星山博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
星山博之
プロフィール
誕生日 (1944-05-13) 1944年5月13日
出身地 日本の旗 日本,東京都
死没日 (2007-02-07) 2007年2月7日(62歳没)
主な作品
アニメ無敵超人ザンボット3
無敵鋼人ダイターン3
機動戦士ガンダム
無敵ロボ トライダーG7
新世紀GPXサイバーフォーミュラ

星山 博之(ほしやま ひろゆき、1944年5月13日 - 2007年2月7日)は、東京都出身の日本男性脚本家。主にテレビアニメを手掛けた。日本脚本家連盟会員。

来歴・人物[編集]

中央大学文学部中退。大学4年生の頃に友人のりんたろうに誘われて、アニメ制作会社虫プロへ遊びに行った事がきっかけで、大学を中退しアニメ界に入る。富野由悠季とはその頃からの同僚。1967年に虫プロへ入社。文芸製作部に所属して、テレビアニメ『ムーミン』『さすらいの太陽』などの文芸担当を務める。1973年に虫プロが倒産してからは、フリーとして活動した。虫プロ出身者で作ったアニメ製作会社日本サンライズロボットアニメには、1970年代終盤から1980年代にかけて多くを執筆。富野由悠季監督作品、高橋良輔監督作品、神田武幸監督作品といったサンライズ作品の多くを手がけた。サンライズ作品以外にも、東映動画などでも脚本を執筆し、ジャンルもロボットものからファミリーもの、ギャグものまで幅広い。

また、古きよきヨーロッパの映画のテイストが好みだったらしく、作品にもよくそれが現れている。特にイタリア映画ネオレアリズモにのめり込んだためか、『機動戦士ガンダム』においてカイ・シデンミハル・ラトキエのエピソードにおいて、ヴィットリオ・デ・シーカ監督の代表作『自転車泥棒』のような話がやりたいという発案から来たのは有名な話である。

晩年には自身の著作本『星山博之のアニメシナリオ教室』で「アニメに求められているのは、案外『普遍性』なのだ」と述べた。また、小説家だった大河内一楼が、脚本家に転向する際に、星山が執筆した脚本を100回も読んで「アニメの脚本の書き方」を学んだという。

1999年に、ガンダムシリーズ放映20周年を記念した原点回帰を意図した作品『∀ガンダム』を製作するに当たって、富野由悠季が最初にコンタクトをとった人物でもある。

2007年2月7日、62歳で逝去。

作風[編集]

自分が脚本を書いた作品について、星山は「僕が関わった作品は雰囲気がどこかやさしくなる」と語っており、『銀河漂流バイファム』の優しげな演出を見た富野も、自分の作品にこの作風が欲しかったようで嫉妬を抱いたと供述している。

主人公に「僕」の一人称を使う人物が多く、できるだけ乱暴な口調を避けた優しい言葉づかいが特徴。

主な作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

オリジナルビデオアニメ[編集]

  • メガゾーン23(1985年)
  • メガゾーン23 PartII 秘密く・だ・さ・い(1986年)
  • 銀河漂流バイファム 消えた12人(1986年)
  • ダーティペア(1987-88年) シリーズ構成
    • 1、5、10話 (脚本)
  • ヴァンパイヤー戦争(1991年)
  • LILY-C.A.T.(1987年)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11(1992年)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO(1994年)
  • ハローキティシリーズ
    • ハローキティのハッピー! 仮装大会
    • ハローキティの夢どろぼう
    • ハローキティのアルプスの少女ハイジ
    • ハローキティのアルプスの少女ハイジ2 〜クララとの出会い〜
    • ハローキティの小公女
    • ハローキティの白雪姫
    • ハローキティの郵便屋さんありがとう
    • ハローキティの不思議の国のアリス
    • ハローキティのサーカスがやってきた
    • ハローキティのロンドンにおりた宇宙人
    • ハローキティのすてきな姉妹
    • ハローキティのかぐや姫
    • ハローキティの夢のお城の王子さま
    • ハローキティのみんなの森をまもれ!
    • ハローキティのパパなんて大きらい

著作[編集]

  • 星山博之のアニメシナリオ教室(2007/6、雷鳥社)
    • ISBN 978-4844134350
    • 『機動戦士ガンダム』第13話の脚本、および『銀河漂流バイファム』『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』の企画書を収録。
  • 学研ひとりよみ名作シリーズ
  • 太陽の牙ダグラム(ソノラマ文庫)
  • ハローキティのロンドンにおりた宇宙人(1992/7、サンリオ)
  • 地球の朝は今(1981-82年)
    • アニメ雑誌『アニメック』(ラポート刊)18-23号に連載された小説。全6回。

インタビューなど[編集]

  • 太陽の牙ダグラム DVD-BOX The 25th anniversary memory (2006/11)
    • 映像特典「STAFF座談会」にて、2006年に行われた高橋良輔、塩山紀生を交えた座談会を収録。
  • ガンダム者 ガンダムを創った男たち(Web現代「ガンダム者」取材班編、講談社、2002年)
  • 機動戦士ガンダム記録全集(サンライズ、1979-80年)
  • ∀の癒し(富野由悠季、角川春樹事務所、2000年)
  • ニュータイプ100%コレクション ∀ガンダム vol.2
    • 『∀ガンダム』制作についてのインタビュー。

出典[編集]

  1. ^ かりあげクン”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。