バウンド・ドック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バウンド・ドック (BOUND-DOC) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の機動兵器「モビルアーマー (MA)」のひとつ。初出は、1985年に放送されたテレビアニメ機動戦士Ζガンダム』。

作中の軍事勢力のひとつである地球連邦軍の特殊部隊「ティターンズ」が運用する試作機で、楕円形のボウルを伏せたような外殻の本体から1対のクロー・アームが伸びている。人型の「モビルスーツ (MS)」形態に変形する可変機でもあり、その際にはクロー・アームを脚部とした着陸形態を経て、外殻に収納されている左右非対称の上半身が姿をあらわす。強化人間ロザミア・バダムや、ティターンズ士官のジェリド・メサらが搭乗し、主人公カミーユ・ビダンが所属する反地球連邦政府組織「エゥーゴ」と戦う。

本記事では、『∀ガンダム』に登場する関連性の高い機体であるムットゥーについても取り上げる。

デザイン・名称[編集]

ラフデザイン(コンセプト・デザイン)は小林誠、クリーンアップは大畑晃一[1]

小林のラフデザインは1979年頃に自作したオリジナルデザインの模型がベースとなっているが、脚部はない[2]。ラフデザインの段階で脚部および変形機構が追加されたが[3]、のちに小林はラフデザインからふたたびこれらを外してリファインし[4]、それをOVA版『ドラゴンズヘブン』のガンプのデザインにほぼそのまま流用している。また、同時期の小林によるガンダム漫画『Gの伝説』でも、本機はこのリファイン版で描かれている。リファイン版は下部から脚の代わりに長大なユニットや多数のプロペラントタンクを生やしていることが多いが、後者は小田雅弘による模型作例が最初である[3]

機動戦士ガンダムΖΖ』第1話「プレリュードΖΖ」におけるクワトロ・バジーナの解説によれば、マニアの中には本機が一番美しいMSだと言う人もいるとのこと。

名称は、「バウンドドック」と中黒なしで表記されることもある。また、MS形態の頭部は尖った顔に1対の大きな「耳」のようなもの(アンテナともいわれる[5])が付いており、犬のようにも見える。そのため「バウンド・ドッ」と誤記されることも多いが[注 1]、『SDガンダム』作品では意図的に「犬」とされる場合もある[注 2]

目次へ移動する

設定解説[編集]

諸元
バウンド・ドック
BOUND-DOC
型式番号 NRX-055
NRX-055-1(グレー)[6]
NRX-055-2(赤)[7][注 3]
NRX-055-3(黄)[7][注 4]
所属 ティターンズ
製造 ニュータイプ研究所本部[5]
オークランド研究所[8]
全高 29.7m[9]
13.0m(MA形態飛行時)[9]
19.3m(MA形態着陸時)[9]
頭頂高 27.3m[9]
全長 27.2m(MA形態)[9]
全幅 15.2m(MA形態)[9]
本体重量 82.7t[9]
全備重量 129.4t[9]
装甲材質 ガンダリウム合金[9]
出力 2,260kW[9]
推力 48,600kg×3[9]
総推力:145,800kg[10][注 5]
センサー
有効半径
9,840m[9]
武装 ビーム・ライフル
メガ拡散粒子砲
ビーム・サーベル
搭乗者 ゲーツ・キャパ
ロザミア・バダム
ジェリド・メサ
ローレン・ナカモト(ゲーツ機に同乗)
その他 姿勢制御バーニア×4[9]

地球連邦軍が、ニュータイプ研究所の協力のもとに開発した試作可変MA[12]。もともとは、ニュータイプ研究所本部が[5]ジオン公国軍のグラブロ[13]ジオングを参考に開発を進めていた機体である[14]。のちにティターンズの主導により、バスク・オム大佐によって編成されたニュータイプ部隊(実質的には強化人間部隊)へ供給すべく、オークランド研究所を主管としてサイコミュ関連の[8]技術協力をオーガスタ研究所ムラサメ研究所がおこなっているほか[14]、設計にはガブスレイの開発に参画した技術陣が招聘されている[8]

