機動戦士ガンダムNT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
機動戦士ガンダムNT
ジャンル ロボット
映画
原作 矢立肇富野由悠季
監督 吉沢俊一
脚本 福井晴敏
キャラクターデザイン 高橋久美子(原案)、金世俊
メカニックデザイン カトキハジメ、小松英司
音楽 澤野弘之
制作 サンライズ
配給 松竹
封切日 2018年11月30日
上映時間 90分
小説
著者 福井晴敏(ストーリー)
竹内清人(小説)
イラスト カトキハジメ(表紙)
大森倖三(本文)
出版社 KADOKAWA
レーベル 角川コミックス・エース
発行日 2018年11月26日
発売日 2018年11月26日
巻数 全1巻
漫画
原作・原案など 矢立肇、富野由悠季
作画 大森倖三
出版社 KADOKAWA
掲載誌 ガンダムエース
発表号 2019年1月号 -
発表期間 2018年11月26日 -
関連作品
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

機動戦士ガンダムNT』(きどうせんしガンダムナラティブ、英題: MOBILE SUIT GUNDAM NARRATIVE)は、日本アニメーション映画[1]。「ガンダムシリーズ」に属するロボットアニメ作品であり、2018年11月30日に全国90劇場で公開された[2]

概要[編集]

宇宙世紀を舞台にしたガンダム作品としては『機動戦士ガンダムF91』以来27年ぶりの新作映画となる本作は、『機動戦士ガンダムUC』(以下『UC』)以降の物語を各種メディアで展開するシリーズ「UC NexT 0100」の第1弾として製作される[3]

ストーリ-は、福井晴敏が本作以前に執筆した小説版『UC』の追補小説『不死鳥狩り』を元に、『UC』までの宇宙世紀を総括する内容や『戦後の戦争』を取り入れて1本の映画として再構成した内容となっている。そのため、福井は本作のことを、『UC外伝』ではなく宇宙世紀の本伝を描く作品であると語っている[4]

表題の「NT」とは、ガンダムシリーズに登場する概念である「ニュータイプ」と、「物語」などを意味する単語「ナラティブ」のダブル・ミーニングであり[5]、ニュータイプについて物語る、再定義する、といった意味が込められている[5][6]。脚本を担当した福井は、ガンダムシリーズにおけるニュータイプの概念は作劇上の事情で生まれた御都合主義の設定だとしても[5]、ガンダムシリーズの中では1979年のシリーズ第1作『機動戦士ガンダム』から一貫して「存在と魂」という人間の本質に根ざしたテーマに関連づけて語り継がれきた設定でもあるとし[5]、それを現代の観点から「語り直す」ことを意図したとしている[5]。このため、従来のガンダムシリーズで扱われてきた要素のうち、本作では超能力や霊魂といったオカルティックな一面に焦点が当てられるが[7]、そうしたトンデモ(疑似科学)として受け取られがちだった設定を突き詰めることも意図されており[6]、宇宙世紀シリーズの世界設定における異質な存在の象徴であるユニコーンガンダム3号機フェネクスを巡る物語が繰り広げられる[7]

アニメーション制作はサンライズ第1スタジオが担当し、アニメ版『UC』のスタッフも多く参加している。その一方、主要スタッフには本作が初監督となる吉沢俊一や金世俊ら30代のアニメーターが起用されており、若い世代による作品を作ることが志向されている[4][8]

プロモーション[編集]

2018年4月20日に行われた「ガンダムシリーズ 新作発表会」にて制作が告知され、メインビジュアルと主要スタッフなどが発表された[1]。その後、同年8月16日に主要キャストおよび各種設定が公表された[2]

前売券は制作発表直後からムビチケより発売され、第1弾にはキービジュアルを使用したクリアファイル[1]、第2弾には劇中設定を劇中世界の匿名人物が報告書というかたちでまとめた体裁を取った数量限定特製ブックレット「報告書-U.C.0097-」が付属する[2]。また、2018年10月19日には同時期劇場公開の『GODZILLA 星を喰う者』とのコラボレーションイラストを使用したクリアファイル付き前売券が発売された[9]ほか、同年11月2日には両作品の本編映像を用いたコラボレーション動画が公開された[10]

劇場公開に合わせ、本編冒頭23分が2018年11月30日にAbemaTVほか各動画配信サイトで配信されるほか、同年12月1日にBS11、12月4日にTOKYO MXでそれぞれテレビ放送され、12月13日にはPlayStation VRで配信される[11]

劇場公開初日の2018年11月30日には丸の内ピカデリー1にて初日舞台挨拶が開催され、ヨナ・バシュタ役の榎木淳弥、ミシェル・ルオ役の村中知、リタ・ベルナル役の松浦愛弓、ゾルタン・アッカネン役の梅原裕一郎、監督の吉沢俊一、脚本の福井晴敏、プロデューサーの小形尚弘が登壇した[12]

入場者特典として、1週目(11/30~12/6)までは『機動戦士ガンダムUC』と『機動戦士ガンダムNT』の作中シーンから厳選された複製原画を二枚一組計六種がランダム配布された。2週目(12/7~12/13)は、劇中の顛末を劇中世界の登場人物カイ・シデンが綴ったという体裁を取ったレポート・コラム「カイ・シデン報告『サイド6ヘリウム3備蓄基地爆発事故異聞』コラムペーパー」が配布されている。

評価[編集]

興行通信社による2018年12月1日・2日の全国映画動員ランキングトップ10では第4位、スクリーンアベレージで第1位を記録した[13][14]

あらすじ[編集]

ラプラスの箱をめぐる「ラプラス事変」の終結から1年後の宇宙世紀0097年。地球連邦軍に所属する青年ヨナ・バシュタは、ルオ商会の特別顧問ミシェル・ルオに呼び出され、消息不明となったモビルスーツ(MS)ユニコーンガンダム3号機 フェネクスの捕獲作戦「不死鳥狩り」に参加する。フェネクスのパイロットが、かつて自分やミシェルとともにジオン公国軍のコロニー落としを事前に察知し、「奇蹟の子供たち」と呼ばれた過去をもつ幼なじみのリタ・ベルナルであることを知ったヨナは、彼女と再会するため、ナラティブガンダムのパイロットとしてフェネクス確保に臨む。

登場人物[編集]

奇蹟の子供たち(主要人物)[編集]

プライマリースクール2年生当時、ジオン軍のコロニー落としを事前に察知し、多くの人々を救った3人の子どもたち。全員がコロニー落としで両親を失って戦災孤児となり、一年戦争後にはニュータイプの素養を見込まれて地球連邦軍のオーガスタ研究所強化人間の処置を受ける。しかし、ニュータイプ能力を発現したのはリタのみで、ほかの2人はリタを通してイメージを見たにすぎないという秘密がある。グリプス戦役終盤、ミシェルがルオ商会に引き取られたことをきっかけとして、別々の運命をたどる[15]

