藤田一己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤田 一己(ふじた かずみ、1964年9月9日 - )は、日本のメカニックデザイナーイラストレーター。代表作は『機動戦士Ζガンダム』、『TYRANT SWORD Of NEOFALIA』『勇者王ガオガイガーFINAL』など。

略歴[編集]

高校卒業後、アニメーターとして『装甲騎兵ボトムズ』などに参加。その後、同作関連のムックを編集していた編集プロダクション「伸童舎」に入社。

1985年、21歳で『機動戦士ガンダム』の続編『機動戦士Ζガンダム』のメインメカニックデザイナーとして抜擢され、メッサーラギャプランをはじめ、作中に登場する大半のモビルスーツ (MS) のデザインを手がける。独特のシャープなデザインはこれまでのMSとは一線を画すもので、特に『ガンダム』の主役MSのガンダムのデザイナーである大河原邦男にはセンスを高評されていたようであるが、物語中盤の時点で敵用にデザインしたディジェが味方用のMSとして登場したことには不満があったようである。『Ζガンダム』の続編『機動戦士ガンダムΖΖ』では、「デザイン協力」としてクレジットされている。その後、『ボトムズ』の外伝『青の騎士ベルゼルガ物語』のデザイン協力を担当している。

1987年9月より、ホビージャパンの「月刊ホビージャパン」にTVシリーズ『Ζガンダム』などの「ガンダムワールド」をベースにオリジナル設定を付加したパラレル世界の作品『TYRANT SWORD Of NEOFALIA』を連載開始[1]。同作では「モビルスーツ描いてもつまんないんだもん。もう飽きちゃったよ。(オイオイ!:i)」[2]と忌憚のないコメントを掲載するなど自由なスタンスで創作活動を行った。連載終了後も根強い人気を獲得し、2014年には主役MSのタイラント・ソードのレジンキットキャラホビ限定で発売されている[3]

『TYRANT SWORD Of NEOFALIA』の発表以降もイラストレーターとしてプラモデルの解説書やCDジャケットのイラストなどを担当していたが、1992年のOVA超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-』ではデザイン作業の初期に降板している。その後、『ブロウニング』[4]や『QUOVADIS 2〜惑星強襲オヴァン・レイ〜』といったゲームソフトのメカニックデザインを担当している。

2000年ごろからアニメの仕事も再開しており、『勇者王ガオガイガーFINAL』のメカデザイン(ガオファイガーやジェネシック・ガオガイガー)を担当。そのほか、E-Fieldなどで上映された『ガンダム新体験 グリーンダイバーズ』のメカデザイン、ゲームソフト『SDガンダム GGENERATION-F』のオリジナルメカデザイン、ゲームソフト『鉄拳機甲マーズワース』[5]のメカデザイン、テレビアニメ『機神大戦ギガンティック・フォーミュラ』の前身であるゲーム企画用のメカデザインなどを担当している。また、2001年に期間限定で発売された『Ζガンダム』のDVD-BOXのパッケージイラストも担当している。

2013年より、白泉社の「ヤングアニマル」で漫画『すく〜〜〜と!』(作画:新久千映)の原作者として連載を開始[6]。ネーム形式で原作を担当しているほか、作中のバイクの作画も担当している[7]

脚注[編集]

  1. ^ 第16回 | ガン中 平嶋の一年戦争 | コラム - まんだらけ
  2. ^ 月刊ホビージャパン1987-12, p. 60.
  3. ^ ボークス【速報レポート!キャラホビ2014】プリズマ☆イリヤ、イオリ・リン子、タイラントソードほかを展示! - 電撃ホビーウェブ
  4. ^ ブロウニング - ファミ通.com
  5. ^ 鉄拳機甲マーズワース - TECH GIAN Online
  6. ^ コミックナタリー 「ワカコ酒」の新久千映、アニマルでバイク女子描く新連載
  7. ^ 単行本1巻 巻末の新久、藤田の両者の後書き漫画より。

参考文献[編集]