松本しげのぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつもと しげのぶ
松本 しげのぶ
生誕 (1973-02-15) 1973年2月15日(49歳)
日本和歌山県
職業 漫画家
活動期間 1990年 -
ジャンル 児童漫画
受賞 第31回小学館新人コミック大賞児童部門佳作
第66回小学館漫画賞児童向け部門
テンプレートを表示

松本 しげのぶ(まつもと しげのぶ、1973年2月15日 - )は、日本漫画家和歌山県出身[1]

略歴[編集]

人物[編集]

  • 通称「松本大先生」(大の字が小さいこともある)。好物は鳥の唐揚げだという。
  • 穴久保幸作のチーフアシスタントでもあった。また同じく月コロと別コロなどでベイブレードなどを連載しているおおせよしおとは元クラスメイト
  • 息子がおり、親子ともに電車好きである。

作品リスト[編集]

連載[編集]

  • 世紀末ごくらく寺(『別冊コロコロコミック』1995年 - 1996年)
  • おどろき!ももの木笑店街(『別冊コロコロコミック』1996年6月号 - 1999年4月号)全3巻
  • デュエル・マスターズ(『月刊コロコロコミック』1999年5月号 - 2005年3月号)全17巻
    • デュエル・マスターズFE(『月刊コロコロコミック』2005年4月号 - 2008年6月号)全12巻
    • デュエル・マスターズSX(『月刊コロコロコミック』2008年7月号 - 2011年3月号)全9巻
    • デュエル・マスターズ ビクトリー(『月刊コロコロコミック』2011年4月号 - 2014年3月号)全10巻
    • デュエル・マスターズVS(『月刊コロコロコミック』2014年4月号 - 2017年2月号)全12巻
    • デュエル・マスターズ(2017年版)(『月刊コロコロコミック』2017年3月号 - 2020年2月号)全11巻
    • デュエル・マスターズ キング(『月刊コロコロコミック』2020年3月号 - 2022年8月号[3])全8巻
    • デュエル・マスターズWIN(『月刊コロコロコミック』2022年9月号[4] - )
  • デュエル・マスターズ外伝(『別冊コロコロコミック』2001年10月号 - 2005年4月号)全1巻
  • 新星輝デュエル・マスターズ フラッシュ(『別冊コロコロコミック』2006年4月号 - 2007年2月号)全1巻
  • 大長編デュエル・マスターズ(『別冊コロコロコミック』)全3巻
  • 錬人-レンジン-(『コロコロG』1号 - )既刊1巻、掲載誌の休刊により中断
  • ゲゲゲの鬼太郎(『別冊コロコロコミック』2018年6月号[5] - 2020年2月号)全2巻、原作:水木しげる
  • 切札勝舞はマジック:ザ・ギャザリングを使いつづける(漫画:コーヘー、『コロコロアニキ』2018年秋号[6] - 2021年春号[7])全2巻、原作担当。

読切[編集]

  • すーぱーぷよぷよ ぎゃぐまどう物語(『月刊コロコロコミック』1994年1月号)
  • おかしなプクリン(『別冊コロコロコミック』1995年2月号)
  • 正義の人 ジャケティス(『別冊コロコロコミック』1995年8月号)
  • でろでろブータン(『別冊コロコロコミック』1999年6月号)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 松本しげのぶ先生の子育て事情 - はぐすて”. 2021年8月30日閲覧。
  2. ^ “第66回小学館漫画賞に「デデデデ」「チェンソーマン」「ショコラの魔法」など”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年1月20日). https://natalie.mu/comic/news/413080 2021年1月24日閲覧。 
  3. ^ “「ぷにるはかわいいスライム」カラーマンガがコロコロに、ぷにるのシールも付属”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年7月15日). https://natalie.mu/comic/news/485687 2022年8月12日閲覧。 
  4. ^ “松本しげのぶ「デュエマ」新シリーズ「デュエル・マスターズWIN」がコロコロで開幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年8月12日). https://natalie.mu/comic/news/489339 2022年8月12日閲覧。 
  5. ^ “「ゲゲゲの鬼太郎」を「デュエマ」の松本しげのぶが描く新連載、別コロで開幕”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年4月23日). https://natalie.mu/comic/news/279336 2021年3月15日閲覧。 
  6. ^ “「デュエマ」もし切札勝舞が「マジック」を続けていたら?を描くギャグ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年9月15日). https://natalie.mu/comic/news/299888 2021年3月15日閲覧。 
  7. ^ “紙版ラストのコロコロアニキで「ペンギンの問題」復活、誌面連載作の今後も告知”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年3月15日). https://natalie.mu/comic/news/420177 2021年3月15日閲覧。 

外部リンク[編集]