機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
機動戦士ガンダム
ククルス・ドアンの島
MOBILE SUIT GUNDAM
Cucuruz Doan's Island
監督 安彦良和
脚本 根元歳三
原作 矢立肇
富野由悠季
出演者 古谷徹
武内駿輔
音楽 服部隆之
主題歌 「Ubugoe」
森口博子
撮影 葛山剛士
飯島亮
編集 新居和弘
制作会社 サンライズ
製作会社 バンダイナムコフィルムワークス
配給
公開 日本の旗 2022年6月3日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(きどうせんしガンダム ククルス・ドアンのしま)は、2022年6月3日松竹系で全国公開されたガンダムシリーズアニメ映画。監督は安彦良和[1][2]Dolby Cinema(ドルビーシネマ)4DX版も同時公開。

テレビアニメ『機動戦士ガンダム』第15話「ククルス・ドアンの島」の翻案である(冒頭にテロップが表示される)。

キャッチコピーは「ガンダム、再び大地に立つ」「おかえり、ホワイトベース隊」「ガンダムよ、このザクを倒せるか。

作品解説[編集]

『機動戦士ガンダム』テレビシリーズのエピソードの一つである「ククルス・ドアンの島」をモチーフに制作された劇場用アニメーション作品。いわゆる「ファーストガンダム」の新作映画としては、1982年公開の映画『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙(そら)編』以来、およそ40年ぶりの劇場公開となった。主題歌には森口博子が起用された。

制作[編集]

2021年9月15日、バンダイナムコグループの「ガンダムプロジェクト」より、「第2回ガンダムカンファレンス」が開催され、実物大νガンダム立像の計画や『機動戦士ガンダム 水星の魔女』などと共に本企画が発表された。当初、漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島』の映画化なのではないかと考察するファンも多かった[3]が、『ガンダムエース』2021年12月号の安彦へのインタビューで否定された。

安彦は、本作を作ろうと考えて自ら提案したのはMSD版がきっかけと述べており[4]、制作においてMSD版がヒントになった箇所もある[5]

テレビ版のエピソードでは子どもが4人登場するのに対し、本作では20人に増やし、ドアンが生活臭のあるより優しいキャラクターになるようにしたという[6]

また、安彦は本作に出演した古谷徹武内駿輔との対談で「ガンダムの映像を作るのは本作が最後となる」とも述べている[7]。安彦はこのほか、これで「ファーストガンダムに思い残すことはなくなった」といい、映画ではテレビ版よりモビルスーツの活躍場面を増やしており、任侠映画でいえばガンダム鶴田浩二、ククルス・ドアンのザク池部良のイメージと語っている[8]

時系列は安彦による漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に準拠した設定となっており、ドアンのようなエピソードは厭戦気分が高まってからの話であるだろうと、ジャブロー戦とオデッサ戦の間に変更されている[9]モビルスーツの設定も踏襲しているが[10]、「THE ORIGIN」という名称は安彦が「つける必要もない」と判断したため作品名には入っていない[5]。キャストは同作のアニメ版のものが反映されている[5]

あらすじ[編集]

宇宙世紀0079年(U.C.0079)、地球連邦軍は自治権を求めるジオン公国との戦争に突入し、世界総人口の半分が消失するほどの激戦を繰り広げていた。本部であるジャブローへの奇襲を辛くも切り抜けた連邦軍や戦いに巻き込まれたアムロたちホワイトベースの面々は、ジオンの地球進攻軍本拠地であるオデッサを目指す。

その最中、反撃に際して万全を期すための補給を受けにベルファストを経由することに決めたホワイトベースのもとへ突然、無人島・アレグランサ島[注 1]の残敵を叩けという内容の指令が下る。早速調査を始めると、島には謎の子供たちと1機のザクが潜伏していた。ザクとの戦闘の中でアムロは気を失い、目を覚ますとガンダムは失われてしまい、ククルス・ドアンという謎の男と子供たちの姿がそこにあった。アムロは島でドアンや子供たちと生活を共にしながら隠されたガンダムを探すが、その頃ホワイトベースでは調査任務の打ち切りと出航が命じられる。さらに、ジオン軍の精鋭モビルスーツ部隊サザンクロス隊が、島の秘密に関わる任務のため島へと派遣される。

登場人物[編集]

原作からの登場人物[編集]

テレビアニメ『機動戦士ガンダム』が初出の登場人物。詳細はリンク先を参照。

ホワイトベース乗員
その他地球連邦軍
ジオン公国軍
民間人

本作オリジナルの登場人物[編集]