幼少の頃、元々はヨナの持ち物だった1つのペンダントを3つに分かち合い[注釈 1]、友情の証として持ち続けている。

ヨナ・バシュタ
声 - 榎木淳弥中村文徳(8歳時)[18]
主人公のひとりで地球連邦軍所属の25歳。グリプス戦役終結後、自身の過去をすべて抹消し、18歳で地球連邦軍士官学校に入学した[15]。連邦軍入隊以降の賞罰は特になく、ごく平凡な経歴の士官を装っていた[19]
マーサ・ビスト・カーバインに関わる作戦ではディジェに搭乗して初の実戦を経験し[20]、「不死鳥狩り」ではミシェルよりナラティブガンダムのパイロットに指名され、シェザール隊に編入される[21]。パイロットとしての技量は中の上程度と[22]、精鋭揃いのシェザール隊メンバーと比べてさほど高くなく[23]、ミシェルとの関係を聞かされていない部隊の仲間たちからはガンダムを与えられたことを疑問視される[15][24][19]。一方、オーガスタ研究所にいた頃に図らずもリタを見捨てる形になり[25]、彼女を守れなかったことに対する強烈な悔恨と罪悪感を抱えており[26]、リタが搭乗しているとされるフェネクスの捕獲に執念を燃やす[27]
フェネクスと何度も邂逅するなかでリタに呼びかけられ、IIネオ・ジオングの存在をこの世から抹消するために力を貸して欲しいと告げられる。
ミシェル・ルオ
声 - 村中知横溝菜帆(8歳時)[18]
主人公のひとりで、ヨナとリタの幼なじみ。25歳。
グリプス戦役終盤、本物のニュータイプを名乗ることでルオ・ウーミンの養女となり、得意の略筮法によって会社を盛り上げ、宇宙世紀0097年ではルオ商会の特別顧問として政財界から大きな信頼を集める[28]。彼女の占いは統計学の応用であり、実際には事情通としての立場を利用したものであったが、数々の危機を事前に言い当てることによってニュータイプを演じ、養父の信頼を得ていた[29]
オーガスタ研究所にいた頃に、皆で生き残るための策の一環としてヨナに虚偽を吹き込み、結果的には妹のように思っていたリタを救えず見捨てる形になったという過去を抱える[25][30]。一方、そうせざるを得なかった自らの弱さを憎んでおり、サイコフレームに魂を移す方法が解明されて人類が死を克服すれば、嘘も偽りもない世界が実現できるという考えからサイコフレームに執着し、そのためには人々の犠牲すらいとわない[31]。ラプラス事変で人智を超えた力を見せたシンギュラリティ・ワン(ユニコーンガンダム1号機)と同等の力を欲してフェネクスを求め、ナラティブガンダムをはじめとする増援物資とともにダマスカスに乗り込む一方[28]、ジオン共和国側にもIIネオ・ジオングを提供するなど[32]、確実にフェネクスをおびき寄せるために暗躍する[33][34]
ヨナがリタに惹かれていることを知りつつ、ヨナには異性としての好意を寄せているが[35]、ヨナからはリタを裏切ったことで恨まれており[25]、ヨナやリタからから許されたいという思いを抱く[36]。サイコフレームによって死が克服された世界では、死者と再会することも許しを請うこともできると考えている[36]
リタ・ベルナル
声 - 松浦愛弓[18]
主人公のひとり。地球連邦軍宇宙軍所属。階級は少尉。存命であればヨナやミシェルと同い年のはずだが、物語開始時点で生死不明。劇中の回想やヨナの夢の中では、離別前の15歳または、コロニー落としを予言した8歳の姿で登場する。
幼少期からニュータイプ能力に目覚めており、グリプス戦役終結後もひそかに被験者として人体実験を受け続け、宇宙世紀0095年に能力を見込まれてフェネクスのテストパイロットとなるが、起動実験中に暴走事故を起こして消息不明となる[15]。その後は魂がフェネクスと一体化した状態で宇宙をさまよっていたが、IIネオ・ジオングが宇宙に破壊をもたらすものであることを察知し、再び姿を現す。
「生まれ変わったら鳥になりたい」という願望をヨナと引き裂かれる前に語っており[37]、それに対する返事を言えなかった[38]という記憶がヨナの中で夢や幻覚として幾度も繰り返され、後悔となってくすぶり続ける。

地球連邦軍[編集]

マウリ
声 - 玉野井直樹[18]
地球連邦軍参謀本部の中将[21]
物語の序盤に登場。ミシェルを取引相手として信用しており、シンギュラリティ・ワン(ユニコーンガンダム)に関する資料を極秘裏に提供する[39]。ミシェルの指示により、「不死鳥狩り」の立案に尽力する[40]

シェザール隊[編集]

フェネクスを捜索する極秘任務「不死鳥狩り」のため、腕の立つ軍人を中心に編成された精鋭部隊[40]

イアゴ・ハーカナ
声 - 中井和哉[18]
シェザール隊隊長で階級は少佐[21]。乗機はジェスタA班仕様[41]
ヨナの経歴や、秘密の多い「不死鳥狩り」の任務に疑念を抱き、ひそかに事態の背後関係を嗅ぎ回る過程で、ヨナの事情に同情して気にかけるようになっていく[42]。また、ミシェルから「不死鳥狩り」についての真意を聞かされた際には犠牲をいとわないような彼女の倫理観を批判している。[43]
第二次ネオ・ジオン抗争時に連邦軍の一員としてアクシズの地球落下阻止に参加し、アムロ・レイのνガンダムが起こしたアクシズ・ショックを目撃し、感銘を受けたという経歴を持つ[44]。IIネオ・ジオングとの最終決戦ではジェスタにナラティブガンダム用のブースターを装着して戦場へ赴き、アクシズでの経験を語りながらヨナらを鼓舞し、援護した。
フランソン
声 - 星野貴紀[18]
シェザール隊副隊長で階級は大尉[21]。乗機はジェスタC班仕様[40]。スウェーデン系の優男。
アマージャ
声 - 佐藤せつじ
シェザール隊隊員で階級は大尉。乗機はジェスタC班仕様。ダウンタウン出身の強面でバンカラ気質。
デラオ
声 - 荒井勇樹
シェザール隊隊員で階級は中尉。乗機はジェスタB班仕様。ヒスパニック系の黒人。
パベル
声 - 島田岳洋
シェザール隊隊員で階級は中尉。乗機はジェスタB班仕様。巨漢だが穏やかな物腰の男性。
タマン
声 - 駒田航[18]
シェザール隊隊員で階級は少尉。乗機はジェスタA班仕様。ヨナを除けばシェザール隊で最も若手の隊員で生真面目な青年。[40]
アバーエフ
声 - 山路和弘[18]
シェザール隊の母艦であるクラップ級宇宙巡洋艦「ダマスカス」の艦長。階級は大佐[21]。「不死鳥狩り」へのルオ商会の干渉には当初から懐疑的な考えを持っており、フェネクス捕獲のために民間人の犠牲すらいとわないミシェルの強引なやり方には怒りをあらわにした。

