百目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥取県境港市水木しげるロードに設置されている「百目」のブロンズ像。

百目(ひゃくめ)は、体表中に無数または百個のを持つ、日本の妖怪である。

その図像は江戸時代までさかのぼるが、テクスト(「百目」という名自体を含む文字資料)は水木しげるの創作の可能性がある。

テクスト[編集]

由来[編集]

水木しげるの著書『図説 日本妖怪大全』などにある妖怪だが、(テクストの)一次出典は不明で[1]、日本の伝承上にもこの名の妖怪は確認されていない[2]大伴昌司は、百目は水木しげるが考え出した妖怪だと明言している[3]

内容[編集]

水木の著書によれば、太陽の出ている昼間はまぶしいので主に夜に出歩くことが多く、人が百目に出会うと、無数の目のうち1つが飛び出し、後をついて来るとされる。

また、鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』にある百々目鬼、同『今昔百鬼拾遺』の目目連などに類似した妖怪とも述べられている[4]

図像[編集]

水木の描く百目は水木しげるロードの彫像にも見られるが、水木のオリジナルではない。

百目と同形の図像[編集]

水木原作による特撮テレビ番組『悪魔くん』の第1話に登場した「妖怪ガンマー(眼魔)」が媒体で「百目妖怪ガンマー」或いは「百目ガンマー」と呼ばれ、さらに後に水木の著書に収録されたとの指摘もある[5]。ただしそれはデザインに限ったことで、それ以外では、ガンマーは人や遺体の眼を奪う妖怪であり大きく異なる。

妖怪研究家村上健司は、この百目のモデルを、ユングの著書『変容の象徴』(Symbole der Wandlung) にある「百目鬼」なる挿絵と推測している[1]

ユングの書の挿絵には出典があり、それはネットー&ワグネル共著『日本のユーモア』(Japanischer Humor, 1910) である。これには「DER HUNDERTAUGIGE(直訳: 100の目を持つもの)」とキャプションがあり、これを「百目」として紹介する現代の資料もある[6]

『日本のユーモア』の該当図には出典が記されていないが、全く同じ図像として、葛飾派の画稿「百々眼鬼」(個人蔵)[7]がある。これは、葛飾北斎あるいはその周辺の絵師が、先行する「百々目鬼」の発想と、『天縁奇遇』の「野風」の図像を組み合わせて創作した可能性がある[8]

元になった図像[編集]

北斎派の「百々眼鬼」が参考にした可能性がある「野風」は、『天縁奇遇』(神屋蓬洲作画、1812年刊)に掲載されている。目ではなく口が多いという百目との明白な相違があるが、それ以外では、全身くまなく(口が)ある様子や、弛緩した皮膚ざんばら髪と、百目と共通点が多い[9]

受容[編集]

全身に無数の目があるというインパクトのある外見から、キャラクターのモチーフとして採用されることも多く、前述の『悪魔くん』のリメイク版漫画やアニメで主人公の味方として登場したほか、特撮作品の敵キャラクターとして登場することも多い[2]

記念碑[編集]

徳島県三好市山城町三好市立上名小学校では、2012年3月予定の休校に向け、全児童8人による卒業記念制作として、2011年から百目をモチーフにしたモニュメントが製作された。樹齢100年前後のヒノキの丸太を用い、丸太に刻まれた約20個の節を目に見立てたもの。この目が地域をいつまでも見守るというメッセージを込めて、数多くの妖怪モニュメントが並ぶ同町の「藤川谷妖怪街道」に設置される予定である[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 村上健司編著 『日本妖怪大事典』 角川書店Kwai books〉、2005年、280頁。ISBN 978-4-04-883926-6
  2. ^ a b 村上健司他編著 『百鬼夜行解体新書』 コーエー2000年、105頁。ISBN 978-4-87719-827-5
  3. ^ 講談社編 『大伴昌司《SF・怪獣・妖怪》秘蔵大図解』 講談社2014年、155頁。ISBN 978-4-06-364963-5
  4. ^ 水木しげる 『図説 日本妖怪大全』 講談社講談社+α文庫〉、1994年、384頁。ISBN 978-4-06-256049-8
  5. ^ 京極夏彦 『妖怪の理 妖怪の檻』 角川書店〈KWAI BOOKS〉、2007年、299頁。ISBN 978-4-04-883984-6
  6. ^ 香川雅信 「概説 マンガの源流としての妖怪画」『図説 妖怪画の系譜』 兵庫県立歴史博物館&京都国際マンガミュージアム河出書房新社ふくろうの本〉、2009年、6–11。ISBN 978-4-309-76125-1
  7. ^ AYAKASHI 江戸の怪し 太田記念 浮世絵美術館
  8. ^ 安村敏信編 『浮世絵図鑑』 平凡社、〈別冊太陽〉、2014年1月、71頁、ISBN 978-4-582-92214-1
  9. ^ 辻惟雄 『奇想の江戸挿絵』 集英社〈集英社新書ヴィジュアル版〉、2008年4月、ISBN 978-4-0872-0440-7
  10. ^ 「百目」地域見守って 三好・上名小児童、妖怪モニュメント作り”. 徳島新聞 (2011年11月1日). 2013年10月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]