英文表記は公式ウェブサイトによる[15]

ホワイトベース乗員[編集]

オルセン (Olsen)
声 - 松本健太[13]
階級は兵長[16]。ガンペリーのパイロットで、ガンダムらを島まで運ぶ。
小説版によれば、ノルウェー出身。
リツマ (Ritsma)
声 - 川田紳司[13]
階級は少尉[16]。ホワイトベースの副操縦士。
漫画『THE ORIGIN』でも同名のキャラクターが登場するが、そちらは女性の通信士である。
バーバラ (Barbara)
声 - 朝井彩加[13]
女性、階級は曹長[16]。通信士のひとり。
ハン (Han)
眼鏡をかけている。艦内のモニターを常時監視する。

その他地球連邦軍[編集]

エド・クライン
声 - 小西克幸[7]
名前は小説版により(映画でのクレジットは「参謀」)、階級は中佐[16]。ブライトに高圧的な態度で、統合司令部からの命令を振りかざす。
小説版によれば、最初の命令を伝える際にドラゴン・フライに搭乗してホワイトベースに出向いている。

サザンクロス隊[編集]

ドアンがかつて所属していたジオン公国軍精鋭部隊[17]。それぞれカスタマイズされた高機動型ザク(地上用)に搭乗する。

小説版によれば、傭兵であったドアンとエグバが宇宙世紀0075年に特殊任務の功績によってジオン共和国の正規軍人として任官し、MSのテスト・パイロット部隊として編制されたのが始まりで、部隊名は教会の孤児院で育ったドアンの発案による。0079年の緒戦では遊撃部隊としてサイド2侵攻作戦に参加、ブリティッシュ作戦でもGGガスを積載した接合ユニットの護衛の任に就く。その後は地球侵攻軍に配属され、半年後にドアンが最前線から逃亡する。

エグバ・アトラー (Egba Atler)
声 - 宮内敦士[17]
階級は大尉。ドアンに替わって隊長となる。ひとり脱走したドアンを激しく憎む。
小説版によれば、傭兵時代のドアンの相棒であり、最後の仕事の際にお互い残った1発の銃の弾丸を交換し、いつか自分か互いの命のために使おうと約束する。
また小説版では、撃破されたザクから右腕を失いながらも脱出しており、ドアンと上記の銃弾による決闘をおこなう。結果ドアンの肩を負傷させるが、ドアンは空砲を使っていた。激昂したエグバはドアンの目の前に銃口を突き付けるが、最期は自分のこめかみを撃ち抜いて自害する。
ウォルド・レン (Wald Ren)
声 - 上田燿司[17]
副隊長で、階級は中尉[16]。狙撃手を担当。
セルマ・リーベンス (Selma Livens)
声 - 伊藤静[17]
唯一の女性隊員で、階級は曹長。20代後半[16]
小説版によれば、見た目とは裏腹に中国武術など格闘術全般の心得がある。父は軍属であったが、訓練中に爆弾処理を誤って片足を失い酒浸りとなって家族に暴力を振るうようになり、母は耐え切れず発狂。セルマが16歳のとき、父親を彼自身の軍用拳銃で射殺して投獄される。未成年であったこともあり、軍の特殊工作員になることを条件に懲役20年から8年に減刑されて軍務に就く。ドアンに誘われてサザンクロス隊に入隊、隊長のドアンに憧れをいだき、ドアンが自分の家族を失ったことを知り意気消沈しているときに一度だけ一夜をともにしている。しかし、脱走後のドアンがふたたび「家族」を作ったことに怒り、殺すことでドアンを手に入れようとする。
また小説版では、「ザクの幽霊」の噂を聞きつけ、作戦命令より前(映画の物語開始直前)に通信社の記者と偽って島に潜入している。ドアンにも会っており、島から離れるよう忠告する。
ユン・サンホ (Yun Sangho)
声 - 遊佐浩二[17]
階級は曹長。30代前半[16]
小説版によれば、工学大卒でシステム・エンジニアとしても優れる。
ダナン・ラシカ (Danan Rashica)
声 - 林勇[17]
階級は伍長[16]。左頬にトカゲのタトゥーを入れている。部隊に志願して編入されるが、その動機は「ククルス・ドアンがどれだけ強いのか見てみたい」というものであった。
小説版によれば、前の部隊で隊長の鼻を嚙みちぎったらしく、その噂を吹聴していた整備士の目を潰して重傷を負わせる残虐な面も見せている。

島の子供たち[編集]