ルオ商会[編集]

ルオ・ウーミン
ルオ商会会長で、ミシェルの義父。十年前の時点では杖を付いて立っていたが、宇宙世紀0097年ではコールドスリープ用のカプセルに入り冷凍睡眠中。
ブリック・テクラート
声 - 古川慎[18]
ルオの指示で長年ミシェルの秘書を務める青年。
「女性を愛さない」ゆえにルオ・ウーミンよりミシェルの傍にいることを許されているとされる[45]。ミシェルにとっては兄のような存在で[46]、ブリック自身もミシェルのことを大事に思っている[45]。劇中ではミシェルの理解者、代弁者として常に付き従い、最期まで運命を共にする。
ステファニー・ルオ
声 - 夏樹リオ
ルオ商会の社長。義理の妹であるミシェルが進めるシンギュラリティ・ワンの入手を止めようとする[21]
宇宙世紀0087年の過去の場面では、サイコガンダムがもたらしたニューホンコンへの被害(『機動戦士Ζガンダム』第17話)に対する落とし前をエスコラに要求し、当時15歳のミシェルがルオ商会に引き取られてヨナたち3人が離散する発端となったという経緯が描かれている[47]

ジオン共和国[編集]

ゾルタン・アッカネン
声 - 梅原裕一郎[18]
ジオン共和国軍大尉。27歳。乗機はシナンジュ・スタイン[48]。かつてはフル・フロンタルとともに「シャアの再来」の候補者として開発された強化人間のひとり。過去の実験の失敗で失明した右眼はサイコミュを内蔵した赤い義眼となっている[49]。「赤い彗星の失敗作」と呼ばれていることにコンプレックスをもち、指摘されると激昂する。
自分を失敗作扱いした人々を見返し吠え面をかかせてやるという行動原理を持ち[49]、己の力を誇示するためには周囲を巻き込むこともいとわず[50]、サイド6のスペースコロニー「メーティス」内での戦闘ではコロニー外壁に穴が開くのを承知で発砲し、大勢の死傷者を出す。そのせいで極秘の任務が表沙汰になり、証拠隠滅を図ったモナハンから部隊ごと抹殺されようとしているのを察知すると[51]、戦争の道具として自分たちのような強化人間を弄ぶ世界への復讐に目覚め[52]、IIネオ・ジオングの力でサイド6近傍のコロニーを壊滅させて地球に落とすという破滅行為に乗り出す。
ナラティブガンダムとヨナを自分の同類と直感しつつも[53]、当初は「二流のガンダム」「ニュータイプのなり損ない」と蔑んでおり[54]、失敗作として蔑まれる自分への当てつけと解釈して激昂する場面もあったが[54]、やがて精神感応を通じてヨナとリタの事情を知るようになり、雌雄を決すべき宿敵としてつけ狙うようになる[55]
劇中では、徹底して勧善懲悪ものの悪役のように描くことが意図されている[56]。これは、『ガンダムUC』における敵役のフル・フロンタルを、アニメ版では原作小説のような絶対的な悪として描かなかったことの反動でもあるとされる[56]。ただし、最後でヨナに声をかける場面は、それまでのゾルタンの印象を大きく変えてしまうものとなっており[57]、当初は没になる予定であったものの、アフレコの当日になって入れることが決まったものであるという[57]
エリク・ユーゴ
声 - 遠藤綾
ジオン共和国軍中尉。29歳。ゾルダンの部下で自身専用のギラ・ズールに搭乗する。モナハン・バハロと裏で繋がっており彼の指示でゾルタンを監視する[21]
名目上の上司であるゾルタンを持て余し[58]、密かに「赤い彗星の失敗作」として蔑んでいる[59]。モナハンから証拠隠滅の指示を受けた際には、部隊を見捨ててひとりで脱出するよう促されるが、そのときの通信をゾルタンに立ち聞きされたことで裏切りが露呈し[60]、頭を撃ち抜かれて射殺される[61]
モナハン・バハロ
声 - てらそままさき[18]
ジオン共和国外務大臣。一年戦争時のジオン公国、および戦後の共和国首相を務めたダルシア・バハロの息子で、モナハンの自室には彼の肖像画がかけられている。
ミネバには秘密でジオン再興を目論み、ゾルタンを中心とする部隊を結成する[21]

ミネバ一派[編集]

前作『機動戦士ガンダムUC』の主要登場人物とその仲間たち。

ミネバ・ラオ・ザビ
声 - 藤村歩[18]
ネオ・ジオン残党軍「袖付き」の指導者にして、ザビ家の遺児。『UC』のヒロインでもある。
「ラプラスの箱」の正体を公表した「ラプラス宣言」後、ユニコーンガンダムとバンシィの人智を超えた能力を危険視し、連邦軍と共同で両者の機体とサイコフレームの研究を封印する協定を締結した[62]。その後、航宙戦艦メガラニカ内のビスト邸に拠点を構える[21]。連邦軍の「不死鳥狩り」作戦に介入してフェネクス奪取を目論むモナハン・バハロ一党の企みを阻止するため、配下のジンネマンに指示を出す。
バナージ・リンクス
声 - 内山昂輝
『UC』の主人公。物語終盤、ヨナを守ろうとしたリタとミシェルの遺志を感応波として受け取ったことから[63]、シルヴァ・バレトに搭乗し、ゾルタンと戦うヨナに超長距離からの援護射撃を行う[64]。その後、危険を省みずに戦場へ飛び込み、リタやミシェルと共に遠い世界へ旅立とうとするフェネクスからヨナを引き戻す[65]
スベロア・ジンネマン
声 - 手塚秀彰
ガランシェールJr.艦長。ミネバの指示を受けてフェネクスの動向を追う[66]
フラスト・スコール
声 - 小山力也
ガランシェールJr.の航行士。
タクヤ・イレイ
声 - 下野紘
ガランシェールJr.の航行士。バナージの元ルームメイトで、同じくアナハイム工専に通っていた。
映画では後ろ姿で登場し、ノベライズ版でもタクヤであるとは明言されないが、映画のエンドクレジットで名前が明かされている。

宇宙世紀0087年の人々[編集]

物語開始から10年前、グリプス戦役に関わった人物たち。本編の時間軸には登場しない。

エスコラ・ゲッダ
ティターンズ所属の大佐[21]。オーガスタ研究所の施設長でもあり[67]、ヨナやミシェルの回想に登場する。
マルガ
オーガスタ研究所の上級研究員[21]
クワトロ・バジーナ
声 - 池田秀一
ニュータイプを提唱した思想家ジオン・ズム・ダイクンの遺児で、ティターンズと敵対していた組織エゥーゴの指導者。
劇中では、ダカールの連邦議会で行った演説がテレビ版から流された。

そのほかの人物[編集]

