パラノマサイト FILE23 本所七不思議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パラノマサイト FILE23 本所七不思議
ジャンル ホラーミステリーADV
対応機種 Nintendo Switch
Microsoft Windows
iOS
Android
開発元 ジーン
発売元 スクウェア・エニックス
ディレクター 石山貴也
シナリオ 石山貴也
音楽 岩崎英則
美術 小林元
人数 1人
メディア [Switch・PC・iOS・Android]ダウンロード
発売日 世界の旗 2023年3月9日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
テンプレートを表示

パラノマサイト FILE23 本所七不思議』(パラノマサイト ファイルにじゅうさん ほんじょななふしぎ、英題:PARANORMASIGHT: The Seven Mysteries of Honjo)は、スクウェア・エニックスより2023年3月9日に発売されたゲームソフト。

概要[編集]

昭和後期の墨田区を舞台にしたホラーアドベンチャーゲーム[1]本所七不思議の伝承に紐づけられた呪いを有した「呪詛珠」を手に入れた登場人物たちが、それによって魂を集めることで《蘇りの秘術》を得ようとするという群像劇。ストーリーの中盤からは、各登場人物の視点を切り替えながら物語を読み解いていくシステムになっている。

探偵・癸生川凌介事件譚』シリーズなどを手掛けた石山貴也がディレクター・シナリオライターを担当している。

主な登場人物[編集]

興家彰吾(おきいえ しょうご)
「ヒハク石鹸」の企画部に勤める会社員。葉子についていく形で本所七不思議を調査していた折に、「置いてけ堀」の呪詛珠に取り憑かれる。
福永葉子(ふくなが ヨーコ)
オカルト好きな女性。錦糸堀公園で本所七不思議の手がかりを求めていたところで彰吾に声をかけられて知り合った。《蘇りの秘術》で愛犬のオゴポゴを蘇らせたいと語る。
志岐間春恵(しぎま はるえ)
専業主婦。1年前に息子の修一が誘拐殺人事件に巻き込まれ死亡している。単身赴任中の夫との夫婦仲は冷え切っており、大きな屋敷でほぼ一人で暮らしている。「送り拍子木」の呪詛珠に取り憑かれ、《蘇りの秘術》で息子を蘇らせることを強く望んでいる。
櫂利飛太(かい りひた)
私立探偵。自身の事を「プロタン(プロの探偵の略)」と自称するなど奇抜な言動も多いが、探偵としての実力は確か。春恵の依頼で誘拐事件の真相を調査しているほか、春恵に協力するため他の呪詛珠所持者の情報も集めている。
津詰徹生(つつみ てつお)
警視庁捜査一課に勤める警部。旧安田庭園での事件捜査中に「落葉なき椎」の呪詛珠に取り憑かれる。かつて秘匿部署の「心霊対策室」に勤めていた経験があるため、事実を即座に受け入れた。被害を最小限にしようと他の人物が持つ呪詛珠を回収しようと努める。
襟尾純(エリオ じゅん)
警視庁捜査一課に勤める巡査部長。津詰の相棒刑事として事態の解決に奮闘する。津詰のことを心から尊敬しているが、歯に衣着せぬストレートな物言いで困惑させることが多い。
逆崎約子(さかざき やっこ)
駒形高校に通う高校2年生。実家は駄菓子屋を経営している。本来は明るく前向きな性格だが、幼馴染の白石美智代が亡くなってからやや塞ぎ込んでいる。彼女の死は自殺だという捜査結果に納得がいかず、夜の高校でこっくりさんを行い真相を究明しようとしていた。そこで「馬鹿囃子」の呪詛珠に取り憑かれる。
黒鈴ミヲ(くろすず みを)
オカルトに詳しい女子高生。2か月前に駒形高校に転校してきた。約子に頼まれて一緒にこっくりさんを行っていた。呪詛珠に取り憑かれた約子に対して冷静にアドバイスをしたり、呪詛珠を使わないよう諫めたりしている。

評価[編集]

Steamでの約140件のレビューにおいて97%のユーザーからの高評価を獲得している[1]メタスコアにおける評価では、2023年3月現在100点中86点を獲得している[1]

コラボレーション[編集]

探偵・癸生川凌介事件譚
元気が発売したゲームシリーズ。前述のように、本作と同じく石山貴也が手掛けており、本作の発売に合わせてコラボレーション動画の制作やプレゼント企画が実施された[2]
ムー
ワン・パブリッシング発行のオカルト誌。ムーが監修した冊子「本所七不思議探索地図 令和版」が墨田区観光協会より無料配布された[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]