カーラ (Cara)
声 - 廣原ふう[18]
16歳の女の子[16]。子供たちの母親代わりとなる[19]
小説版によれば、スペインの片田舎にある病院のひとり娘で、母を早くに亡くしてからは学校に行くかたわら父の仕事を手伝う。ジオン軍の地球侵攻により村が連邦軍の野戦病院となり、看護師として働く。ある日、村にジオン軍が侵攻してくるという情報が流れ、拷問・凌辱を避けるために院内の毒薬で集団自殺を図ることとなるが、カーラの父はこれを拒否して連邦軍人に射殺される。すべての毒を地面にぶちまけたカーラも射殺されそうになるが、ドアンのザクの出現により一命を取り留める。ドアンの去り際に一緒に来るか問われたカーラは、それに従った。
マルコス (Marcos)
声 - 内田雄馬[18]
カーラと同じ16歳の男の子[16]。年長者であり、アムロに対抗心を抱く[19]
小説版によれば、半年前は華奢だったが、現在では胸板も厚くなっている。ドアンと初めて会ったときには、北米に侵攻したジオン軍の捕虜として地雷の撤去作業をさせられていた。
アマド (Amado)
声 - 永竹功幸
12歳の男の子[16]。マルコスの弟分。
小説版によれば、島に来る前は最前線で連邦やジオンの兵士の死体から食料や兵装をむしり取っていた。
グイド (Guido)
声 - 佐々木煌将
8歳の男の子[16]。アマドの弟分で魚釣りを担当。
小説版によれば、4か月前に島に連れて来られた時には爆撃で家族を亡くしたショックによる失語症であったが、フリアンの兄代わりに面倒を見た結果、1か月で自分の言葉を話せるようになった。
ホセ (Jose)
声 - 木村皐誠
10歳の男の子[16]
小説版によれば、マルコスとともに捕虜であった。
タシト (Tacito)
声 - 森谷蓮
8歳の男の子[16]
小説版によれば、髪の毛を掻き分けると頭部に大きな傷があり、戦時下の記憶が抜け落ちている。
フリアン (Julian)
声 - 吉田奏佑
劇中で7歳の誕生日を迎える男の子。常に赤いキャップを被っている。
小説版によれば、兄の自転車の後ろに乗って戦場を通り抜けているときに爆撃を受け、兄は自転車ごと吹き飛ばされた。
マテオ (Mateo)
声 - 織田海誓
10歳の男の子[16]。眼鏡をかけている。雌ヤギのブランカ (Branca) の世話係で、搾乳を担当。
小説版によれば、戦火の中でひとり本を読みふけっていた。
ロペ (Lope)
声 - 春野杏
4歳の男の子[16]。暗闇を怖がって夜泣きし、ほかの子供を寝不足に導く。マテオとともにブランカの世話係で、搾乳時に逃げないよう押さえるが、止められず逃走を許してしまう。
小説版によればドアンが最初に救出した子供であり、ドアンが破壊したビルの下敷きになって死んだ母親の死体にすがって夜通し泣いていた。
チータ (Tita)
声 - 安藤紬
7歳の女の子だが、年齢よりおさない印象[16]。お絵描きとアイスが好き。
小説版によれば、衣装バッグを盾に路地裏で震えていた。
ドラ (Dora)
声 - 吉澤梨里花
8歳の女の子[16]。おませでお喋りだが、面倒見はよい。
小説版によれば、画家の父が残したパレットナイフでジオン兵から身を守っていた。
ヒセラ (Gisera)
声 - 田村奈央
13歳の女の子。家事・炊事が得意[16]。カーラのよき助手であるしっかり者。
小説版によれば、ジオン軍の捕虜収容所にいたが連邦軍の爆撃機の誤爆により家族を失った。
イネス (Ines)
声 - 種﨑敦美
9歳の女の子。きれい好き[16]
小説版によれば、ヒセラと同じ境遇。
テレサ (Teresa)
声 - 赤尾ひかる
8歳の女の子[16]。自分の金髪を触る癖がある。
小説版によれば、家族を亡くしてカーラの村の野戦病院にいたところ、現れたドアンのザクに一緒に来るよう誘われた。
ユイ (Huy)
声 - 渋谷彩乃
8歳の女の子[16]。おもにテレサと行動をともにする。
小説版によれば、テレサと同じ境遇であった。
アダ (Ada)
声 - 種﨑敦美
4歳の女の子。ぬいぐるみとカーラの手を片時も離さない[16]
小説版によれば、ジオン軍に抵抗して射殺された活動家の娘であった。
マルコ (Marco)
声 - 桑原由気
4, 5歳の男の子[16]。おもにダナと行動をともにする。
ダナ (Dana)
声 - 田村奈央
4, 5歳の女の子[16]。マルコの面倒を見る。
ルペ (Lupe)
声 - 桑原由気
6歳の女の子[16]。ピンクのオーバーオールを着ている。
小説版によれば、父親に手を引かれ逃げていたが、ドアンが見つけたときには父の腕だけを引きずって逃げていた。
ダリオ (Dario)
声 - 渋谷彩乃
4, 5歳の男の子[16]。たれ目。

