剣を廃止し、警棒と回転式拳銃を装備するようになった。

武器以外として[編集]

このサーベルから派生した武器が、夏季オリンピックの競技の一つであるフェンシングにおいてサーブルフランス語: sabre)の名前で使われている。

また、現代では、カラーガード踊り小道具としても使用されている。

派生語[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 市川定春. 武器と防具 西洋編. 新紀元文庫. 
  2. ^ 武器. マール社. 
  3. ^ a b c d e f 図解 ナポレオンの時代 武器・防具・戦術大全. レッカ社. 
  4. ^ a b c d ハーピー・J・S・ウィザーズ. 世界の刀剣歴史図鑑. 原書房. 
  5. ^ 松村劭. 戦争学. 文春新書. 
  6. ^ a b 戦闘技術の歴史3 近世編. 創元社. 
  7. ^ 市川定春. 武器事典. 新紀元社. 
  8. ^ a b c d 戦闘技術の歴史4 ナポレオンの時代編. 創元社. 
  9. ^ 戦略戦術兵器事典3 ヨーロッパ近代編. 学研. 
  10. ^ a b 山北篤. ゲームシナリオのための戦闘・戦略事典. SBクリエイティブ. 
  11. ^ R・G・グラント. 兵士の歴史大図鑑. 創元社. 
  12. ^ a b R・G・グラント. 戦争の世界史大図鑑. 河出書房新社. 
  13. ^ 写真でみる神奈川県警察の歴史 ら卒課当時の警察官(明治5年)
  14. ^ 警察佩刀(筑前國住 左 安廣)
  15. ^ 巡査サーベル
  16. ^ 明治十七年一月内務省達乙三号「巡査帯剣心得方」
  17. ^ 『陸軍戸山流で検証する日本刀真剣斬り』(並木書房、2006年)19-20ページ参照
  18. ^ 『三重県警察史 第三巻』(三重県警察本部警務部警務課、昭和41年)585ページ参照

関連項目[編集]