基本的に格闘戦に特化した機体であり、MS形態では右手に、MA形態では1対の強力なクローをもち、ガブスレイのように高速で移動しながらの格闘が可能となっている[15]。また、MA形態には外殻、MS形態時には腰部スカートとなる厚い装甲により、攻防一体の万能機としての活躍が期待される[16]。ドラム・フレームが採用されたアッシマーと異なり、本格的にムーバブルフレームが採用された可変MAであり[8]、変形はほかの可変MS・MAと同様、マグネットコーティングによって非常にスムーズにおこなわれる[4]。また、地上・空中・宇宙戦に対応する全領域機として設計されている[14]

コックピット・ハッチはMS形態では胸部中央、MA形態では機体下面(MS形態では股間部に当たる[注 6])に設置されているが、コックピットの位置は不明。

オーガスタ研究所によって設置[17]・調整がおこなわれた[10][注 7]サイコガンダムと同様のサイコミュ・システムを搭載しているが[19]、精神的な負担を軽減するため、最新型のプロセッサ技術によって容積を数分の1に縮小しつつ処理速度を2倍以上に引き上げた改良型を採用[15]。これにより、本機のMS形態はサイコガンダムよりも小型となっているが、通常のMSよりは大型であり、その機体サイズからくる鈍重さを大出力でおぎなうという非効率な解決方法を採っている[15]。本機のサイコミュは比較的パイロットへの負担が少なく設定されており、ニュータイプ能力が低いパイロットでも稼働が可能となっている[15]。そのため、ビットやファンネルといった誘導兵器は稼働できないものの、思考コントロールが可能な操縦システムは、ニュータイプ能力があれば凡庸なパイロットでもエース級に引き上げる効果をもつ[15]。一方で、パイロットの意識を本機が発するサイコ・ウェーブで拘束する機能も備えており、高い戦闘力が発揮できる反面パイロットの精神的負担は大きくなる[12]。また、サイコガンダム(2号機)と同様のサイコ・コントロール・システムを搭載し、機外からの遠隔操縦が可能となっており[14]、その機能は改善されたといわれるものの[12]これを含む本機の全性能を発揮させるためには、強力なニュータイプ能力と強化人間クラスの強靭な肉体が必要とされる[14]。システム上の問題はいくつか見られるものの、本機自体は当時の連邦軍のサイコミュ技術の粋を集めた機体である[12]

また、本機は急遽サイコガンダムMk-IIのサポート機としても充当されている[15]。サイコガンダムMk-IIのサイコミュはパイロットへの負担がかなり大きく、精神を破壊しかねないものであることから、本機に比較的精神の安定した強化人間が搭乗し、サイコガンダムMk-IIのパイロットの精神状態を制御する方法が採られ、テストでは数時間の間トラブルもなく正常に機能している[15]

実験機であるものの、カラーリングと型式番号の末尾が異なる3機が製造され、後発機のデータ収集に活用されている[20]

武装
ビーム・ライフル
通常のビーム・ライフルより小型であるが[12]、出力は2.1メガワット[9]と主力MSのものと同等の威力をもつ[12]。『Ζ』第49話では、右手がクロー・アームになっているため左手で保持しているが、クローでも扱えるように設計されているとする資料もある[8]。MA形態では外殻右側にマウントする。
メガ拡散粒子砲
「拡散メガ粒子砲」[21]や「メガ粒子砲」[11]とも呼ばれる。出力16.4メガワットと高出力[9]。左腕部シールド(MA形態では外殻上部に配置)に格納されており、使用時にはハッチが開き小型のクランク・アームによって展開し、砲身が伸びる(設定画より[22])。
ビーム・サーベル
スペック表には記載されていないことが多いが、第42話で使用している。クロー・アームではない左腕での使用を前提とするが[12]、収納部位は不明。

目次へ移動する

劇中での活躍[編集]