登場兵器[編集]

原作からの登場兵器[編集]

地球連邦軍
ジオン公国軍

本作オリジナルの登場兵器[編集]

地球連邦軍
ゴップ専用艦(ラ・グランパ)
メカニックデザインは安彦のラフをもとに、山根公利が決定稿を描いた。山根は本艦を海上のビッグ・トレー的な存在と位置付け、時代遅れの巨大艦船をオデッサ戦での地上支援のためにもち出したと想定している[20]
ゴップが座乗する巨大航空母艦。複数の主砲、機関砲のほか、大型対艦ミサイル、対空バルカン砲、マルチ・ミサイル・ランチャーを装備し、フライ・マンタなど艦載機を搭載して圧倒的な大きさを誇る[16]
ジオン公国軍
MS-06F ドアン専用ザク
ククルス・ドアンが搭乗するザク。ドアンが倒した相手の機体などを用いて補修・改修をおこなっている。
MS-06GD 高機動型ザク(地上用)
サザンクロス隊が運用する機体。隊員それぞれの戦闘スタイルに合わせて異なる武装を装備する。
MS-06R-1A シャア専用高機動型ザクII
アムロが見る夢の中で、シャア・アズナブルが搭乗する。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「Ubugoe」[23]
森口博子による主題歌。作詞は松井五郎、作曲はdoubleglass、編曲は冨田恵一

小説[編集]

  • 小説:竹内清人 / 原作:矢立肇・富野由悠季『機動戦士ガンダム』より 『小説 機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』KADOKAWAカドカワコミックス・エース〉、2022年5月26日発行(同日発売[24])、ISBN 978-4-04-112680-6

映像ソフト[編集]

  • 『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ブルーレイ劇場限定版(劇場にて2022年6月3日発売)
  • 『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』ブルーレイ劇場通常版(劇場にて2022年6月3日発売)

商品化[編集]

  • HG 1/144 RX-78-02 ガンダム (ククルス・ドアンの島版)
    • プレミアムバンダイ限定。2022年7月発送予定。
  • HG 1/44 ドアン専用ザク
    • プレミアムバンダイ限定。2022年7月発送予定。
  • GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE RX-78-02 ガンダム
    • 2022年11月発売予定。
  • GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ドアン専用ザク
    • 2022年12月発売予定。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 劇中の台詞などで島の名称や位置は明示されているが、映画公式サイトでは具体的な地名は記されず、「帰らずの島」と呼称されている。
  2. ^ a b c 本作ではアムロの夢の中でカメオ的に登場。

出典[編集]

