バックベアード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥取県境港市水木しげるロードに設置されている「世界妖怪会議」のレリーフ。バックベアードが描かれている。

バックベアード(Back Beard)は、現代日本においてアメリカ妖怪とされるキャラクター。巨大な黒い円形に枝のような物が放射状に生えており、中心に目が付いた姿をしている。夕方、ビル街に出現する。その巨大な一つ目で睨まれると強烈な目眩を起こすため、ビルの屋上などにいると落されてしまう。光化学スモッグのようなものが正体だと指摘する書籍もある[1]

出自[編集]

現在、バックベアードやその元になったとされる伝承は発見されておらず、バグベアイギリスに伝わる子供の躾のために考え出された妖精)からの着想ではないかという意見がある[2]。しかし、微妙に語感が似ているという他に共通点がなく、その国・性質・容姿などにおいてまったく異なっている。

現在知られているこの妖怪の初出は『少年ブック1965年8月号の「世界の幽霊・おばけ100選」で、昆虫の眼を持つとされている[3]。絵・岡崎甫雄、文・北川幸比古によるもので、「目をまともに見るとガケから落ちたり、めくらになる」とあり、同様の妖怪が1967年の『少年ブック』付録にも掲載されている[3]

1966年の『週刊少年マガジン』掲載の水木しげるの漫画『墓場の鬼太郎』「妖怪大戦争」の回で西洋妖怪の総大将として描かれ、以後、水木の多数の雑誌掲載や原作漫画およびアニメに登場し有名になった。また、設定も変化していき、『週刊少年マガジン』の巻頭口絵『世界の大妖怪』(1966年)では、漫画『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターとは別に、目を見ると失明する妖怪として描かれた。また、水木による伝承の妖怪を解説した書籍『東西妖怪図絵』(1975年)では外国の妖怪として紹介され、「睨みつけて目眩を起こす妖怪」「光化学スモッグのようなものが正体」として描かれ[1]、以降の水木の妖怪関連の書籍は『東西妖怪図絵』の絵や説明を基準にしている場合が多い。

一方で、伝承のある各国の妖怪に紛れて紹介されていたため、漫画からの創作であることを知られずに、日本国内において妖怪や悪魔として、漫画ゲームなど様々な創作メディアで、大よそ類似したデザインで登場し続けるようになった。

盗作疑惑[編集]

バックベアードのその黒く丸い体に一つ目があり、そこから放射状に多数の黒い枝が延びたデザインは剽窃であるという主張が、写真家内藤正敏によってなされた。内藤は1989年発行の雑誌『日本学』の「表紙のことば」において、自身が『アサヒカメラ』1964年4月号にて発表した「新宿幻景・キメラ」というコラージュ作品が水木しげるによって剽窃されたと述べた。

厳密には、バックベアードの最初期のイラストである『週刊少年マガジン』の巻頭口絵『世界の大妖怪』にある「一つ目の大妖怪」(1966年)が「新宿幻景・キメラ(c)」(1964年)の模写である。同じく、『週刊少年マガジン』の漫画『墓場の鬼太郎 妖怪大戦争 第2回』でも初登場の絵には模写が使われている。なお、更に過去に遡ると双方の作品が、画家オディロン・ルドンの描いた絵画『眼=気球』に似ていると指摘されている。

『ゲゲゲの鬼太郎』におけるバックベアード[編集]

西洋妖怪の総大将。アメリカの妖怪で、黒い球体に巨大な一つ目と多数の触手を備えた姿をしている。その巨大な目を見るだけで強力な催眠術にかかり、ベアードの言いなりになってしまう。他にも、目眩を引き起こしたり、強烈な眼光で目を眩ませたり、相手を灰するなど、原作漫画によって眼力の効果は異なる(アニメ版では、破壊光線や金縛りの術など、原作以上に様々な術を使う)。また場合によっては、手足を生やしての行動も可能。残酷で狡賢い性格をしており、邪魔だと判断した人間や妖怪を平気で殺してしまう。『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する妖怪の中でも、割と早い時期から登場する強敵である。