マーサ・ビスト・カーバイン
声 - 塩田朋子[18]
アナハイム・エレクトロニクス社(AE社)の社長夫人。かつてラプラス事変を拡大させた責任を問われて失脚し、連邦政府による幽閉状態にあったが、北米コロラドの山岳地帯で連邦軍部隊による護送中、ルオ商会の部隊を率いたミシェルに身柄を確保され、1年半前のバンシィとフェネクスのテストにAE社の人間として立ち会っていた経験から脅迫に遭い、フェネクスに関する情報を提供させられる[68][69]

登場兵器[編集]

本作では小説「不死鳥狩り」やほかの宇宙世紀シリーズに登場したMSも登場するが、一部の機体はカトキハジメによって作中以前の技術体系を意識した新デザインに変更されている[8]。既出の機体の諸元や詳細は各リンク先を参照。

ルオ商会の兵器[編集]

諸元
ナラティブガンダム
NARRATIVE GUNDAM
型式番号 RX-9[70]
頭頂高 21.0m[71]
本体重量 25.1t[71]
全備重量 40.2t[71]
出力 2,980kW[71]
推力 104,000kg[71]
センサー
有効半径
20,240m[72]
武装 60mmバルカン砲[73]
搭乗者 ヨナ・バシュタ
ナラティブガンダム A装備
NARRATIVE GUNDAM A-PACKS
型式番号 RX-9/A[70]
全高 27.0m[72]
本体重量 88.0t[72]
全備重量 193.6t[72]
出力 5,070kW[72]
推力 304,000kg[72]
武装 サイコ・キャプチャー
大型ビーム・サーベル×2
5連装中型ミサイル・ポッド×6
ハイメガ・キャノン
ビーム・サーベル×2
ナラティブガンダム B装備
NARRATIVE GUNDAM B-PACKS
型式番号 RX-9/B[72]
全高 21.0m[72]
本体重量 29.4t[72]
全備重量 72.0t[72]
出力 3,280kW[72]
推力 108,200kg[72]
武装 ビーム・サーベル×2
小型シールド×2
4連装ミサイル・ランチャー
インコム×2[74]
ナラティブガンダム C装備
NARRATIVE GUNDAM C-PACKS
型式番号 RX-9/C[74]
全高 21.0m[74]
本体重量 26.8t[74]
全備重量 51.5t[74]
出力 2,980kW[74]
推力 104,200kg[74]
武装 ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル×2
ミサイル
シールド×1
ビーム・キャノン[74]
RX-9 ナラティブガンダム
AE社がνガンダム以前に開発したサイコフレーム試験機[75][注釈 2]。ルオ商会が「不死鳥狩り」の増援として手配し、ヨナ・バシュタがパイロットを務める[73]。名称の「ナラティブ」とは「神話」を意味するとされ、「不死鳥狩り」が神の領域に触れる行為であることから、戒めとしてミシェルたちがその呼び名を冠している[77]
多目的試験用MSに分類され[62]、上腕部や大腿部などの装甲が外されており、その部分のフレームがむき出しになっているのが特徴[75]コア・ブロック・システムを採用しているため、全天周囲モニターは導入されていない[78]。試験機という出自から素体の固定武装は頭部バルカン砲のみで、戦場ではルオ商会が「不死鳥狩り」用に取り寄せた武装ユニットを追加換装する[75]。劇中では敵味方から「やせっぽち」と呼ばれる[79][注釈 3]
パイロットは通常のノーマルスーツの上からウェアラブルデバイスを装着した専用の「サイコ・スーツ」を着用するが[78]、その重量のため、コックピットから降りればひとりで歩くことも脱ぐこともままならない[81]。操縦系にはNT-Dシステム(ニュータイプ・デストロイヤー・システム)が秘密裏に搭載されており、一定以上のサイコ・ウェーブ(感応波)を感知すると自動的に起動し、パイロットの制御を離れて対象を撃滅する[82]
追加装備はAからCへ行くごとに重装備からシンプルなものに変化していくデザインとなっており[83][56]、従来のロボットアニメの約束事に沿ったパワーアップがなされた『ガンダムUC』のユニコーンガンダムとは逆のコンセプトが意図されている[56]
RX-9/A ナラティブガンダム A装備
高機動用オプションと大型兵装群を装着した姿[80]。脚部および脚部周辺の大型ブースターや、後部の94式ベース・ジャバー用大型ブースターを後方に集中させて巡航形態を取ることで、フェネクスに匹敵する加速力を得ている[84][24]。一方でパイロットには全身を押しつぶすような加速度がかかり、負担も増大している[85]
武装は、フェネクス捕獲用の複合特殊兵装「サイコ・キャプチャー」、キャプチャーの後部左右に3基ずつ装備された5連装中型ミサイルポッド、ナラティブガンダム本体の腰部前面に取り付けられるハイメガ・キャノン、本体の腰部後方に追加されたビーム・サーベル2基。サイコ・キャプチャーは使用時にクロー状のキャプチャー・ユニットが先端部まで移動し、向かい合わせにキャプチャー・フィールドを発生させることで、フェネクスの感応波に干渉して機能を停止させることが可能である。また、キャプチャーの先端にはジェネレーターが内蔵されており、ビーム・ライフルや大型ビーム・サーベルとしても使用可能[84]
劇中では、ナラティブガンダムの初登場場面で使用される。一度はフェネクスに追いつき、サイコ・キャプチャーによる捕獲に成功するが脱出される[注釈 4]。ハイメガ・キャノンの威力は非常に高いものの、リタを乗せたフェネクスを撃墜してしまうことへの懸念からヨナが使用を躊躇し[88]、そのことも原因となってフェネクスを取り逃がしてしまう。
RX-9/B ナラティブガンダム B装備
コロニー内戦闘を想定した、非ビーム兵器主体の仕様[34]。武装はバックパックのインコム2基、連結機能を有した4連装ミサイル・ランチャー内蔵の小型シールド2枚、ビーム・サーベル2基[89]。インコムはサイコ・キャプチャーの機能を有し、NT-D発動時は有線が外れてファンネルとして稼働する[82]
劇中では、サイド6に位置するコロニー・メーティスでの戦闘に用いられる。ミシェルの企てにより、ヨナの操作を外れてNT-Dによる自立行動を開始するが、ヨナの憤怒に呼応して意図しない暴走を開始し、IIネオ・ジオングをサイコミュ・ジャックして合体を試みる。
RX-9/C ナラティブガンダム C装備
ルオ商会が収集した RX-0シリーズのサイコフレームを加工し、機体の全身に外装した姿[90]。本来の装備プランには存在しない急造の仕様であり、名称も便宜的なものである[90]。劇中では「サイコ・パッケージ装備」と呼ばれている[91]。サイコフレーム搭載機に近づくと、全身のサイコフレームが展開して赤く発光し[90][92]、ユニコーンガンダム1号機のデストロイドモードを思わせる姿に変化する[92][注釈 5]
劇中では、ゾルタンが搭乗するIIネオ・ジオングとの最終決戦に使用され、ゾルタンに捕獲されていたフェネクスの救出を試みる。フェネクスとの共闘中にはサイコフレームの発光色が一時的に青に変化するが[93]、その後フェネクスと分断された際には赤色に戻っている。
コア・ファイター
ナラティブガンダムの腹部に格納されている脱出艇。劇中終盤で、ナラティブガンダムを撃墜されたヨナがフェネクスに取り付く際に使用する。最終的には撃墜されるものの、駆けつけたバナージのシルヴァ・バレトから援護射撃を受けつつ[64]、ヨナをフェネクスのもとまで送り届ける役割を担う。


