本所七不思議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本所七不思議(ほんじょななふしぎ)は、本所東京都墨田区)に江戸時代ころから伝承される奇談・怪談。江戸時代の典型的な都市伝説の一つであり、古くから落語などのネタとして庶民の好奇心をくすぐり親しまれてきた。いわゆる「七不思議」の一種であるが、伝承によって登場する物語が一部異なっていることから8種類以上のエピソードが存在する。

七不思議の各話[編集]

映画化[編集]

1937年新興キネマでこの怪異を題材にした怪談映画「本所七不思議」が製作された。1957年には新東宝で「怪談 本所七不思議」としてリメイクされた。

後に新興キネマの流れを汲む大映映画「妖怪百物語」の元になった。

「本所七不思議」
監督:寿々喜多呂九平
「怪談 本所七不思議」
脚本:林音彌赤坂長義
監督:加戸野五郎