初登場は原作漫画の『妖怪大戦争』(アニメ作品では第1作第10話『妖怪大戦争(前編)』)。ブリガドーン現象の中に住む西洋妖怪軍の大将として登場し、ドラキュラ魔女狼男(人食い狼)、フランケンシュタインなど大勢の妖怪を引き連れ、妖怪の国を作るため、鬼界ヶ島を占領した。島民の半数を殺し、島民解放に訪れた鬼太郎一行を全滅寸前まで追い込み、鬼太郎をも催眠術で支配下に置いたが、チャンチャンコの力を借りた目玉親父に、弱点である目を突かれて絶命した。

その後は、原作漫画『妖怪ラリー』(アニメ第1作第54話)でアメリカ代表選手として登場するのをはじめ、宇宙旅行を計画したり(『鬼太郎の世界お化け旅行』)、相撲大会に参加したり(『鬼太郎国盗り物語 妖怪大相撲の巻』)と、様々なエピソードに登場する。原作漫画では、回を重ねる毎に単独で行動するようになっていったり、『鬼太郎のベトナム戦記』『妖怪ロッキード』では鬼太郎の協力者になるなど、その描かれ方も変化した。原作では鬼太郎の宿敵として描かれる場合が多いが、登場作品はアニメ化されていない物が多く、またアニメ第3作以降からはぬらりひょんが鬼太郎の宿敵として描かれるようになったため、後期のアニメでは出番は多くなく、原作ほど目立った活躍はしていない。『妖鬼化』(水木しげる)によれば、水木本人はバックベアードを気に入っているようで、形が面白いのでよく作品に登場させていると語っている。そのため「ゲゲゲの鬼太郎」のカラーイラスト等でも、他の敵妖怪に比べて描かれている割合が多い。

アニメ第1作『妖怪大戦争』では、定期的に妖怪パーティーを開いていたイギリスの廃寺院が取り壊されたことで、人間との共生を止めてしまう。仲間の西洋妖怪達を扇動して人間を支配しようと企み、妖怪の国を作る為の前線基地として、日本の鬼界ヶ島に目を付ける。アニメ化されたことで表情も比較的豊かになり、あくびをするなどお茶目な姿も見せている。鬼太郎を催眠術で支配したが、依頼人父子が命懸けで灯した灯台の光で目が眩んで催眠が解け、正気に返った鬼太郎に目を蹴り潰され倒れた。その後、第54話『妖怪ラリー』で再登場。賞品の佐渡島を手に入れるため、鬼太郎以外の選手と共同戦線を張り、進路妨害をさせていた。この時は真っ黒な背景と区別するためか、ベアード自身が白色に変更されており、デザインも簡略化されている。なお、アニメ第2作には登場しない。

アニメ第3作には、劇場版『妖怪大戦争』で初登場。ハレー彗星の接近とともに、ホウキ星島に突如出現した。巨大な体をしており、周囲に稲妻が飛び交うなど、原作よりも派手に描写されている。ハレー彗星と何らかの関係性があるらしく、体内が宇宙空間のような異次元へ繋がっていた(劇中では詳しくは語られない)。そこへ鬼太郎を押し込もうとした矢先、ねずみ男たちが城の土台と異常潮流渦巻く地下洞とを隔てる岩盤を破壊、激流で砕けた城の破片と脱出した鬼太郎の毛針で重傷を負い墜落。部下共々水の竜巻に呑まれどこかへ飛ばされていった。テレビ版でも第46話『妖怪大統領こうもり猫』でアメリカの妖怪大統領として登場し、第51話『世界妖怪ラリー』でもラリー参加者として登場した。

アニメ第4作では、第64話『激走!妖怪ラリー』から登場。願いの叶う妖怪石を求めてラリーに参加し、鬼太郎とデッドヒートを繰り広げる。第96話『妖怪王・ぬらりひょん』から西洋妖怪の首領として再登場。妖怪島を復活させる目的で、ぬらりひょんと同盟を組んでいた。また、第4作は配下の妖怪がこれまでとは異なり、ウーストレルヨナルデパズトーリポルターガイストゴーレムの他、西洋妖怪四天王としてこうもり猫グルマルキンブイイジャイアントなどとなっている。