MSK-008 ディジェ
カラバが開発した試作陸戦用MS。劇中の時代ではルオ商会が武装を最新型に換装して戦力としている[94]
本作では、ダークグレーに塗装されたルオ商会所属の数機が、護送されるマーサを襲撃するために使用される[78]
搭乗者はルオ商会に私設軍隊として雇われた傭兵たちと[20]、実戦が初めてのヨナ[20]。隊長機は左肩部にサーチライトが装備され[75]、機体を操縦するリーダーとは別に、襲撃の首謀者であるミシェルがコックピットに同乗する[95]
ローズバッド[注釈 6]
ルオ商会が所有する輸送船[94]。その名のとおり艦橋外部にバラの紋章が施されている[94]
劇中ではA装備のナラティブガンダムを作戦宙域に投入した後[96]、シェザール隊の母艦ダマスカスにナラティブガンダムのパーツや専属スタッフを搬入するために用いられる[97]

地球連邦軍の兵器[編集]

RX-0 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス
連邦軍がユニコーンガンダムとバンシィの製造データをもとに独自に製造した機体[1]。物語の2年前に暴走事故を起こしてパイロットごと消息不明となるが、ミネバが「ラプラスの箱」の真実を公表した直後から目撃証言が相次ぐようになる[3]
本作では、背部左右のアームド・アーマーDE下部に鳥の飾り羽のようなテール状のスタビライザーが追加されている[98][注釈 7]。飛行速度は人体が耐えられない域に達しており、光速に近い速度さえ計測されている。また、福井の意向で、超高速飛行時には『蒼き流星SPTレイズナー』のV-MAXの効果音が用いられている[100]
機体のサイコフレームには自分をリタ・ベルナルであると認識する意識が宿っているが[101]、人間としては死亡しており[102]、コックピットは無人[103]。無人で動いている際にはユニコーンモードで動作し、霊的な存在となったリタによって動かされているという設定を反映して女性らしく軽やかな仕草や動きで演出されている[104]。原案となった中編小説『不死鳥狩り』と同様、映画の終盤では、乗機を撃墜されたヨナが一時的に搭乗し、その際にはデストロイモードに変身し[38]、ガンダム・タイプの顔が現れる。
RGM-96Xs ジェスタ シェザール隊仕様
ジェスタを「不死鳥狩り」に合わせて改修した機体。全機が頭部にスコープ型センサー強化ユニットを装着しており、作戦の役割に応じて高機動型のA班装備、スナイパー仕様のB班装備、捕獲用キャプチャーガンを携行したC班装備が運用される[75]
RGM-89D-ESC ジェガンD型 護衛隊仕様
ジェガンD型のバリエーション機。頭部は60ミリバルカン砲を廃した新規のものとなり、胸部にはエコーズ仕様機のような追加装甲が施されている。主武装は90ミリショートマシンガン[75]
後述のグスタフ・カール、アンクシャと共に、護送中のマーサの護衛として登場し、ルオ商会所属のディジェと交戦する。
FD-03 グスタフ・カール[105]
連邦軍の次世代機として開発が進められていた量産型汎用MS。
ジェガンとは別系統で開発された機体であり、装甲も厚い重装型となっている。マーサの護衛として配備され、ジェガンD型護衛隊仕様と同じ新型の90ミリショートマシンガンを使用する[75]
RAS-96 アンクシャ
アッシマーの後継機。
RGM-89A2 ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機)、RGΖ-95C リゼルC型(ゼネラル・レビル配備機)
ゼネラル・レビルに配備される機体。ラプラス事変時の仕様と同一[32]
ダマスカス
シェザール隊の母艦となるクラップ級宇宙巡洋艦。従来の同型艦よりも格納庫が拡張されており[94]、船底に下部格納庫が増設されているほか[34]、従来の上部格納庫も大型化されハッチが観音開きになっている。艦長はアバーエフ[34]
劇中では、ナラティブガンダムと行動を共にする。
ゼネラル・レビル
ドゴス・ギア級2番艦。
本作ではIIネオ・ジオングを迎撃する特別混成艦隊の旗艦として登場[32]。グルトップを撃沈するものの、IIネオ・ジオングの反撃によって撃沈される。
エシャロット
物語開始より1年半前、フェネクスに撃沈されたアイリッシュ級宇宙戦艦[106]
89式ベース・ジャバー
第二次ネオ・ジオン抗争で使用された宇宙用サブフライトシステム
本作では、C班装備のジェスタによって運用されたほか、ミシェルとブリックが最終決戦に向かうために搭乗する[32]

ジオン共和国軍の兵器[編集]

正規の軍組織であるジオン共和国軍の指揮下にあるが、テロリスト集団であるネオ・ジオン残党「袖付き」を装っており[34]、正規軍であることを知られないよう、全機体が「袖付き」のMSに見られるエングレービング調の装飾を付け加えている。

MSN-06S-2 シナンジュ・スタイン
「UC計画」の一環として生み出されたサイコフレームの実験機で、ユニコーンガンダムの前身にあたる。
本作では、フル・フロンタルに奪取された2機のうち、未改修の予備機がゾルタン・アッカネンの乗機として登場する[71]
強奪以前とは形状の異なるビーム・ライフルやシールドを装備する[1]
NZ-999 IIネオ・ジオング(セカンドネオ・ジオング)
ネオ・ジオングの予備パーツから製造されたモビルアーマー(MA)[107]。日輪状のサイコシャード発生器により搭乗者のイメージを具現化することができるとされ[32]、劇中ではミノフスキー粒子を自在に操ることでヘリウム3のガスタンクを圧縮して核融合反応を起こすなど[108]、超常の力を操る。
最初の登場時にはナラティブガンダムのサイコミュ・ジャックを受け[109]、ナラティブガンダムと合体して暴走を起こしかけるが、ヨナが正気に戻ったことで未遂に終わる。最終決戦ではゾルタンのシナンジュ・スタインと合体する形で運用され、ナラティブガンダムやフェネクスとの死闘を繰り広げる。
AMS-129 ギラ・ズール
「袖付き」が主力MSとして用いていた機体[74]。両肩がスパイク・アーマーに換装されている。
AMS-129 ギラ・ズール(エリク・ユーゴ機)
エリク・ユーゴの駆るグレーの隊長機。バックパックが重装型を改造したものに変更され、近接戦に対応したビーム・ナギナタやビーム・マシンガン・コンパクトを装備する[75]
グルトップ
チベ級をベースとするゾルタンの部隊の母艦。ベース艦と比べてエンジンノズルが増設されたほか、艦隊下部にカタパルトとIIネオ・ジオング用ケージが設けられている[34]
最終決戦では、ゼネラル・レビルを旗艦とする特別混成艦隊に撃沈される。

