日本脚本家連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

協同組合日本脚本家連盟(にほんきゃくほんかれんめい、略称:日脚連、英語表記:Writers Guild of Japan)は、日本で活動する脚本家の大多数が加入する日本最大[1]の脚本家団体である事業協同組合

概要[編集]

脚本家の社会生活擁護、経済的地位の向上を図る目的で協同組合として1966年に設立された。2014年の組合員数は約1500名、著作権信託者は約2100名で、脚本著作権の二次使用許諾(主として放送用脚本の管理)、福利厚生、教育事業などを行っている。

活動[編集]

著作権擁護
最低脚本料を定めると共に、脚本料の値上げ交渉を行う場合がある。脚本家から公衆送信権・上映権・複製権・頒布権等の信託、出版権・上演権については代理委任を受け使用許諾を与えている。放送局映画会社番組制作プロダクション有線送信事業者レンタルビデオ店等10,000件を超える契約先から徴収した使用料を分配している。
福利厚生
個人事業主である脚本家に対し、健康保険損害保険生命保険共済制度などへの加入手続き・紹介及び管理のほか、健康診断・慶弔金や連盟員年金の支給・各種相談なども行っている。
教育事業
「日本脚本家連盟スクール」を運営し、連盟員が講師となり新人脚本家を養成している。脚本家、放送作家、作詞家、フリーライター養成の各教室が開かれ、幅広い著述家の養成が行われている。同スクールでは、通信教育も行われている。
その他
『脚本家ニュース』『脚本家年鑑』の発行。斡旋・紹介業務など。

沿革[編集]

所在地[編集]

本部および日本脚本家連盟スクール、著作権部
  • 〒106-0032 東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル3F

脚注[編集]

  1. ^ 日本脚本家連盟 - 日本脚本家連盟とは?

関連項目[編集]

外部リンク[編集]