新久千映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新久 千映
生誕 (1980-09-20) 1980年9月20日(37歳)
日本の旗 日本広島県広島市南区
職業 漫画家
活動期間 2006年 - 現在
ジャンル 青年漫画
代表作 ワカコ酒
公式サイト ちえぞう王国
テンプレートを表示

新久 千映(しんきゅう ちえ、1980年9月20日[1] - )は、日本の漫画家。広島県広島市南区出身[2]

経歴[編集]

広島市立大河小学校〜広島女学院中学校・高等学校広島大学教育学部卒業[2]。幼い頃から漫画を描くことが好きであり、小学校の卒業アルバムにも“将来の夢”として「漫画家になること」と書いている[2]。大学卒業後、病院に事務員として就職。事務の仕事をしながら雑誌への投稿を続けるがデビューには繋がらなかった。

  • 2005年、意を決して上京。藤栄道彦のアシスタントになる[2]
  • 2006年、「コミックバンチ増刊号」にて読切『痛快!堀田クリニック』で商業誌デビュー[2]
  • 2007年、「週刊コミックバンチ」に『タカネの花』を連載。
  • 2011年、「月刊コミックゼノン」にて『ワカコ酒』を連載。同年、広島に帰郷。活動拠点を広島に据える[2]。料理や猫のエッセイコミックを主に発表している。
  • 2015年、『ワカコ酒』が1月に実写ドラマ化。7月にはアニメ化される。
同年7月7日に新発売されたメルシャンの芋焼酎『浅黄(うすき)うさぎ』と『ワカコ酒』がコラボレーション。同製品の広告にワカコのイラストを描いている[3]

作品リスト[編集]

書籍[編集]

WEBコミック[編集]

  • タカコさん(2015年、WEBコミックぜにょん連載、徳間書店 ゼノンコミックス、既刊3巻)

TV出演[編集]

ドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ちえぞう王国 プロフィール
  2. ^ a b c d e f “私の学び 新久千映”. 中国新聞: p. 16. (2015年4月6日) 
  3. ^ 浅黄うさぎ「楽しみ方」”. 『浅黄うさぎ』ブランドサイト (2015年7月7日). 2015年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]