ミネバ一派の兵器[編集]

ガランシェールJr.
ミネバ直属の部隊が運用するガランシェールの同型艦[32]。「Jr.」は2代目を意味し[32]、サイズや構造は初代艦と変わらない[32]
ARX-014 シルヴァ・バレト(バナージ・リンクス機)
ドーベン・ウルフの改修機。ガランシェールJrに艦載されており、バナージ・リンクスが搭乗、ビーム・マグナムを使ってヨナのピンチを助けた。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

主題歌「narrative[111]
歌 - SawanoHiroyuki[nZk]:LiSA / 作詞・作曲 - 澤野弘之
エンディングテーマとして使用される。
挿入歌
「Vigilante」[18]
作詞 - mpi / 作曲 - 澤野弘之 / 歌 - mpi&Gemie
ナラティブガンダムA装備の登場場面や[112]、C装備の出撃場面で流れる。前作『機動戦士ガンダムUC』との差別化の一環として、前作にはなかったボーカル入りの戦闘テーマ曲として作曲された[113]。ダンスミュージック的なアプローチを取り入れた作風となっている[113]
「Cage <NTv>」[114]
作詞 - Benjamin Anderson、mpi / 作曲 - 澤野弘之 / 歌 - SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle
東京お台場にある実物大ユニコーンガンダム立像のテーマ曲のアレンジで、NTvは「ナラティブバージョン」を意味する[112]。映画クライマックス、フェネクスとIIネオ・ジオングの決着がつく場面で流れる。福井によるシナリオが完成する前から、本作のテーマに合致しているので使用したいという打診があり、使用場面の指定まであったとされる[112]

関連メディア[編集]

小説[編集]

不死鳥狩り[編集]

本作のモチーフとなっている[115]、原案的な中編小説。本作の脚本を担当した福井が、『機動戦士ガンダムUC』原作小説の外伝的なエピソードとして執筆した。2015年発売の設定資料集『機動戦士ガンダムUC GREAT WORKS -完全設定資料集- BOX III episode7 』に同梱された小説を初出とし、後の2016年に『ガンダムUC』原作小説の第11巻に再録された。

生き別れの幼馴染リタ・ベルナルの行方を探す主人公ヨナ・バシュタが、シェザール隊に参加してユニコーンガンダム3号機フェネクスを追跡する最中にネオ・ジオングと遭遇し、フェネクスの助力を得てこれを撃退するというおおまかな骨子は、小説「不死鳥狩り」から本作に踏襲されているが、細部のストーリーや設定は異なる。小説「不死鳥狩り」では、ヨナやイアゴをはじめとするシェザール隊の乗機はスタークジェガンとなっており、敵として登場するネオ・ジオングも『ガンダムUC』の原作小説本編ではフル・フロンタルの元に届かなかったという設定になっている1号機がヤクト・ドーガをコアとして不完全な状態で登場するなど、登場メカニックにも差異がある。

本作の登場人物のうち、主要登場人物のヨナとリタ、およびイアゴを始めとするシェザール隊メンバー、ティターンズの軍人エスコラは、小説「不死鳥狩り」から導入された登場人物だが、一部の設定やその末路が異なる。一方、本作における主要登場人物のひとりであるミシェルは小説「不死鳥狩り」には登場しておらず、本作で新たに追加された登場人物である。また、本作におけるゾルタンに相当する役割を演じるヤクト・ドーガのパイロットは、小説「不死鳥狩り」では名前や詳しい人物像が語られていない。『ガンダムUC』の主要登場人物であったバナージをはじめとするミネバ一党の活躍は本作で追加されたもので、ジオン共和国の政治家モナハンは、『ガンダムUC』原作小説のうち、アニメ版では描かれなかったエピソードに登場していた登場人物である。

『ガンダムUC』原作小説の第11巻に再録された際には、ゲームソフトの特典小説を初出とする短編小説「戦後の戦争」が同時収録された。「戦後の戦争」は『ガンダムUC』の前日譚で、本作に登場したシナンジュ・スタインにまつわるエピソードである。

小説 機動戦士ガンダムNT[編集]

映画版の脚本を基に書き下ろされた[117]本編のノベライズ『小説 機動戦士ガンダムNT』が、劇場公開に先駆けて2018年11月26日にカドカワコミックス・エースKADOKAWA)より発売された[118]。執筆は竹内清人で、基になった映画の脚本を執筆した福井はストーリー担当としてクレジットされる。

ノベライズ版では、映画版では断片的にしか描かれなかったヨナ、リタ、ミシェルの過去にまつわるエピソードも追加されている[118][119]。ヨナたち3人が出会った幼少時代のことから、映画本編で友情の証として登場するペンダントにまつわるエピソード、そしてコロニー落としを予見した彼らが市庁舎の防災センターをジャックして避難を呼びかけ、多くの人々を救って「奇蹟の子供たち」と呼ばれることになるまでの経緯と、オーガスタ研究所での出来事の詳細が、物語本編の出来事と平行して描かれていく。従来の宇宙世紀シリーズとの因果関係を示す描写や、中編小説「不死鳥狩り」の内容を取り入れた描写なども加えられている[119]

漫画[編集]