『Ζ』第42話で初登場。ティターンズの大型戦艦ドゴス・ギアのニュータイプ部隊に配属となったロザミア・バダム中尉が本機のシミュレーターで仮想敵機を撃破し「気に入った、ギャプランより反応が速い。力を感じる」と感想を述べている。その後、赤い2号機[23][注 3]にロザミア、監視役として濃淡グレーの試作1号機[17](複座)にゲーツ・キャパ大尉およびローレン・ナカモト博士が搭乗してドゴス・ギアから発進し、ティターンズのサイド2毒ガス攻撃部隊と合流。ロザミア機は阻止しようとするエゥーゴのカミーユ・ビダンが搭乗するΖガンダムと交戦するが、ロザミアはドゴス・ギア配属前のエゥーゴの教習巡洋艦アーガマ潜入任務の際にカミーユを兄と思い込むよう暗示がかけられており、混乱する。この間、ゲーツ機は隕石の影に隠れつつロザミア機をモニタリングしている。毒ガスの攻撃目標であるコロニー「モルガルデン」内部でロザミアはカミーユによって本機から降ろされるが、ゲーツ機の接近(クワトロ・バジーナ大尉の百式の砲撃を受け一時行動不能となる)によって正気を取り戻し、サイコミュによる遠隔操作で本機をMS形態に変形させてふたたび搭乗する。ロザミアを撃てないΖガンダムは百式の援護によりコロニーから脱出、続いてロザミア・ゲーツ両機も宇宙に出るが、エゥーゴの援軍の数が多く撤退する。

第48話でロザミアはサイコガンダムMk-IIに移乗。ゲーツは引き続きグレーの機体(単座に変更)に搭乗してロザミアを監視、ロザミアにはゲーツを兄と思い込ませることで精神を安定させようとする。しかし、ジュピトリスレコア・ロンド少尉率いるMS隊がドゴス・ギアを急襲し、ゲーツ機が迎撃に回ることとなりロザミアとの協調がおろそかになる。レコアのパラス・アテネと交戦するが、ロザミアが戦死したことを感知したゲーツは絶叫。直後にドゴス・ギアはパラス・アテネによって撃沈されるが、ゲーツ機の去就は不明。なお、アニメ劇中でゲーツ機がMS形態に変形する場面はない。小説版では複座でローレンも同乗しており、カミーユと協調したロザミアのサイコガンダムMk-IIと相討ちになる。

第49話、および劇場版『機動戦士ΖガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-』におけるコロニーレーザー争奪戦の際には、赤い機体にジェリド・メサ中尉が搭乗する。小説版によれば、ニュータイプ部隊に配属となりロザミア機が与えられたとされるが、小説版およびアニメ版のいずれもジェリドがニュータイプであるとする描写はない。サイコミュの撤去と機体制御プログラムの再調整により、一般兵でも操縦可能となったとする資料もあり[21]、アニメ版でもロザミア搭乗時とコックピットのシートの形状が異なっている[注 8]。宿敵であるカミーユのΖガンダムと交戦するも逃げられ、ふたたび補足した際にはヤザン・ゲーブル大尉のハンブラビが戦艦ラーディッシュを撃沈した直後であり、構わず攻撃を続けるジェリドに激昂したカミーユの砲撃を受けて弾き飛ばされ、ラーディッシュの爆発に巻き込まれる。小説版でも同様だが、最後は損傷した腰部のスカート状の装甲の隙間を狙撃され、コックピットに直撃を受け爆散する。

なお、複数の資料に黄色い機体[注 4]のカラー設定画が掲載されているが、小説版およびアニメ版には登場しない。テレビ放送当時の書籍ではNGカラーであるとも[23]、ゲーツ・キャパ専用機であるとするものもあったが[4]、のちの書籍で「ジェリド機」として掲載されてからは[24]SDガンダム GCENTURY[注 9]や『スーパーロボット大戦』シリーズ、『SDガンダム GGENERATION』シリーズなど、2000年頃までのいくつかのゲーム作品にジェリド機として登場する。『GGENERATION』の設定解説によると、一般兵用の3号機であるが性能は発揮しきれなかっただろうとしている。2000年代以降はそれらのシリーズにも登場しなくなり[注 10]、書籍『MS大全集』シリーズにも2013年度版以降は掲載されていない。ただし、2010年のカードゲーム『ガンダムウォー』や2014年のWindows用ゲーム『SDガンダム カプセルファイターオンライン[注 11]では「ジェリド機」とされ、前者の設定解説ではジェリドが搭乗予定であったといわれるとしている。