  1. ^ 映画「ククルス・ドアンの島」22年初夏公開 「機動戦士ガンダム」の名エピソードを安彦良和監督が映画化”. ITmedia NEWS. ITmedia (2021年12月21日). 2021年12月29日閲覧。
  2. ^ 『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』超特報映像 (YouTube配信). ガンダムチャンネル. (2021年12月21日). 該当時間: 28s. https://www.youtube.com/watch?v=Zj5nfqmt8qU&t=28s 2021年12月29日閲覧。 
  3. ^ 加々美利治 (2021年9月24日). “1stガンダムの異色作『ククルス・ドアンの島』映画化の理由 マンガ版の映像化は「勘違い」”. マグミクス. メディア・ヴァーグ. p. 2. 2022年2月3日閲覧。
  4. ^ 安彦良和; 財前(ガンダムエース編集長) (2022年1月21日). 【特別掲載】いま語られる映画『ククルス・ドアンの島』と「安彦良和/機動戦士ガンダム THE ORIGIN展」への思い──安彦良和インタビュー. (インタビュー). KADOKAWA. ダ・ヴィンチニュース.. https://ddnavi.com/interview/916502/a/ 2022年2月3日閲覧。 『月刊ガンダムエース』2021年12月号に掲載の記事より抜粋。
  5. ^ a b c 「「ガンダム」が問う「非戦」という生き方」『サンデー毎日』2022年6月5・12日合併号、毎日新聞出版、 96 - 97頁。
  6. ^ 映画「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」、TVアニメでは4人だった子どもたちが映画では20人に。設定画も公開”. Game Watch. 2022年6月30日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g “『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』特別映像が公開!キャラクター&メカ設定画も一挙解禁!”. GUNDAM.INFO (バンダイナムコフィルムワークス). (2022年4月18日). https://www.gundam.info/news/video-music/01_7411.html 2022年4月18日閲覧。 
  8. ^ ファーストガンダム 極まれり/安彦良和監督 第15話を長編化「ククルス・ドアンの島」朝日新聞』夕刊2022年5月27日5面(同日閲覧)
  9. ^ ガンダムエース付録GUIDE BOOK 2022, p. 4.
  10. ^ ガンダムエース付録GUIDE BOOK 2022, p. 12.
  11. ^ a b c d e f g h “機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島:キャラ設定画公開 新井里美がミライに スレッガーは池添朋文”. まんたんウェブ (MANTAN). (2022年2月3日). https://mantan-web.jp/article/20220202dog00m200040000c.html 2022年2月3日閲覧。 
  12. ^ “ガンダム新作映画、ククルス・ドアン役は武内駿輔!ドアン専用ザク&ガンダム設定画も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年3月9日). https://natalie.mu/comic/news/468672 2022年3月9日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f g h i j k CHARACTER”. 機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島 公式サイト. 創通サンライズ. 2022年5月6日閲覧。
  14. ^ 赤い彗星のシャア登場!?シャア登場に込める―。安彦監督のコメント到着&シャア専用高機動型ザクⅡ設定画解禁!”. 機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島 公式サイト. サンライズ (2022年5月17日). 2022年5月17日閲覧。
  15. ^ CHARACTER”. 機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島 公式サイト. 創通・サンライズ. 2022年4月7日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 小説版より。
  17. ^ a b c d e f “「ククルス・ドアンの島」サザンクロス隊のキャストに林勇や遊佐浩二、設定画も公開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年3月31日). https://natalie.mu/comic/news/471994 2022年4月1日閲覧。 
  18. ^ a b “機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島:内田雄馬が島の青年マルコスに 新人声優・廣原ふう抜てき 安彦良和監督が太鼓判”. まんたんウェブ (MANTAN). (2022年4月27日). https://mantan-web.jp/article/20220426dog00m200056000c.html 2022年4月27日閲覧。 
  19. ^ a b “ガンダム『ククルス・ドアンの島』脱走兵ドアンが養う子供は20人 設定画公開”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2022年4月7日). https://www.cinematoday.jp/news/N0129529 2022年4月22日閲覧。 
  20. ^ 志田英邦. “メカニカルデザインの名手が見つめる、安彦良和のクリエイティブ――『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』メカニックデザイン・山根公利インタビュー”. ダ・ヴィンチ. KADOKAWA. 2022年6月24日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島 公式サイト” (日本語). 機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島 公式サイト. 2022年6月4日閲覧。
  22. ^ 安彦良和 (2022年1月21日). 【特別掲載】いま語られる映画『ククルス・ドアンの島』と「安彦良和/機動戦士ガンダム THE ORIGIN展」への思い──安彦良和インタビュー. (インタビュー). ダ・ヴィンチニュース.. https://ddnavi.com/interview/916502/a/ 2022年1月31日閲覧。 
  23. ^ “森口博子が5年半ぶりガンダム映画の主題歌担当、サウンドプロデュースは冨田恵一”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年4月24日). https://natalie.mu/music/news/475224 2022年4月24日閲覧。 
  24. ^ 「小説 機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」[角川コミックス・エース]”. KADOKAWA. 2022年5月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 雑誌付録
    • 「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島 GUIDE BOOK」『ガンダムエース』2022年7月号、KADOKAWA。

関連項目[編集]

アレグランサ島の衛星画像
  • アレグランサ島 - アフリカ大陸北西沖に位置するスペイン領カナリア諸島北東端の無人島。本作でククルス・ドアンと子供たちが暮らす。
  • ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア - カナリア諸島の都市。ホワイトベースは本作中でほとんどの間、同地に停泊を続けた後、エピローグ部でアレグランサ島付近の上空を通過する。
    • どちらも映画冒頭部分で、字幕や参謀(エド・クライン)がブライトに命令を伝える際の台詞などにより示されている。

外部リンク[編集]

映像外部リンク
『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』超特報映像 - YouTube