本編のコミカライズ作品が、『ガンダムエース』2019年1月号より連載中[118]。作画は大森倖三

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 元はヨナの父親の形見であり、クラスメイトとの諍いで破損したものを、3人で分け合ったというエピソードが劇中で語られている[16]。ノベライズ版の設定によるとこのペンダントは、ハービック社の研究員であったヨナの父親が、画期的な発明により地球連邦の航空機の開発に貢献したことを称える徽章とされる[17]。ハービック社はRX-78-2ガンダムのコア・ファイターなどの開発に関わったと設定されている企業。
  2. ^ 映画制作発表直後の設定では「νガンダムの試験機」とされていたが[76][48]、公開直前のインタビューでプロデューサーの小形尚弘はこれを明確に否定し、「νガンダム以前に作られたサイコフレーム試験機」であると述べている[56]
  3. ^ 脚本の福井によると、デザイン上のコンセプトも「やせっぽちのガンダム」というものであったとされる[80]
  4. ^ 映画では、フェネクスがあらかじめ切り離していたアームド・アーマーDEに妨害される描写になっている[86]。ノベライズ版ではフェネクスのサイコ・フィールドに阻まれる[87]
  5. ^ ノベライズ版では地の文で「《ユニコーンガンダム》を彷彿とさせる姿が表出」[93]という記載がある。
  6. ^ 表記ゆれがあり、劇場で販売されたパンフレットでは「ローズバッ[94]、パンフレット特別版に付属する特典冊子「最終報告書」や[24]、ノベライズ版では「ローズバッ」と表記されている。
  7. ^ 鳳凰の尾をイメージした意匠で、デザインを担当したカトキハジメの提案によるものとされる[99]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『UC』の先を描く宇宙世紀サーガ最新作『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』2018年11月劇場公開!”. GUNDAM.INFO (2018年4月20日). 2018年4月20日閲覧。
  2. ^ a b c 『機動戦士ガンダムNT』11月30日より全国ロードショー!特報映像・キャストなど最新情報公開!”. GUNDAM.INFO (2018年8月16日). 2018年8月19日閲覧。
  3. ^ a b “「ガンダムシリーズ 新作発表会」でシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』と最新プロジェクト情報を発表”. GIGAZINE. (2018年4月20日). https://gigazine.net/news/20180420-gundam-new-project/ 2018年4月20日閲覧。 
  4. ^ a b navi 2018, 『機動戦士ガンダムNT』福井晴敏&小形尚弘インタビュー
  5. ^ a b c d e パンフレット 2018, p. 16.
  6. ^ a b 福井晴敏 (2018年12月6日). 『機動戦士ガンダムNT』が示すニュータイプの未来とは――脚本・福井晴敏インタビュー. インタビュアー:粉川しの. ダ・ヴィンチニュース.. https://ddnavi.com/interview/505159/a/ 2018年12月10日閲覧。 
  7. ^ a b パンフレット 2018, p. 1.
  8. ^ a b GMG2018S 2018, pp. 5-7, 【特集】ガンダムシリーズの未来(1) 機動戦士ガンダムNT UC Next 0100 PROJECTが描く宇宙世紀の目的 【インタビュー】サンライズ 小形尚弘
  9. ^ “「GODZILLA」×「ガンダムNT」“金色”コラボ!クリアファイルが数量限定販売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年10月8日). https://natalie.mu/comic/news/302819 2018年10月8日閲覧。 
  10. ^ “「GODZILLA」×「ガンダムNT」コラボPV公開!ギドラとガンダムが相まみえる”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年11月2日). https://natalie.mu/comic/news/306341 2018年11月7日閲覧。 
  11. ^ “ガンダム NTの冒頭23分がテレビ放送、劇場公開に先駆け”. AV Watch (インプレス). (2018年11月20日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1154353.html 2018年12月1日閲覧。 
  12. ^ “「ガンダムNT」吉沢監督はニュータイプ?「富野さんが怒る数分前にわかる」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年11月30日). https://natalie.mu/comic/news/310284 2018年12月1日閲覧。 
  13. ^ “「ファンタビ」動員2制覇、「くるみ割り人形」「ガンダムNT」「かぞくいろ」初登場”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年12月4日). https://natalie.mu/comic/news/310551 2018年12月4日閲覧。 
  14. ^ スクリーンアベレージ堂々の第1位!全国の映画館で『機動戦士ガンダムNT』大ヒット上映中!”. GUNDAM.INFO (2018年12月4日). 2018年12月4日閲覧。
  15. ^ a b c d パンフレット 2018, p. 4.
  16. ^ ノベライズ版, pp. 281-282,313-314.
  17. ^ ノベライズ版, pp. 85-86.
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 作品情報”. 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト. 2018年11月2日閲覧。
  19. ^ a b ノベライズ版, p. 136.
  20. ^ a b c ノベライズ版, p. 40.
  21. ^ a b c d e f g h i j k キャラクター”. 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト. 2018年11月27日閲覧。
  22. ^ ノベライズ版, p. 135.
  23. ^ パンフレット 2018, pp. 4-5.
  24. ^ a b c 最終 2018, 作戦02 シェザール隊によるフェネクス追跡戦.
  25. ^ a b c ノベライズ版, pp. 204-215.
  26. ^ ノベライズ版, pp. 60-61,168,211.
  27. ^ ノベライズ版, p. 138.
  28. ^ a b GA2018-12 2018, p. 4-5, 『ガンダムNT』劇場アニメ情報
  29. ^ ノベライズ版, pp. 26,261-262.
  30. ^ ノベライズ版, pp. 293-296.
  31. ^ ノベライズ版, pp. 222-233.
  32. ^ a b c d e f g h 最終 2018, 作戦04 ヘリウム3備蓄基地での最終決戦.
  33. ^ 最終 2018, “不死鳥狩り”作戦に参加・介入した勢力.
  34. ^ a b c d e f 最終 2018, 作戦03 サイド6でのコロニー内戦闘.
  35. ^ ノベライズ版, p. 315.
  36. ^ a b ノベライズ版, pp. 298-300.
  37. ^ ノベライズ版, p. 66.
  38. ^ a b ノベライズ版, p. 320.
  39. ^ ノベライズ版, pp. 25-30.
  40. ^ a b c d パンフレット 2018, p. 5.
  41. ^ HG 1/144 ジェスタ (シェザール隊A班仕様)”. プレミアムバンダイ. 2018年8月19日閲覧。
  42. ^ ノベライズ版, pp. 77,136-138.
  43. ^ ノベライズ版, pp. 252-233.
  44. ^ ノベライズ版, pp. 288-289.
  45. ^ a b ノベライズ版, p. 240.
  46. ^ ノベライズ版, p. 253.
  47. ^ ノベライズ版, pp. 107-112.
  48. ^ a b “「NT(ナラティブ)」って何だ? 新MSやキャラは? “宇宙世紀”最新作『機動戦士ガンダムNT』を知るためにおさえておくべき話題5つ”. エンタメステーション. (2018年4月30日). https://entertainmentstation.jp/211287/ 2018年4月30日閲覧。 
  49. ^ a b ノベライズ版, p. 181.
  50. ^ ノベライズ版, p. 151.
  51. ^ ノベライズ版, pp. 227-231.
  52. ^ ノベライズ版, pp. 247-248,283-284.
  53. ^ ノベライズ版, p. 155.
  54. ^ a b ノベライズ版, pp. 158,161-162.
  55. ^ ノベライズ版, pp. 219,239,268-269.
  56. ^ a b c d e 小形尚弘 (2018年11月29日). 『ガンダムNT』が破る"ロボットアニメのお約束"、なぜ次回作は『閃光のハサウェイ』に? - サンライズ小形Pを直撃. インタビュアー:公文哲. マイナビニュース.. https://news.mynavi.jp/article/20181129-gundam/ 2018年12月2日閲覧。 