目次へ移動する

バリエーション[編集]

アモン・ドッグ[編集]

漫画『機動戦士ゼータガンダム1/2』に登場。

ティターンズの月面拠点で開発された機体で、2機のバウンド・ドックがスカート部で上下互い違いに接続されている。本来の脚部はクローアームとして側面に露出しており、クローアームと左腕にメガ粒子砲が各1門、計4門追加されている。

また、搭載されたサイコミュと搭乗者を連動させることで、予測した状況の推移に応じた対処法の選択や結末を搭乗者に直接伝達するシステムを有している。これは、戦場に漂う死者の精神をサイコミュシステムに取り込ませ、ナビゲーションとしての役割を持たせるものであり、死者の数だけ取り込むことが可能となっている。

当機について描写のある「エドガー・エドモンド・スミスの日記」によれば、バウンド・ドックがニュータイプ用試作機として開発したにもかかわらず、とりたてて内蔵武器を持たない点や、MA状態での機体防御面での脆弱性を否めない点から用兵思想が見えがたい兵器であることを指摘しており、当機こそが本来の完成形であるものと仮説を立てているが真偽のほどは不明。

なお、本機の名称は作中での表記はアモン・ドッで統一されている。単行本での機体解説では原型となったバウンド・ドックについてもバウンド・ドッとされているが、これらが誤字か意図のある変更かは不明である。

劇中での活躍
強化人間であるウォルナックが搭乗。サイコミュによる予測システムを「死者の魂との会話」と称しており、より多くのナビゲーションを増やすため、敵味方問わず殺戮を繰り返すが、宇宙世紀0088年頃の月面宙域において、エゥーゴのエドガー・エドモンド・スミスと交戦し撃墜される。

目次へ移動する


リバウンド・ドック[編集]

ReBAUND-DOC

雑誌企画『A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-』に登場(型式番号:ARZ-055)。

火星のジオン軍残党組織「レジオン」が、ティターンズ残党の持ち込んだ図面やパーツをもとに再生産したバウンド・ドックを作業用に転用した機体。

改修にあたって安定性を欠く脚部は排除され、ホバーによって移動する陸上機に改められており、安定した移動を可能としている。超重機として運用されており、左腕部を大型のクレーンアームに換装しているほか、汎用モビルバケットを2基装備することも可能。さらに、スカート後部は延長されており、そこに建築資材の搭載スペースを有する。

MA形態への可変機構はそのまま残されており、MA形態では大型クレーン車そのものといった外観をとる。

本機の愛称は、これらの改修による機体の大型化と、飛行機能を封印されたことに由来する。

目次へ移動する


その他のバリエーション[編集]

以下の機体は、雑誌『B-CLUB』第4号や、多摩工房から発売されたガレージキット(小林誠によるリファイン版)の付属小冊子などに掲載されたもの。一部を除き、デザイン・設定は小林による。

ドックI[26] / ドックM[1]
北米キャリフォルニアのジオン公国軍アニスタム基地で開発された機体[26]。モビルアーマー・グラブロの高い水中戦能力を発展させるとともに、水上での高機動格闘戦能力を付与されている[1]。外殻は上面のみで、グラブロと同型の水流エンジンとマニピュレーターを装備、さらに上部にはMA形態時には外殻に収納されるフレーム状の上半身をもつ[1]。このため、バウンドドックの脚部をグラブロのマニピュレーターに交換したような外観となっている。全長はグラブロとほぼ同じ27メートル[1]
地球に残されていた1機が、ガンダムMK-IIと遭遇した記録が残されている[1]
バウンドドックII[26] / ドックS[1]
月のグラナダに残されていたドックIの部品をもとに、数年後に宇宙戦用に改良したタイプ[1]。1-3号機が製作され[26]、実戦に投入されている[1]
バウンドドックIII E型
地上戦用にホバー機能をもち、変形機構を廃した軽量型。バウンドドックIIの「2型装複合戦闘方式」を廃止し、最速状態で発進、戦闘終了後には上半身を爆破し、低機動重装甲形態で帰還するという「形状変形一事離脱方式」という簡略化された可変システムをもつ[26]
リファイン版がこれに当たる。
バウンドドックIII G型
E型のレーダーを強化し、全天候能力を高めたタイプ。額部が肥大化しており、左腕部アーマーの形状も異なる。下部に球形のガンポッドを装備[26]
バウンドドックIII H型
宇宙戦用タイプ。下部に大型のバーニア・スタビレーターと多数のプロペラントタンクを装備。[26]
バウンドドックIII K型
宇宙戦闘強化型。バーニア・スタビレーターはさらに大型化し、基部に大口径のメガ・キャノン・ユニットを装備する。右肩にショルダー・ガンポッドを装備[26]
動力強化型バウンドドック(試作II型)
後部に機体本体と同じくらいの大きさのユニットを装備する。デザインは近藤和久で、イラストには "BAUND-DOC II" と記されているが、文字設定はなくバウンドドックIIとの関連は不明[26]

