ククルス・ドアンの島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ククルス・ドアンの島
機動戦士ガンダム』のエピソード
話数第15話
初放送日1979年7月14日 (1979-07-14)
エピソード前次回
← 前回
「時間よ、とまれ」
次回 →
「セイラ出撃」
各話リスト

ククルス・ドアンの島」(ククルス・ドアンのしま)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』第15話(1979年7月14日初放送)のサブタイトルである。このエピソードは同作品の劇場版3部作では割愛されており、安彦良和による漫画版『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』でも採り上げられていない。また、テレビシリーズがアメリカへ輸出された際にも1話まるごとカットされている[1]。以下、テレビ版と記す。

このエピソードから以下の作品が派生している。

概要[編集]

テレビ版の脚本は荒木芳久[2][注釈 1]絵コンテ貞光紳也、演出は斧谷稔(テレビシリーズ総監督の富野喜幸〈現・富野由悠季〉の別名義)、作画監督は鈴村一行がそれぞれ務めた。シリーズのアニメーションディレクターだった安彦良和は、本話にはキャラクターデザイン以外ではまったく関わっていない[6][注釈 1]

上述のようにテレビシリーズの1話であるが、"作画崩壊"で検索すると「ククルス・ドアンの島」が検索結果に出てくるように(作画の)出来が悪い話である一方、ファンからは(物語の)「神回」と賞賛されてもいる[7]。安彦は「捨て回」と評しているが、同時に「いい話」とも認めている[4][8]

業界用語として「無人島とおもえた島に実は人が住んでいて……」という単発回で本編から切り離され、別の視点で物語を展開するブロックを「島編」と呼ぶことがある[1][9][注釈 2]。この用語はテレビアニメ『ふしぎの海のナディア』が元とされることが多いが、その源流を遡るとこの「ククルス・ドアンの島」にヒントを得たものである[1][9]

2020年にはテレビ版で描かれた「作画崩壊ガンダム」を作製したモデラーがSNSで話題となった[10]。また、「作画崩壊ザク」は「ドアン専用ザク」として映画版でデザインモチーフに採用された[11]

あらすじ[編集]

ガンダムで訓練中だったアムロは、地球連邦空軍の緊急信号を受けたホワイトベースからの指示で、ガンダムからコア・ファイターで離脱して近くの島へ向かう。不時着した戦闘機のシートに縛りつけられたパイロットを発見したアムロは、応急手当を施す。そこへ、兵士に敵意を抱く3人の子供と、ドアンと呼ばれる1人の男性が乗ったザクが現れる。アムロはコア・ファイターで抗戦を試みるがザクに撃墜され、気絶してしまう。

アムロが丸太小屋の中で目を覚まして外へ出ると、そこにはロランと名乗る少女、先ほどの子供たち、そして畑仕事をするドアンがいた。実はドアンはジオン軍の脱走兵であり、追っ手におびえながら子供たちを育て、島への侵入者から防衛用の武器を奪っていたのだった。一方、ホワイトベースではアムロの捜索にかかろうとした矢先に、島へ接近するジオン軍を察知する。アムロもそれを目撃してコア・ファイターで帰還し、ガンダムに換装して再出撃するが、ドアンはアムロを制止して追っ手のザクとのザク同士による格闘戦を見せつける。

格闘戦のさなか、ドアンは子供たちの親を殺したのは自分であることや、それ以来罪の意識に囚われていたことを告白する。追っ手のザクを倒したドアンがなおも追撃の影に悩む姿を見たアムロは、ドアンから戦いの匂いを消そうとガンダムで彼のザクを放り投げ、海中へ沈めるのであった[12]

声の出演[編集]

島の設定[編集]

ジオン公国軍の脱走兵ククルス・ドアンが、戦争で親を亡くした孤児たちと暮らす島である。孤児は、テレビ版ではロランという少女を含む4人。映画版では20人となっている[2]