  57. ^ a b 仲瀬コウタロウ (2018年12月2日). “「ガンダムNT」初日舞台挨拶、福井晴敏が語る“ニュータイプ”神話”に切り込んだ想いとは”. アニメ!アニメ!. イード. 2018年12月4日閲覧。
  58. ^ ノベライズ版, pp. 130,153.
  59. ^ ノベライズ版, p. 153.
  60. ^ ノベライズ版, pp. 223-231.
  61. ^ ノベライズ版, p. 237.
  62. ^ a b 報告書 2018, p. 16.
  63. ^ ノベライズ版, p. 334,337.
  64. ^ a b ノベライズ版, p. 318.
  65. ^ ノベライズ版, p. 334,338-345.
  66. ^ ノベライズ版, p. 274.
  67. ^ ノベライズ版, p. 201.
  68. ^ 報告書 2018, p. 18.
  69. ^ ノベライズ版, pp. 39-47.
  70. ^ a b ガンプラ「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」シリーズ”. バンダイ ホビーサイト. バンダイ. 2018年11月22日閲覧。
  71. ^ a b c d e f 報告書 2018.
  72. ^ a b c d e f g h i j k l ノベライズ版, p. 2
  73. ^ a b パンフレット 2018, p. 8.
  74. ^ a b c d e f g h i 最終 2018.
  75. ^ a b c d e f g h メカニカル”. 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト. 2018年11月27日閲覧。
  76. ^ “『ガンダムUC』続編『NT』主役機はνガンダムの試験機ナラティブガンダム”. マイナビニュース. (2018年4月21日). https://news.mynavi.jp/article/20180420-619394/ 2018年12月6日閲覧。 
  77. ^ ノベライズ版, pp. 56-57.
  78. ^ a b c GA2019-01 2018, p. 23-26, カトキハジメ メカニカルアーカイブス『機動戦士ガンダムNT』Vol.1
  79. ^ ノベライズ版, pp. 82,135,297.
  80. ^ a b “『ガンダムNT』主役機のコンセプトは"着せ替え"、大型ユニットも装備”. マイナビニュース. (2018年4月21日). https://news.mynavi.jp/article/20180421-619774/ 2018年4月21日閲覧。 
  81. ^ ノベライズ版, pp. 74-76.
  82. ^ a b ノベライズ版, p. 171.
  83. ^ “『機動戦士ガンダムNT』は1話完結!ナラティブガンダム C装備や「ガンダムNTワールド」などの情報も!【模型ホビーショーステージレポート】”. 電撃ホビーウェブ. (2018年9月29日). https://hobby.dengeki.com/news/641282/ 2018年10月12日閲覧。 
  84. ^ a b プラモデル 「ナラティブガンダム A装備」組立説明書, 1/144スケールモデル ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー(HGUC), No.218, バンダイ 
  85. ^ ノベライズ版, pp. 55,57,74.
  86. ^ 冒頭23分, 14:05-14:29.
  87. ^ ノベライズ版, pp. 58-59.
  88. ^ ノベライズ版, p. 55.
  89. ^ HG 1/144 ナラティブガンダム用 B装備拡張セット”. プレミアムバンダイ. 2018年12月7日閲覧。
  90. ^ a b c パンフレット 2018, p. 9.
  91. ^ ノベライズ版, p. 255.
  92. ^ a b ノベライズ版, pp. 269-270.
  93. ^ a b ノベライズ版, p. 270.
  94. ^ a b c d e パンフレット 2018, p. 11.
  95. ^ ノベライズ版, p. 44.
  96. ^ 冒頭23分, 13:17.
  97. ^ ノベライズ版, p. 72.
  98. ^ HGUC 1/144 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.)”. バンダイ ホビーサイト. バンダイ. 2018年4月30日閲覧。
  99. ^ 小形尚弘; 吉沢俊一 (2018年11月30日). 『機動戦士ガンダムNT』が示す“ニュータイプ神話の行き着く先”とは何か? ガンダム制作の継承者たちが語った苦悩と希望. インタビュアー:山下達也. エンタメステーション.. https://entertainmentstation.jp/330982 2018年12月11日閲覧。 
  100. ^ “「ガンダムNT」主役の榎木淳弥「“組体操”は作品のテーマに沿っている」と賞賛”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年10月16日). https://natalie.mu/comic/news/303925 2018年10月17日閲覧。 
  101. ^ ノベライズ版, pp. 251,267-270,275-277.
  102. ^ ノベライズ版, pp. 65,251.
  103. ^ ノベライズ版, p. 319.
  104. ^ 吉沢俊一 (2018年12月7日). 『機動戦士ガンダムNT』に吹き込まれた新たな息吹――吉沢俊一(監督)インタビュー. インタビュアー:粉川しの. ダ・ヴィンチニュース.. https://ddnavi.com/interview/506160/a/ 2018年12月11日閲覧。 
  105. ^ 機動戦士ガンダムNTの2018年4月21日16時42分のツイート2018年4月21日閲覧。
  106. ^ ノベライズ版, pp. 127-128.
  107. ^ “「IIネオ・ジオング」なる機体も公開!『機動戦士ガンダムNT』公開目前イベントをレポート!”. 電撃ホビーウェブ. (2018年10月16日). https://hobby.dengeki.com/event/648374/ 2018年10月17日閲覧。 
  108. ^ ノベライズ版, pp. 247-249.
  109. ^ ノベライズ版, p. 182.
  110. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “機動戦士ガンダムNT:福井晴敏脚本の新作劇場版アニメが11月公開 「UC」のその後を描く”. まんたんウェブ. (2018年4月20日). https://mantan-web.jp/article/20180420dog00m200034000c.html 2018年4月20日閲覧。 
  111. ^ SawanoHiroyuki[nZk]:LiSA「narrative」が『機動戦士ガンダムNT』主題歌に決定!”. SawanoHiroyuki[nZk] | ソニーミュージック オフィシャルサイト (2018年10月16日). 2018年10月16日閲覧。
  112. ^ a b c 山崎健太郎; 福井晴敏; 澤野弘之; 小形尚弘 (2018年12月5日). “「ガンダムNTの音楽を語ろう」澤野弘之も登場した公開記念トークショー”. AV Watch. インプレス. 2018年12月10日閲覧。
  113. ^ a b 澤野弘之 (2018年12月7日). 『UC』と『NT』。感情を激しく揺さぶるガンダムの音楽は、どう生まれたか――澤野弘之インタビュー(『NT』編). インタビュアー:清水大輔. ダ・ヴィンチニュース.. https://ddnavi.com/interview/505268/a/ 2018年12月10日閲覧。 
  114. ^ 澤野弘之[nZk]の2018年11月28日のツイート2018年12月2日閲覧。
  115. ^ コロニー落としシーンに富野由悠季が激怒! その時吉沢監督は何を思ったのか!? 制作佳境の『機動戦士ガンダムNT』吉沢俊一監督×小形尚弘Pスペシャル対談!!”. アキバ総研. カカクコム (2018年11月16日). 2018年12月3日閲覧。
  116. ^ 書誌情報 角川コミックス・エース 機動戦士ガンダムUC(11) 不死鳥狩り”. KADOKAWA. 2018年12月5日閲覧。
  117. ^ ノベライズ版, 裏表紙カバー.
  118. ^ a b c d 知られざる過去が明かされる!「小説 機動戦士ガンダムNT」本日発売!”. 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト. 2018年11月26日閲覧。
  119. ^ a b 粉川しの (2018年12月7日). “圧巻のボリューム350ページ強! ガンダム・シリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』のノベライズは、「ニュータイプ」と「宇宙世紀」の新たな100年の副読本”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA. 2018年12月13日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]