鬼界ヶ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鬼界ヶ島(きかいがしま)とは、1177年(治承元年)の鹿ケ谷の陰謀により、俊寛平康頼藤原成経流罪にされた薩摩国に属す。古代以降、日本の南端の地として長い間認識されていた。

平家物語』によると、島の様子は次の通りである。

舟はめったに通わず、人も希である。住民は色黒で、話す言葉も理解できず、男は烏帽子をかぶらず、女は髪を下げない。農夫はおらず穀物の類はなく、衣料品もない。島の中には高い山があり、常時火が燃えており、硫黄がたくさんあるので、この島を硫黄島ともいう。

1178年(治承2年)に康頼、成経は赦免され京に帰るが、俊寛のみは赦されず、独り島に残され、悲嘆のうちに死んだ。

鬼界ヶ島の現在の場所ははっきりしないが、薩南諸島の以下の島のいずれかと考えられている。

  • 硫黄島 - 1995年平成7年)5月に建てられた俊寛の銅像がある。火山の硫黄によって海が黄色に染まっていることから、「黄海ヶ島」と名付けられたとの説がある。
  • 喜界島 - 俊寛の墓と銅像がある。墓を調査した人類学者の鈴木尚によると、出土した骨は面長の貴族型の頭骨で、島外の相当身分の高い人物であると推測された。

また、薩南諸島とは離れた長崎県伊王島にも俊寛の墓がある。

関連項目[編集]

  • 外ヶ浜:古代から中世にかけ日本の北端とされた。

外部リンク[編集]