目次へ移動する

関連機体[編集]

ガンダムTR-6[ダンディライアンII][編集]

雑誌企画『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場。ガンダムTR-6の形態のひとつで、機種統合計画におけるバウンド・ドックの代替形態であることが示唆されている。

TR-4[ダンディライアン][編集]

ダンディライアンIIの試作型に当たる、特殊作戦用のMS用大気圏突入モジュール。

サンドードック[編集]

漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』に登場。宇宙世紀0169年のサイド3を支配するザビ・ジオンが運用する公国宮警護機のひとつ。変形機構はバウンド・ドックを踏襲するが、パーツはほとんど流用されていない。

目次へ移動する

ムットゥー[編集]

諸元
ムットゥー
MUTTOWOOOO
型式番号 MRC-F31(ムーンレィス)
J-2126(旧文明時)
所属 ディアナ・カウンター
全高 30m弱(MA形態時13m)
武装 腰部メガ粒子砲
腕部半固定式ヒート・ナタ兼用ビームライフル
搭乗者 タイラン、バートン、ほか

1999年放送のテレビアニメ『∀ガンダム』に登場。メカニックデザインは沙倉拓実。バウンド・ドックを踏襲したデザインだが、沙倉はインタビューに際し頭部にはウォドムを意識した意匠をもたせたという。また、両腕を脇につける変形は総監督の富野由悠季のアイデアであると語っている[27]。なお、コミックボンボン版コミカライズではロスト・マウンテンからバウンド・ドック(MA形態)が発掘される場面もあるが、同作品を担当したときた洸一は「連載作画時のシナリオではコレだった」と述べている[28]

ディアナ・カウンターのゼノア隊が地球のロスト・マウンテンから発掘したMS。バウンド・ドックに似た形状をしているが、両腕がマニピュレーターで左右対称となっており、変形機構や各部形状は異なっている。上半身・下半身どちらかだけを変形させた状態でも運用できる。ヒートサーベル兼用ビームライフルが装備されている[注 12]。高性能な推進装置を持ち、大気圏内での運用を目的としていた。発掘後はディアナ・カウンターによってMRC-F31の型式番号を与えられ運用される。

なお、「ムットゥー」とはフィル・アッカマン少佐が付けた名前だが、兵からは不評を買う。元々の名称は不明で、J-2126という型式番号のみが判明している。

基本フレームにはフラットなどと同じスパイン・コンセプト・フレームを用いて、構造的に簡略化された、故障率の低い変形機構を実現している[29]

旧型番の "J" は "JUPITER" を示し、本来は木星大気圏上層部での運用を想定された機体である[30]。MA形態時、Iフィールドによって機体外部に開放型ラムジェットを形成し、木星大気を燃料に一撃離脱戦法を取る可変戦闘機だった。木星の重力に捕まらないほどの大推力を有するが、やや機動性に欠ける。劇中では状態が完璧ではなく、飛行は可能だったがラムジェット機能は回復していない。