ほしの竜一の漫画『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪千物語』では、『妖怪大戦争』のメンバーにミイラ男やゴーゴンなどを加えて、日本を侵略。さらった子供達の魂で妖怪樹を育て、その実の霊力で悪魔総統デビルプルトーを復活させようとした、不死身で無敵の妖怪として登場。鬼太郎の活躍によって敗れたため逃げ去った。

アニメ第5作は、第18話『古城に光る黒い眼』で登場。ベアードの名前は古今(ココン)には馬句部阿度と記載されている。西洋妖怪達の大統領的存在といわれ、強大な魔力を持つ黒幕として幾話に渡って登場している。地獄侵略を企んでいるが、活動範囲を広げるため、一時的に日本妖怪の総大将であるぬらりひょんと手を組んでいる。体を構成する妖怪細胞は、状況に応じ鋼鉄より硬くゴムより軟らかくなる硬軟自在であるため、目も含めて並大抵の攻撃は通じず、体内は毒素で満ち溢れている。反面、通常空間には短時間しか出られず、普段は異空間に潜んでいる。また、相手に対し「ミスター」「ミス」をつけて呼ぶなど紳士的な言葉遣いや態度でふるまうが、その本質は冷酷無比である。ただし、高い知性を備えていること、理性的であることは事実のようで、配下の西洋妖怪たちを纏めるに当たっても、直接的な実力よりむしろ政治力と統率力で従わせていると思われる節がある。部下に対しては、魔女ザンビアのバレンタインプレゼントを気持ちだけでも受け取るなどの優しさもある。鬼太郎との直接対決は第59話『グレムリン東京上陸!!』で実現し、重傷を負って退却するが、その後も西洋妖怪達を指図しながら回復を待ち、リベンジを期している。だが打ち切りのため、リベンジ・マッチは実現しなかった。後半はオープニングにも登場し、敵側妖怪の中で最も目立つような演出がされている。

耕吉(第1作)、柴田秀勝(第3作、第5作)、佐藤正治(第4作)

他作品におけるバックベアード[編集]

主に水木しげるの作品に登場する特徴および外見をモチーフにしたキャラクターが多い。

ドラマ
小説
漫画
ゲーム
トレーディングカードゲーム
  • デュエル・マスターズ : 水木しげるがイラストを手がけたバックベアードがキャラクターとして登場している。なおカードが発売される前に水木は亡くなっており、遺作の一つと捉えられている。

インターネット上におけるバックベアード[編集]

インターネット上の電子掲示板サイト「ふたば☆ちゃんねる」の板「二次裏」において、漫画『ゲゲゲの鬼太郎』のバックベアードの1コマに「このロリコンどもめ!」という台詞をつけたコラージュが投稿され、妖怪バックベアードがロリータコンプレックスを一喝するという二次創作設定が広まった[4][5]

更に、このバックベアードと台詞をモチーフにした萌え擬人化で、バックベアードの娘「ベア子」が考案された。このキャラクターのフィギュアが制作されて、コミックマーケットの企業ブースなどで販売された[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 水木しげる東西妖怪図絵』 読売新聞社、1975年ASIN B000J939DC
  2. ^ 京極夏彦村上健司多田克己 『妖怪馬鹿―化け物を語り尽せり京の夜』 新潮社〈新潮OH!文庫〉、2001年2月。ISBN 978-4102900734
  3. ^ a b バックベアード初出” (2016年12月28日). 2017年2月10日閲覧。
  4. ^ アニメ鬼太郎に「このロリコンどもめ!」妖怪→早速コラ画像 :にゅーあきばどっとこむ”. にゅーあきば (2007年8月5日). 2010年9月9日閲覧。
  5. ^ ビル入口にバックベアード「このロリコンどもめ! 」”. アキバ総研. カカクコム (2008年5月24日). 2012年12月30日閲覧。
  6. ^ このロリコンどもめ!!「バックベアード様がみてる でかベア子」発売”. アスキー・メディアワークス (2008年2月14日). 2010年9月9日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]