アレグランサ島の衛星画像

ゲーム『機動戦士ガンダム オンライン』では、2014年9月3日のアップデートで新フィールドとして「ククルス・ドアンの島」が実装された。マップの中央に大きな島があり、周囲には複数の小島が点在する。また、島内にはドアンに撃破されたザクの残骸なども描写されていた[15]。2015年には「ククルス・ドアンの島 –戦いの匂い-」と題し、水位が上昇して海中洞窟が広がったマップとなった[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 荒木は本話を含めてシリーズ全43話中の8話で脚本を担当しているが、安彦が映画版公開を前に各種メディアで発言したところでは、2人は制作当時も以後も直接会って話をする機会が一度もなかったという[3][4]。映画版公開後の対談企画で43年目にして初対面となった[5]
  2. ^ 機動戦士ガンダムSEED』第24話、『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』第5話など[9]
  3. ^ 作中では参謀(エド・クライン)、ブライトの台詞によって明言されている。映画のノベライズ版でも明記されているが、映画版公式サイトでは明示されておらず、『通称「帰らずの島」』と表記されている。
  4. ^ 『THE ORIGIN』における時系列順になっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 氷川竜介 (2007年10月23日). “第15話「ククルス・ドアンの島」”. GUNDAM.INFO. バンダイナムコフィルムワークス. 2022年4月23日閲覧。
  2. ^ a b c 入倉功一 (2022年4月7日). “ガンダム『ククルス・ドアンの島』脱走兵ドアンが養う子供は20人 設定画公開”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). https://www.cinematoday.jp/news/N0129529 2022年4月22日閲覧。 
  3. ^ 安彦良和×武内駿輔対談、『月刊ガンダムエース』2022年6月号、p.14
  4. ^ a b “機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島:伝説のエピソードを今アニメ化する理由 安彦良和監督が込めた「複雑な問いかけ」”. MANTANWEB (MANTAN). (2022年5月3日). https://mantan-web.jp/article/20220502dog00m200020000c.html 2022年5月3日閲覧。 
  5. ^ 「ククルス・ドアン」大ヒット記念メモリアル対談 安彦良和×荒木芳久対談、『月刊ガンダムエース』2022年9月号、p.6
  6. ^ 安彦良和; 財前(ガンダムエース編集長) (2022年1月21日). 【特別掲載】いま語られる映画『ククルス・ドアンの島』と「安彦良和/機動戦士ガンダム THE ORIGIN展」への思い──安彦良和インタビュー. (インタビュー). KADOKAWA. ダ・ヴィンチニュース.. https://ddnavi.com/interview/916502/a/ 2022年4月28日閲覧。 月刊ガンダムエース』2021年12月号に掲載の記事より抜粋。
  7. ^ 鯨井隆正 (2022年3月16日). “安彦良和監督が『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』への思いを吐露「"神回"と言われているけど、出来の悪い話。ただの"作画崩壊"なのに(笑)」”. 週プレNEWS (集英社). https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2022/03/16/115797/ 2022年5月3日閲覧。 
  8. ^ 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』23巻収録・安彦良和ロングインタビュー
  9. ^ a b c 石岡良治 『現代アニメ「超」講義』PLANETS/第二次惑星開発委員会、2019年、209-210頁。ISBN 9784905325130 
  10. ^ “「積みプラに隠れた迷彩ガンダム」「作画崩壊ガンダム」を具現化、あえて“縛り”を設ける理由とは?”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年2月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2155509/full/ 2022年4月22日閲覧。 
  11. ^ “機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島:3DCGによるMS戦に注目 “鼻”が長いドアンザク 二刀流ガンダム 高機動型ザクはスケーター!?”. MANTAN WEB (MANTAN). (2022年4月17日). https://mantan-web.jp/article/20220417dog00m200006000c.html 2022年4月22日閲覧。 
  12. ^ STORY(第15話 - 第21話)”. 機動戦士ガンダム公式Web. 創通・サンライズ. 2022年10月7日閲覧。
  13. ^ 劇場パンフレット 「ストーリー」「美術ボード」「ワールドリサーチ」等に記載。
  14. ^ a b 内海健 (2022年6月13日). “映画『ガンダム ククルス・ドアンの島』ドアンの島は実在した! モデルの島への聖地巡礼ツアーを組んでみた”. PASH! PLUS (主婦の友社). https://www.pashplus.jp/anime/237258/ 2022年6月14日閲覧。 
  15. ^ “「機動戦士ガンダムオンライン」に新フィールド「ククルス・ドアンの島」が登場。突発イベントの発生率が通常の3倍になるキャンペーンの実施も”. 4Gamer.net (Aetas). (2014年9月3日). https://www.4gamer.net/games/144/G014476/20140903073/ 2022年4月22日閲覧。 
  16. ^ “『機動戦士ガンダムオンライン』 豪華4週連続キャンペーン“サマーフェスティバル”が開催! 大規模戦新フィールド“ククルス・ドアンの島”も配信開始”. ファミ通.com (KADOKAWA Game Linkage). (2015年7月15日). https://www.famitsu.com/news/201507/15083351.html 2022年4月22日閲覧。