劇中では∀ガンダムのハイパーハンマーに足を取られ振り回されたりなど、やられ役を演じており、目立った戦績はない。のちにターンXとの戦闘に参加する。

目次へ移動する

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『Ζ』第42話ではゲーツ・キャパは「ク」と発音しているが、ロザミアは「グ」と発音している。
  2. ^ 「九尾犬」「弾犬」など。
  3. ^ a b 厳密には、赤(ローズ・ピンク)と濃紺を基調とし、一部が黄色で塗り分けられている。
  4. ^ a b 厳密には、黄色と濃紺を基調とし、一部が赤で塗り分けられており、赤い機体とは黄色と赤がほぼ反転している。
  5. ^ 145,000kgとする資料もある[11]
  6. ^ 設定画では、MA形態ではMS形態における股間部は右腕によって覆われる形となっているが、アニメ劇中のMA形態での乗降時には右腕部は確認できない。
  7. ^ オーガスタ研究所が本機を開発したとする資料もある[18]
  8. ^ 第42話のロザミア機や第48話のゲーツ機のシートはサイコガンダムと同型のものだが、第49話のジェリド搭乗機は一般用のシートになっている。なお、第42話のゲーツ機(複座)も一般用である。
  9. ^ 厳密にはシナリオモードで配置されているのがジェリドの機体のみになっており、ゲーム自体にもそれに対応して黄色の機体しか存在しない。
  10. ^ 2006年の『Gジェネレーション・ポータブル』には登場するが、これは『GジェネレーションF』から流用されたものである。
  11. ^ ゲーム自体は2006年に韓国で発売されたが、「バウンド・ドック(ジェリド機)」のユニットは2014年に導入されている[25]
  12. ^ グリップ部分が回転し、ヒートサーベルとビームライフルを切り替える。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 書籍
    • 『ジ・アートシリーズ6 THE ART OF Ζガンダム』徳間書店、1986年6月30日。
    • 『ラポートデラックス12 機動戦士Ζガンダム大事典』ラポート、1986年8月25日。
    • 『ENTERTAINMENT BIBLE.2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1989年3月31日。ISBN 4-89189-130-0
    • 『データコレクション4 機動戦士Ζガンダム 上巻』メディアワークス、1997年8月15日。ISBN 4-07-306302-2
    • 『旭屋出版アニメ・フィルムブックス TVシリーズ[機動戦士Ζガンダム]フィルムブック・パート2』旭屋出版、1999年6月26日。ISBN 4-7511-0160-9
    • 『∀ガンダム全記録集2』講談社、2000年6月。ISBN 978-4-0633-0101-4
    • 『プロジェクトファイル Ζガンダム』SBクリエイティブ、2016年10月3日。ISBN 978-4-7973-8699-8
  • ムック
    • 『ジ・アニメ特別編集 機動戦士Ζガンダム PART 3』近代映画社、1986年4月25日。
    • 『モデルグラフィックス別冊 GUNDAM WARS PROJECT Ζ』大日本絵画、1986年3月25日。
    • 『MJ MATERIALNo.10 機動戦士ガンダムΖΖ&Ζ 保存版設定資料集』バンダイ、1986年6月25日。ISBN 4-89189-373-7
    • 『ニュータイプ100%コレクション4 機動戦士Ζガンダム メカニカル編2』角川書店、1986年11月20日。
    • 『B-CLUB SPECIAL 15 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月10日。ISBN 4-89189-336-2
    • 『ニュータイプ100%コレクション38 ∀ガンダム Vol.1』角川書店、2000年8月。ISBN 4-04-853153-0
    • 『ニュータイプ100%コレクション41 ∀ガンダム Vol.2』角川書店、2001年2月。ISBN 978-4-04-853317-1
  • 雑誌
    • 『B-CLUB』第4号、バンダイ、1986年3月1日。
  • プラモデル付属説明書
    • HGUC 1/144 NRX-055 バウンド・ドック』 BANDAI SPIRITS、2020年10月。 
  • アクションフィギュア付属データシート
    • MOBILE SUIT IN ACTION!! バウンド・ドック』 バンダイ、2006年2月。 
    • 『MOBILE SUIT IN ACTION!! バウンド・ドック ゲーツ・キャパ機』 バンダイ、2006年8月。 
  • ガレージキット付属小冊子
    • 『1/220 NRX-005 バウンドドック』 多摩工房、1987年。 

関連項目[編集]